恋するダルスン-あらすじ-61話-62話-63話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-恋するダルスン-あらすじ-61話-62話-63話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

恋するダルスン

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
運命が引き寄せるのでしょうか・・ダルスンがウンソル時代の記憶を思い出す機会が増えている気がしますよね!!いい兆候ですww
このままホンジュとテソンの思い通りには絶対にさせたくないです!!

今回は61話からお伝えしていきますね♪

【恋するダルスン】ネタバレあり

61話

医師から「子どもを追いかけている人と、その子供は誰か・・」と聞かれ、一瞬何か気付いた表情をするも「分かりません・・」と思い出せない様子のダルスン。
そして「よく見る映像はカウンセリングを受け続ければ、これが幼い記憶かどうか判断できますか?」と質問し、今後もカウンセリングを受けることにしたダルスン。
・・この話を聞いたホンジュもダルスンを監視することに・・。
このカウンセリングがダルスンの記憶を取り戻すきっかけになってくれればいいのですが・・

一方、ユンジェはダルスンの贈るはずだった指輪を見つめながら、ダルスンから言われた言葉を思い出していた。
そして「ダルスンの言う通りにしよう。俺が傍にいて苦しめるよりはいい」とダルスンとの思い出が詰まった診療所を後にするユンジェ。
その頃、ダルスンもユンジェとの思い出を振り返り「どうかいい人と幸せになってね」とつぶやいていた・・。
好きという気持ちだけでは、どうにもならない現実が切なすぎます・・

靴博覧会が開かれ、そこに訪れるダルスン・・そこで「自分だけの靴を描いてみて!」というコーナーを発見したダルスンは楽しそうにデザイン画を描いている。
その後、その博覧会に来ていたヨンファはダルスンの絵を見て「この絵はウンソルの絵に間違いない!」と会場でウンソルを探し始める。
・・その頃、自分が川で発見された時に似た靴を見て、また頭痛が始まるダルスン。するといつも脳裏に浮かぶあの子供が川に落ちた時に履いている靴と、自分の靴が一致している事に気付き、思い出す幼い子供は自分だと確信するダルスン。
ヨンファとダルスンことウンソルの距離が近くなってきましたね!神様が2人を再び会わせようとしてくれているのでしょうか?

急いで会社に戻り、幼き頃のウンソルのスケッチブックとダルスンの描いた絵を比較し「ウンソルは博覧会に来ていた」と確信するヨンファ。
ヨンファはハンスと共にテソンには内緒で新たにウンソルの捜索願いを警察に依頼することに。

翌日、警察に「14年前生き別れた両親を探したい」と相談するダルスン。
その話も聞いたホンジュは焦ってテソンの元に報告しに行く・・そこでテソンもダルスンが記憶を取り戻しつつあることを知る。
ヨンファに会わせてはいけないと急いでヨンファの部屋に向かうもそこで「ウンソルを探す最後のチャンスだ」とハンスと話している会話を聞いてしまったテソンは焦ってしまう。
テソンにとって大ピンチの予感!!

その頃、ハンスの新たなウンソル捜索願と、ダルスンの両親を探す捜索願を照合していた警察・・そこで共通点が多く、2人が探している人物が同一人物なのでは?とヨンファに連絡をする警察。
いよいよ、本当の親子が再会する時が・・?

知らせを受けたヨンファはハンスと共に警察に行こうとする・・しかしそこに「ウンソルが見つかった。ウンソルの服と靴も証拠としてあるらしい!」とテソンが走ってやってくる。
警察に行く前にテソンに連れられ、ある家に向かう。するとその家の者が「ウンソルは2年前に結核で・・もうこの世にいません・・」と話し始める・・衝撃を受けるヨンファ・・。

62話

衝撃を受けながらも、ウンソルが失踪時に身に着けていた靴と洋服を見て、ウンソルの物だと確信したヨンファは泣き崩れてしまう。
家に戻ったヨンファは憔悴しきってしまい、ウンソルを思ってずっと泣いていた・・。
・・テソンはヨンファがダルスンに会わないよう、ホンジュがブニの家から証拠となるウンソルの服と靴を持ち出し、オ秘書はお金を渡し、偽りのウンソル両親を雇ったようだ。
あと少しだったのに!!ウンソルが亡くなったことにするとは、テソンたちには本当に腹が立って仕方がないです!!

一方、ヨンファ同様、ダルスンにも警察から連絡がいき、一人警察で待つダルスン・・。
しかしオ秘書が警察に連絡し、ダルスンとヨンファが会う事はなかった・・。

ユンジェの事が気になったチョン社長は、診療所を訪ね、ユンジェを食事に誘い、仲直りする2人。
しかし、そこでダルスンがミリョンにお金を返した事を聞き、気になるユンジェ。

寝込んでいるヨンファに帰宅後、お粥を持って行くホンジュ・・しかし「食欲がない」と気力なく横になるヨンファ・・。
そんなヨンファを見ても「ウンソルの証拠がなくなってもう縁が切れた」「絶対見つからないんだから、早く未練は捨てた方がいい」と話すテソンとホンジュ・・。
本当にヨンファの事を大事に思っているなら、こんな言葉かけませんよね!

ヒョンドの誕生日当日。ヒョンドの父ボンシクは息子のために朝食に食事とわかめスープを用意し、一方、母であるチュジャも息子に会えずとも毎年わかめスープを準備していた。
そんなチュジャの思いを知っているダルスンたちに背中を押され、ヒョンドに会いに行くチュジャ。

一方、ヒョンドはダルスンに警察署に行った理由を尋ねていた・・そこでダルスンが幼い頃の記憶がないことや自分の名前や年齢も分からない事、本当の両親を探している事を知る。するとヒョンドは前に話した母親の話をしだす・・そこで「母親と子供は離れていても繋がっていて、それでお互いを恋しく思って再会するそうです・・親子の縁って不思議ですね」と話すダルスン。
ダルスンの言葉が現実になることを心から祈っています・・

ダルスンはカウンセリングの後、自分が溺れた川に向かっていた・・するとそこには「ウンソルにお別れを言いに行かなきゃ・・」とヨンファもその川へ向かっていた。
ウンソルが好きだった黄色の花を持ってウンソルとの思い出を思い返し「ごめんなさい・・早く見つけてあげられなくて・・傍で看病してあげられなくて・・ごめんね・・」とウンソルの名前を呼びながら川に花を流すヨンファ。
・・その頃、ダルスンは流れてきた黄色の花を手に取り、立ち上がると・・そこにはヨンファの姿が・・すると脳裏に浮かんでいた母親の顔を思い出す・・。

63話

悲しそうなヨンファの姿を見たダルスンはヨンファの元へと駆けつける。
ヨンファは泣きながら「ウンソルが亡くなったこと」を打ち明ける・・号泣するヨンファを抱きしめ慰めるダルスン・・。
そしてダルスンからの「心から愛している人なら忘れず、大切に思い続けてあげてください」という言葉と贈られた鉢植えの花で勇気づけられるヨンファ。
どんなに2人を引き離しても、やはり親子の縁は強い絆で結ばれているのでしょうね♪

一方、ソンイン前でヒョンドを見かけたチュジャは、ヒョンドの後を泣きながらつけていく・・しかし、その時チュジャがひったくりに遭ってしまい、犯人をヒョンドが追いかける。
カバンを取り返したヒョンドはチュジャの元に・・チュジャは自分が母親だとは言わず怪我しているヒョンドの手にハンカチを巻き、泣きながらヒョンドを心配している・・そんなチュジャの姿に驚きながらも去るヒョンド・・。
チュジャは「私があなたの母親だ」と名乗りたかったでしょうね・・

翌朝、ヒョンドがダルスンの上司だと知ったチュジャはダルスンにある物を託す。
チュジャはヒョンドの体調を気遣い「ショウガ茶」をダルスンに持たせたのだった・・そのお茶を飲んであったかい気持ちになるヒョンド・・。
そして、ユンジェと別れたダルスンを心配し、気遣うヒョンド・・その話をホンジュが聞いていた。
ホンジュがまた余計な事を考えつきそうな予感・・

その頃、ウンソルが亡くなったということでウンソルの財産を分ける手続きを進めるというハンス。全てが自分の思い通りになったテソンは浮かれている様子・・。

一方、ダルスンの事が忘れられないユンジェはお酒を飲みながら、ダルスンと話した会話の一つ一つを思い出していた・・。
その店の前を通ったホンジュは悲しそうなユンジェの姿を見て、足を止める・・そんなホンジュに気付くユンジェ・・。
この2人の関係が発展・・なんてことになったら発狂しそうww

借金取りから逃げる一人のホステス・・たまたま逃げ隠れた部屋にいたテソン・・声を上げるテソンの口を封じるホステス・・。

恋するダルスン~幸せの靴音~61話・62話・63話感想

ダルスンの頭痛の原因も自分の幼い頃の記憶だと気付き、ヨンファが母親だと気付くのにあと少し・・と思っていたのに・・。
やはりテソン・ホンジュが邪魔してきましたね!!しかもウンソルを死んだことにするとは!!人間としてどうかと思いますし、ヨンファの気持ちより、自分たちの事しか考えていない2人にイライラしてしまいます!!
しかし、自分の思惑通りに事が進んだテソンの所に謎のホステスが・・この女性とは何か関わりがあるのでしょうか?それとも全く知らない人なのでしょうか?気になりますね~。