恋するダルスン-あらすじ-79話-80話-81話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-恋するダルスン-あらすじ-79話-80話-81話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

恋するダルスン

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ダルレに操られ、ヨンファとの仲がどんどんこじれているテソン。しかも元々抑えていた欲望が爆発し、ソンインを全部自分の物にしようと暴走気味ですよね??
ヨンファにダルレとの事がバレるのも時間の問題のような・・。

今回は79話からお伝えしていきますね♪

【恋するダルスン】ネタバレあり

79話

ヨンファが自分との子どもを拒否していた事を知り、激怒するテソン。
そんなテソンに「私たちがここの主になるのよ」とけしかけるダルレ。
ダルレは社長夫人の座も狙っているのでしょうか??恐ろしい女性です!

一方、ダルスンは昨夜ユンジェと別れた後、「労働運動に参加したことで警察に追われている」と話す知人ミョンスクに偶然会う。そのミョンスクが怪我をしているのに、捕まることを恐れ、病院に行けないことを気にしているダルスン。
ダルスンはユンジェに頼み、ミョンスクが隠れている空き家で治療してもらえるよう頼む。
この時代にこんな事をしたら危険ですよね・・

仕事の最中、ダルスンの指輪に気付いたホンジュ。ダルスンも「彼とよりを戻したの」と正直に話す・・ホンジュは「2人が良ければ、状況が変わるとでも?」と詰め寄ってくる・・そんなホンジュに「あなたには関係のないこと」と突き放すダルスン。
今回はダルスンの決意も固い様子・・

その頃、ユンジェとダルスンの事を見てから、自分がダルスンの事が好きだという事に気付いたヒョンド。しかし「彼女を笑顔に出来るのは僕じゃないんです」と「それでもまた笑顔が見れて嬉しい」と同僚に話す。
ヒョンド・・気付くのが少し遅かったですね・・

ホンジュはダルスンとユンジェの仲をブニに知らせようとブニの家へ向かう。
その途中、一目を避けて急ぐユンジェの姿が・・追いかけるホンジュ・・。
ホンジュに気付いたユンジェはミョンスクの事情を説明し「医者は患者を選ばない。ダルスンのせいじゃなく、自分の意志できた」と話す。
一番知られてはまずい相手にバレてしまいましたね!

ユンジェまで警察に捕まることになると怒ったホンジュはダルスンの家へ・・そこでダルスンに罵倒し始めるホンジュ。
すると後ろからユンジェがやってきて「自分の意志だ。彼女を責めないで欲しい」とダルスンの手を握り、去って行く。
ユンジェの男らしい態度に胸キュンですが・・ホンジュは相当お怒りですよね・・

その頃、ヨンファはウンソルの事を思い出し、当時、ウンソルがいなくなったのは自分の責任でもあるからと避妊していたが、その後も薬の副作用かテソンとの子どもを授かれなかったことを後悔していた。
そんなヨンファの気持ちを知らないテソンは「ホンジュがソンインの遺産を相続すれば自分たちのもの」と浮かれていた・・しかしホンジュを戸籍に入れていないことに気付き、焦り始める。
テソンはヨンファの本当の気持ちを誤解したままでは、本当に大切なものを失ってしまうのに・・

翌日、テソンはホンジュを戸籍に入れようと提案する。しかしヨンファは「戸籍に入れるということは後継者にするということ。ホンジュを信用しきれていない」と話す。その会話を偶然聞いてしまったホンジュはヨンファに怒りを覚え、ダルスンを恨む。
この親子3人はすれ違うことが多くなってきましたね・・

ホンジュからユンジェとダルスンの事で報告を受けたミリョンはダルスンに電話をし、呼び出す。
待ち合わせ場所に向かうダルスン・・そこにミリョンとホンジュの姿が・・。相変わらず、ダルスンの事を認めず、罵声を浴びせるミリョン・・するとそこに察したユンジェがやってきて「ホンジュさんに興味はない。母を使って俺を物にしようと?汚い真似はやめてほしい」とはっきりと話すユンジェ。
プライドの高いホンジュが黙っているわけがない!!

恥をかかされたホンジュは警察にミョンスクの居場所を密告・・すると警察に連行されるミョンスクとユンジェ・・ダルスンはその光景を買い出しに出ていた途中で目撃・・。

80話

「ユンジェさん!!」と駆け寄るダルスン・・。
しかしダルスンもグルだと一緒に連行されてしまう・・。
最悪の事態になってしまいましたね・・

完全にミョンスクと同じ北朝鮮のスパイだと勘違いされてしまったダルスンは、薄暗い部屋で尋問を受けることに・・しかし「知らない」と答えるダルスンの頬を何度も叩く警察。
一方、ユンジェも殴られ。蹴られ、暴行を受けていた・・。
昔はこういう拷問も普通に行われていたのでしょうか・・

ダルスンとユンジェが連行された事を知ったお互いの家族たちは動揺していた。
一方、通報したホンジュは後悔の気持ちでテソンに助けを求めるべきか迷っていた・・。
今頃、自分のした事の重大さに気付くなんて・・

その夜、テソンを待ち伏せし、ダルスンとユンジェを通報した事を話すホンジュ。
その頃、チョン社長は2人を釈放する手段を模索していた・・そこで釈放出来る権限がある人物と接点があるのはテソンただ一人だという事を知る。
一方、テソンはユンジェを釈放する手段が自分にしかない事を知り、浮かれていた。
テソンの欲望がチョン社長を襲う気がします・・

しかし、ユンジェの命が大事だと判断したチョン社長とヒョンドはテソンの元へ行く。そこで頭を下げ、「助けて欲しい」と願い出るチョン社長・・テソンはその見返りとして「ハンガンの四半期分の売掛金債権の譲渡」を要求。
それではハンガンが倒産してしまうかもしれない危機に・・チョン社長は迷っていた。
やはりテソンはハンガンを潰す気でいるようですね・・

そんな矢先、検察から中心人物以外釈放せよ!とダルスンとユンジェが釈放されたという情報が・・。
このままではハンガンから金を奪い取れないと焦ったテソンは、すぐに検察庁に向かい、上層部に「仕事を辞めても、遊んで暮らせるほどのお金を差し上げます」と賄賂を約束する。
テソンの口添えでダルスンをユンジェの前で拷問し、わざとユンジェに自白させ、釈放出来ないようにしたのだ・・ダルスンはユンジェの希望で釈放される・・。

81話

息子の釈放を検察庁の知り合いに聞いたチョン社長はテソンに連絡。
しかしユンジェが自白して釈放は難しいという知らせを逆に聞き、絶望するチョン社長。
テソンの悪事がバレないなんて、本当にあり得ない!!

電話を切ったチョン社長はユンジェに面会するためにユンジェの元へ・・。
傷だらけでボロボロのユンジェを見て落胆するチョン社長・・そこでスパイだと認めた理由を問い詰められるも答えようとしないユンジェ・・。
ダルスンが責められる事を避けたんですね・・

面会後のチョン社長とヒョンドはユンジェを待つダルスンに会う・・そこでダルスンから「自分のためにユンジェが身代わりになった」という事を聞き、号泣するダルスンに怒鳴るチョン社長。
親心としては息子を巻き込んだダルスンが許せないのも当然です・・

ユンジェの姿を見たチョン社長はテソンの元へ行き、約束の賄賂にサインしてしまう。
・・翌日、釈放されるユンジェ。寝込んでいたダルスンもヒョンドから連絡を受け、その知らせを聞いて泣いて喜ぶ。
テソンは自分の思い通りに事が進み、有頂天でしょうね・・

ダルスンだけ釈放され、ユンジェだけ釈放されなかった事など、今回の事件でひっかかる点が多い事が気になるチョン社長とヒョンドは「もしかしたら、最初からハンガンを狙ってしたことでは?」とテソンを疑うように・・。
ヒョンドの名推理でテソンの悪事を暴いて欲しいです!!

ヒョンドは通報した者が何者なのかを調査することに・・そこで警察に行き、わざと「ミョンスクたちを通報した者だが・・」と鎌をかける。
すると「嘘をつくな。通報したのは若い女性だった」と言われ、ヒョンドの頭にホンジュが浮かび上がる・・するとそこに「ミョンスクたちを通報した者です」と一人の女性が。
・・その女性はホンジュをカモフラージュするため、オ秘書が賄賂を渡し演じさせた偽物だった。
どこまでも用意周到なテソンにイラッとしますww

すっきりしないまま家に帰ったヒョンドはダルスンに薬を持っていき、ユンジェの状態も報告する・・自分のせいでユンジェが巻き込まれた事が申し訳なくて、もう顔を合わせられないというダルスンを励ますヒョンド。
ダルスンを好きな気持ちを抑え、応援するヒョンドを見ていると切ないです・・

その頃、ハンガンには「社長を出せ!」と取引き先が怒鳴り込みに・・どうやらソンインに売掛金債権を譲渡した事が噂で出回っている様子。
その噂はもちろんテソンが流していたのだった・・ハンガンを潰すために・・。
すでにハンガン潰しを始めていたとは!!

そして、その噂を流したのがテソンだと知ったチョン社長はソンインに怒鳴り込みに行き、テソンの胸ぐらを掴む・・。

恋するダルスン~幸せの靴音~79話・80話・81話感想

ダルスンとユンジェにまたもや試練が・・しかもそれはホンジュによって最も苦しい試練でしたね・・。そんな辛い状況でも、お互いを想い合う2人に本当の愛を見せてもらった気がします♪それにしても、こんなひどい拷問があった時代があったなんて・・信じられませんね。
そして、この原因を作ったホンジュに、この機会にハンガンを潰し、自分の財産を増やそうとしているテソン・・本当に性格も根性も最低な親子です!!
こんな2人にいろんな人が騙され、巻き込まれていくのがもどかしく、辛いです・・いつか正義が勝つ日が来ますように・・と願って、話の展開に注目していこうと思います♪