恋するダルスン-あらすじ-85話-86話-87話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-恋するダルスン-あらすじ-85話-86話-87話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

恋するダルスン

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ダルスンがジェハの詩集「鹿」を手にすることに・・この詩集にはジェハが亡くなった当日テソンを会っていたことが記されていましたよね・・。だんだんとテソンの悪事が明るみになりそうな予感・・!!

今回は85話からお伝えしていきますね♪

【恋するダルスン】ネタバレあり

85話

ジェハの形見

鹿

を開くダルスン・・その頃、ヨンファをジェハの写真を見ながら「私とウンソルが出会えるまでどうか見守っていてね」とつぶやいていた・・。
ヨンファはジェハの事を今も大切に思っているんですね♪

その頃、ミリョンの泣きわめく姿を見るのが一番辛いとなかなか家に入れないチョン社長・・。しかし、想像していた姿とは違い、夜食を作ってチョン社長とボンシクの帰りを明るく待っていたミリョン。
・・「今までも色んな事があったじゃない。私たち家族で力を合わせれば、きっと乗り越えられる」と怖い気持ちを堪え「あなたがいれば、それだけでいい」と励ますミリョンに感謝するチョン社長。
ミリョンはとんでもない事をたまにやったりしますがww、心があったかい人なんだなと感じます・・

チョン社長は倉庫の革を他社に売り、そのお金を高利貸しへの返済にあて、倒産だけは食い止めようとしていた。しかし、その事を知ったテソンは裏で手をまわし、チョン社長をとことん追い詰める。
・・精神的疲労が溜まっていたチョン社長はその場で倒れ、病院に・・強い父親が倒れた事に自分が今まで守られていた事に気付き、そんな父親を助けられない自分を情けなく思っているユンジェ・・。
本当にとことん追い込むんですね・・テソン!なんてひどい奴!!

一方、ヨンファとハンスは「光復記念会 事業発表会」に参加し、ジェハの回顧展が開かれる事を知る。

倒れたチョン社長を心配するホンジュは帰宅したテソンに「もうハンガンに関わるのはやめて」と頼むも「お前が通報した事が始まりだ。俺に始末を頼んだ以上、俺が何しようと勝手だ」と話すテソン・・その話をテソンの妹テスクが偶然聞いてしまう。
ボンシクと恋愛関係にあるテスクにも辛い話ですよね・・

兄であるチョン社長を見舞うチュンギ・・そこに同じようにチョン社長のお見舞いに病院を訪れたテソン。
そこでチュンギの姿を目撃したテソンは驚愕・・。

86話

今まで行方が分からなかったチュンギの姿を見て驚いたテソンは、思わず隠れてしまう。
そして、ジェハの居場所を密告した自分の罪をかぶったチュンギが生きていた事、兄であるチョン社長と再会している事を知ったテソンはオ秘書を呼び出し、チュンギの事を調べるよう命令する。
テソンも次から次へと心配事が尽きないですねwwまぁ、自業自得ですがww

ある日、会社で休憩中のダルスンはヨンファからソンイン創業者イ・ジェハについての話を聞くことに・・「彼は貧富の差に関係なく、誰もが履ける靴を作ろうという考えも持っていた。人のために履ける靴を・・ダルスンさんと同じね」と。
その後、2人はジェハが作った手製靴の店舗を訪れる。

一方、ホンジュはダルレを呼び出し、「パパがハンガンに手を出すのを止めて欲しい」とお願いするも「まず倒してから手を差し伸べるのよ」と話すダルレ・・そんなダルレに「彼とはそんなふうに関わりたくない」と話す。
ホンジュ・・最初から素直な気持ちでユンジェと向き合っていたら状況は違ったかもしれないのに・・

帰社したヨンファはジェハ回顧展の事でハンスと会議中・・そこにダルスンが靴のデザインの事で相談しに入ってくる。
そこでジェハの写真を見たダルスン・・「回顧展は国のために戦った人のために開かれるんですよね。それなら独立活動で足を怪我したり、無くしたりした方のためにぴったりの手製靴を作るのはどうですか?」と提案し、ダルスンもその活動に参加することに・・。
不思議ですよね・・本当の親子が父親のために靴を作っているなんて・・♪

その夜、ハンガンの事を思い、気が沈むヒョンドに声を掛けるチュンギ。ヒョンドもまた自分が欲を出したことがきっかけでこうなってしまったのでは・・と自分を責めていた。
そんなヒョンドに「永遠を約束した愛が終わる時も、青春に終止符を打つ時も、急に訪れた試練の中でも、また一日を生き延びれば希望が始まるんだ」と話し、励ますチュンギ。
チュンギは過去の自分と向き合っているようですね・・

翌朝、ヒョンドとチュンギはチョン社長宅へ・・そこでチョン社長は家族を集め「今日でハンガンを閉めようと思う。時にはきちんと認めて、引き下がることも必要」と全てを手放して、最初からやり直したいと話す。
ユンジェは「これからは俺が父さんの支えになるよ」と決意を新たにする・・。

87話

ある日、ヨンファからジェハ回顧展が開かれ、その靴作りにダルスンが参加することを知らされるテソン。ヨンファの手前、平然な振りをしていたが、ヨンファがチュンギと再会しないか焦っていた。
しかもチュンギがジェハの事を自白したのが自分ではないと気付いたら・・真実を知っている、当時の担当警察官パンスルや中村警部の存在が気になるテソン。
やはり悪い事をしても自分に返ってくるものなんですね~

一方、ユンジェは大学病院に行く道を諦め、ハンガンを立て直すために尽くすことに決める・・しかし、債務整理をしても残るのはトラック一台と機械が買えるくらいしか手元には残らないとボンシクに言われるも「父さんも俺ぐらいの歳の時に、自転車一台で事業を始めたんだ。トラックがあるだけで十分だ」と本気のユンジェ。
いつも真っすぐなユンジェ・・頑張って欲しいですね!!

回顧展の靴を夜遅くまで作るヨンファとダルスン・・従業員からの差し入れを食べながらダルスンは「鹿」の詩集の話をヨンファにする。
その話を盗み聞きしていたテソンは慌ててダルレに「ダルスンの家に行って鹿という詩集を持ってこい」と「早く取ってこないと、俺がイ・ジェハを殺したことがばれてしまう」と動揺し、話してしまう。

その話を聞いたダルレは急いでブニの家に。
ダルスンの机の中にあった「鹿」を持ち出し、急いでテソンの元に戻るダルレ・・しかしその詩集にはジェハとテソンが事件当日会っていた証拠のメモが書かれておらず、「これじゃない」と慌てるテソン。
・・どうやらチュンギがダルスンに渡した詩集は、自分で購入した本の様だ。
ジェハの詩集がテソンの手に渡りませんように・・

ジェハの話を聞くたびに「会ってみたいです・・不可能ですが・・」と話すダルスンにジェハの写真を手渡すヨンファ・・。
その写真を手にした瞬間、胸に何か込み上げるものがあり、涙を流してしまうダルスン・・。
会った事はなくても、本能で自分と関わりのある人だと分かるものなんでしょうね・・

・・ジェハ回顧展当・・チュンギの担当警察官パンスルは回顧展へ向かう。
その事を知ったテソンとオ秘書は慌てて会場に・・会場にはジェハの写真を見て涙するチュンギの姿が。そして、同様に写真を見ているパンスル・・そしてヨンファ・・。

恋するダルスン~幸せの靴音~85話・86話・87話感想

テソンの仕業でハンガンは倒産してしまう事になりましたね・・。倒産は辛いことですが、チョン社長の気持ちを尊重し、励ます家族たちの姿や絆の強さを見ることが出来てあたたかい気持ちになりました♪
父親の意志を受け継ぐユンジェ・・これから頑張って欲しいですね♪
そして、ついにテソン、最大にピンチ!!根源を言ってもいいジェハの事件が明るみになりそうな予感!!当時の当事者たちが集結・・しかもジェハの回顧展に・・ジェハが巡り合わせたのでしょうか?今後の展開に期待したいと思います。