恋する泥棒-あらすじ-40話-41話-42話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-恋する泥棒-あらすじ-40話-41話-42話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

恋する泥棒


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ユン検事の元に送られてきたキム・チャンギからの録音テープ。
一体誰が??と焦るユン検事を横目にいい気味だとばかりのジョンへです!!

【恋する泥棒】(ネタバレあり)

第40話

ユノはミエに呼ばれ、大目玉を食らう。
ソジュに花束を渡す映像をファヨンから見せられたためだった。

「ただの遊びだよ!!」と言うユノ。

ソジュは元気がなかった。
そんなソジュに、ドルモクへの想いを気づかせる為ウンジは助言する。

そして自分の想いに気付き、勇気を出すソジュは。
ドルモクに告白。
受け入れるドルモクだった。

ユン検事にシッケを出し近づくジョンへ。
貧血持ちだと言って倒れかかるジョンへだった・・・。

ジョンへはユン検事に近づくためか、彼の胃袋を掴み次第に誘惑しようとしているようで すね(≧∇≦)

テソクはドルモクに電話をかける。
そしてチャンギの死の真相を話してやると言う。

テソクはドルモクを銃殺しようと企み、呼び出していた。
その頃、パンスはユン検事に呼ばれる。
もう1つの地図の在りかを執拗に聞かれるパンス。

ドルモクは師匠の助けで、テソクから危機一髪を逃れる。
テソクを縛り上げ、白状させようとする師匠とドルモクだったが口を割らないテソク。
そこにジュニがやって来た。

ドルモクは、父パンスが本物の地図とすり替えユン検事に手渡したと聞かされる。

テソクの狙いはドルモクの命、ユン検事の狙いは地図だとも教えられる。

父パンスを責め立てるドルモク。
大叔母さんが命をかけて大切に守って来た地図をユン検事に脅され渡してしまった事を。

ジュニはそれを聞き、「全てはおまえがJを始めたからだ!」と言う。

ユン検事はジュニとドルモクの中を知らない。
それを利用して地図の在りかを探る作戦の2人。

ジュニは検事長の窮地を自分が手助けすると言って近づく。
言葉でだけでは信用しないユン検事は、態度で示せと言うのだった。

パンスはサヌニュルを出て行くと言う。
ドルモクは、「僕のせいだから、自分を責めないで」とパンスを説得するのだった。

第41話

ジョンへはユン検事の食事を用意する。
ジョンへの食事は全て、昔を思い出させるようであった。

ユン検事は次第にジョンへに心を開いているようですね

ジュニはユン検事の信頼を得るため、わざとテソクを逃がす。
ドルモクへの言い訳のため、テソクに自分を殴らせてから逃がしたのだった。

逃げたテソクはユン検事と密かに会う。
そしてドルモクの記憶が戻りつつあること、別荘でのことを知りたがっていることを告げるテソク。

同じ頃、ミエも人を使いカン刑事の事やチャンギの死など調べさせていた。

ホン会長は意識を取り戻す。
まだ話すことが出来ないホン会長は、シネに携帯の字を使い伝えるのだった。

「ユン・ジュンテは拘置所で私を殺そうとした」と伝えるホン会長。

ミエから、「シネの家の情報を探れ」と命じられているジンスク。
彼女から、今まで報告した話を聞くジョンへ。

キム・チャンギの息子スヒョンの戸籍を改ざんしたと言うカン刑事の話を耳にする。
自分の息子スヒョンが生きていることを知るのだった。

慌てて春川の警察署へやって来るジョンへ。
カン刑事が11年前に亡くなったと聞かされる。
そしてカン刑事には、娘ソジュがいることも知るのだった。

ソジュはずっとJについて調べていた。
そしてドルモクがJなのではないかと疑い始める。

ドルモクはホン会長に聞きたいことがあり病室に侵入。
しかしそこにユン検事が。

そしてホン会長を殺そうとした・・・。
・・・がすぐにシネがやって来て一命を取り留める。

第42話

ミエはユン検事に、「キム・チャンギの事件を徹底的に調べてやる」と言う。

「ソジュがドルモクがJだと気付いた」とジュニは話す。
それを聞くドルモクは、「嘘を突き通す事が辛い」と言う。

「死ぬまで嘘を突き通せ」とジュニ。

サヌニュルで師匠含め集合していたドルモク達の所へ帰って来たソジュ。
パンスが地図を奪いに会長室へと入ったことを問う。

そしてドルモクに、「おじさんを見逃すのはかつての父と同じような気がする・・・」とソジュ。

「思うようにすればいい」と抱きしめるドルモクだった。

そして自分がJを続けるならば、ソジュには隠し通さなければならないことを心に決めるのだった。

ユン検事は、「ドルモクがキム・チャンギの息子スヒョンだ」とジュニに話す。
そして「ドルモクがペクサン将軍の子孫で地図の在りかを知っている」と。

頂点を目指すユン検事は、祖父が築いた財産を元手に国の頂点に立とうとしていた。

自分の欲望の為に多くの人を犠牲にして来たユン検事、恐ろしい人です(≧∇≦)

ジョンへはソジュをソンジンの店に呼び出す。
そしてカン刑事に世話になったことを伝えるのだった。

ジュニはパンスを問い詰める。
「キム・チャンギの息子スヒョンをなぜ連れてきた?」と。
「親友だったチャンギと何があったのか?」とジュニは強い口調で問い詰めるのだった。

パンスはジュニに真実を話す。
ジュニを立派に育てたくて、独立運動家の遺族申請をしたところ捕まったこと。
チャンギを呼ばなければジュニを捕まえると脅されチャンギを裏切り、そのせいで彼は死んでしまったと話すパンス。
そして彼の妻も自殺してしまったと。

ドルモクには本当の事が言えないと言うパンス。
ジュニもドルモクには話さないと約束するのだった。

自宅に戻ったユン検事に、第2弾のキム・チャンギからの宅配便が届いていた。
ベルトだった。

気が気ではないユン検事、相当焦っています!!

カンギュは通常業務へと戻って来る。
そしてホン・ミエ関連を調べるようジュニ達に指示するのだった。

第40話から第42話の感想

少しずつ核心に迫ってきましたね。
ドルモクも自分がスヒョンだと知り、記憶も少しずつ戻っています。
幼き日のスヒョンの目の前で、自分の本当の父親チャンギが首を絞められ殺される。
ドルモクにとっては思い出したくない過去の記憶が少しずつ鮮明によみがえって来ているようです。
これに焦るのはユン検事ですよね。
自殺に見せかけベルトで絞殺したのは、何を隠そうユン検事なのですから。
テソクも当時を振り返り、「チャンギは本当に自殺だったのか??」と疑っている様子。
ホン会長の側近であるテソクが、ユン検事と組んでいるなんて・・・。
一体誰を信じればいいのかわからないですよね。
チャンギの妻へウォン。
今はジョンへとしてユン検事の家に潜り込んでいます。
彼女もまた、ユン検事を狙っているようですね。
かつての恨みを晴らそうと、ユン検事とホン会長の周りには複雑な人間関係がうごめいていますね。
さて、今後のジョンへの行動も気になるところです!!


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください