恋する泥棒-あらすじ-43話-44話-45話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-恋する泥棒-あらすじ-43話-44話-45話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

恋する泥棒


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
自宅に第二弾のチャンギからの宅配便が届き、苛立つユン検事です。
ジョンへは何を企んでいるのでしょうか(≧∇≦)

【恋する泥棒】(ネタバレあり)

第43話

入院中のホン会長は言葉を発するが、認知症の症状が現れているようであった。

ファヨンとシネは、ホン会長が遺言書を訂正したら困ると必死だった。
同じ頃ドルモクはユン検事の家にJとして忍び込む。

ユン検事の部屋のごみ箱にあったカセットテープとベルト。
ドルモクはリュックに入れる。

そこにファヨンとシネが帰宅。
慌てたJことドルモクは二階へと走る。

ジョンへと遭遇したドルモク。
ジョンへはドルモクを逃がしてくれるのだった。

ところが外へ出たドルモクはソジュとばったり。
ソジュに捕まりそうになったJことドルモクは、ソジュから何とか逃げてくるのだった。

ソジュはJに会ったことをドルモクに話す。
そして「Jに手錠をかけられるかしら」とソジュ。
そんなソジュをそっと抱きしめるドルモク。

自分に手錠をかけさせることになるかもしれないと考えると落ち着かないドルモクです。
 ソジュの気持ちを考えると・・・たまらないですよね

ドルモクはジュニに、ユン検事の家から盗んできたベルトとカセットテープを見せる。
そして記憶が戻り、父チャンギを殺したのはユン検事だと話すドルモク。

ベルトとカセットテープを送りつけてきたのはホン会長ではないかとドルモクの推測。
ユン検事が病室でホン会長を殺そうとしていたことも話すのだった。

ジュニはユン検事に取り入る為、「忠実なしもべにになり魂をも売る覚悟だ」と言う。

第44話

ジュニはユン検事の忠実なしもべとなるべく、ミエ親子を懲らしめるのだった。
ユン検事に呼ばれて食事にやって来たジュニ。
待っていたのはファヨンだった。

ファヨンが以前ジュニに贈った腕時計をつけてやって来る。
自分の事が嫌いになったわけではないと知り安心するファヨン。

ジュニが家に帰ると、パンスが食事の用意をして待っていた。
腕時計は盗聴器。
ファヨンはパンスの声を聞き不思議に思う。

19年ぶりにドルモクとパンスにジュニ、家族でそろって食事をする。
感傷的になる父パンスだった。

ソジュは春川からキム・チャンギの事件の資料を取り寄せていた。
父がなぜ14年前の事件を調べていたのかと不思議に思うソジュだった。

師匠とパンスに、「父が身の危険を感じていたことを知り、このサヌニュルに来た」と話すソジュ。
「隠していることがあるのでは?」と2人に問うソジュだった。

そこにドルモクが。
ドルモクは正直にソジュに話す。
自分がキム・チャンギの息子スヒョンだと。

「昔は恥ずかしいと思っていた父を今は誇りに思う」と言うソジュ。
事件をずっと調べていたと言う。

スンチョンが亡くなる直前に「ユン・ジェホンは裏切り者だ」と言った事を思い出すソジュ。
ホン会長の隠し部屋にも同じ文字が書かれていたと。

ジュニは発明家のソンシクの所へとやって来る。
そこで、ファヨンからの贈り物の時計に盗聴器が仕込まれていることを知るのだった。

ファヨンからジョンへと父ユン検事が怪しいと聞き、ホン会長の付き添いを辞め慌てて帰って来るシネ。

そしてシネへの結婚記念日のプレゼントを見つけるが、ジョンへへの贈り物だと勝手に勘違いするシネ。
ジョンへの頬を平手打ち。

ユン検事はシネに怒りを覚える。
ジョンへに誤解したことを謝るシネ。
ジョンへは家を出て行くと話す。
必死に止めるシネだった。

ドルモクは病院に入院中のホン会長の元を訪れ確認したいことがあった。
ホン会長の別荘でユン検事がキム・チャンギを殺した事を教えるドルモク。
ホン会長はドルモクから聞くまで知らなかった。

そしてテソクとユン検事がグルだと言うことも初めて知る。
命を狙われるホン会長はドルモクに助けを請うのだった。

ユン検事の祖父は義烈団の裏切り者だと言われていた。
その証拠を宝の地図と一緒に隠してあると言っていたチャンギ。

ユン検事の祖父が義烈団の裏切り者だと言うことがバレてはまずい!!ってことで必死に 宝の在りかを捜しているようです

シネは結婚記念日をユン検事と2人で過ごす。
ユン検事はシネに対して複雑な気持ちだった。

第45話

ジュニはユン検事から頼まれていた。
遺言書の書き換えを。

弁護士たちは帰ろうとするが、彼らの弱みを握っているジュニは、改ざんを求める。

ジュニはソジュ達に黙ってチョンムンの役員たちを取り調べていた。
その頃ミエも、チョンムンの会長の場所を狙っていた。

ミエは株主総会を開く。
自分が次期会長に就けると思い込んでいたが大失態に。
ジュニの働きで、シネが見事会長に。

ユン検事とシネたちはお祝いの祝杯を挙げるのだった。

ジュニはドルモクに違法な手を使いシネを会長の座につけたことを話す。

弟の為に危険なことに手を染めてでも解決しようと力を注ぐジュニです

ドルモクはホン会長の病室にやって来る。
そして「ユン・ジュンテを懲らしめてやるから自分の言う通りにしろ」と言うのだった。

ビデオカメラを設置し遺言について語るホン会長だった。
「ドルモクに全てを一任する」と言うホン会長。

ドルモクとソジュは仲良くデート。
2人でとても素敵な時間を過ごしているその時、ホン会長の病室に何者かがやってくる。
そして点滴に注射器を差し込み・・・心筋梗塞で亡くなるホン会長。

会長亡き後遺言の一件で、ドルモクはホン会長の遺族が集まる家にやって来る。
そして会長からの遺言を発表するが・・・。
その中には、シネが株を譲り受ける条件としてユン検事と離婚することが含まれていた。

第43話から第45話の感想

ドルモクがユン検事の家でジョンへに遭遇しましたが、逃がしてくれるジョンへ。
なぜなのか不思議に思うドルモクですが・・・。
ジョンへが自分の母だと知った時、どうなるのでしょう。
生きていることを知らせてあげたいですね。
ジョンへは夫チャンギを無くしたことで、ユン検事を恨んでいました。
恨みを晴らすために近づいたんですよね。
ユン検事がジョンへに興味を持ち始めた事をうまく利用しようとしているのでしょう。
地位と権力を持ったユン検事は、自分の欲のため夢のためなら何でもするとっても恐ろしい人物です(≧∇≦)
そんなユン検事をこれまた捕まえようと近寄るジュニですが。
気の抜けない相手ユン検事だけに、ジュニのたくらみがバレやしないかと常に冷や冷やしてしまいます。

好きな歴史物のドラマのアンケートをしています!良かったら協力お願いします!!
アンケートはこちらから


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください