恋の花が咲きました-あらすじ-82話-83話-84話-感想付きネタバレありで!

韓国ドラマ-恋の花が咲きました-あらすじ-82話-83話-84話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ボラは地方の福祉センターで働いていました。やっと見つけたスヒョクはボラを抱きしめます。
グンファはドヒョンと一緒にいるのに、テジンに家にいると嘘をつきました。テジンはそんなグンファが信頼できなくなったようです。グンファに自分達のことをもう一度考えてみようと言うテジンです。

【恋の花が咲きました】(ネタバレあり)

82話

ボラを見つけたスヒョク。
ボラはスヒョクに私を受け入れないなら帰ってくれと言う。
スヒョクはボラを抱きしめ、キスをする。

家に帰った早々、ビールを飲むテジンにサンチョルはグンファのことで苦しんでいるのかと聞く。
グンファと別れたのかと聞くサンチョル。
それを望んでいるのかと聞くテジン。
グンファのどこが悪いと怒り出すテジン。
周囲の人からいろいろ言われると言うサンチョル。
テジンはそんなに対面が大事かと言う。
テジンは、俺はグンファがいれば幸せなのに、父さんに好かれる嫁でなければだめなのかと言う。

グンファはテジンに自分達のことを考え直そうと言われ悩んでいる。
仕事中もささいなことでいさかいとなるグンファとテジン。

ジェヒはスヒョクの事務所に来た。
スヒョクが事務所にいないのでボラと一緒にいると思ったジェヒはテガプに報告する。
また、チクリが始まりました

テガプがソノクの家に怒鳴り込んできた。
スヒョクはどこだと騒ぐテガプ。
ソノクは知らないから帰ってくれと言う。
テガプは痛い目にあわないとわからないのかと言う。
ソノクはボラがスヒョクに求婚してスヒョクは断ったのだと言う。
だからボラを探して言い聞かせてくれと言うソノク。

テガプは金が転がり込むと思っているようだと言う。
ソノクは金しか見えないのかと言う。
テガプはまだ俺の恐ろしさがわかっていないようだと言う。

そこに帰ってきたグンファ。
テガプはボラに手を出したら容赦しないとスヒョクに伝えろと言う。
グンファは出て行けと言う。
今でなければ逮捕すると言うグンファ。
グンファを叩こうと手を挙げたテガプに、ソノクは私の子供に手を出したらあなたを殺して私も死ぬと言う。
テガプは自分の言ったことをしっかり覚えていろと言い帰っていく。

ソノクはあの様子を見ると絶対にスヒョクたちのことは許さないだろうと言う。

ドヒョンはテガプがグンファの家に行ったと聞き、謝りに来た。
ソノクは帰ってくれと言う。
ドヒョンはソノクに土下座をして謝る。
ソノクはお宅の家とは関わりになりたくないから帰ってくれと言う。

グンファはドヒョンを外に連れて行った。
あなたの父親はスヒョクを殴って今度は私まで殴ろうとしたと言うグンファ。
そして、あなたの母親は私の母を見下してお金の自慢をしていると言うグンファ。
なぜうちに来たのかと聞くグンファ。
あなたの父親が大騒ぎした後に来て、あなたの顔を見て母が喜ぶと思ったのかと聞くグンファ。
スヒョクの事務所にもずっと見張りが付いているようだが、スヒョクを見つけたら捕まえるつもりかと聞く。
ドヒョンはグンファに謝る。
グンファは今のうちに止めてくれと父親に言ってくれと言う。

ハン刑事がテジンのいる交番に来た。
上司から警告されたと言うハン刑事。
テガプを探っていることがばれたのではないかと言うテジン。

テジンは姉のチキン屋に暴力団が来て店を荒らして行った話をする。
暴力団は消費者金融の手下だったと言う。
それはテガプでなくドヒョンが送ったのですよ

グンファからメールが来たテジン。
ヘチャンが危ないから公園に来いと言う内容だった。

ヘチャンは塾の仲間から虐められていた。
止めに入ったグンファは反対に高校生から叩かれてしまった。
そこにテジンが来た。

交番に連れていかれるヘチャンと塾の生徒3人。
虐めていた方の母親はヘチャンが塾に入ってきたせいだと言う。

ヒジンとベクホも到着した。
ヘチャンに怪我させたのかと聞くヒジン。
生徒の母親は私たちの子供の方が被害者だと言う。
レベルの低い子が入ってきて腹が立つのは当然だと言う母親。
ヒジンはそれでも暴力を振るうことはないと怒る。
母親は暴力を振るったのはうちの子供たちではないと言う。

グンファは私が証人だと言う。
私も殴られて唇が切れたと言うグンファ。
勉強はできるかもしれないがこの生徒は模範的ではないと言うグンファ。

イ警部は被害者と加害者に別れて調書を取ると言う。

ヒジンは泣きながらヘチャンに謝るが、ヘチャンは何も答えない。

家に帰ったヘチャンは部屋に鍵をかけてこもってしまった。
ドアを叩くヒジンを連れて行くベクホ。
ベクホはヒジンにこうなって嬉しいかと聞く。
ヒジンはごめんなさいと謝る。
ベクホはヘチャンの表情がいつもと違う、おかしいと言っただろうと言う。
俺はお金も稼げないから無視したってことかと言うベクホ。
ヒジンは本当に悪かったと涙と流す。
ベクホはヘチャンの成績だけあげて、さっきの殴った奴らみたいにしたかったのかと言う。
ヒジンはこうなると思わなかったと言う。
私はこうなると思っていました

ベクホはヒジンにもうヘチャンに構うなと言う。
今後お前の勝手にしたら絶対に許さないと言うベクホ。

スヒョクはボラに今後は二度と姿を消したりするなと言う。
ボラは心配したのかと聞く。
死ぬかと思ったと言うスヒョク。
ボラは私に帰れとか言ったら二度と姿を現さないと言う。

ボラはソウルに戻らずにここで暮らさないかと言う。
ソウルに帰るのが怖いのかと聞くスヒョク。
ボラは私一人なら平気だけれどスヒョクが心配だと言う。
スヒョクは自分を信じろと言う。
ソウルに戻ったら婚姻届を出そうと言うスヒョク。
もう何があっても構わないと言うスヒョク。
殺されてしまうかもしれませんよ~

スヒョクはグンファに電話をする。
明日ボラと結婚するからお前とジュヨンが証人になれと言うスヒョク。
そのまま電話を切ってしまった。

グンファはテジンにスヒョクが結婚すると言っているからこれから話を聞きに行くと言う。
一緒に行ってくれないかと言うグンファ。

ドヒョンはテガプになぜグンファの家に行ったのだと怒る。
テガプはなぜお前が怒るのかと聞く。
ドヒョンはやっていられないと怒鳴る。

ドヒョンはボラが見つかったと連絡をもらった。

83話

グンファはスヒョクたちに会いに来た。
テジンと4人で乾杯する。
グンファはボラに婚姻届だけでいいのかと聞く。
ボラは許してもらえて家族で写真を撮れればいいと言う。
テジンは羨ましいと言い、心からお祝いすると言う。

ドヒョンはボラを捜しに福祉センターに行ったが昨夜出て行ったと聞いた。
テガプに何としてでも連れて帰るから心配するなと言う。

部屋に戻ったグンファとボラ。
スヒョクとテジンは2人でワインを飲む。

スヒョクは心を決めたら楽になったと言う。
テジンもグンファが好きなのだろうと言うスヒョク。
テジンは家族の反対より、自分のせいでグンファが傷つくのが嫌だと言う。
スヒョクは自分もボラのためだと思って冷たくし続けたけれど、それがボラを苦しめていたと言う。

ボラはグンファにスヒョクが心配だと言う。
グンファは、スヒョクは一度決めたらやり抜く男だから大丈夫だと言う。
グンファはボラのしたことがすごいと言う。
私にはできないと言うグンファ。
ボラは持っているすべてを賭けたのだと言う。
グンファもやってみたらいいと言うボラ。
本当に好きなら捕まえなくてはと言うボラ。

グンファが外に出るとテジンがいた。
グンファはテジンに私が消えたら探すかと聞く。
テジンは職務怠慢で見つけて逮捕すると言う。
そんな理由なら逮捕してほしいかも

グンファはまだ怒っているかと聞く。
テジンはお前にとってかっこいい男になりたかったと言う。
ここに一緒に行こうと言われて驚いたと言うテジン。

グンファは私にとって結婚は単純なことではないと言う。
テジンと付き合い始めてからウリの父親の写真を見ることができなかったと言うグンファ。
そんな時にウリを置いて来いと言われてもうお終いだと思ったと言う。
あの時正直にそんなことを言うなんてひどいと言えば良かったと言う。

グンファは明日帰るのか惜しいと言う。
テジンは帰らず明日一緒にいようと言う。
グンファにキスをするテジン。

ヘチャンは帰ってきてから一度もご飯を食べない。
心配したギョンアがお粥を作って持っていく。
ギョンアはベクホに今はそっとしておくのがいいだろうと言う。

ヒジンはヘチャンが学校を休んでいるので心配する。
このまま欠席が続くのはよくないと言うヒジン。
まだ懲りていないようです

ベクホはヒジンにヘチャンが傷ついているのは腕でなく心だと言う。
ヘチャンを助けてくれたグンファに感謝しなければと言うベクホ。

ボラとスヒョクは結婚式をあげた。
祝福するテジンとグンファ。
ソウルに戻って婚姻届を出すと言うスヒョクたち。

ソンヒはヒジンに会いに来た。
ヒジンはソンヒになぜあんな塾に入れたのかと怒る。
ヘチャンのことを貧乏人だと仲間外れにして殴ったのだと言うヒジン。
ソンヒは何としてもその親に謝らせると言う。
事前に調べればわかったのではないかと言うヒジン。
ソンヒは受け持った生徒をいい大学に入れると聞いたのだと言う。
ヒジンは人の話を聞いて決めたのかと言う。
自分もそうでしょう

ベクホはヒジンに今さらお義母さんのせいにするなと言う。

ドヒョンはボラを捜しに来た。

ボラたちは帰り、そこにいたのはグンファとテジンだった。
グンファとテジンが仲良くしている姿を見ているドヒョン。

スヒョクはボラを連れて家に戻ってきた。
スヒョクはソノクにボラと結婚したと言う。
何も言わずに部屋に入ってしまうソノク。

スヒョクはソノクに2人で決めたのだと言う。
ソノクはボラの家に知られたら大変なことになると言う。
スヒョクは覚悟していると言う。
ボラの父親は、話は通じない人で、この前も来てあなたを殺す勢いだったと言うソノク。
スヒョクはそれでも行ってくると言う。

ボラはスヒョクに本当にうちに行けるのかと聞く。
お前を育ててくれた人に挨拶をするべきだと言うスヒョク。
ボラは泣き出す。
スヒョクは俺を信じているだろうと聞く。

テジンはグンファに俺たちも行動しようと言う。
家に帰って家族にグンファと結婚すると言うテジン。
マンションを借りる保証金は貯金とローンでどうにかなると言うテジン。
そうやって始めようと言う。
グンファはうなずく。

そこにテジンの電話がなった。
すぐにソウルに戻らなければならないと言うテジン。

グンファを家まで送り届けて、そのまま交番に向かったテジン。
交番で待っていたハン刑事。
ハン刑事に強制異動の命令が出たのだった。
テジンは自分が頼んだことが原因かもしれないと言う。

イ警部はファン調査官が怪しんでいるからまた捜査を始めたことがわかったら大変だと言う。

スヒョクとボラはテガプの家に来た。
家の中に入ったスヒョクにとっとと帰れと言うテガプ。
スヒョクは挨拶に来たと言う。
ボラは、私たちは結婚したと言う。

84話

スヒョクはテガプのことをお義父さんと呼ぶ。
テガプは殺される覚悟で来たのかと聞く。
ボラはスヒョクと結婚したと言う。
婚姻届も出してきたと言うボラ。
娘に何をしたのかとスヒョクに掴みかかるテガプ。

ボラは挨拶に来たのだ、許可が欲しいのではないと言う。
テガプは親子の縁を切るつもりかと言う。
今すぐ出て行け、今日から俺の娘ではないと言うテガプ。
スヒョクはお義父さんに好かれるように努力をすると言う。
テガプは義父ではない、厚かましい奴だと怒鳴る。
スヒョクはまた日を改めてくると言って帰る。

スヒョクたちが帰ったあと、テガプは倒れてしまった。

倒れたと聞き急いで帰ってきたドヒョン。
ソンヒはボラたちが結婚したと挨拶に来た後に倒れてしまったと説明する。

ウリが落ち込んでいる。
ウリの友達に妹ができて、その子の父親が妹ばかりかわいがっているようだ。
その話を聞いたウリはグンファに結婚しないでと言う。
結婚しないでウリと一緒にずっと暮らすでしょうと聞くウリ。
ウリと約束させられるグンファ。
できない約束をしていいの?

部屋から出てこないヘチャンを心配する家族。
ヒジンはヘチャンがこのまま部屋から出てこなかったらどうしようと言う。
出てこなくて学校を休むことが心配なのでしょう?

テジンはヘチャンを一度カウンセリングに連れて行ったらどうかと言う。
ありえないと言うヒジン。

ボラは早起きして朝食を作る。
ソノクはボラの作った料理を見てこれは何かと聞く。
ボラは冷蔵庫の中のもので簡単に作ったと言う。
ソノクは自分が代わるから休んでいろと言う。

朝から豪華な料理が並ぶ。
ウリはソノクの料理よりボラの作った料理の方が美味しいと言う。
ソノクは料理の先生だから当然だと言う。

ソノクは出て行ったジュヨンのことを心配する。
ジュヨンは事務所に寝泊まりすることになった。
ソノクはジュヨンに申し訳ないと言う。
スヒョクは今日からボラと一緒に仕事に行くと言う。

テジンは本庁のファン調査官に呼ばれた。
ファンはまた余計なことをしたのかと言う。
テジンが秩序や規則を無視するとは思わなかったと言うファン。
仲間が左遷させられただろうと言うファン。
二度と勝手なことをするなと言う。

テジンは忠告に感謝すると言う。
捜査したいなら昇級してからで、それくらいなら協力してやると言うファン。
テジンは捜査が必要ならその時はお願いすると言い帰っていく。

スヒョクはドヒョンに呼ばれた。
ドヒョンは結婚したのかと聞く。
スヒョクは謝る。
ドヒョンはすんだことは仕方ないと言う。

父が倒れたと言うドヒョン。

しばらくは家に来ないでボラにも倒れたことは言うなと言うドヒョン。
ドヒョンはこうなったからはボラを幸せにしろと言う。
なかなかいい兄ですね

グンファはテジンが本庁に呼ばれた理由を教えてくれないので不機嫌になる。
テジンはグンファにお前は気にするなと言う。

テジンはヒジンの店に暴力団を送ったのがドヒョンだと知った。
テジンはドヒョンに会いたいと電話をする。
ドヒョンは自分にも話があると言う。

食事をするドヒョンとテジン。
テジンは姉の店を荒らしたのはお前かと聞く。
ドヒョンは俺がやったと言う。

テジンは違法行為だと言う。
ドヒョンは理由があったのだと言う。
ドヒョンはお前の母親は俺の父親と暮らしていると言う。
お前の母親が財産分与の訴訟を起こそうとしていたと言うドヒョン。
俺の金を奪ってお前にやるつもりだったと言うドヒョン。
籍は入っていないがビルをもらえれば充分だと言うドヒョン。
警告のために店を荒らしたのだと言う。

そこにソンヒが入ってきた。

82~84話感想

スヒョクとボラは結婚しましたが、テガプがこのまま2人をそのままにしておくはずがありません。ドヒョンがスヒョクを受け入れたのは驚きです。やはりグンファの兄だからでしょうか。しかしテジンとラブラブの姿を見たドヒョンはさすがに耐えられないようです。これからあらゆる面でテジンに反撃してくるのでしょうか。