恋の花が咲きました-あらすじ-85話-86話-87話-感想付きネタバレありで!

韓国ドラマ-恋の花が咲きました-あらすじ-85話-86話-87話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ボラはスヒョクと籍を入れました。テガプにもう娘ではないと言われて家を追い出され、スヒョクの家に住むことになったボラ。
ドヒョンはソノクが財産を奪おうとしているのを知って警告の意味でヒジンの店に暴力団を送りました。それを知ったテジンはドヒョンを話しをすることになりました。そこにソンヒは入ってきました。

【恋の花が咲きました】(ネタバレあり)

85話

ドヒョンはソンヒに座れと言う。
ドヒョンは正式には母親ではないが20年近く俺とボラを育ててくれた人だと言う。
感謝の意味を込めてこの席を設けたと言う。
あとは2人で楽しんでくれと言い帰るドヒョン。

テジンはソンヒにどんな生き方をしてきたのかと聞く。
よく顔を見せられたと言う。
金でなびくと思ったのかと言う。

テジンは金貸しの妻も我慢出来ないが、正式な妻でなかったとはと驚きだと言うテジン。
ソンヒは生きるためにしかたなかったと言う。
テジンはそんな姿を見せるならいっそ死ねば良かったと言う。
そこまで言うとは!

テジンは俺が怒り狂う前に帰れと言う。
ふらふらになりながら帰るソンヒ。

ボラはドヒョンを呼び出す。
ドヒョンはどこに住んでいるのかと聞く。
ボラはスヒョクの家だと言う。
父さんは簡単には許さないし、刺激しても怒らせるだけだと言うドヒョン。
ボラは、父さんは元気かと聞く。
娘に裏切られたのだから当然落ち込んでいると言うドヒョン。

ボラはもっとひどいことを想像していたけれど、それくらいですんでよかったと言う。
すんでいないのですよ

グンファは屋台にテイクアウトの料理を注文しに来た。
1人で飲んでいるドヒョンに気付いた。
グンファはボラと会っていたのかと聞く。
ドヒョンは友達になる前に親戚になったと笑う。
グンファは、兄はそんなに悪い人ではないと言う。

ドヒョンは、今日はグンファの顔を見たくないから帰ってくれと言う。
ボラを捜しに行ったとき、お前とテジンを見たと言うドヒョン。
あのあとソウルまで無事も戻れたのは奇跡だと言う。
ドヒョンは俺がこんな話をしてもお前には関係ないだろうと言う。
グンファは何も答えない。

帰ってきたドヒョンにソンヒは私の子供に手を出して私が黙っていると思うのかと聞く。
ドヒョンは、テジンは父さんの身辺調査をしていたのだと言う。
倒れたのはボラのせいだけではないと言うドヒョン。
これだけですんで感謝しろと言うドヒョン。

ベクホはヘチャンにカウンセリングを受けさせることにすると言う。
祖母はそれほどひどくないと言うがサンチョルは心の病気だと言う。

サンチョルはテジンを呼び出した。
グンファの事以外に何かあったのだろうと聞く。
テジンはあの人が正式の妻でないことは知っていたのだろうと言う。
3年前の麻薬事件がテガプと関係があるから調べていると言うテジン。
サンチョルは感情的になると捜査は難しいと言う。
もう中断はできないと言うテジン。

テジンはサンチョルにグンファと結婚するつもりだと言う。
喜んでくれなくても理解はしてほしいと言うテジン。

ギョンアは事務所にいるジュヨンに会いに来た。
ギョンアは後で肉をソノクの家に届けておくからみんなで食べろと言う。
ジュヨンは、今はここに住んでいると言う。
スヒョクが結婚したのだと言うジュヨン。
ギョンアは驚くが何も言わない。
息子が不憫でしかたないのですよね

サンチョルはソンヒに子供のことで話があると電話をする。
その話を聞いていたギョンア。
電話の向こうではテガプも聞いていた。

グンファはテジンに、ウリから結婚するなと言われたと言う。
その話をしてからずっとウリが不機嫌だと言うグンファ。
ウリを遊びに連れて行くべきかと言うグンファ。
テジンは甘やかすのはよくないと言う。
テジンは、ウリは子供だが自分の意見もあるからしっかり教えていかないといけないと言う。

ソノクはボラに話があると言う。
ソノクは辛いでしょうと聞く。
お金持ちの家で苦労を知らずに育ったから貧しい家に暮らすのは簡単ではないと言う。
私たちは節約して暮らしていかなければならないと言うソノク。
気を付けると言うボラ。
朝ごはんの品数が多すぎです

ウリが一人で交番に来た。
グンファは外に出ていてテジンが一人だった。
テジンはここに座って待っていてくれと言い、ウリを椅子に座らせる。
そこにハン刑事がきたのでテジンはウリから目を離す。

その間にいなくなったウリ。
グンファが交番に戻ってきた。
テジンはハン刑事と話している最中にウリがいなくなったと言う。

あわてて飛び出していくグンファ。
ウリはグンファがいなかったのでつまらなさそうに歩いている。
そこにドヒョンが車で通り、ウリに気付いた。
ウリの名前を呼ぶドヒョン。
ウリはドヒョンに駆け寄ってきた。

そのときウリの前に車が走ってきた。
ウリをかばって車に轢かれてしまうドヒョン。

86話

ドヒョンは撥ねられてしまった。

病院から連絡を受け、急いで駆け付けるグンファとソノク。
ベッドで寝ているウリに駆け寄るグンファ。
医師は麻酔で眠っているだけだから大丈夫だと言う。
助けてくれた方が怪我をしたと言う医師。

ウリの隣のベッドにはドヒョンが寝ていた。
ボラとスヒョクも駆けつけた。
ボラはドヒョンを見て驚く。
医師は後遺症が残る可能性があるから意識が戻ってみないとわからないと言う。

ボラはソンヒにドヒョンが事故にあったことを電話で伝える。
ソンヒは父さんには内緒にするように言う。
ソンヒはジェヒに事故のことを伝える。
テガプが知ったらまた倒れてしまうかもしれないからドヒョンのことを聞かれたら出張だと言えと言うソンヒ。

テガプはジェヒからドヒョンはホテルの件で済州島に言ったと聞かされた。
自分が倒れている間に何かあったわけではないなと聞くテガプ。

ギョンアはサンチョルにジュヨンの部屋を借りてあげたいと言う。
しかしその話を全く聞いていなかったサンチョル。
かわいそうなギョンア

ソンヒに会いに来たサンチョル。
ソンヒは、テジンは大丈夫かと聞く。
プライドの高いテジンが大丈夫なはずがないと言うサンチョル。
サンチョルはテジンがテガプの身辺を洗っていると知られたら黙っていないだろうと言う。
君も困るだろうと言う。
私の事はいいからテジンには何も言わないでくれと言うソンヒ。

ウリは目を覚ました。
ウリはドヒョンのことを心配する。
ドヒョンはまだ意識が戻らない。

グンファは交番に戻った。
テジンは、ウリは大丈夫かと聞く。
ドヒョンが助けてくれたのだと言うグンファ。
ドヒョンの容態はどうかと聞くテジン。
医師は大丈夫だと言っているがまだ意識が戻らないと言うグンファ。

テジンは退勤後に一緒に病院に行こうと言うが、グンファは仕事が忙しいだろうと言う。
テジンは怒っているのかと聞く。
グンファはテジンのせいではないのはわかるが今は話したくないと言う。
テジンは自分が悪かったと言う。

グンファはテジンを連れて病院に来た。
テジンはソノクに自分が目を離した隙にこうなってしまって申し訳ないと謝る。
ソノクはもっと気を配って欲しかったと言う。
腕を何針か縫ったけれど顔でなくて良かったと言うソノク。
テジンは挨拶をして帰る。

ソンヒが病院にやってきた。
ドヒョンの病室でボラと一緒にいるスヒョクに、姪御さんは大丈夫かと聞くソンヒ。
大丈夫だと答えるスヒョク。
ソンヒはあなたのことを婿と呼ぶべきなのかと言う。
ソンヒはスヒョクにあなたのお母さんもこんな形で結婚してしまうなんてかわいそうだと言う。

ソンヒは変な縁があるものだと言う。
テガプが、ドヒョンが好きなのがグンファだと知ったら大変だと言う。
親戚になったのだからドヒョンも心を整理するはずだと言うソンヒ。
そうなるでしょうか

ヒジンは大家から店の保証金を3000万ウォン値上げすると言われた。

そこにヘチャンを虐めた生徒の母親がやってきた。
まだ文句があるのかと言うヒジン。
母親は頭を下げ、すみませんでしたと謝る。
会長の奥様に嫌われたら夫の会社がつぶれてしまうから1回だけ許してほしいと言う母親。
ヒジンは言いたいことはわかったから帰ってくれと言う。

ヒジンはソンヒに電話をして店の保証金を出してもらおうとした。
帰ってきたテジンがその会話を聞いてヒジンに電話を切れと言う。

テジンはヒジンにあの女の実態を知っているのかと言う。
ヒジンは母のおかげでヘチャンを虐めた母親がやってきて土下座してあやまっていったと言う。
テジンはヒジンに母親が会長の奥様なら自分はその娘にでもなったつもりなのかと聞く。
会長は人の事業を潰して金持ちになった高利貸しだと言う。
姉さんの店を荒らしたのは会長の息子だと言うテジン。

そいつは母親だと思っていないと言う。
正式の妻ではないと言うテジン。
姉さんがもらったのはあの人が子供たちを育てた報酬としてもらった金だと言う。

ソノクはテジンがウリを一人にしたことが気に入らない。
スヒョクは自分のことも気に入らないのだろうと聞く。
ソノクは息子が勝手に結婚してきたのだから私だって傷つくと言う。
スヒョクはボラのことしか考えていなかったと謝る。
ソノクは死ぬ思いであなた達を育ててきたのに結婚する前に電話でもいいから結婚していいかと聞けなかったのかと言う。
確かに! 母親に対してひどいことをしました

ドヒョンはやっと眼を覚ました。
目の前にいるグンファを見て夢を見ているのかと言うドヒョン。

87話

グンファはドヒョンの病室に入る。
いつまで寝ているのかと言うグンファ。
グンファの声で目を覚ましたドヒョン。
グンファは医師を呼んでくると言うが、ドヒョンはこのままでいてほしいと言う。
ウリはどうなったかと聞くドヒョン。
グンファは、ウリはドヒョンのおかげで大丈夫だったと言う。
ドヒョンは代わりにうまくぶつかれたのだと安心する。

グンファはボラにドヒョンが目を覚ましたことを教える。
ボラはソンヒに電話で伝える。

ヘチャンは学校に行き始めた。

グンファは交番に出勤した。
テジンにドヒョンの意識が戻ったことを教える。
テジンはお母さんを怒らせてしまったと言う。
お前も気が済むまで怒っていいと言うテジン。
グンファはウリも平気だし、ドヒョンも目覚めたからもういいと言う。

店にやってきたソンヒに帰ってくれと言うヒジン。
籍も入れてくれない人と暮らすなんてお金に目がくらんでいるのかと言う。
仲のいい息子が店を荒らすのかと言うヒジン。
ソンヒは私の話を聞いてくれと言うが、何も聞きたくないと言うヒジン。
二度と会いたくないと言うヒジン。

テジンの言うように母親は死んだのだと言うヒジン。
ソンヒがふらふらになって出て行くと、そこにギョンアがいた。

ギョンアは店に入り、ヒジンにお母さんが来ていたようだけれど何かあったのかと聞く。
ヒジンはギョンアにこうなって嬉しいかと聞く。
ヒジンはあなたが嫌いだと言う。
家を出たいのもあなたのせいだと言うヒジン。
完全な八つ当たり! ヒジン! 最低

ギョンアは何があったか知らないが年上にその態度はひどすぎると言い出て行く。

ギョンアはジュヨンに会いに来た。
ジュヨンは夕食の時間なのに帰らなくていいのかと聞く。
私は使用人ではないと言うギョンア。

テガプはドヒョンが店を荒らしたのを知った。
ジェヒにどこの店を荒らしたのかと聞くが答えないジェヒ。
テガプは、ドヒョンはどこにいるのかとイライラする。
姿を見せなければホテルの話も取り消すと言うテガプ。

ドヒョンはボラたちに必要なものがあったら言えと言う。
マンションを用意してあげようかと言うドヒョン。
スヒョクは気持ちだけ受け取ると言う。

病室を出た所にジェヒがいた。
ジェヒはボラとスヒョクを見てどうしてここにいるのかと聞く。
ボラはスヒョクと結婚したのだと言う。

ジェヒはドヒョンの病室に入る。
ドヒョンはジェヒに2人を見たのかと聞く。
ドヒョンはこうなってしまったのだから仕方ないと言う。
ジェヒは俺には言うべきだろうと怒鳴る。
俺にも感情はあるのだと言うジェヒ。
これはお前の完全な失敗だと怒って出て行くジェヒ。
テガプに何もかも言うつもりかも

テジンはグンファを連れてマンションを見に行った。
ウリと暮らすにはちょうどいい広さだと言うテジン。
交番も近いし、目の前が小学校だと言うテジン。
グンファは感激する。
テジンは、これからは自分がすべてやるから心配するなと言う。

ソノクはウリを連れてドヒョンにお礼を言いに行った。
ドヒョンはウリに腕は痛くないかと聞く。
ウリはさっきまで痛かったけれどおじさんの顔を見たら痛くなくなったと言う。
ドヒョンも同じだと言う。
ウリはおじさんと私は双子みたいにそっくりだと言う。

ウリとソノクが病室に戻るとグンファとテジンがいた。
ソノクはテジンにこの前は言い過ぎたと謝る。
テジンは理解できると言う。
テジンはウリに怒っているかと聞く。
ウリは一緒に遊んでもくれないし、約束を守ってくれないと言う。

テジンは退院したら一緒に自転車に乗ろうと言う。
ウリはドヒョンと遊ぶ約束をしていると言う。
ウリは眠いから帰ってもらってくれと言う。
ウリに嫌われたらこの先きついですね~

テジンが帰るのを送って行こうとするグンファ。
ウリはグンファに寝る前に本を読んでほしいと言う。
ソノクは大丈夫だから行けと合図する。

テジンとグンファはカフェに行く。
グンファはテジンに、父親は大変だと考えているのだろうと聞く。
テジンはお前の気持ちを掴むよりウリの気持ちのほうが大変だと言う。
私の気持ちは掴んだではないかと言うグンファ。

子供を育てるのは大変だと言うグンファ。
私が結婚したらウリにも家族ができるのだと言う。
テジンはウリが退院したら一緒に遊園地に行こうと言う。

ボラは自分がスヒョクと結婚したことでソノクに寂しい思いをさせていることに気付いた。
ウリの退院祝いを兼ねて家族に贈り物をしたいと言うボラ。

ギョンアは遅くに帰ってきた。
祖母は遅くなるならサンチョルに言うべきだろうと怒っている。
息子に会っていたと言うギョンア。
それならそう言ってから出て行けばいいと言う祖母。

サンチョルはギョンアになぜ電話に出なかったのかと聞く。
出たくない時もあると言うギョンア。
怒っているのだと言うギョンア。
なぜ怒っているのかと聞くサンチョルに言いたくないと言うギョンア。
ヒジンがいけない!

グンファが寝ている間にウリがいなくなった。
ウリはドヒョンの病室でドヒョンに抱っこされて眠っていた。
ドヒョンはウリが自分のことを看病してくれて感激したと言う。
こんな小さな手でお菓子までくれて、親ばかになるのが理解できると言うドヒョン。
グンファはウリを病室に連れ帰ろうとする。
目が覚めたウリは一人で戻って行く。

ウリはグンファに新しいパパが欲しいと言う。
ドヒョンがパパならいいと言うウリ。

85~87話感想

テジンは子供の扱いが下手ですね。真面目すぎるテジンより子供目線で遊んでくれるドヒョンのほうが好かれるのはわかります。ウリに嫌われたら結婚は難しいです。
ヒジンは自分も悪いのにソンヒやギョンアに八つ当たりして本当に自分勝手です。ヘチャンのこともまだ完全に反省していないように見えます。
ボラとスヒョクも自分勝手でしたね。ソノクの気持ちを無視して結婚したのは失敗です。

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください