恋の花が咲きました-あらすじ-88話-89話-90話-感想付きネタバレありで!

韓国ドラマ-恋の花が咲きました-あらすじ-88話-89話-90話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ウリを助けるために車に跳ねられたドヒョン。ウリはテジンよりドヒョンが大好きです。
スヒョクとボラは結婚しましたが、2人で勝手に結婚したことでソノクに寂しい思いをさせています。ボラはスヒョクの家でうまくやっていけるのでしょうか。
ヒジンはソンヒがテガプの正式な妻でないと知って怒っています。

【恋の花が咲きました】(ネタバレあり)

88話

ウリはグンファにパパが欲しいと言う。
ドヒョンがパパならいいと言うウリ。
グンファは駄目だと言う。
ドヒョンの妹がスヒョクと結婚したから新しいパパにはなれないと言う。
ウリはドヒョンがいいと泣きだす。
グンファはウリを抱きしめるがウリは泣いている。

昼休みにウリの病院に行くと言うグンファに一緒に行くと言うテジン。
ウリと仲良くならなくてはと言う。

テガプはドヒョンが交通事故で病院にいると聞いた。
急いで病院に向かうテガプ。

グンファとテジンはウリの病室に入る。
ソノクはボラへの贈り物を買うためにデパートに行くと言う。
ウリのことをグンファたちに頼んで出かけるソノク。

ドヒョンの病室にやってきたテガプは廊下にいるスヒョクを見て、なぜお前がここにいるのかと怒鳴る。
スヒョクはテガプに挨拶をする。
テガプはスヒョクに、ボラと結婚すれば俺の金が手に入ると思ったのかと言う。
お前には一銭もやらないと言うテガプ。
汚いことをして手に入れたお金はいらないです

テガプは今度俺の目の前に現れたら海に投げ入れて魚のえさにしてやると言う。
その様子を見ているテジン。
ドヒョンはテガプを病室に連れて行く。

テガプはドヒョンに誰の店を荒らしたのかと聞く。
ドヒョンはソンヒに子供がいることをいつまで隠しておくのかと言う。
ソンヒが財産分与のための訴訟の準備をしていたから俺の財産を奪うなと警告したのだと言う。
テガプはよくやったと言う。
これからは俺がやると言うテガプ。

ヒジンは神経性胃炎になった。
サンチョルは嫌がるヘチャンを無理に課外授業に行かせるからだと言う。
お母さんが進めるから行かせたいのだと言うヒジン。
またお母さんを恨むつもりかと聞くヒジン。

ヒジンはお母さんよりお父さんが憎いと言う。
どうしてお母さんを信じてあげなかったのかと言う。
我慢して受け入れていれば私もお母さんもこんな生き方をしていないと言う。

テガプはジェヒにスヒョクの家族のことを調べろと言う。

ソンヒは自分名義のビルを売りに出した。

ソノクはボラの好きなおかずを作って待っている。
しかし、スヒョクとボラはソノクに楽をさせようと外で夕食を食べて帰ってきた。
思いやりが裏目に出てしまいましたね

ソノクはボラにデパートで買ったプレゼントを渡す。
中味にはカバンだと言うソノク。
ボラもソノクにカバンのプレゼントを買ったと驚く。
ボラはお義母さんが気に入ってくれるとうれしいと言いながら出したカバンは高級品だった。
さっきデパートで見たカバンだと言うソノク。
ソノクは手が震えて見ることもできなかったのに、さすが金持ちの娘だと言う。

ボラはソノクからもらったカバンを大切に使うと言い部屋を出る。
スヒョクは同じカバンにして失敗したと言う。

ベクホはテジンに、こうなる前にヘチャンの気持ちを聞いていればよかったと後悔している。
ヒジンはソンヒにきついことを言ってから食欲もなくなったと言う。
お義母さんも娘にひどいことを言われても言い返せなかったようだと言う。
テジンは自業自得だと言う。

ベクホはグンファとはどうなっているのかと聞く。
結婚すると言うテジン。
父さんにも言ったと言うテジン。
ベクホは好きなように生きるのがいいと言う。

ウリのベッドで眠ってしまったグンファ。
ウリはドヒョンの部屋で遊んでいた。
グンファはウリにおじさんは休まないと駄目なんだと言って怒る。
ドヒョンはずっと寝ているから退屈だと言う。
ウリを無理矢理連れて帰ろうとするグンファ。
ウリはもっとおじさんと遊びたいと言う。

ドヒョンは、ウリは看病が上手いから将来医者になると言う。
うなずくウリにグンファは警察官になるのではなかったのかと聞く。
ウリは医者になっておじさんを治してあげると言う。
本当にドヒョンのことが好きなのですね

ウリの見舞いに来たテジンはドヒョンの部屋にいるウリとグンファの姿を見つけた。
ドヒョンと遊び、楽しそうに笑うウリを見ているテジン。

89話

ウリとドヒョンが楽しそうに遊ぶ姿を微笑ましそうに見ているグンファ。
そのグンファの顔を見て落ち込むテジン。
俺はこの程度の男かと自分を責める。

ウリが寝ている間、グンファはドヒョンとコーヒーを飲むことにした。
ウリを可愛がってくれるのは嬉しいけれど、ウリは状況を理解できる年齢ではないと言う。
あなたの家とうちは認められてはいないが親戚だと言う。
ウリがあなたに優しくされて勘違いをしていると言う。
ドギョンは、もしかしてウリは俺がパパならいいと言ったのかと聞く。
黙っているグンファを見て、俺もウリが娘ならいいと言うドヒョン。

ドヒョンは俺とお前は兄妹でないから駄目な理由はないと言う。
本当にウリがかわいいから父親になりたいと言う。
ウリのことはグンファより好きかもしれないと言うドヒョン。
ドヒョンは、俺は夫として駄目かと聞く。

グンファはテジンと結婚すると言う。
まだ結婚していないと言うドヒョン。
テジンの家はウリにとってはいい環境ではないと言う。
ドヒョンの家はいいのでしょうか?

ドヒョンはウリにとっていい父親は誰か真剣に考えてくれと言う。
ドヒョンは、俺はお前とウリを傷つけたりしない自信があると言う。
世界一いいパパになると言う。

グンファはドヒョンと結婚する気は全くないからウリを惑わさないでくれと言い出て行く。

ボラはソノクにもらったバッグを持ってウリの病院に行く。
ドヒョンも退院する日だった。
スヒョクはソノクにボラも努力をしているから優しくしてあげてくれと言う。
ソノクは気持ちが整理できていないからもう少し待ってくれと言う。

ソノクは本格的に弁当屋を始めた。
ホームページも作り「ウリの食卓」という名前も付けた。
イ警部は注文すると喜んでいる。
毎日注文しそうですね

テジンはグンファに昨夜病院に行ったと言う。
グンファはドヒョンと一緒にいたのを見たのかと聞く。
テジンは3人が仲良くしていたから入れなかったと言う。
テジンは、ウリはドヒョンのことが好きなのかと聞く。
グンファはとてもなついていると言う。
グンファは、すねたのかと聞く。
テジンは、すねたと言う。
心が狭くて自分でも驚いていると言うテジン。

グンファはドヒョンとは親戚だから気にするなと言う。
テジンはドヒョンもそう思っているのかと聞く。
とにかくドヒョンが気に入らないと言うテジン。
テジンはお義母さんに俺たちの結婚の話はしたかと聞く。
ウリの入院でばたばたして言っていないと言うグンファ。
テジンは自分が行って話をすると言う。

ボラから電話がかかってきた。
ボラはグンファにウリの退院パーティをすると言う。
テジンはあとで自分も行くと言う。

ドヒョンもボラからウリの退院パーティをすると聞いた。
鉢合わせする?

テガプはヒジンたちを追い出す目的で、チキン屋のビルと周囲のビルを買い始める。
ドヒョンはソンヒもわかったはずだから放っておけばいいと言う。
テガプは、ソンヒは娘の店を荒らさせて黙っている女ではないと言う。
ドヒョンはソンヒを追い出せばいいのではないかと聞く。
テガプはあの女に土下座して助けてくれと言わせてやると言う。

ソンヒはビルを売ろうとしているが少し時間がかかるようだ。

テガプはドヒョンが事故にあったのはソノクの孫を助けるためだったと知った。
ソンヒにドヒョンはなぜあの街に行ったのかと聞くテガプ。
ボラに会いに行ったのだろうと言うソンヒ。

ボラはウリの好物をたくさん作る。
グンファの家にドヒョンがやってきた。
ウリはドヒョンを見て喜ぶ。
たくさんのお土産を持ってきたドヒョン。

ドヒョンはご飯を食べさせてほしいと言う。
ソノクはウリの恩人だから当たり前だと言う。

ドヒョンはボラたちの部屋に見に行く。
狭い部屋だと言うドヒョン。
これで幸せなのかと聞くドヒョンに、幸せだと言うボラ。

ウリは私の部屋を見てくれと言ってドヒョンを連れて行く。
ウリはドヒョンに、ボラのお兄さんなのかと聞く。
そうだと言うドヒョン。
だからママが駄目だと言ったのかと落ちこむウリ。

ドヒョンはウリにおじさんがパパならいいってママに言ったのかと聞く。
ウリは、おじさんは親戚だから駄目だと言われたと言う。
ドヒョンはウリの願いをかなえてあげると言う。
子供にできない約束はしない!

ヒジンはギョンアに祖母に果物を持っていけと言う。
ギョンアは洗い物をしているからあなたがやれと言う。
ヒジンは私のことを怒っているのかと聞く。
ギョンアは私を馬鹿にしているのかと言う。

ヒジンはあの日はいろいろあったと言う。
気分次第で私にひどいことも言えるのだろうと言うギョンア。
サンチョルは俺に怒っているのにヒジンに八つ当たりするなと言う。
言い返すギョンアを祖母は部屋に呼ぶ。

祖母はギョンアに何が不満なのかと聞く。
ギョンアはサンチョルにはがっかりだと言う。
あの人はヒジンたちの母親に会っていると言う。

テジンは指輪を持ってグンファの家に向かった。

ウリの退院パーティが始まった。
ウリは毎日ドヒョンに来てほしいと言う。

グンファが帰ってきた。
グンファはドヒョンを見て驚く。
用事を思い出したと外に走って行くグンファ。

グンファは歩いてくるテジンを見つけた。
テジンに家にドヒョンが来ていると言うグンファ。
ボラの兄としてきたから追い返すわけにはいかないと言う。
わかったと帰ろうとするテジン。

グンファは理解してくれるかと聞く。
テジンは俺に帰れと言っているのだろうと言い帰っていく。
帰ることないのに

テジンの帰る姿を見ているドヒョン。

90話

テジンはグンファから家にドヒョンが来ていると聞いて驚く。
わかったと帰っていくテジン。
テジンの後ろ姿を悲しそうに見ているグンファ。

パーティが終わりソノクと飲み直すグンファ。
ソノクはスヒョクがお金持ちと結婚したら喜んでいいはずなのに、ドヒョンからたくさん贈り物をもらうと貧乏人扱いをされているような気がすると言う。
グンファは、ボラはいい人だから忘れようと言う。

ソノクはテジンが来たのかと聞く。
追いかえしたのかと聞くソノクに、グンファはドヒョンがいたから仕方ないと言う。

グンファはテジンに電話をするがテジンはわざと出ない。

翌日グンファはテジンになぜ電話に出なかったのかと聞く。
答えず行ってしまうテジン。
心が狭い男ですね~

祖母はサンチョルにヒジンたちの母親と会っているのかと聞く。
子どものことで数回会っただけだと言うサンチョル。
祖母は会ったと言えない事情があるのかと聞く。
ギョンアが気にすると思ったから言わなかったと言うサンチョル。
隠れて会ったらギョンアが気を悪くして当然だと怒る祖母。

サンチョルはギョンアに話をしようと言う。
サンチョルは子供たちの母親に会ったから怒っているのかと聞く。
そうだと言うギョンア。
それなら自分に直接言えばいいと言うサンチョル。

サンチョルは話さないときは事情があると思えばいいと言う。
ギョンアは子供たちの母親に会うときは話してほしいと言う。
それだけ自分にも気を使ってほしいけれどそれは大変なことかと聞く。
私は最善をつくしているが無駄なことのように思えると言う。

ベクホはヒジンに昨日ヘチャンがサンドイッチを作ってくれたと言う。
ヘチャンはここで爆発して良かったのだと言う。
ヒジンに作るのはまだ先になりそうです

ソンヒはヒジンを呼び出す。
ソンヒはテガプと別れてすべてをきれいにすると言う。
ヒジンはなぜ籍を入れていないのかと聞く。
そういう約束だったし、私も再婚はしたくなかったと言う。
ヒジンは店を荒らすくらいだから怖い人だろうと言う。
ソンヒは私だって黙っていないと言う。

ファン調査官に呼ばれて本庁に行ったテジン。
部屋の中で待っていると入って来たのはドヒョンだった。
ドヒョンはお前の姉さんの店を荒らした犯人を調べているのだろうと聞く。
ドヒョンはお前の母さんが財産をお前たちに譲ろうとしているから腹が立って俺がやったと言う。
お前のお母さんはすごい人だと言う。
詐欺、不倫のスキャンダルまであるがこれを世間に広めようかと言う。
ドヒョンはむやみに人の物を取ろうとするなと言う。
目をつぶるのにも限度があると言うドヒョン。

テジンはやってみろと言う。
そうしたら俺がどう出るか見ていろと言うテジン。

ソンヒはソノクを呼び出した。
ソンヒはボラのことを頼むと言う。
ソンヒはボラたちを2人で暮らさせるわけにはいかないかと聞く。
私がマンションを用意したいが、あなたも嫌だろうから、ボラの貯金で部屋を借りて住まわせたいと言う。
ソノクは考えてみると言う。

ソンヒはドヒョンがグンファを好きなことを知っているだろうと言う。
グンファの気持ちが知りたいと言うソンヒ。
ソノクはグンファには好きな人がいると言う。
同じ交番で働いている人だと言うソノク。

ソノクは、今は反対されているが、相手の男性は娘と別れないと言っていると言う。
だからドヒョンがグンファのことを諦めるように説得してほしいと言うソノク。

テジンはファン調査官と話をする。
テジンはドヒョンの件をもみ消すつもりかと聞く。
ファン調査官は、あれは罰金くらいですむと言う。

ファン調査官はお前の母親が誰と住んでいるか知っているだろうと言う。
テガプを調査するということは母親の過去を洗うようなものだと言う。
ファン調査官はドヒョンを罰したいというなら手伝うと言う。
騒いでもお前の母親の過去が騒がれるだけだと言う。
そうなったらお前も警察でやっていけるかと言う。
お前の母親の事件は警察全体の恥だと言うファン調査官。

怒りを我慢しているテジン。

ボラはジュヨンに女の子を紹介しようとしている。
その女性の写真を見て背が高くてグラマーでセクシーな女性だと言うスヒョク。
自分だったらすぐに会うと言う。
ボラは怒り出す。
空気を読めないスヒョク

ソノクはスヒョクとボラに別居しろと言う。
スヒョクは余裕があるなら出ていると言う。
ソノクは狭い部屋でも借りて新婚らしく暮らせと言う。
狭い家にいるのはボラも不憫だと言う。
ボラは大丈夫だと言うが、ソノクは嫁とは時々会うのがちょうどいいと言う。
あなた達とずっと仲良くしていきたいと言うソノク。

テガプはスヒョクのことを調べさせた。
グンファのことも詳しく聞いたテガプはグンファの亡くなった夫の名前がポン・ユンジェだと聞いて驚く。

テジンはグンファに会いに来た。
グンファは気分を害したのかもしれないが、私のことが信じられないのかと聞く。
テジンは自分に自信がなくなったのだと言う。
テジンはグンファに別れようと言う。
グンファはわかったと言う。

しかし、正直に言うと私への思いはその程度なのかと聞く。
テジンはこの程度だと言う。
グンファは自信のない人には何も言えないと言う。
グンファは帰っていく。

88~90話感想

ウリと一緒にいるドヒョンは素敵です。本当にいいパパになれそうな気がします。しかしテジンやソンヒに対するドヒョンは人が違うと思うくらいに冷たい男になります。
テジンは思ったより心が狭いのですね。もっとグンファを包み込む包容力がないとウリの父親にはなれないような気がします。
ドヒョンはグンファたちの別れを知ったらどんな行動に出て来るでしょうか。

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください