恋の花が咲きました-あらすじ-91話-92話-93話-感想付きネタバレありで!

韓国ドラマ-恋の花が咲きました-あらすじ-91話-92話-93話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
テジンはグンファに別れを言い出しました。ドヒョンと仲良くするウリたちの姿を見て自分に自信がなくなったようです。
ソノクはスヒョクとボラに別居を勧めました。
ソンヒはテガプと別れる結婚をしたようです。うまく別れることができるのでしょうか。

【恋の花が咲きました】(ネタバレあり)

91話

あの事故で亡くなった男がこの女の旦那かとグンファの写真を見てつぶやくテガプ。
テガプは家に帰ったとたんに酒を飲み始める。
何かあったのかと聞くドヒョンに何も答えないテガプ。

ソンヒはボラの姑に会ってきたと言う。
テガプはボラをあの家で苦労させるわけにはいかないと言う。
離婚させるつもりかと聞くソンヒ。

酒を飲んで帰ってきたテジンに祖母は自分勝手なことばかりするなら家を出て行けと言う。
テジンは自分もそうするつもりだと言う。
祖母は彼女と暮らすつもりかと聞く。
テジンは別れてきたと言う。
だから俺に結婚の話をするなと言う。
誰とも結婚するつもりはないと言うテジン。

グンファは泣いている。
もうテジンにすがりついたりするのは止めるとつぶやく。

グンファはボラたちに家を出ろと言う。
ウリはおじさんたちと一緒に暮らしたいと言う。
スヒョクはウリの言葉に喜ぶ。
スヒョクは家を出たくないようですね

グンファは朝から交番を掃除する。
テジンも出勤してきた。
グンファは挨拶をする。

テジンはイ警部にグンファとは別れたと報告する。
イ警部はテジンに来月から異動だろうと聞く。
そうだと答えるテジン。

テガプはジェヒにボラが結婚したからがっかりしているのだろうと言う。
ジェヒはもう終わったことだと言う。
テガプはまだ終わっていない、ボラを取り戻すと言う。
このまま黙っていないと言うテガプ。
離婚させるつもりかと聞くジェヒに、ボラをアメリカに行かせてもスヒョクとは一緒にさせないと言う。

家を出ろと言うソノクに今はできないと言うスヒョク。
ボラの世話になれと言うのかと聞く。
俺に余裕ができるまで待ってくれと言う。
ソノクはボラの考えは違うはずだと言う。
ボラは不便を感じているはずだと言う。
料理だって気にせずにたくさん作ると言うソノク。

スヒョクは育った環境が違うから理解してくれと言う。
私がボラの悪口を言っているようで気分が悪いのかと聞くソノク。
スヒョクは、正直いい気はしないと言う。
スヒョクは、ボラはかわいいところがあるから可愛がってくれと言う。
嫁姑問題をうまくやっていくコツを勉強しなくては

ソンヒはボラに会いに来た。
ソンヒは、父さんはあなたを連れ戻すつもりだと言う。
スヒョクの家族の前で大変なことになるかもしれないから今のうちに2人で家を出た方がいいと言う。
父さんが想像以上に怖い人だと言うことは知っているだろうと言うソンヒ。

ウリを検診に連れて行くグンファ。
ドヒョンも病院に来ていた。
ドヒョンを見つけて喜ぶウリ。
2人が仲良くする姿を見ているグンファ。

ドヒョンは俺とウリとの友達関係の邪魔をしないでくれと言う。
グンファは、あなたは仕事をしているのかと聞く。
ドヒョンはウリに会うとアイディアが沸くから来ているのだと言う。
今日はボーナスまでついてきたとグンファを指さす。

ボラは元気かと聞くドヒョン。
姑として意地悪をしているなら許さないと言うドヒョン。

ソノクがやってきた。
今日はグンファのお母さんにも会えて最高だと言うドヒョン。
口が上手いですね

サンチョルはギョンアにまだ怒っているのかと聞く。
悪い話だから言いたくなかったと言う。
祖母は2人を部屋に呼ぶ。

祖母はギョンアに今月から家計は任せると言う。
今まではヒジンに任せていたけれど、ヒジンも引っ越しをするからあなたが責任を持ってやってくれと言う。
ギョンアはわかりましたと言う。
ヒジンが納得するでしょうか?

ヒジンは店を荒らされ、休んだせいで赤字になったと困っている。
ベクホに、秋夕だから父さんがお金を多めにいれてくれるはずだからそれを当てにしようと言うヒジン。
しかし、ギョンアに頼むわけにはいかないから困ると言うヒジン。

ヒジンは生活費の催促をしてくると言い店を出る。

ヒジンは秋夕の準備は大変だと言いながらギョンアの様子を探り始める。
前もって準備をしないといけないと言うヒジン。
ギョンアはあなたのお母さんは大丈夫なのかと聞く。
ヒジンは、母は一緒に住んでいる人と別れるようだと言う。
ギョンアはソンヒが独り身になると聞き不安になる。
大丈夫ですよ

ボラはスヒョクに料理教室まで来てもらった。
ボラはスヒョクに仕事を再開すると言う。
そして家を出て2人だけで住みたいと言うボラ。
2人で温かい家庭を作りたいと言うボラ。
スヒョクは自分にその能力がないから申し訳ないと言う。

ボラはデートだって割り勘にする時代だと言う。
スヒョクは、今は我慢して家族と仲良く暮らしてほしいと言う。
ボラは以前のようにお義母さんと話が出来なくなったと言う。
スヒョクは、母は苦労をしてきたからお前には貧相に見えるのだろうと言う。

ボラは私がお義母さんの悪口を言っているみたいだと言う。
そう聞こえたらごめんと言うスヒョク。
しかし家は出ないと言うスヒョク。

グンファはテジンが本庁に異動になると聞いた。
グンファは異動になるのは私のせいかと聞く。
テジンはグンファを道場に連れて行く。

テジンとグンファは柔道をする。
グンファを何度も投げ飛ばすテジン。
テジンはお前のせいで異動はしないと言う。
もう俺はお前の男ではないと言うテジン。

92話

テジンは、俺はお前の単なる上司だと言う。
お前の男ではないと言うテジン。
グンファはこんなに冷たい人だったのかと言う。
テジンは俺が異動するまでは同僚として接しろと言う。

ヒジンはギョンアに秋夕の買い物があるから生活費を入れてほしいと言う。
ギョンアはお義母さんから今月から家計は私が見るように言われたと言う。
ヒジンは驚いて何も言葉が出ない。

サンチョルはテジンにお前の結婚については今すぐに許せないと言う。
テジンはグンファとは別れたと言う。
父さんの願い通りになっただろうと言うテジン。
結婚はもうしないと言うテジン。

サンチョルはギョンアにテジンたちが別れたようだと言う。
ギョンアはだからテジンの表情が暗かったのかと言う。
サンチョルはこれで良かったと言う。
ギョンアはテジンのために良かったと本当に思っているのかと聞く。

ソノクが作ったお弁当を配るグンファ。
テジンだけ好きな献立にしたグンファに、自分のことは気にするなと言うテジン。
イ警部はソノクのホームページにとても美味しかったと書き込む。
いじらしいイ警部

ベクホはこの建物のオーナーが変わったと慌てて店に飛び込んできた。
きっと保証金を値上げするだろうと言うベクホ。
ヒジンは父さんに頼んでみると言う。

ヒジンはサンチョルに退職金を貸してほしいと言う。
サンチョルは、退職金はないと言う。
いろいろ使うことがあり今はないと言うサンチョル。
力になれずにすまないと謝るヒジン。

ソンヒはサンチョルを呼び出す。
サンチョルはギョンアにソンヒから電話がきて、子供のことで会うことになったと正直に話した。

ソンヒとの待ち合わせの場所に行くサンチョル。
ソンヒはファン調査官を知っているかと聞く。
知っていると言うサンチョル。
テガプがその人にテジンの件で相談があると言っていたと言う。
サンチョルは、テジンは、簡単にやられはしないと言う。
テジンには気を付けろと言っておくと言うサンチョル。

テジンよりお前の立場が悪くなるだろうと聞くサンチョル。
ソンヒは別れる準備をしていると言う。
テガプは、味方はかわいがるが敵には一銭もお金を渡さないと言う。
無一文にはなれないと言うソンヒ。

スヒョクとボラはグンファとテジンが別れたと聞いた。

交番に喧嘩している男女が連行された。
女は自分のお金で他の女と旅行に行ったと怒っている。
男はお前が勝手にくれたお金だと言う。
お前のようなゴミのような女と別れて正解だと言う男。
そんなことを言う男こそゴミです

グンファは男に腹を立てる。
そんなグンファを連れて行くテジン。
テジンは感情を抑えられずに首を突っ込むなと怒る。

ドヒョンはテガプにチョムバキとは誰かと聞く。
刑事が来て探し回っていたようだと言うドヒョン。
テガプはお前には関係ないと言う。

ドヒョンはボラに会いに来た。
ボラはなぜウリを助けたのかと聞く。
ドヒョンはウリが危ないとしか考えられなかったと言う。
ウリがかわいくて仕方がないと言うドヒョン。
この俺がピュアになるなんて信じられないと言う。

ボラはドヒョンに、グンファとテジンは別れたようだと言う。

グンファに会おうと電話をするドヒョン。
屋台で会う2人。
テジンと別れたと聞いたが、それを聞いてスッキリしたと言うドヒョン。
ドヒョンは強力なライバルが消えたと言う。
ドヒョンはグンファに胸がちぎれそうに痛いかと聞く。
付き合えば別れることもあると言うドヒョン。
グンファはこの程度ではへこたれないと言う。

ウリの父親が亡くなったときよりましだと言う。
交通事故で突然亡くなったのだと言うグンファ。
ウリが隣にいれば何でも耐えられると言う。

グンファを送っていくドヒョン。
グンファは話をして気が楽になったと言う。
ドヒョンはグンファを抱きしめる。
泣いてもいいと言うドヒョン。
今は恋人になれないけれど友達になってやると言う。
だから平気な振りをしなくてもいいと言う。

テジンに会いたいって言っているのがわかると言うドヒョン。
グンファはドヒョンの胸で泣き始める。

93話

ドヒョンはグンファに電話をする。
電話が鳴っているのに気付いたウリが出る。
ウリはドヒョンに会いたいと言う。
今から行こうかと言うドヒョンに、ウリは今からママとスーパーマーケットに行くと言う。

スーパーマーケットで買い物をするグンファとウリ。
そこにドヒョンが来た。
ウリに言われて荷物持ちとしてきたと言うドヒョン。

買い物のあと食事に行く3人。
ドヒョンは買い物の代金を払わせてくれなかったと不満を言う。
グンファは出してもらったら制服を脱ぐことになると言う。
ドヒョンはグンファの制服を脱がせるつもりはないと言いながら赤くなる。

グンファは秋夕なのに忙しくないのかと聞く。
ボラもいないし、暇だと言う。
親戚の家で招待してくれればいいと言うドヒョン。
招待してあげてください

テガプはファン調査官と食事をする。
テガプはなぜテジンがチョムバキを追っているのかと聞く。
ファン調査官は3年前の麻薬事件でテジンがチョムバキを犯人だと追いつめたが、テジンは捜査の行き過ぎで左遷させられたと言う。
追っていた男が殺人犯としてあらわれたのだからテジンは放っておかないだろうと言う。
テジンは簡単には諦めないと言うファン調査官。
テジンより先にチョムバキを見つけなければいけないと言うファン調査官。

ボラは秋夕に実家に行くのは止めようと言う。
父があなたにひどいことを言うのを見たくないと言うボラ。
スヒョクは、気持ちはわかるが挨拶はしないといけないと言う。

グンファとテジンはパトロールに出た。
留守宅のはずの家のドアが開いていた。
近付くグンファ。
中から男が飛び出してきた。
テジンはグンファを押しのけ男を捕まえる。
不法侵入の疑いでその場で逮捕される男。

テジンはドアの後ろは攻撃されるから気を付けろと言う。
怪我をされるものも迷惑だと言うテジン。

ジュヨンは初めてサンチョルの家に来た。
祖母は今まで招待せずに寂しかっただろうと言う。
ジュヨンが来たのにヒジンは店に出ている。
ベクホはヒジンに帰れと言う。
ベクホは本当に気遣いのある人ですね

ジュヨンはヘチャンに挨拶をする。
愛想のないヘチャン。
ヘチャンのやっているスマホゲームに口を出すジュヨン。
ヘチャンのやっていたゲームを一瞬で攻略してしまった。
驚くヘチャン。

サンチョルとうまくいっていないと感じたジュヨンはギョンアにおじさんはいい人だと言う。
おばさんたちがお金を返せと言って来た時返してくれたのはおじさんだと言うジュヨン。
おじさんが4000万ウォン払ってくれたのだと言う。

その話を聞いたヒジン。
父の退職金を借金の返済に使ったかと言う。
お父さんが苦労してためた老後のお金だと言うヒジン。
そのお金を借りようとしていたくせに

ヒジンは結婚する前からお金をもらっていたのかと言う。
テジンが入って来た。
テジンはお客さんの前でそんな話をするなと言う。

祖母も出てきた。
サンチョルにどういうことかと聞く祖母。

ジュヨンは失礼すると言い帰っていく。
テジンはジュヨンを見送る。
お前は悪くないと言うテジン。
テジンは姉の代わりに謝ると言う。
姉はうるさいけれど後腐れはないと言う。

ヒジンはヘチャンにはお金を使えなくてギョンアには使えるのかと怒っている。
ギョンアに人のお金をだまし取ったのかと言うヒジン。
テジンはヒジンに来いと言う。

テジンはギョンアの息子の前で言うことかと怒る。
俺たちは大人の都合で惨めな目にあってきただろうと言う。
ジュヨンは初めて母親の家を訪ねてきたのだと言う。

サンチョルは祖母に謝る。
出て行けと言う祖母。

ジュヨンはソノクに会いに来た。
秋夕の挨拶に来たと言うジュヨン。
ソノクにお土産を渡し、小遣いもあげるジュヨン。
スヒョクはお母さんの家に行ったのではなかったのかと聞く。
ジュヨンはグンファにテジンはすごくいい人だと言う。
テジンに任せておけと言われて涙が出そうになったと言うジュヨン。

ギョンアはサンチョルになぜ私に言わなかったのかと言う。
なぜ払ったのかと言うギョンア。
ギョンアはそんなことも知らずあなたに腹を立ててしまったと謝る。
サンチョルは、ジュヨンは傷ついただろうと言う。
泣くギョンアを抱きしめるサンチョル。

スヒョクはテジンを呼び出した。
屋台で酒を飲む2人。
スヒョクはグンファと別れたのかと聞く。
そんなに簡単に諦めるとは思わなかったと言う。
理由を聞きたいと言うスヒョク。

テジンは自分には資格がないと言う。
平気だと思っていたがある時無理だと思ったと言う。
ウリにとっていい父親なって結婚したいと言っていたけれど僕は落第だと言う。
このまま終わるつもりかと聞くスヒョク。
来月本庁に異動になると言うテジン。
グンファが自分のことを忘れられるように助けてあげてほしいと言う。
ドヒョンは合格だということでしょうか

ソンヒはなかなかビルが売れないので焦っている。

グンファはテジンにファン調査官に関係あることを調べているなら私も知りたいと言う。
パートナーとして接すると約束したのに話が違うと言うグンファ。

91~93話感想

テジンはウリの父親になる自信をなくしたのでしょうか。ウリと仲良くするドヒョンを見て勝てないと思ったのでしょうか。それとも焼きもちを焼く自分に腹が立って別れようと言ったのでしょうか。
ドヒョンはすごく努力をしていますが、グンファはまだテジンのことが好きなようです。グンファの気持ちがドヒョンに向かう日は来るのでしょうか。

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください