恋の花が咲きました-あらすじ-94話-95話-96話-感想付きネタバレありで!

韓国ドラマ-恋の花が咲きました-あらすじ-94話-95話-96話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
グンファとテジンは別れました。
テジンはグンファに対して上司という立場で接するようになり、急に冷たくなりました。
ドヒョンのことが大好きなウリ。ドヒョンにパパになってほしいと言いグンファを困らせます。
しかしグンファは別れてもテジンのことをまだ愛しているようです。

【恋の花が咲きました】(ネタバレあり)

94話

グンファはテジンたちがファン調査官の話をしているので、その話なら聞きたいと言う。
テジンはお前には関係ないという。
グンファは、私はパートナーとして接すると約束したという。
テジンはパートナーなら自分が上司だということを忘れるなという。

ウンジュは2人の間に何かあったのかと聞く。
グンファは別れたのだという。
ウンジュはそれなら私がテジンと付き合ってもいいかと聞く。
テジンのことをまだ諦めていないというウンジュ。
グンファは私には関係ないから好きにすればいいという。

スヒョクは明日ボラの実家に挨拶に行くという。
ボラは心配するが大丈夫だというスヒョク。
何が起こるでしょう

ソノクはグンファがテジンと別れたと聞いた。
ソノクは少しだけ恋愛をしただけだと思って忘れろと言う。
結婚なんか1回すればいいというソノク。
グンファはもう一度結婚したいと言う。

祖母はサンチョルたちに借金返済のことはすんだことだから仕方ないが正直腹がたつと言う。
老後はどうするのかと聞く祖母にサンチョルはまだ働けるからなんとかすると答える。

テジンはサンチョルにヒジンに渡してくれと言い自分の通帳を渡す。
結婚資金と思っていたが、もう必要がないと言う。
義母さんは父さんを信じて嫁に来たのだから守ってあげてくれと言うテジン。
サンチョルはお前からヒジンに渡せと言うが、父さんから渡した方がいいと言うテジン。

ボラとスヒョクはテガプの家に挨拶に来た。
テガプはドアを開けるなと言うがすでにソンヒが開けていた。
スヒョクはテガプに挨拶をする。
テガプは何に言わずに出て行く。
ボラは何を言われるかと思い怖かったと言う。
スヒョクは何度も会えば、そのうちわかってくれると言う。
そんな人ではありません

スヒョクたちと食事をするドヒョンとソンヒ。
ドヒョンはスヒョクにうちに来た感想を聞く。
スヒョクはうちが狭いのでボラがどう思っているか気になると言う。
ドヒョンはお前の家は猫のひたいくらいの大きさだからなと言う。

仕事はどうかと聞くドヒョンにスヒョクは頑張っていると言う。
ドヒョンはこの家に来たことは認めてやると言う。

テジンに話をするためにまた交番に来たパク巡査部長。
グンファはテジンが来る前に何を調べているのかと聞く。
ファン調査官のことを調べているのかと聞くグンファに、パク巡査部長はお前もファン調査官と関係があったなと言う。
パク巡査部長はこの前の殺人事件の容疑者が現れたのだと話す。

そこにテジンが入って来た。
グンファに何を聞こうとしているのかと怒るテジン。
グンファは管内で起こった事件なのに、なぜ隠すのかと聞く。
テジンはグンファにお前は交番の仕事をしていればいいと言う。

パク巡査部長はテジンにグンファにも協力してもらえばいいと言うが、テジンはグンファには話すなと言う。

テガプがスヒョクの事務所に来た。
テガプはいくらならボラと別れるかと聞く。
スヒョクは全財産をもらっても別れないと言う。
テガプは最後まで折れないつもりかと聞く。
スヒョクはボラを愛していると言う。
テガプはボラがお前の家でどれだけ耐えられるか見ていろと言う。
どんな手を使ってもボラを取り戻すと言うテガプ
何をするつもりでしょう

グンファはボクシングで気を紛らわす。
ドヒョンが来て相手になると言う。
グンファはテジンの言葉を思い出しながらドヒョンと戦う。
本気になってしまい思い切りドヒョンを叩いてしまった
口を切ってしまったドヒョン。
ドヒョンはグンファにすっきりしたかと聞く。

グンファを家まで送るドヒョン。
グンファは私のせいで怪我をさせてしまったと謝る。
ドヒョンは女に平手打ちされても口が切れたのは初めてだと言う。
ドヒョンはストレスを溜めるなと言う。

グンファは申し訳ないけれどあなたにはときめかないと言う。
ドヒョンは昔のように憎んでいないなら大きな進歩だと言う。
グンファは誰かを好きになったのは8年振りだったと言う。
ドヒョンはこの先8年でも80年でも待っていると言う。
これは胸キュン!

その2人を車から見ているテガプ。
テガプはボラに会いに来たのだった。

95話

テガプはジェヒを呼ぶ。
ドヒョンが助けたのはグンファの娘かと聞くテガプ。
ジェヒはそうだと答える。
ドヒョンはグンファのことをどれくらい好きなのかと聞く。
ジェヒは結婚まで考えているようだと言う。

家に帰ったテガプはソンヒにドヒョンがグンファのことを好きなのを知っていただろうと言う。
ソンヒはドヒョンに口止めされていたと言う。
私も説得したけれどドヒョンの気持ちを変えることができなかったと言う。
ドヒョンは1度決めたら曲げない男だと言うソンヒ。
テガプは父親が死ぬかもしれないと知ったら我を通すわけにはいかないだろうと言う。

ドヒョンが帰って来た。
テガプはドヒョンに次に俺が倒れたら死ぬということを知っているだろうと聞く。
お前まで裏切ったら俺は死ぬと言う。
それが嫌なら余計なことはするなと言うテガプ。

ギョンアはテジンの好物を作った。
ギョンアはテジンに私に失望したかと聞く。
私はお金を騙し取って逃げた女だと言う。
テジンはそうしなければならない理由があったのだろうと言う。
テジンは優しい!

ギョンアはテジンにグンファと別れたのかと聞く。
とても好きだったのにどうしてかと聞くギョンア。
テジンは自分にできることがなかったと言う。
未熟な自分を見せたくないし、いい父親になる自信もなかったと言う。
ギョンアは子供を育てたことがないから当然だと言う。
テジンはもう終わったことだと言う。

ボラはグンファにテジンと別れてつらいだろうと聞く。
グンファはテジンに冷たくされていると言う。
ボラはスヒョクに冷たくされたけれど私はもっとそばにいたくなったと言う。
グンファは、私はここで止めると言う。

ソンヒはヒジンを呼び出す。
ヒジンはこの前は言い過ぎたと謝る。
ソンヒはもう少し待ってくれと言う。
きちんと整理ができたら旅行にでも行こうと言うソンヒ。

サンチョルはテジンかた預かった通帳をヒジンに渡す。
テジンから口止めされたがこれはテジンからだと言うサンチョル。
サンチョルは2人で頑張ればなんとかなると言う。
泣くヒジンに後でテジンにお礼を言っておけと言うサンチョル。

ウンジュはテジンにグンファと別れたのかと聞く。
テジンと正式に付き合いたいと言うウンジュ。
グンファと一緒にいるのが気まずいなら私がパートナーになってもいいと言う。
テジンはパートナーになるのはいいが何も変わらないと言う。

パク巡査部長がテジンにチュムバキが現れたと言いに来た。
刑事が待ち構えているところに現れたのだから何か目的があるはずだと言うパク。
テジンはお金が目的だろうと言う。

グンファはテガプに呼ばれ、会社まで行く。
テガプは弟だけでは足りなくてお前まで金を狙っているのかと言う。
子持ちのくせに息子を誘惑するとは俺が許すと思っているのかと言う。
グンファは勘違いをしていると言う。
テガプはお前が息子を誘惑したのだろうと言う。

ドヒョンはジェヒからグンファがテガプの部屋にいると聞いた。
慌ててテガプの部屋に行くドヒョン。

ドヒョンはテガプにこの人を帰してやれと言う。
この人に手を出したら許さないと言うドヒョン。
テガプは父親に何を言うのだと怒る。
ドヒョンはこの人愛しているが、俺の片思いだと言う。
だから俺を殺せばいい、この人に手を出すなと言う。
ドヒョンがかっこよく見える

ドヒョンはグンファに帰れと言う。

テガプは血圧が上がってしまった。

会社を出たグンファは車の中にいるパク巡査とテジンを見つけた。
テジンたちは男の後をつける、
それに気づいた男は逃走する。
追いかけるテジン。
グンファも追いかける。

男はテジンにダンボールを投げつける。
その隙に走り出した男は逃げ切れたと安心する。
ここにグンファが現れた。
グンファは男と戦う。

男を倒したグンファは男の顔を見て驚く。
その隙に男は逃げてしまった。

テジンはグンファにここで何をしているのかと聞く。
グンファはあの男はウリのパパを飲酒運転でひいた男だと言う。

96話

グンファは男の顔見て驚いた。
グンファはあの男はウリのパパを殺した男だと言う。

テジンはグンファを店に連れて行く。
テジンはチョムバキが交通事故を起こしたのかと聞く。
グンファはまた会うとは思わなかったと言う。
テジンはなぜあそこにいたのかと聞く。
人に会っていたと言うグンファ。
グンファはテジンこそ何をしていたのかと聞く。
テジンは交番の仕事だけをしていろと言う。

グンファが帰ってくるのを待っていたドヒョン。
心配していたと言うドヒョンに何も話はないと言うグンファ。
ドヒョンは父のことは謝ると言う。
これでは反対されてグンファを傷つけたテジンと同じです

祖母はギョンアになぜ人のお金を持って逃げたのかと聞く。
ギョンアは亡くなった夫が借金を残したのだと言う。
借金取りが息子の学校まで押しかけて来て仕方なかったと言うギョンア。
祖母はそれでも人のお金だと言う。
私は少しでも借りがあると眠れないと言う祖母。

ギョンアが買って来たカーディガンを返品しろと言う祖母。
泣いているギョンアに余計なことはするなと言うサンチョル。
何かしなければ悪いと思ったのですよ

ヒジンはテジンにお礼を言う。
ヒジンは、お母さんはテガプと別れるようだと言う。
テジンは自分に報告しなくてもいいと言う。
ヒジンは何か悪いことがおきやしないかと心配だと言う。
テジンはあの人は弱い人間ではないと言う。
あの人はあくどい人だと言うテジン。
ヒジンはそれでも私たちを産んだ母親を無視できないと言う。
ヒジンはお母さんのことを理解しろとは言わないが悪く言うのは止めろと言う。

ソンヒはテガプにドヒョンの気持ちを認めてあげたらどうかと言う。
ドヒョンがこんなに人を好きになるのは初めてだと言うソンヒ。
テガプはグンファだけはダメだと言う。
ソンヒはドヒョンの顔を見ないで暮らしていけるのかと聞く。
テガプは親子の縁を切ってもあの女だけはダメだと言う。

グンファは亡くなった夫のことを考えていた。
ソノクは人を殺しておいて3年の刑なんてありえないと言う。
犯人の男は自首したが笑っていたと言うソノク。
あれは人間ではなくケダモノだと言う。
グンファは夫がしたいこともできずにあいつのせいで死んだのが悔やむと言う。

ヘチャンはベクホに料理の勉強をしてもいいかと聞く。
ベクホは料理がしたいのかと聞く。
ヘチャンはお母さんが知ったら大変だと言う。
ヒジンが店に戻って来た。
ヒジンはヘチャンにごちそうするからヒョンスを呼んだらどうかと聞く。
ヘチャンはヒョンスにひどいことをしたのによくそんなことが言えると呆れて出て行く。
ヒジンはヘチャンの私への態度はひどすぎると言う。

ヒジンの言葉を聞いているヘチャン。
ヘチャンはジュヨンに電話をし、ゲームのアイテムをもらいに言ってもいいかと聞く。

ベクホはヒジンに運動を始めると言う。
知り合いのジムだから無料だと言うベクホ。
ヒジンは、私はお金のやりくりで大変なのにあなたは気楽だと言う。
ベクホは実は運転代行の仕事を始めようと思っていると話そうとするが、その前にヒジンが男のくせにこんなに無能でいいのかと言ってしまった。
その言葉に切れたベクホ。

ヘチャンはジュヨンの事務所に来た。
ゲームのアイテムをくれと言うヘチャンに仕事が終わるまでお菓子でも食べて待っていてくれと言うジュヨン。
ヘチャンはボラの作ったクッキーを食べて感激する。
ジュヨンはそれを作ったのはこの事務所の社長の奥さんで料理教室をしていると言う。
ヘチャンの目が輝く。
ボラに習うことになりそうですね

ボラはドヒョンにグンファのことは諦めろと言う。
ドヒョンは、お前はスヒョクと結婚したのに俺だけ諦めろと言うのかと聞く。
ドヒョンは絶対に諦めないと言う。
どんな方法を使ってもグンファを手に入れると言うドヒョン。

グンファはテジンに殺人事件の容疑者はジョムバキかと聞く。
捜査に加えて欲しいと言うグンファ。
その男はウリの父親を殺した男だと言う。
テジンは個人的な感情で捜査はできないと言う。
お前がいなければ昨夜ジョムバキを捕まえていたと言うテジン。

ソンヒはビルが売れそうだと聞いたが想像以上の安値だった。

ジョムバキはテガプと食事をする。
ジョムバキは会長が会ってくれないのなら息子に会うつもりだったと言う。
息子の代わりに刑務所に入ったのだから俺を助けるべきだと言うジョムバキ。
! グンファの夫をひいたのはドヒョン?

テガプは、息子は何も知らないと言う、
息子が知ったらお前の命はないと言う。
男は金づるだから言わないと言う。

ドヒョンは公園でウリを待っていた。
ドヒョンを見つけて抱きつくウリ。

94~96話感想

グンファの夫をひいたのはドヒョン? ドヒョンの身代わりで刑務所に入ったのはチョムバキ? そしてそのことをドヒョンは知らない…。
私の想像があっているならドヒョンとグンファは結ばれることはないですね。かわいそうですがドヒョンは諦めるべきです。最近いい感じのドヒョンでしたが過去を消すことはできませんから。