恋の花が咲きました-あらすじ-97話-98話-99話-感想付きネタバレありで!

韓国ドラマ-恋の花が咲きました-あらすじ-97話-98話-99話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
テガプはドヒョンがグンファのことを愛していると知りました。
しかしグンファだけは駄目だと言うテガプ。どうやらグンファの夫が亡くなったことに関係しているようです。
グンファはテジンと別れましたが、まだ引きずっています。優しくしてくれるドヒョンには愛情は芽生えないようです。

【恋の花が咲きました】(ネタバレあり)

97話

ドヒョンはウリに会いに来た。
ウリは一緒に遊ぼうと言うが今日は忙しいと謝るドヒョン。
ソノクは忙しいのにどうして来たのかと聞く。
ウリの顔を見たかったと言うドヒョン。
ドヒョンはウリに仕事が終わったら一日中遊ぼうと言う。
ウリは遊園地に行きたいと言う。
ドヒョンは約束する。

会社に戻ったドヒョンはテガプの部屋に行く。
ドヒョンはグンファを愛していると言う。
母さんが亡くなったときを覚えていると言うドヒョン。
自分の手を握りながら母さんは亡くなったと言う。

そのあと俺が嫌だとわかっていても父さんはソンヒを受け入れろと強制したと言う。
父さんは息子の心が傷ついても気にしなかったと言うドヒョン。
しかし自分は我慢をしてきたのだから今度は父さんが受け入れる番だと言う。
グンファでなければだめだと言うドヒョン。
グンファとなら幸せになれると言うドヒョン。

テガプはそこまで言うならホテルどころか一文無しで家を出ることになると言う。
ドヒョンはそれくらい覚悟をしていると言う。
お父さんが怒るのもわかるが今回は負けてくれと言う。
そうでなければ追い出される前に家を出ると言うドヒョン。
お金よりグンファを選ぶのですね

イ警部はテジンに、チョムバキを張り込みするのはいいが気を付けろと言う。
失敗したら警察を辞めることになると言う。

交番に来たパク巡査部長にグンファはチョムバキとテジンは関係があるのかと聞く。
パク巡査部長は、テジンは昔、麻薬事件で売人だったチョムバキを追っていたのだと言う。
その時は姿をくらまして逃げてしまったが今度は絶対に捕まえるつもりだと言う。
テジンが来る前に部屋を出るグンファ。

テジンはパク巡査部長にチョムバキを捕まえるにはテガプを張るしかないと言う。
テガプに接触するはずだと言うテジン。
もう食事していましたけれど

ボラはスヒョクに、ドヒョンがグンファを諦められないようだと言う。
お父さんもそのことを知ったから絶対に怒っているはずだと言う。
父さんがうちに怒鳴り込みに来たらどうしようと言うボラ。

ドヒョンはスヒョクに会いに来た。
父がグンファを呼び出したと言うドヒョン。
ドヒョンは、ホテルの仕事が落ち着いたら父にグンファを正式に紹介しようと思っていたと言う。
もうグンファを苦しめることはないと言う。
スヒョクはグンファの気持ちは違うだろうと言う。
ドヒョンは知っていると言う。
しかしグンファはウリの母親だと言う。
ウリにとっていい父親を選ぶのが賢明だろうと言うドヒョン。

ドヒョンは、俺はお前たちの邪魔をしなかったからお前も同じようにしろと言う。
スヒョクはグンファの気持ちが第一だと言う。
あなたの欲でグンファを苦しめないでほしいと言うスヒョク。

ウンジュはテジンに相談があると言う。
時間を作って欲しいと言うウンジュにわかったと言うテジン。
ウンジュはグンファにテジンを誘って気分は良くないかと聞く。
グンファは正直あまりよくないと言う。
ウンジュは父親からテジンを勧められているのだと言う。
私もそうすると言ったと言うウンジュ。

ウンジュはテジンに、もちろん男性として好きだけれどいい配偶者になると思うと言う。
結婚を前提に付き合いたいと言うウンジュ。
テジンは、俺は結婚にいい条件ではないと言う。
最悪の環境だと言う。
ウンジュは気にしないと言う。
女性として見てもらえるように努力をすると言うウンジュ。

そんなことをしても変わらないと言うテジン。
ウンジュはグンファのせいかと聞く。
まだ好きなのだろうと聞くウンジュ。
テジンはさすが理解が早いと言う。

テガプはソンヒに子供が現れてから変わったと言う。
お前に最善は尽くしたがこんな仕打ちをするとは思わなかったと言う。
別れたいなら別れてやると言う。
どうやってこの縁を切るか考えてやると言う。

ベクホはヒジンにヘチャンは料理をしたいそうだと言う。
ヒジンは料理を勉強して飽きたらどうするのかと言う。
その時はまたやり直せばいいと言う。
ヒジンはシェフには忍耐が必要だと言う。
勉強も続けられないのに料理なら続けられるのかと言うヒジン。
ベクホは他の子供より先にやりたいことを見つけたのだと言う。
ヒジンは、あなたはのんきで羨ましいと言う。

ヘチャンはギョンアにジュヨンおじさんに会って来たと言う。
優しくしてくれたかと聞くギョンア。
ゲームをしてラーメンを食べて楽しかったと言うヘチャン。
ジュヨンおじさんはゲームがとってもうまいと言うヘチャンにそればかりしていたのだと笑うギョンア。
ギョンアはヘチャンに何をしたいのかと聞く。
ヘチャンは料理だと答える。
笑顔のヘチャンを久しぶりに見ました

そこに入ってきたヒジン。
ギョンアはヒジンに、ヘチャンはシェフになりたいそうだと言う。
ヘチャンは、お母さんは反対だろうと聞く。
ヒジンは考えてみようと言う。

ヘチャンは部屋に行く。
ギョンアはヒジンにシェフが嫌なのかと聞く。
正直嫌だと言うヒジン。
ギョンアは最近のシェフはテレビにも出るし、お金も稼げるみたいだと言う。
それはほんの一部の人でしょう

ギョンアは、ヘチャンは世界で有名なシェフになるかもしれないと言う。
ヒジンはどんな育ちをしたのかと聞く。
ギョンアはこれでも昔は裕福な家でお嬢様のように育ったと言う。
ヒジンは貧しくても明るいのはそのせいかもしれないと言う。
だから父が好きになったのかもしれないと言う。

ヒジンは私の母は貧乏で育ったと言う。
塾のことでヘチャンが虐められても母を憎めなかったと言う。
ギョンアは母親だから当然だと言う。
ヒジンは、母は私たちを捨てたことを後悔しているようだと言う。
あなたがいなければ父はもう一度母を受け入れたかもしれないと言う。

その話を聞いていたサンチョルと祖母。
祖母はサンチョルにギョンアを部屋に連れて行けと言う。
祖母はヒジンに酒を飲んでギョンアにあんなことを言う必要はないと言う。
ヒジンは私もどうしてこうなのかわからないと言う。

サンチョルはヒジンの言ったことは気にするなと言う。
ソンヒは俺で満足できる女ではないし、俺はお前でなければ再婚なんて考えなかったと言う。
自分の気持ちを全部言わないとわからないのかと聞くサンチョル。
サンチョルはギョンアにもうソンヒに会うことはないと約束すると言う。

テガプを見張っているテジン。
車で出かけるテガプをつけて行く。
テガプはレストランの前で車から降りた。

パク巡査部長から電話が来た。
電話に出たグンファはテジンが一人でチョムバキを追っていることを聞いた。
場所を聞いたグンファはそこに向かう。
近くまで来たグンファは何者かの気配を感じた。

後ろから来た男はグンファの口をふさぐ。

98話

グンファは後ろから来た男に口をふさがれた。
それはテジンだった。
なぜここにいるのかと聞くテジン。
グンファはパク巡査から電話が来て、子供の具合が悪くて行けないから代わりに行ってくれと言われたと言う。

レストランではテガプは仕事関係の人達と食事をしていた。
そのときチョムバキから電話がかかってきた。
早く来いと言うテガプにチョムバキは、今日は警察が張り込んでいるようだから無理だと言う。
テガプは警察に見張られていると知った。

グンファに今日は撤収すると言うテジン。
テジンは今後パク巡査に言われても来るなと言う。

スヒョクはグンファにドヒョンのことをどう思っているかと聞く。
ウリに優しくしてくれるし、親戚として感謝をしていると言うグンファ。
ドヒョンはお前と結婚まで考えているようだと言う。
ありえないと言うグンファに、この辺で一線を引いた方がいいと言うスヒョク。

サンチョルはギョンアに、ジュヨンを呼んで一緒に昼食を食べようと言う。
ギョンアは喜ぶ。

ソノクは交番にお弁当を届けに来た。
イ警部はソノクを見て固まる。
(笑)(笑)(笑)

イ警部は言ってくれたら取りに行ったと言う。
ソノクは警部に迷惑はかけられないと言う。
電話番号を教えてくれれば今度は取りに行くとスマホを取りだすイ警部。
そのときみんなが戻ってきてしまった。
残念!

サンチョルはテジンに電話をかけ、ジュヨンと食事をするからお前も出て来いと言う。

お弁当を食べるグンファたち。
お弁当商売は上手く言っているかと聞かれたソノクは最初にしてはまずまずだと答える。
イ警部はこんなにおいしいのだから当然だと言う。
ソノクはホームページにコメントを書いてくれる人もいると話す。
“純情マッチョ”と言う人は毎日書いてくれるのだと言うソノク。
グンファは、母はコメントを読むのが楽しみにしていると言う。

ソンヒがヒジンの店に来た。
ソンヒは、テジンはグンファと続いているのかと聞く。
別れたようだと言うヒジン。
ソンヒはしばらく海外に行ってくると言う。
ヒジンは何かあるのだろうと言う。
何かされたのかと聞くヒジン。
ソンヒは何もないから心配するなと言う。

ソンヒはテジンが自分のことを避けて外出したと思っている。
グンファと別れたとはいえあれでは寂しいと言うソノク。
ソノクはグンファに、一時はお義母さんと言っていたのに、別れたら他人だと言う。
本当に約束があったのですよ

サンチョルとギョンアはジュヨンの事務所を見に来た。
スヒョクと初めて会ったサンチョル。
挨拶をしたあと出かけたスヒョク。

サンチョルはスヒョクのことをいい人そうだと言う。
ジュヨンはあの家の人はみんな優しいと言う。
グンファもいい人だからテジンとお似合いだと言うジュヨン。

ドヒョンはテガプを食事に誘う。
食べ物がのどに通ると思っているのかと言うテガプ。
ドヒョンは倒れるかどうか心配しているのだと言う。

チョムバキからの電話に出ないテガプ。
イライラするチョムバキ。

ドヒョンの電話が鳴った。
ウリからだった。
喜ぶドヒョン。

ウリの担任からグンファにメールが来た。
ウリの件で話があるから電話をしてほしいとの内容だった。
グンファは電話をする。

電話に出たドヒョン。
ウリと一緒にいると言うドヒョン。
ウリが友達と喧嘩をしたようだが俺が先生と話をしたから大丈夫だと言うドヒョン。
ドヒョンはウリとデートをしたら家まで送っていくと言う。

テガプはソンヒに、余計なことをするなとテジンに伝えたかと聞く。
ソンヒは、テジンは私に会おうとしないと言う。
それでも母親なら止めろと言うテジン。
ソンヒはあなたも息子のことを止められないだろうと言う。
テガプは、ドヒョンは最終的には俺のいう事は聞くと言う。
大事な息子がつぶれる前に止めさせろと言うテガプ。

疲れたと言うボラをおんぶして帰るスヒョク。
それを見ているソノクとグンファ。
タイミングが悪い!

ウリはまだドヒョンと一緒だった。
ウリは3人で食事をしたいとグンファを呼び出す。
やってきたグンファに親戚だから奢ると言うドヒョン。

食後、もう遅いから帰ろうと言うグンファ。
ドヒョンはウリにプレゼントを渡す。
飴でできた指輪だった。
ウリはさっそく指にはめる。

ドヒョンはウリにママにもあげようかと言う。
ドヒョンはダイヤの指輪を出した。
グンファは受け取れないと言う。
贈賄罪になって警察を辞めたらウリと生活ができなくなると言う。

グンファはウリを連れて帰る。

99話

夜中にボラが熱を出した。
看病するスヒョク。
ソノクも起きてきた。
眠れなくなったソノクは昼間のテジンの態度を思い出して腹を立てる。
グンファに一緒に働いているのだからやりづらいだろうと言う。
グンファは、テジンはもうすぐ本庁に異動すると言う。
もう終わったことだと言うグンファ。

テジンの帰りが遅いので心配するギョンア。
ギョンアは帰ってきたテジンの顔を見て疲れているから漢方薬を用意すると言う。
テジンは父さんに飲ませてくれと言う。

そこにヒジン達が帰ってきた。
テジンがギョンアのことをお義母さんと呼んでいるのを聞いて驚くヒジン。
ベクホは母親を知らずに育ったから今からでも体験したらいいと言う。
ヒジンはお母さんが知ったら可哀想だと言う。
テジンはお母さんのことはあの人と言うのだと言う。

ヒジンはベクホに、お母さんは海外に行ってしまうのだと言う。
店を荒らしたような人たちが簡単に母さんを見送ると思うかと言う。
ベクホは心配なら電話をすればいいと言う。

ソノクとギョンアはスヒョクたちの事務所に来た。
ギョンアはグンファとテジンが寄りを戻してほしいと言う。
ソノクは一度別れたら終わりだと言う。
ギョンアは、テジンは優しいから傷ついている姿を見たくないと言う。
ソノクは冷たそうに見えると言う。
ギョンアは本当に優しい子だと言う。
ソノクは、グンファは忘れようとしていると言う。

ギョンアはヒジンにヘチャンを料理教室にいれて料理を習わせたらどうかと言う。
ジュヨンが無料で教えてくれる人を紹介してくれると言う。
やはりボラですね

グンファの兄の奥さんだと言うギョンア。
グンファはテジンのようないい男と別れて馬鹿だと言う。
もう少し我慢して待つべきだったと言うギョンア。

ヒジンはソンヒが問題なくテガプの家を出られるか心配している。
サンチョルに店を荒らされたことを話し、相談するヒジン。

グンファに殺人事件に関する情報提供するという謎の電話が入った。
交番に来てほしいと言うグンファに相手は外で会おうと言う。
明日会う約束をしたグンファ。

ドヒョンが交番に来た。
ドヒョンはグンファの友達だと言いイ警部に挨拶をする。
グンファはドヒョンに何をしに来たのかと聞く。
ドヒョンは退勤時間まで外で待っていると言う。

ソンヒはテジンに電話をする。
話があるからどうしても今日会いたいと言うソンヒ。

ドヒョンはグンファをカフェに連れて行く。
ドヒョンは金持ちで、ハンサムでお前のことを愛していて、ウリも死ぬほどかわいがっているのに理解できないと言う。
俺は理想の男ではないかと言うドヒョン。

グンファはテジンのことが本当に好きだったと言う。
だからそんな簡単に気持ちは変わらないと言う。
変えたくないと言うグンファ。
希望を持たせてしまったなら謝ると言う。
ウリが、あなたがパパならいいと言っていたと言う。
でも私はあなたとパパとママの関係になるつもりはないと言う。
ウリから電話が来ても出ないで欲しいと言うグンファ。
これで諦めるようなドヒョンではない

ソンヒはテジンに、テガプは想像以上に怖い人だと言う。
テジンはだから大人しくしていると言うのかと聞く。
ソンヒは私のことは気にせず好きにしたらいいと言う。
テガプは目的のためならどんなことでもする人だと言う。
あなたと同じではないかと言うテジン。

こんなことで呼び出すなと言うテジン。
俺の家族の前に姿を現さないのがあなたのできる最善のことだと言う。

チョムバキはテガプに電話をする。
今からグンファに会いに行くと言うチョムバキ。
会長が俺と会わないから生きる道を探すと言うチョムバキ。
テガプは死にたくなければ止めろと言う。

待ち合わせの場所に行くグンファ。
2時間待っても誰も来なかった。
テガプの脅しでやめたのでしょうか

テジンはグンファに情報が本当ならまた連絡があるはずだと言う。
また連絡が会ったら一人で動かずに教えろと言うテジン。

テガプはボラに会いに来た。
ドヒョンとグンファのことは知っていたのだろうと言うテガプ。
テガプはボラに、グンファの方はドヒョンに気はないのかと聞く。
ボラはグンファには好きな人がいると言う。
ドヒョンは横恋慕をしているのかと笑うテガプ。
ボラは、グンファは同じ交番のテジンのことが好きなのだと言う。
テジンの名前を聞いて怒りながら出て行くテガプ。

家に帰ってきたテガプ。
テガプはグンファが好きなのはテジンだそうだと言う。
それでドヒョンをあおったのかと聞く。
息子を子持ちと結婚させたくなかったのかと言う。
ソンヒはそうだと言う。
テジンがあんな女と一緒になるのは嫌だと言うソンヒ。

テガプは最後までやり合うつもりかと言う。
ソンヒは私が家を出ればお終いだと言う。
テガプは俺が追い出すまでここから出ることはできないと言う。
ソンヒは私を殺すつもりかと言う。
私の意志で家を出ると言うソンヒ。
どっちが勝つでしょう?

ジェヒと酒を飲むドヒョン。
ジェヒはグンファのことは諦めろと言う。
ドヒョンは、グンファは必ず自分を愛することになると言う。

酔っ払って交番にやってきたドヒョン。
グンファは買い物に出ていた。
中で待つと言うドヒョン。

部屋の中にテジンがいた。
ドヒョンはグンファと別れたようだなと言う。
グンファにもう期待を持たせるようなことはするなと言う。
テジンは、お前はグンファに釣り合うと思っているのかと聞く。
グンファはお前が思っている以上に正義感の強い女性警官だと言う。

97~99話感想

ドヒョンの自信はどこからくるのでしょうか。正直、お金持ちと高身長は認めますがイケメンですか? それは好みの問題ですね。
何度も振られても諦めない根性は認めましょう。
テジンとグンファはお互い好きなようです。グンファを危ないことに巻き込みたくないテジンの優しさはまだグンファを愛している証拠です。

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください