恋の花が咲きました-あらすじ-103話-104話-105話-感想付きネタバレありで!

韓国ドラマ-恋の花が咲きました-あらすじ-103話-104話-105話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ドヒョンは自分が人をひいて殺してしまったことを知りました。自分の代わりに刑務所に入ったのがチョムバキだともわかりました。
しかし死んだ男がグンファの夫だということはまだわかっていません。
テジンはグンファの身を心配しています。
グンファはテジンに冷たくされ、諦めようとしていますが、毎日グンファが家に帰るまで見守っているテジンの行動を知ったらまた気持ちが抑えられなくなりそうです。

【恋の花が咲きました】(ネタバレあり)

103話

チョムバキに腕を切りつけられるテジン。
チョムバキはその隙にテジンを殴り逃げていった。

翌日テジンはパク巡査部長にチョムバキが現れたと言う。
グンファを狙うとは驚いたと言うテジン。
パクはグンファがチョムバキの内縁の夫からカバンを預かってきたのだと話す。
テジンはグンファを襲ったと言うことは何かあるのかもしれないと言うが、中身はゴミのようなものばかりで何もなかったと言うパク。
パクは身辺を嗅ぎ回れて腹が立ったのだろうと言う。

ボラは妊娠した。
まだスヒョクには黙っているボラ。
何か起きる前に言わなくちゃ!

パクはグンファに電話をする。
チョムバキがお前をつけていて、テジンがいなかったら大変なことになっていたと言うパク。

運転代行の仕事に出かけるベクホ。
サンチョルは仕事のことをヒジンに話せと言うが、ヒジンは心配性だから言えないと言うベクホ。
朝方、寝ているから大丈夫だと言うベクホにとにかく気をつけろと言うサンチョル。
ギョンアもベクホのことを心配して、私が店を手伝うと言う。

ソンヒは退院したら家に帰ると言う。
テガプは、あれは俺の家だと言う。
お前はどこにいっても行きていける女だと言うテガプ。
お前に殴られた男もたくさんいるだろうと言う。
ソンヒは私のことをそんな女だと言うあなたは昔から無知な男だと言う。
テガプは金のためにしがみつくのは止めて別れようと言う。

ドヒョンは事故のことを忘れようとしている。

ドヒョンはジェヒにホテルの工期は絶対に守らせろと言う。
広告はどうするのかと聞くジェヒ。
ドヒョンはスヒョクにやらせるつもりだと言う。
テガプが許すかと言うジェヒ。

ジェヒは、テガプはボラを取り戻すつもりだと言う。
ドヒョンはジェヒにボラのことは諦めろと言う。
ボラは父親にスヒョクに手を出したら自分は死ぬといっていたと言う。

ボラはソノクにお弁当の売り上げが増えたからパーティをしようと提案する。
スヒョクが仕事で参加できないので女だけですることにした。
ソノクはボラにこの前ボラが台所のものをたくさん使いすぎるといったらスヒョクに怒られたと言う。
反対にボラは、お母さんは節約すぎると言ったら悪口を言うなとスヒョクに怒られたと言う。

へチャンはボラに習った料理を持ち帰ってきた。
その料理を美味しいと褒める祖母やベクホ。
ヒジンもきちんと習っているようだと言う。

祖母は夜中に運動しているベクホに腹を立てている。
ギョンアは実は運転代行の仕事しているのだと教える。
ヒジンが知ったら心配で眠れなくなるだろうから内緒にしてくれと言われているんだと言う。
ベクホに対する見方が変わったでしょう

グンファはパク巡査部長からテジンがずっとグンファを守るために毎日後をつけていたと聞いた。
パクはグンファに、テジンにとってこれは人生に関わる事件だから邪魔をしてはダメだと言う。

グンファはテジンに謝る。
テジンは勝手に内縁の妻のところに行ったことか、危ない目にあったことかと聞く。
グンファは飲酒運転で人を殺して、殺人事件まで起こした男を見ていればいいのかと聞く。
テジンは感情で捜査をするなと言う。

ドヒョンはスヒョクに会いにきた。
ボラが父親からひどいことを言われたのを聞いていないのかと言うドヒョン。
ドヒョンは、しばらくは父親から離れろと言う。
ボラが腕を痛がったら病院に連れて行ってくれと言うドヒョン。
スヒョクは、腕は治ったと聞いているが、ボラが事故は自分のせいだと言っていたと言う。

スヒョクはグンファも夫に早く帰ってこいではなく、気をつけて帰れと言わなかったことを後悔していると言う。
事故が起きたのは7年前のことだと言うスヒョク。
驚くドヒョン。
気がつきましたか

ドヒョンはテガプの机の中から7年前の事故の報告書が入った封筒を見つけた。
その封筒の中に入っていたのはグンファと亡くなったグンファの夫の写真だった。

104話

テガプの机の中からグンファと亡くなったグンファの夫の写真を見つけたドヒョン。
その場に座り込んでしまうドヒョン。

ソノクはグンファにテジンのことが好きなのかと聞く。
ソノクは私もあなたの父さんよりいい人がいたら再婚していたかもしれないと言う。
しかし現れなかったのだと言う。
近くに想いを寄せている人がいますよ~

ウリと2人で暮らすつもりかと聞くソノクに、グンファはそうすると答える。
ソノクはグンファには人並みの暮らしをしてほしいと言う。
テジンに寄りを戻したいと言えと言うソノク。
私にもプライドがあると言うグンファ。

ヒジンはソンヒが入院していることを知った。
ヒジンとサンチョルは見舞いに行くことにした。
ギョンアはお粥を作りヒジンに持たせる。
2人が来たので驚くソンヒ。

サンチョルはソンヒにテガプは手強いだろうと聞く。
ソンヒはこのまま倒れたりしない、私にこんな仕打ちをしたことを後悔させてやると言う。

そこに入って来たテガプ。
テガプはソンヒに娘が見舞いに来たのかと聞く。
テジンも来ればよかった、家族の団らんを邪魔したようだと言うテガプ。

やめて来れと言うサンチョルに、テガプはここにくるとは生意気だと言う。
ソンヒはサンチョルとテガプに帰って来れと言う。

グンファはテジンが自分を助けるために怪我をしたと知った。
グンファは危険だと思ったら私に言うべきだと言う。
私は助けてもらって申し訳ないと思うだけだと言う。

テジンはグンファに3年前の事件を説明する。
麻薬事件にはテガプも関係しているのかと聞くグンファ。
テジンは推測だと言う。
グンファは私に話をしてくれると言うことは捜査に加わってもいいのかと聞く。
お前から入って来たのだろうと言うテジン。

ドヒョンはバーでお酒を飲んでいる。
ウエイターに交番にいるグンファを呼べと言う。
ウエイターはバーに警察官を呼ぶなんてありえないと言うが、ドヒョンはすぐに呼べと騒いでいる。

ボラは産婦人科に行き、母子手帳と超音波写真をもらった。

ボラはスヒョクに会いに行こうとするが、そこにテガプがやってきた。
テガプはボラに家に帰ってこいと言う。
ドヒョンの事故を覚えているかと聞くテガプ。
テガプはあの事故で死んだのはグンファの夫だと言う。
ドヒョンの代わりに男をやとって刑務所に入ってもらったのだと言う。
テガプはあの家がダメだと言う理由がわかっただろうと言う。
お前が帰ってこないならスヒョクに会いに行くと言うテガプ。

ボラがこないので心配しているスヒョク。
電話しても出ないボラ。
妊娠のことも言えなくなってしまいました

ドヒョンは酔っ払って交番に運ばれた。

グンファはボラに電話をするがやはり出ない。
テジンはテガプに電話をする。
ドヒョンが酔って交番にいるから迎えにきてくれと言うテジン。

目を覚ましたドヒョンにテジンは、ここは交番だと言う。
お前が何をしたかわかるかと言うテジン。
俺が何をしたと騒ぐドヒョン。
テジンはドヒョンの胸ぐらをつかみ、ここはお前の家ではないと言う。
そこに入ってきたテガプは俺の息子に手を出すなと言う。

105話

テガプはテジンに俺の息子に手を出すなと言う。
今すぐに土下座をしろと言うテガプ。
イ警部はテガプにバーで騒いでいたのは息子さんだと言う。
店と示談の話し合いをした方がいいと言うイ警部。

すでに示談になっていた。
早い!

イ警部はあれだけ店を荒らしておいて示談にするとはたいしたものだと言う。
テガプはイ警部に俺をバカにしたら警察を辞めることになると脅す。
テジンはテガプにこれ以上騒ぐと公務執行妨害で逮捕すると言う。
テガプはテジンにお前の母親の手前我慢して来たが、死にたくなければ黙って言うことを聞けと言う。

テガプは部下にテジンを痛い目に合わせろと言う。

ボラが帰ってこないので心配しているスヒョクたち。
そこに帰って来たボラ。
スヒョクは何かあったのかと聞く。
ボラは放っておいてくれと言う。

サンチョルはテジンにお前の母親がテガプの家をでたから、お前に危害を加えるかもしれないと言う。
テジンは心配いらないと言う。

サンチョルはテジンに昔、俺の管轄で問題を起こしたからお前の母さんを恨んだが、今日会ってわかったと言う。
俺が悪いことをしたのだと言うサンチョル。
あのとき俺が背を向けなければソンヒもあんな生活を送らなかっただろうと言う。
サンチョルはテジンに母親の見舞いに行って来れと行っても無理だろうと言う。
きっといつかは会いに行きますよ

運転代行の仕事のために出かけるベクホ。
ヒジンは家を出たら私の部屋には入れないと言う。
ベクホは起きたら隣で寝ているといって出かけて行く。

そんな様子を見ていたギョンアはヒジンに羨ましいと言う。
昔、借金取りが押しかけてきて1日中働いても利子も返せなかったと言う。
そんな日々が10年以上続き、さらに夫は暴力を振るったと言う。
こんな話を聞くとそこまでではないと思うだろうと言うギョンア。

優しい夫と息子がいて私に比べたら恵まれていると言うギョンア。
ギョンアはヒジンにこの話は内緒だと言う。
ヒジンにすべてうまく行くと言うギョンア。
優しいギョンア!

ドヒョンはグンファに電話をする。
どうしても話を聞いてほしいと言うドヒョン。
グンファはわかったと言う。

グンファはテジンがチョムバキの件で人と会うと言うのを聞いた。
テジンの後をつけるグンファ。
テジンはビリヤード場に入った。

グンファはイ警部に電話をし、急いで来てくれと言う。
ボリヤード場に怪しい男たちが入って来た。
男たちはテジンに襲いかかる。

グンファもビリヤード場に入った。
グンファは男たちにテジンに手を出したら承知しないと言い、男たちと戦い始めた。
グンファは男に捕まった。
それを助けるテジン。
イ警部たちが駆けつけた。

退院したソンヒはテガプの家に戻った。
テガプが誰かと電話で話をしている。

テガプはテジンを逃したのかと怒っている。
助けたのがグンファだと聞き、さらに怒り出すテガプ。

そこに帰って来たドヒョン。
ソンヒはドヒョンに、テガプがテジンを痛い目に合わせようとしたのをグンファが命がけで助けたのだと言う。
これでもグンファと結婚するつもりかと聞くソンヒ。
ドヒョンはテジンを殺してもグンファを俺のものにすると言う。

テガプはドヒョンにあの女が誰か知らないのと聞く。
お前が事故を起こした夫の妻と結婚するつもりかと言うテガプ。
ドヒョンは結婚してグンファに償うと言う。

テガプは血圧が上がり倒れてしまった。
病院に運ばれるテガプ。
医師はしばらく意識が戻らないかもしれないと言う。

ドヒョンはチョムバキに電話をし、話があると呼び出す。

103~105話感想

ドヒョンは自分の事故のことを知ってもグンファを諦められないのですね。
結婚して償うと行っていましたがグンファはきっと受け入れないでしょう。
少しだけドヒョンにも可能性があるかもしれないと思い出しめたのですが、やはりグンファを影で見守るテジンには勝てないかもしれません。
ボラも妊娠のことを言えず、去るのかもしれませんね。