恋の花が咲きました-あらすじ-4話-5話-6話-感想付きネタバレありで!

韓国ドラマ-恋の花が咲きました-あらすじ-4話-5話-6話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
亡くなった夫の後を継ぎ警官になったグンファ。そのグンファのいる派出所に移動してきたテジン。2人はパートナーになりました。
潜入捜査のためにクラブにやってきたグンファとテジンの前にドヒョンが現れました。怪しいドヒョンに職務質問をするグンファに対して、ドヒョンは警官だと言う証拠を見せろと詰め寄ります。

【恋の花が咲きました】(ネタバレあり)

【4話】

ドヒョンはグンファに警察を装った窃盗犯ではないかと言う。
財布を取ろうとしたグンファに抵抗するドヒョン。
グンファはドヒョンを背負い投げで倒してしまった。

グンファはドヒョンの財布を確認した。
ドヒョンのものだとわかり、謝るグンファ。
ドヒョンは怒りを抑えられずにいる。
そこにテジンがきた。
テジンがグンファの上司だと聞いたドヒョンはテジンに2人で話そうと言う。
飛行機で会ったことに気付いた?

テジンはあとで交番に来てくれたら損害賠償をすると言い、謝る。
今すぐ行こうと言うドヒョン。
今は公務中なので行けないと言うテジンを殴るドヒョン。

ドヒョンは無実の人を窃盗犯にするなと言う。
注意する相手を選べと言うドヒョン。
理由のある相手を選んでいると言うテジン。
捕まえられるなら捕まえて見ろと言うドヒョン。

ウンジュに借りたワンピースを破ってしまったグンファ。
新品同様に直すと言うが、それでは納得いかないウンジュ。
弁償すると言うグンファに80万ウォンに負けてあげると言うウンジュ。

テジンはグンファに先に報告をしないで行動したことを注意する。
報告していたら怪しい奴が逃げてしまうかもしれないと言うグンファ。
お前のせいで潜伏捜査に失敗したのだと言うテジン。
失敗は二度と許さないと言うテジン。

グンファはテジンに、ドヒョンを投げ飛ばしてしまったが、その件は大丈夫かと聞く。
問題はないから気にするなと言うテジン。
ドヒョンがグンファにやられていたことを知ったテジンはこっそりと喜ぶ。
その場面を見たかったでしょうね

ソンヒは帰ってきたドヒョンに漢方薬を飲ませようとするが、母親面するなと言うドヒョン。
その様子を見ていたボラはドヒョンに、17年間も私たちの面倒を見てくれているのにやることが幼稚だと言う。
思春期にソンヒと暮らすことが嫌だったと言うドヒョン。
ボラはソンヒが好きだと言うが、そのうち裏切られると言うドヒョン。

ソノクはグンファに、友達がお金を騙し取られたのだが、相手の名前だけで調べられるかと聞く。
警察でも個人情報は調べられないと言うグンファ。
2000万ウォン取られたと聞いたグンファは、訴えた方がいいと言う。
しかし名前しかわからないのだと言うソノク。

スヒョクはクライアントから、ボラを使った動画が気に入らないと言われた。
商品よりも料理に目が行くのが気に入らないようだ。
スヒョクはボラに会い、もう一度撮影をやり直ししたいと頼む。
ボラはこのままでは自分も嫌だから協力すると言う。
料理だけでなく企画から一緒にやってみたいと言うボラ。

ボラはスヒョクを連れて市場に買い物に行く。

サンチョルは警備の仕事がなくなってしまい困っている。
サンチョルは、自分をクビにした建物オーナーのテガプは消費者金融の社長であくどいことで金を荒稼ぎしていると聞いた。

テガプは所有している建物を見て回る。
生地屋の社長がテガプに保証金の支払いを待ってほしいと頼んだ。
テガプはその場では了解したと言うが、その後、部下を使って店をめちゃくちゃにした。
最悪な奴ですね

テガプはソンヒに、ドヒョンに早くしっかりとした女性を紹介しろと言う。
子供でも作ってきたら大変だと言うテガプ。

グンファとテジンはパトロールしている。
グンファは信号無視が多い交差点で、ネズミ取りをしようかと提案する。
それは違法だと言うテジン。
日本ではよくやっていますよね

そのとき目の前を信号無視で通り過ぎた車がいた。
その車に停まるように指示をするグンファ。
その車に乗っていたのはドヒョンだった。

【5話】

グンファの顔を見て驚くドヒョン。
グンファはこの前は悪かったと謝る。
悪いと思うなら見逃してくれと言うドヒョン。

グンファは見逃してあげたいが、公務執行中なので難しいと言う。
罰金6万ウォンの請求書を渡すグンファ。
ドヒョンはそれを受け取り、借りは今度返してくれと言い行ってしまった。

ボラの料理撮影が再スタートした。

そこにクライアントが入ってきた。
高いお金を払っているんだから専門家を使えと言うクライアント。
スヒョクは結果を見てくれればわかると言い、クライアントに、ここまで撮影した動画を見せる。
クライアントは気に入ったようで、このまま使ってもいいと言う。
しかし残りのお金は払わないと言い出て行くクライアント。

ボラはドヒョンに電話をしてお願いがあると言う。

クライアントから電話がかかってきたスヒョク。
残金を払うと言うクライアント。
喜ぶスヒョクとジュヨン。
ボラのおかげでしょうね

サンチョルは警備をしていたビルに私物を取りに行く。
紙袋に警棒を入れて帰ろうとしていると、テガプが車でやってきた。
テガプをめがけてゴルフクラブを持った男が走ってきた。
生地屋の社長だった。
サンチョルは生地屋の社長の前に立ちはだかり、社長を押さえつけた。
テガプは自分を誰だと思っているのだと、ゴルフクラブを取りあげ生地屋の社長を叩こうとする。
それを止めるサンチョル。

ヒジンはヘチャンの塾のスケジュールをたてている。
ヘチャンに選ばせろと言うベクホ。
経済状況も考えろと言うベクホに、ヘチャンの人生がプラスになればいいと言うヒジン。
中学生なのに高校生の数学のするのかと聞くベクホ。
小学校で高校の数学をやっている子もいると言うヒジン。
韓国の教育事情がすごすぎる

ギョンアが落とした携帯電話を拾ったヘチャンの友人ヒョンス。
そのままポケットにしまった。
それを見ていた男が泥棒だと追いかける。
そこにパトカーで通りかかったグンファとテジンはヒョンスを追いかける。
ヒョンスは途中で携帯電話をヘチャンに渡す。

結局ヘチャンとヒョンスは捕まってしまった。
交番に連れていかれた2人。
なぜ盗んだのかと聞かれ、盗んだのではなく拾ったのだと言うヒョンス。
家には言わないでくれと言う。

携帯がないことに気付いたギョンアが連絡をしてきた。
グンファは交番に来てくれと言う。

バス停の防犯カメラを確認しろと言うテジン。
テジンは家に電話をする。

ギョンアが交番に携帯を取りにきた。
グンファは携帯電話を渡すが、決まりなので身分証明書を見せてくれと言う。
身分証を出すギョンア。
名前がオ・チュンレとなっている。
ギョンアは偽の名前?

ヒジンが交番にやってきた。
テジンに伯父なのにヘチャンを捕まえるなんてありえないと怒るヒジン。
ヘチャンを連れて帰ると言うヒジンに被害者が許してくれるまで帰れないと言うテジン。

ヒジンはギョンアに子供のしたことだから許してくれと頼む。
ギョンアは携帯電話さえ戻ってくればいいと言う。

テジンはヒョンスに本当の気持ちを言わないと一生後悔する事になると言い聞かかせる。
ヒョンスは拾って自分の物にしたかったが、最初からそのつもりでいたのではないと正直に告白した。
ヘチャンにも本当の友人はどんな存在か考えろと言うテジン。

テガプは家に帰ったがゴルフクラブで殴られそうになったことをまだ怒っている。
サンチョルが止めに入ったせいで生地屋の社長を叩けなかったと文句を言っている。

テジンはグンファのやり方に文句を言う。
グンファはテジンに私だけに厳しすぎると言う。

テジンはグンファを出会ってから今までグンファがやってしまったミスを話し始める。
こんな事ばかりしていると警官を辞める事になると言うテジン。
グンファは絶対に辞めないと言う。
これはパワハラだと言うグンファ。

テジンとグンファは6ヶ月以内にグンファが辞めると賭けをすることにした。

【6話】

グンファは絶対に辞めるものかと張り切っている。

差し入れの餅を喉に詰まらせるグンファ。
息ができなくなり苦しみだすグンファを後ろから押さえて一気に吐き出させるテジン。
グンファの口の中から詰まった餅が飛び出した。
グンファはテジンに助けてもらったお礼を言う。

家に帰ってきたテジンを責めるヒジン。
甥のヘチャンを捕まえるなんて許さないと言うヒジン。
父のサンチョルは男の子ならこんなこともあると言うが、ヘチャンが交番に座っているところを見たらそんな言葉は言えないはずだと怒鳴るヒジン。

テジンか貸してくれたシャツをソノクがアイロンで焦がしてしまった。
どうしてくれるんだと言うグンファ。
そんなグンファの態度を怒るスヒョク。

交番にいるテジンとグンファに謝りにきたヘチャンとヒョンス。
友人は昨日のことを謝り2人に缶コーヒーを渡す。

ソンヒはドヒョンに今度の土曜日に見合いをしようと言う。
有名大学出身で性格もいい女性だと言うソンヒ。
そんなすばらしい女性が自分と釣り合うのかと言うドヒョン。
自分の事をわかっているようですね

ソンヒは会いたくないならそれでもいいと言うが、テガプは絶対に見合いをしろと言う。
父親の命令には逆らえないドヒョン。

ボラにも弁護士を紹介しようと言うソンヒ。
弁護士なら悪くないと言うテガプ。

テガプは生地屋の社長から助けてくれたのがクビにしたサンチョルだとわかった。
もう一度サンチョルを雇えと言うテガプ。
生地屋の社長を叩く邪魔をされたと思っていませんでした?

ヒジンは祖母がお風呂に入れてくれと言っているのに看護ヘルパーが来てからにしようと言う。
看護ヘルパーなんていらないと言う祖母。
わがままは言わないでくれと言うヒジン。
意地悪なのは母親そっくりだと言う祖母。
サンチョルがヒジンを怒るが、ヒジンは自分も努力をしていると言う。

ギョンアはヒジンのチキン屋にやってきた。
ヒジンは交番でのお礼を言い、今日はごちそうするから食べてくれと言う。
店が混んでいるのでギョンアは手伝いを始める。
ギョンアはここでアルバイトをさせてくれと頼む。
学生のバイトを雇うつもりだったから時給6470ウォンだと言う。
それでもいいと言うギョンア。
安い!

酔っ払って道端で寝ている男がいた。
その男に近づき、財布を盗もうとしている男がいた。
グンファとテジンはその男を捕まえた。
男は寝ている男と知り合いだから起こせばわかると言う。
グンファは寝ている男に声をかけるが、寝ぼけた男はグンファを突き飛ばす。
テジンは被害者を家に送ってから犯人を連行しようと言う。

実はグンファは突き飛ばされた時に怪我をしていた。
それに気付いたテジンは現場では気を緩めるなと言う。

ソノクは怪我をして帰ってきたグンファを心配する。
グンファはアイロンのことで怒って悪かったと謝る。
夜勤もあるし、体もボロボロになるのに警官を続けたいのかと聞く。
やりがいがあると言うグンファ。

ヘチャンを迎えにきたヒジン。
ヒジンはヒョンスとあまり仲良くするなと言う。
そのとき嫌がるヒョンスを父親が乱暴に車に乗せるのを目撃したヒジン。

ヒョンスの父親は交番にやってきた。
自分の息子に手錠をかけたのは誰だと騒ぐヒョンスの父親。
自分だと言うグンファ。
父親はグンファに土下座をしろと言う。

4~6話感想

なかなかドラマが盛り上がってきません。このドラマには韓国ドラマによくある出生の秘密、記憶喪失、復讐などが出てこないようです。
そうなると主役のグンファが警官として一生懸命に生きる姿を見るだけのドラマなのでしょうか。ハラハラ、ドキドキもなく今のところ淡々として見ている感じです。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。