恋の花が咲きました-あらすじ-10話-11話-12話-感想付きネタバレありで!

韓国ドラマ-恋の花が咲きました-あらすじ-10話-11話-12話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
高校生の時に濡れ衣を着せられ前科がついてしまったグンファ。前科があってよく警官になれましたね。韓国ではありえるのでしょうか。そのことでネットではグンファの中傷が出始めました。
そんな時、グンファはドヒョンに偶然会い、ドヒョンに苦しい胸のうちをぶちまけます。八つ当たりのようにも見えますが、本音が出てしまったのでしょう。

【恋の花が咲きました】(ネタバレあり)

【10話】

グンファはドヒョンに言いたいことを言って帰った。
ウリと一緒に遊んで、元気になるグンファ。

ネットではグンファの悪口のコメントが増えている。
それを見てまた落ち込むグンファ。

グンファはソノクに高校3年ときの事件を覚えているかと聞く。
ソノクは助けてあげたのに汚名を着せた友達のことを恩知らずだと言う。
そんな状況でも警官になったグンファは立派だと言う。
今後もずっと働けるから安心だと言うソノク。
それが今難しくなっている状況なのですよ

ギョンアはヒジンの家族に今日からお世話になると挨拶をする。
ヒジンは家族を紹介する。
テジンが警官だと聞いて驚くギョンア。
テジンの祖母はギョンアのことが気に入ったようだ。

ボラが手首を痛がるので料理を辞めろと言うテガプ。
大丈夫だとテガプを説得するボラ。

グンファとテジンはヒョンスを捕まえたときのカメラの記録が残っていないかと探す。
捕まえた場所には防犯カメラはついていなかった。
コンビニの店主はグンファが追いかけるのを見ていたがヒョンスを捕まえるところまでは見ていなかったと言う。

ドヒョンはソノクが作ったご飯をソンヒが作った料理より美味しいと喜んで食べる。

テガプはドヒョンにお金を渡す。
誰かを信じたらお金はなくなると言うテガプ。
そしてソンヒに優しくしろと言うテガプ。。

ソンヒはドヒョンに紹介しようとしている女性と会った。
その女性はドヒョンの噂は気にしない、結婚したら仕事も辞めると言う。
ソンヒはその女性が気に入らなかった。

反対にソンヒはジェヒの事が気に入っている。
ボラの婿と考えているのなら止めたほうがいいですよ

ジェヒはドヒョンに昨日の女は誰なのかと聞く。
ドヒョンは自分も彼女の事が知りたいと言う。

グンファの噂のため交番まで文句の電話がかかってくるようになった。
ネットの騒ぎもどんどんエスカレートしている。

グンファは泣き出してしまった。
グンファは先輩から警察の上部まで噂が届いてしまったようだと言う。
クビになるかもしれないと聞いたグンファ。
先輩はもっと上部の人に無実だと訴えるしかないと言う。

サンチョルはギョンアに母に良くしてくれて感謝していると言う。
今までサンチョルと目をあわせていなかったギョンアはやっとサンチョルではないかと気付いた。

グンファはテジンに借りたジャケットをアイロンで焦がしてしまったと謝る。
同じものがなかったから自分なりに直してみたと言う。
グンファはテジンに必ず自分の潔白を証明してみせると言う。

テジンはヘチャンに聞きたいことがあると言う。
ヒョンスは交番から帰ったあとにあざがあったかと聞く。
ヘチャンはヒョンスの手首にはかすり傷があったくらいだと言う。
ヒョンスは父親を怖がっていて、父親の話が出るといつも震えていたと言うヘチャン。
父親の暴力だったのですか!

テジンにイ警部から電話がかかってきた。
グンファが警察署の前で自分の無実を訴えるためにプラカードを持ってデモをしていると聞いたテジン。

【11話】

警察署の前でプラカードを持って立っているグンファ。
テジンがやってきた。
グンファは黙っていると認めてしまうことになるからもう隠れないと言う。
止めないでくれと言うグンファ。
テジンは諦めるなと言う。
しかしイ警部に報告しないと迷惑がかかると言う。
グンファは迷惑をかけたくないから一人でやるのだと言う。

グンファは一人で無実を訴え続けた。

テジンはイ警部に、SNSに出ているヒョンスの写真はグンファとは関係ないようだと報告する。
イ警部はしっかりと調べろと言う。

ギョンアはサンチョルを覗き見する。
祖母にサンチョルの名前を聞くギョンア。

立っているグンファに声をかける調査官。
今度は子供を殴ったのかと言う調査官。
殴っていないと言うグンファに10年前も友達を殴ったではないかと言う調査官。
過去の事件が影響するのは不当だと言うグンファ。
警察の名誉を傷つけたと言われるグンファ。
調査官は懲戒委員会の結果を待てと言う。

ウリの体調が悪いと連絡をもらったグンファはウリを病院に連れて行く。
その病院でヒョンスの母に会った。
ヒョンスの母は顔のあざをサングラスで隠していた。
グンファが声をかけると逃げるように行ってしまったヒョンスの母。
夫の暴力ですね

ボラとソノクはスーパーマーケットで会い、仲良くなった。
感じの良いボラにあんな女性が嫁に来てくれたらと好感を持つソノク。

ヒジンは夫のベクホがニンニクの皮むきの機械を購入したことを無駄遣いだと怒る。
看護代、生活費、教育費にいくらかかると思っているのだと言うヒジン。
気を使いながら実感で暮らしているじぶんの気持ちを考えろと言うヒジン。
気を使っているように見えないのですが

その話を聞いていたサンチョルはテガプのビルの警備の仕事を引き受けることにした。

イ警部はグンファに警察官を続けたいなら相手と示談にしろと言う。
グンファは納得がいかない。

グンファはテジンにヒョンスの母の顔にあざがあったと報告する。
テジンは夫の暴力だろうと言う。
あざの写真を専門家に見てもらっているから待っていろと言うテジン。

ギョンアは祖母に飲ませるお茶を用意しながら、サンチョルが自分に気付く前にこの家から出て行かないといけないと考えている。
そこに帰ってきたサンチョルはギョンアを見て驚き、チュンレかと聞く。
祖母に呼ばれてギョンアはあわてて出て行く。

ギョンアは祖母に熱湯のお茶を渡してしまった。
口の中を火傷したと騒ぐ祖母。
ヒジンとサンチョルが入ってきた。
ヒジンはギョンアに早く冷たい水を持って来いと怒鳴る。

ギョンアは蜂蜜を持ってきた。
火傷には蜂蜜がいいと言うギョンア。
ヒジンは素人を雇うのではなかったと文句を言う。

サンチョルは祖母に蜂蜜をなめさせる。

ヘチャンからヒョンスが店に来ると聞いたテジン。
テジンは店に行き、ヒョンスのあざを見る。
ヒョンスは父に殴られていないと言うがテジンはお母さんが弱い時は息子が助けなければいけないと言う。
お母さんを助けたければ自分が助けてあげると言うテジン。

酔っ払ってふらふらと歩いているドヒョンをつけている生地屋の店主。
後ろから棒を持ってドヒョンを狙っている。
棒でドヒョンを殴った。
気を失って倒れるドヒョン。

その時娘のオカリナを買いにでたグンファが通りかかった。
倒れているドヒョンに駆け寄るグンファ。

【12話】

グンファはドヒョンに声をかける。
意識のないドヒョンを病院に運ぶグンファ。

グンファはドヒョンの携帯電話から父の名前を探し、テガプに電話をかける。
寝ているテガプの代わりに電話に出るソンヒ。
グンファはソンヒにおたくの息子が病院に運ばれたから病院に来てほしいと言う。

ソンヒが病院にやってきた。
グンファは、自分は警官で通りかかったのだと名乗る。

ソンヒはドヒョンにテガプが心配するから殴られたことは内緒にしていくと言う。
ドヒョンはソンヒに一人で大丈夫だから帰れと言う。

ギョンアは突然出て行ってしまった。
ヒジンに事情があって止めるとメールだけ送ってきた。

ドヒョンはジェヒに自分を殴ったのが誰か調べろと電話をする。
そこにグンファがドヒョンの様子を見るために病院にやってきた。
グンファはドヒョンに犯人の顔を見たかと聞く。
犯人の顔は見ていないが助けてくれた人の顔は見たと言うドヒョン。
暴行事件として届け出をするかと聞くグンファ。
考えておくと言うドヒョン。
グンファに助けてくれたお礼をしたいと言うドヒョン。
財布のときのこととおあいこにしてくれと言うグンファ。

届け出をしないなら帰ると言うグンファに携帯電話を貸してくれと言うドヒョン。
自分の番号を登録させる。
グンファのことが気になり始めたようですね

ソンヒはソノクにお弁当を作らせ、ドヒョンの見舞いにきた。
ドヒョンはナヨンと言うアナウンサーから電話がかかってきて会おうと言われたと言う。
ソンヒは無視をしろと言う。

ヒジンはヘチャンが何回も塾をさぼっていることを知って怒り出す。
ヘチャンは逃げ出す。

ボラはスヒョクに消費者金融からお金を借りることもあるのかと聞く。
返せなかったらどうするのかと言うボラ。
そんなことを考えていたら事業はできないと言うスヒョク。
今やろうとしている大きな事業があるのだと言うスヒョク。
ドヒョンの持ってきた話ですね。なんとなく怪しいですが

テジンはグンファにヒョンスに確認したと言う。
この件は慎重になるべきだと言うテジン。
ヒョンスとヒョンスの母親のために急がないと言うけないと言うグンファ。
テジンは人のことより自分の事を考えろと言う。

ヒョンスの母がテジンに会いにきた。
ヒョンスを殴った女警官を許さないと言うヒョンスの母。
テジンは昨日ヒョンスと話をしたと言う。
ヒョンスはお母さんが殴られるのを見ていられないと言っていたと言う。
旦那さんの暴力はもっとエスカレートしてくると言うテジン。
ヒョンスの母は下手したら死ぬかもしれないと言う。
テジンにそうならないように最後まで責任を持ってくれるのかと聞くヒョンスの母。

スヒョクはSNSでグンファが警察署の前でデモしている写真を見つけた。
グンファに説明しろと言うスヒョク。
大丈夫だと安心させるグンファ。

ウリが友達と喧嘩をして帰ってきた。
ウリは友達がママのことをチンピラだと言ったのだと言い泣きだすウリ。

10~12話感想

12話終わりましたが、正直まだ面白いとまではいきません。グンファを取り巻く関係はまだいいのですが、ボラが出てくるシーンがなぜかわざとらしく見えてつまらないです。
かなり辛口の感想ですが、韓国で平均視聴率が約25%もあったドラマですからこれからどんどん面白くなってくるのを期待します。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。