恋の花が咲きました-あらすじ-19話-20話-21話-感想付きネタバレありで!

韓国ドラマ-恋の花が咲きました-あらすじ-19話-20話-21話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ドヒョンは今まで付き合った女性とは違うタイプのグンファの事が気になってつきまとっています。グンファにとっては大きな迷惑のようです。
病院から消えた母親を捜すグンファとテジン。ネットカフェに来た母親を捕まえました。しかし母親は、子供は施設にいれるなり好きにしろと言います。

【恋の花が咲きました】(ネタバレあり)

【19話】

母親のソヒョンは、子供は捨てたのだと言う。
グンファはソヒョンに手錠をかける。
グンファはあなたも捨てられたのなら子供の気持ちはわかるだろうと言う。
ソヒョンに捨てられたこともわからず母親をずっと待つ子供の気持ちがわかるかと言うグンファ。

テジンはソヒョンを交番に連行する。

グンファはソヒョンに警察署で取り調べがあると伝える。
ソヒョンは子供の顔を一度だけ見たいと言う。
グンファに一度だけ子供に会わせてくれと泣きながら頼むソヒョン。

グンファはイ警部に子供は明日施設に送られるから今夜だけ子供とソヒョンを一緒にいさせてほしいと頼む。
イ警部は警察署にソヒョンは明日連行すると報告する。
子供と2人だけにさせることはできないのでグンファが自分の家に連れて行くことにした。

赤ちゃんを抱くソノク。
ソノクはソヒョンのためにわかめスープを用意した。
嬉しくて泣きだすソヒョン。
心を入れ替えなさい!

ドヒョンはボラに女心が理解できないと言う。
いい男にはいい女が見つかるのだと言ボラ。
優しくて、気配りができて信頼できる男がいい男だと言うボラ。
ボラはドヒョンに好きな人に友達なろうと言われたのだと言う。
友達になろうと言われたのなら相手の男は恋愛対象には思っていないと言う。
しつこくすると余計に負担になるから相手にはクールに接しろと言うドヒョン。
ボラは自分の事でなく友達の話だと誤魔化した。

ソヒョンと一緒に寝るグンファ。
赤ちゃんは一緒ではないの?

ソヒョンは自分の事を叱ってくれたのはグンファが初めてだと言う。
叱られるのを待っていたのかもしれないと言うソヒョン。
子供に申し訳ないと言うソヒョン。
これからどうすればいいのかわからないと言うソヒョン。
グンファは夫を亡くし、ウリを産んだ時に自分も先が見えず真っ暗だったと言う。
しかしウリの指を握った時にウリが、お母さん私がいるから大丈夫だと言われたような気がしたと言う。
ソヒョンの子供も新しい希望を与えてくれるはずだと言うグンファ。

翌朝ソヒョンは警察署に行き、赤ちゃんは取り調べの間は施設にいることになった。
母親は無罪にはならないだろうけど初犯だから起訴猶予になるかもしれないと交番のみんなで嘆願書を出すことにした。
ここまでやってあげるなんて韓国の警官は優しいの?

パトロール中に、駐車違反をしている配達の車にテジンが注意をしただけで違反切符を切らなかったのを驚くグンファ。
テジンを見直したグンファ。

スヒョクはボラにこの前一緒だった人はお母さんかと聞く。
綺麗な人だったと言うスヒョク。
着飾るのが好きな人だと言うボラ。
ボラは父親似だと言うスヒョクに私も美人だと言われるとむきになるボラ。
からかうスヒョクにクールに接しようとするボラだが、つい感情が出てしまう。

グンファはドヒョンに電話をして会う約束をした。

待ち合わせの場所に行くドヒョン。
グンファはドヒョンに軽蔑した態度をとって悪かったと謝る。
グンファは自分が恥ずかしい、ドヒョンの言葉を聞いて目が覚めたと言う。
ドヒョンはグンファとまた勝負がしたいと言う。
グンファは、今は仕事中だと断る。
ドヒョンはそれなら今度の飲みに行こうと誘う。

グンファはドヒョンに私には子供がいると言う。
その言葉に驚くドヒョン。
子持ちに見えないですからね~

グンファは仕事に戻った。

パソコンゲームに夢中になっているヘチャンを怒ったヒジンはパソコンの電源を抜いてしまった。
それに切れたヘチャンはパソコンのキーボードをたたきつけて壊してしまった。
ヒジンはヘチャンに勉強が嫌なら学校も塾も辞めろと言う。

小豆粥を作る材料を買いに行ってなかなか帰ってこないギョンア。
帰ってきたギョンアに祖母はまた逃げたのかと思ったと言う。
店が混んでいただけだと言うギョンア。

グンファはテジンに、今まで人に偏見を持っていたことをドヒョンに指摘されたという。
だからドヒョンに謝ってきたと言うグンファ。
初心に戻って頑張ると言うグンファ。
テジンはよくやったと褒める。
テジンに褒められるのは初めてだと喜ぶグンファ。
もう一度褒めてくれと言うグンファ。
ソヒョンの件は警官らしく良くやったと褒めるテジン。

【20話】

イ警部はグンファとテジンにソヒョンのことを聞く。
シングルマザーの施設があるから調べてみると言うテジン。
イ警部はグンファとテジンの息があっていると2人を褒める。

ヘチャンは自分が壊したキーボードを直そうとしている。
ベクホがはいってきて、お母さんが泣いていると言う。
お母さんはヘチャンのことが心配なのだと言うベクホ。
わかっているが、上手くできないと言うヘチャン。
友達はみんなゲームをしていると言うヘチャン。
心配かけない程度にしろと言うベクホ。

ベクホは、お母さんは甲状腺の病気を持っているのだと言う。
知っていると言うヘチャンにお母さんが病気になってもいいのかと言うベクホ。
ベクホはヘチャンに謝って来いと言う。
反抗期だから仕方ないと思いますが

ヘチャンはヒジンに謝るが、ヒジンは学校を辞めてチキン屋で働けと言う。
ヘチャンはヒジンに薬を飲んでくれと渡す。
ヒジンは、ゲームは一日1時間だけならいいから、あとは勉強をしろと言う。

ドヒョンはグンファが子持ちと知って落ち込む。
殴られた上に振られたなんて自分が情けないとつぶやくドヒョン。

交番のみんなはソヒョンのために赤ちゃんグッズを用意した。
グンファにこれをソヒョンに届けてあげろと言うイ警部。

サンチョルは祖母に車いすを借りてきた。
これで移動も出来ると言うサンチョル。
車いすに乗りテレビを見る祖母。
嬉しいはずなのにお礼も言わない祖母はどうでしょうか?

スヒョクはハンバーガーを買ってきてボラに届ける。
ハンバーガーにかぶりつけと言うスヒョク。
ボラは企画書の進展具合を聞く。
1回でオッケーをもらうと意気込むスヒョク。

ドヒョンは家で酒を飲もうとジェウを連れてきた。
ソンヒはジェウに家族のように気楽にしてくれと言う。

帰宅するテガプを見送るサンチョル。
テガプはサンチョルに車に乗れと言う。
食堂に連れて行くテガプ。

テガプは焼酎を飲みながらサンチョルにこの前助けてくれたお礼を言う。
生地屋の店主のことを、自分が悪いくせに人のせいにしてゴルフクラブで殴ろうとするなんてとんでもない奴だと言うテガプ。
サンチョルは理由があったのだろうと言う。
テガプはサンチョルに警官だったそうだが、上司にゴマをするのが苦手だっただろうと言う。

交番ではグンファたちの歓迎会をヒジンのチキン店でやることにした。
テジンがヘチャンの伯父だとは知らなかったと言うグンファ。
甥っ子を捕まえるなんて冷酷だと言うグンファ。
ヒジンは、弟は公私の区別をしているのだと言う。
ヒジンはグンファのことが気に入らず、反対にウンジュが気に入ったようだ。
見る目なし!

テジンはグンファがアルコールアレルギーだと知った。
以前グンファが酔っ払っていたのはアレルギーだったと知ったテジン。
グンファの音頭で乾杯する交番のみんな。

グンファの話をするドヒョンに、ジェウは子持ちの警官のことは忘れろと言う。
もう終わったと言うドヒョン。

ソンヒはボラにジェウのことをどう思うかと聞く。
いい人だと思うと言うソンヒ。

グンファはゲームに負けてビールを飲めと言われる。
仕方なく飲もうとするグンファのビールを取り上げて代わりに飲むテジン。
グンファはさすが私のパートナーだと言う。
テジンはグンファに飲めないならはっきり断れと言う。

酔っ払ったテガプはサンチョルに二次会は自分の家でやろうと言う。
テガプを家まで送るサンチョル。
運転手がインターホンを鳴らす。

【21話】

運転手にテガプを家の中に運んでくれと言うソンヒ。
サンチョルと運転手はテガプを抱えて家の中に入る。
シャワーを浴びたばかりのソンヒは急いで着替えに部屋に入った。
その間に帰るサンチョル。

家に帰ったサンチョルはギョンアに昔の話を始めた。
約束の場所に現れず、そのままいなくなったのはなぜかと聞くサンチョル。
ギョンアは昔の話をしても何もならないと言う。
サンチョルは理由が知りたいと言うが、ギョンアは縁がなかったのだと言う。

ギョンアは祖母の寝顔を見ながら、自分の母にサンチョルの嫁は家のレベルにあった女性にすると言ったのに、なぜその嫁を追い出したのだと考える。
祖母は誰が嫁になっても気に入らないかもしれません

ソンヒがボラの相手にジェヒを考えている事が面白くないテガプ。
ボラにその気がないと知って喜ぶテガプ。

交番では射撃の練習を始めることにした。
パートナーと組んでサバイバルゲームをすると言うイ警部。
1位には商品を、ビリには罰ゲームを与えると言う。
ウンジュはテジンの腕は百発百中だから有利だと言う。
同僚はグンファが脚を引っ張るから大丈夫だと言う。

昼ごろ起きてきたドヒョンにあきれるソノク。
ソノクはご飯を用意する。
ドヒョンは今まで自分に話しかけてきた家政婦はソノクだけだと言う。
息子と同じ年だから気楽に話せると言うソノク。
ドヒョンはお母さんに怒られているようだから続けてくれと言う。

ドヒョンはソノクに今度の女は逞しくて可愛いが子持ちだったと言う。
ソノクは人妻に手を出したのかと聞く。
ドヒョンは子持ちとは知らなかったと言う。
女に騙されたのか、ひどい女だと言うソノク。
ドヒョンはその女は少女みたいな女だったから自分が勘違いして振り回されたのだと言う。
ソノクは嘘をつく女も多いから正直に話したその女はいい人だと言う。
その忠告に感謝すると言いドヒョンは行ってしまった。
結局ご飯は食べないのですか?

ソンヒはドヒョンがソノクと仲良くしているのが気に入らないようだ。

グンファが持ってきたお弁当を一緒に食べるテジン。
そこにウンジュが豪華なお弁当を持ってきた。
テジンに一緒に食べようと言うウンジュ。
グンファの同期が入ってきて4人で食べることになった。
テジンは、自分はグンファのおかずを食べるから、後輩にはウンジュのお弁当を食べろと言う。
ウンジュの方が豪華なのに!

ヒジンはヘチャンが、数学が苦手だから家庭教師をつけると言う。
ベクホはいい加減にしろと言うが、ヒジンはヘチャンのためだと言う。

ギョンアの身の上を聞く祖母。
夫は死別して息子が一人いるというギョンア。
子供を一人で育てるのは大変だったろうと言う祖母。
ギョンアの実家が仁川だと聞き、サンチョルも昔そこにいたという祖母。

用事で街を歩いていたギョンアはソノクの友人に見つかり、お金を騙し立ったと追いかけられる。
それを見たサンチョルがギョンアに声をかける。

パトロール中にふらふらと走る車を見つけたテジンとグンファ。
車が停まったので窓を開けさせる。
運転手は酔っ払っているようだ。
テジンは運転手を車から降ろし、男をパトカーに載せて連れて行くからグンファにこの車を運転して戻って来いと言う。

グンファは運転席に座るが、なかなか運転できない。
どうにか戻ってきたグンファ。

酔っ払っている男にアルコールチェックをするウンジュ。
かなりの量が検出される。

男の車のボンネットから血痕が見つかった。
テジンはひき逃げしてきた可能性があると報告する。

19~21話感想

グンファの事を見直してきたテジンです。これが恋に変わるのはいつでしょう。ドヒョンはグンファが子持ちだと知ってもまだ気になっているようです。
ヒジンは常に怒っていますね。祖母に怒り、旦那のベクホやヘチャンにも常に文句ばかり言っています。やはりヒステリーなのかもしれませんね。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。