恋の花が咲きました-あらすじ-40話-41話-42話-感想付きネタバレありで!

韓国ドラマ-恋の花が咲きました-あらすじ-40話-41話-42話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
グンファの気持ちがわかったテジン。断られてもグンファの気持ちがわかっただけで嬉しそうです。グンファに振られたドヒョンは諦めそうにありません。どんな手を使ってくるのでしょう。
ソンヒはテジンやヒジンに今さら執着してどうするつもりなのでしょう。テガプが許さないと思います。

【恋の花が咲きました】(ネタバレあり)

40話

酔っ払って交番にやってきたドヒョン。
ドヒョンはグンファにテジンと交際しているのかと聞く。
グンファは出て行ってくれと言う。
ドヒョンはテジンと付き合っているなら毎日ここに来てやると言う。
そのまま椅子で寝てしまったドヒョン。

ドヒョンに気付いたテジン。
ここで何をしているのかと声をかける。
ドヒョンはテジンに3か月以内にグンファが自分の元に来るか賭けをしようと言う。
テジンは帰れと言う。
ドヒョンは自信があると言い帰って行った。
どこにそんな自信が!

サンチョルはギョンアに退職金があるからお金の事は心配するなと言う。
ギョンアはあなたにあんな姿を見せてしまって恥ずかしいと泣く。
サンチョルは自分がいなかったから苦労をさせてしまったと言う。

ジュヨンは母にサンチョルは誰かと聞く。
昔の知り合いで、いい人だと言うギョンア。
お金を返してくれるからかと聞くジュヨン。
そうではないと言うギョンア。

サンチョルはテジンにギョンアと一緒に暮らしたいと思っていると言う。
テジンは理解していると答える。

警察庁長がテジンを自分の姪の婿にしたいと思っているようだと言うイ警部。
テジンは自分にも何度か言われたと言う。

グンファとウンジュはヒジンの店で休憩する。
ヒジンは2人にテジンに好きな人はいないのかと聞く。
ウンジュは自分とは時々一緒に剣道をするくらいだと言う。
ヒジンは、テジンはカッコいいし、性格もいいし、頭もいいし夫にしたら最高だと言う。
花嫁は宝くじに当たったようなものだと言うヒジン。

ウンジュは、テジンは長男だから結婚したら同居でしょうと聞く。
ヒジンは親と離れて暮らした方がいいと言う。
法事は何回あるかと聞くウンジュに年に13回だと言うヒジン。
自分がうまくやってあげるから大丈夫だと言うヒジン。

ウンジュが席を外した隙に、ヒジンはグンファにテジンの相手にウンジュはどうかと聞く。
ウンジュは美人で家柄もいいからぴったりだと言うヒジン。
祖母がテジンに期待しているから相手にこだわっているのだと言う。
グンファは諦めそうですね

グンファの同僚たちはウンジュの家族はテジンを婿にしたいそうだと話している。
ウンジュの伯父は警察庁長だから決まれば話が早いと言う同僚。

ボラはスヒョクに会いたいと電話をする。
出かけるところだと電話を切ってしまうスヒョク。

ボラはドヒョンにダミ企画に何かしたのかと聞く。
ドヒョンは数日前に酔っ払ったからスヒョクを呼び出して運転をさせたと言う。
私の友達ではないかと言うボラ。
友達なのにそこまで心配するのはおかしいと言うドヒョン。

ボラはスヒョクを待っている。
帰ってきたスヒョクに友達にはなれない、スヒョクが好きだと言うボラ。
スヒョクはもう友達にもなれないと言う。
関わりになるのは止めようと言うスヒョク。

ボラとスヒョクが一緒にいるのを目撃したグンファ。
帰ってきたスヒョクに駐車場で襲われた女性だろうと聞く。
スヒョクは終わったと言う。
自分が一人前ではないので恋愛なんてできないと言うスヒョク。

サンチョルがギョンアに嬉しそうに電話をしているのを見ている祖母。
許してあげてください

ヒジンはテジンに今日ウンジュに家族の事を聞かれたので話したと言う。
テジンはグンファの前で話をしたのかと聞く。
ヒジンはウンジュのことが好きなのだろうと聞く。
出て行けと言うテジン。

テジンがグンファに起きているなら電話をくれとメールをするが、電話を掛けないグンファ。

外出するソンヒにソノクはピアスが片方ついていないと教える。
ソンヒはついている方のピアスを外して部屋に置いておくようにと言う。
掃除中のソノクは渡されたピアスをエプロンのポケットにしまった。
嫌な予感

ウリと散歩するグンファ。
テジンがやってきた。
ウリはテジンに挨拶をする。

ウリはテジンにパトカーに乗せてほしいとせがむ。
テジンはウリと3人で食事をしようと言うが、グンファはウリを家に置いてくるからカフェで待っていてくれと言う。

テガプと食事の約束をしたので会社まで行くソンヒ。
エレベーターの前にいるサンチョルを見つけて隠れる。
サンチョルはテガプに荷物を渡しに行くところだった。

テガプはその頃ソンヒが会っていたヒジンについて調べていた。
ヒジンの写真を見ているテガプ。
ヒジンと一緒に写っているサンチョルを見つけた。

そこにサンチョルが荷物を持って入ってきた。

41話

テガプはソンヒと会っているヒジンの写真の中にサンチョルがいるのを見つけた。
そこにサンチョルが荷物を届けるために入ってきた。
出て行けと怒鳴るテガプ。

サンチョルが出て行ったあとソンヒはテガプの部屋に入った。
テガプはソンヒに警備員に会わなかったかと聞く。
そいつに会えばお前は喜ぶはずだと言う。

ソンヒは私を尾行したのかと聞く。
サンチョルをわざとこのビルで働かせているのかと言うソンヒ。
サンチョルは私の元の夫だと言う。
20年ぶりに会ったのにすぐにわかったと言うソンヒ。

テガプは自分を騙していたのかと言う。
騙したことはないと言うソンヒは怒って帰る。

グンファはテジンに連絡もなしにどうして来たのかと言う。
連絡をしても答えないだろうと言うテジン。
自転車の練習は次の非番にしようと言うテジン。
グンファはしなくていいと言う。
付き合うつもりはないから子供に会うのも良くないと言うグンファ。

テジンはお前の気持ちも確認したと言う。
グンファは確かにテジンの事が好きだけれど、どうしようもないと言う。
私はウリの母親だから恋愛しているほど暇ではないと言うグンファ。
グンファはテジンの負担にはなりたくないと言う。
テジンはグンファが結婚していた事もあり子供がいるのを知った時は驚いたと言う。
感情を抑えようとしたができなかったと言うテジン。
自分が悩まずに告白したと思っているのかと言う。
テジンは何度も言い訳をしてこれ以上俺を傷つけるなと言う。
テジンの愛は本物だとわかるのですが

サンチョルはギョンアの借金をスジャとソノクに返した。
サンチョルはスジャにお金を返したことはギョンアには内緒にしろと言う。

スジャはその話をソノクにする。
いい人だったからソノクの相手になればいいのにもったいないと言う

サンチョルは祖母にギョンアを見つけたと言う。
祖母は好きにすればいいと言う。
許してあげたのですね

ボクシングジムでグンファを待つドヒョン。
グンファがやってきた。
さっそく一戦しようかと言うドヒョン。
卑怯な人とは戦わないと言うグンファ。
会いたいから交番に行ったのにそれは卑怯なのかと言うドヒョン。

グンファは片思いをするならそれでもいいが反則はするなと言う。
グンファは二度と交番に来ないでくれと言う。
これ以上嫌いになって欲しいのかと言うグンファ。
ドヒョンは自分のことが気になっているだろうと言う。
何も答えず帰るフンファ。

ウンジュはグンファにテジンを振り向かせる作戦を開始すると言う。
自分の事を好きなのは確実なのになぜ告白してこないのかと思っていたら、お姉さんの話を聞いてわかったと言うウンジュ。
長男だからプレッシャーだったのだと言う。
年に13回も法事がある家には誰も結婚したくないだろうと言うウンジュ。

グンファはどうするのかと聞く。
ウンジュは告白してみると言う。
長男だからと言って愛する女性を逃がしたら可哀想だと言うウンジュ。
告白したら反対に逃げられますよ

ボラに会いにきたジェヒ。
その気はないからもう会いに来ないでほしいと言うボラ。
ボラは兄さんにスヒョクの事を言ったのはあなたでしょうと言う。
スヒョクに申し訳ないと言うボラ。
ジェヒは、会長は絶対にスヒョクを受け入れる事はないと言う。
解っていると言うボラ。

グンファに優しくするテジン。
グンファはテジンに私たちがした賭けを覚えているかと聞く。
私が6か月で辞める事に賭けたと言うグンファ。
もうそろそろ6か月だけれど辞めると思うのかと言うグンファ。

テジンが父親似なら私は母親に似ていると言う。
母親は1回ノーと言ったら最後まで通す人だと言う。
テジンはそれなら勝負をしようと言う。

サンチョルはギョンアに祖母にお前を見つけたと話したと言う。
ギョンアは私の状況はひどいからあなたの負担になると言う。
息子に合わせてくれと言うサンチョル。
サンチョルはこんな日が来るなんて生きていてよかったと言う。
本当に好きなのですね~

遅く帰ってきたソンヒを怒鳴るテガプ。
ソンヒはテガプに別れようと言う。

42話

ソンヒは別れましょうと言う。
テガプはいつから会っていたのかと聞く。
ソンヒはスリにあった時に助けてくれたのが孫だったと言う。
それが始まりだと言うソンヒ。
偶然デパートで娘に会い、一度会ったら黙っていられなくなったと言う。
娘から捨てたくせに今になってなぜ現れたのか聞かれたと言うソンヒ。
ソンヒは天罰を受けていると言われたと言う。
ソンヒはこれがすべてだが、自分の何が悪くて尾行までされるのかと言う。

テガプは嘘をつかなければ良かったと言う。
ボラと病院に行ってきたと嘘をついたと言うテガプ。
その1回のために尾行させたのかと言うソンヒ。
ソンヒは17年間一緒に暮らした結果がこれなのかと言う。

テジンはグンファに見せたいものがあるから車に乗れと言う。
テジンが連れて行ったのはムクゲ(ムグンファ)が咲いたばかりの公園だった。
これを見せたくて連れて来たのかと聞くグンファ。
ムクゲで花束は作れないから連れてきたと言うテジン。

テジンは、ムクゲは地面に根を張っているお前みたいだと言う。
子供の頃に“ムクゲの花が咲きました”というゲームをやったかと聞くテジン。
グンファは名前のせいで子供の頃にからかわれたと言う。
“ダルマさんがころんだ”ですね

テジンは自分がオニになると言う。
ここにいるからお前のスピードで近寄って来いと言うテジン。

サンチョルは祖母に週末にギョンアを連れてくると言う。
好きにしろと言う祖母。
サンチョルはテジンやヒジン、ベクホに週末ギョンアを連れてくると言う。
テジンはそうしたらいいと言う。

ソンヒに別れを言われてから元気のないテガプ。
ドヒョンがテガプを慰める。
ソンヒはお金が必要だから出て行くはずがないと言うドヒョン。

スヒョクはドヒョンに会いに来た。
ドヒョンはスヒョクにダミ企画に決定したわけではないと言う。
仕事ができなければ一銭も渡さないと言うドヒョン。
いい企画だからゆっくり見てくれと言うスヒョク。

ドヒョンはジェヒにテジンについて調べろと言う。
東大門の企画はお前の先輩にやらせてやると言うドヒョン。
最低ではないですか!

ソノクのエプロンからソンヒのピアスが落ちた。
ソンヒは取るなら2つとも盗めばいいのに1つだけにしたのは置き忘れたと疑われないためかと言う。
ソノクはこの前部屋に置いておけと言われたものだと言う。
ソンヒは、弁解は要らないからすぐに辞めろと言う。
ソノクは、娘は警察官だと言う。
こっちから辞めてやると出て行くソノク。

スヒョクはジュヨンにサンチョルがお前のお母さんの借金を返したことお教える。
サンチョルの気持ちは本物だと言うスヒョク。
ジュヨンはサンチョルに電話をして会いたいと言う。

ボラはスヒョクに話をしようと言う。
ボラはなぜ別人のようになったのかと聞く。
心変わりをしたというスヒョク。

ジュヨンはサンチョルに借りたお金は自分がいつか返すと言う。
気にしなくていいと言うサンチョル。
それでも返すと言うジュヨン。
サンチョルはジュヨンに自分を受け入れてほしいと言う。
難しいと言うジュヨン。
サンチョルはギョンアを楽にさせてあげたいと言う。
ジュヨンはとにかく母を苦しませたら許さないと言う。

ジュヨンは母にサンチョルに会ってきたと言う。
いい人そうだと言うジュヨン。

ソンヒはソノクにピアスを部屋に置いてくれと言ったのを思い出した。
なんてことを言ってしまったのだと後悔するソンヒ。

サンチョルの家に挨拶に来たギョンア。
お~髪型も服装も変えて見違えました

綺麗になったギョンアを見て驚くヒンジたち。

40~42話感想

テジンのグンファへの恋する気持ちは素敵です。しかしテジンの気持ちを受け入れても周囲が反対するのがわかっているからなかなか受け入れられないグンファの気持ちもわかります。
しかしなぜドヒョンは一つもいいところがないくせにあんなに自信があるのでしょう。お金があるから何でも手に入れられると思っているのでしょうか。最低な奴です!








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。