恋の花が咲きました-あらすじ-43話-44話-45話-感想付きネタバレありで!

韓国ドラマ-恋の花が咲きました-あらすじ-43話-44話-45話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
テジンの一途な愛を受け入れられないグンファ。子持ちの自分には資格がないと思っているようです。ドヒョンは振り向いてくれないグンファの事をますます好きになっているようです。
サンチョルの恋はやっと実りそうです。挨拶に来たギョンアは見違えるように美しくなりました。

【恋の花が咲きました】(ネタバレあり)

43話

サンチョルはギョンアを連れてきた。
祖母に挨拶をするギョンア。
祖母はこの前は言い過ぎたと謝る。

祖母はサンチョルにギョンアの息子には会ったのかと聞く。
会ったと言うサンチョル。
息子は再婚に反対していないかと聞く祖母。
再婚には反対していないけれど一緒には暮らさないと言われたと言うギョンア。
祖母は、結婚式は派手にしないで子供たちと食事でもすればいいと言う。

テガプはサンチョルに電話をする。
一緒に酒を飲もうと言うテガプ。

ソノクはグンファにデパートから高級な洋服やカバンが届いたと電話をする。
送り主の名前もないと言うソノク。
グンファは返品するから手を付けるなと言う。
ドヒョン!

グンファはドヒョンに電話を掛ける。
グンファからの電話を待っていたドヒョン。

ジェヒがテジンについて調べてきた。
ドヒョンにテジンは警察学校を首席で卒業したエリートだと言うジェヒ。
そんなエリートが交番勤務をしているのかと言うドヒョン。
麻薬事件の時に降格させられたようだと言うジェヒ。
テジンが事件を解決させたがファン調査官がテジンを降格させてブラックリストに載せたと言うジェヒ。

ウンジュはグンファに昨日テジンをデートに誘ったのだが、用事があると断られたと言う。
それでも諦めないと言うウンジュ。

グンファは足の抜糸のために病院に行った。
抜糸を終わり出てきたグンファを待っていたテジン。
食事行こうと言うテジン。
グンファは胸キュンしたようです(笑)

祖母はギョンアに自分の事を恨んだだろうと聞く。
縁がなかったと言い聞かせていたと言うギョンア。
祖母は再会したのだから縁があったのだと言う。
自分が別れさせなければ良かったと言う祖母。

グンファと別れたテジンはドヒョンの車がグンファの方に走って行くのを見つけた。
戻ってみるとグンファがテジンの車に乗るところだった。

カフェで話す2人。
グンファはドヒョンに家に何か送っただろうと聞く。
グンファに会うためだと言うドヒョン。
ありえないと言うグンファ。
誰かに贈り物をしたのは初めてだと言うドヒョン。
グンファは受け取れないと言う。

こうすれば自分が交際すると思っているのかと聞くグンファ。
ドヒョンは誰かに真剣になるのは初めてだと言う。
グンファは返品するからそのつもりでいろと言い出て行く。

サンチョルとテガプは酒を飲む。
テガプは子供たちのことを聞く。
娘は結婚したが息子はまだだと答えるサンチョル。
テガプはサンチョル自身のことを聞く。
サンチョルは離婚したと言う。
なぜかと聞くテガプ。
答えないサンチョルに今は恋人はいないのかと聞くテガプ。
いい人がいるなら再婚すればいいと言う。
サンチョルは再婚すると思うと言う。
まさかその相手がソンヒだと誤解しないですよね

ソノクはグンファに付き合っている人がいるのかと聞く。
そんな人はいないと言うグンファ。
付き合っていないならこんな贈り物はさせるなと言うスヒョク。
グンファは、私は悪くないと言う。

ウリと買い物に出かけたグンファ。
テジンがグンファに会いに来た。
ウリはテジンを見て喜ぶ。
いつ自転車の練習をしてくれるのかと聞くウリ。
テジンは自分の休みはママの休みと一緒の日だと言う。

テジンはグンファに自分は母が離婚した11歳のときから会っていないと言う。
父が再婚する事になりそうだと言うテジン。
グンファは母親が再婚するのが怖かったと言う。
テジンはお母さんが一人になってもいいのかと言う。
父が再婚して幸せになるならいいと言うテジン。
ウリもきっと愛するママが幸せになるなら自分も幸せだと思うはずだと言う。
そうかもしれません

テガプはソンヒに謝る。
サンチョルを警備員として雇ったのは自分を助けてくれたからだと言う。
お前を苦しめるためではないと言う。
これくらいのことで離婚などと言うなと言うテガプ。
ソンヒは籍を入れていないから自分が家を出ればいいだけだと言う。

ソンヒはソノクに電話をして話があるから家に来てほしいと言う。

ソンヒの家に行ったソノクは残金をもらったら帰ると言う。
ソンヒはソノクに謝る。
年のせいで物忘れが多いのだと言う。
本当にごめんなさいというソンヒ。
ソノクは息子や娘の顔を思い出して悔しかったと言う。
明日からまた働いてほしいと言うソンヒ。

ボラはスヒョクのお母さんにプレゼントをするために帽子を買っていた。
これを渡したかったと言うボラ。
ジュヨンはボラに最近スヒョクが仕事もうまくいかなくて落ち込んでいるから
力になってあげてほしいと言う。

ボラはスヒョクに会いに家の近くに来た。
スヒョクがソノクのことをお母さんと呼んでいるのを見たボラ。

44話

ボラはスヒョクの母親がソノクだと知った。

ソンヒはボラにソノクが家政婦としてまた来ることになったと言う。
ソノクのことをお金がないのに堂々としてかなりのくせものだと言うソンヒ。

ソノクはスヒョクに事務所にギョンアがいるから不便だろうと言う。
お金を立て替えてくれた人と再婚するようだと言うスヒョク。
スヒョクはソノクにお母さんもまだまだ綺麗だから再婚すればいいと言う。

祖母はサンチョルに指輪を渡す。
サンチョルの祖母から譲り受けたものだと言う。
結婚式はあげなくてもギョンアに指輪はあげるべきだと言う祖母。

ギョンアはジュヨンに再婚してもあの家で働くからお金の事は心配しなくていいと言う。

ベクホはヒジンに義父さんに結婚のプレゼントをしようと言う。
お前がお祝いをあげればギョンアも喜ぶはずだと言うベクホ。

テガプはソンヒにボラのために喧嘩をするのは止めようと言う。
自分達のせいでボラは食欲をなくしていると言う。
理由は違うことですよ

交代の時間になってもこないグンファ。
テジンは仮眠をとっているグンファを起こしに行く。
しかし眠っているので声をかけないテジン。
起きたグンファにコーヒーを入れてあげるテジン。

ソノクがまた家政婦に戻ると聞いてこの辺で辞めたらいいと言うスヒョク。
ソノクは性格の悪い長男と継母の間に挟まれた娘が可哀想だと言う。
ウリはその女の人はシンデレラのようだと言う。
ソノクは私が助けてあげないといけないと言う。

仕事に来たソノクにボラは帽子を渡す。
日差しが強いから使ってくれと言うボラ。
ソンヒはその帽子は最高級のパナマ帽だと言う。
そんな高い物をもらってもいいのかと言うソノク。

グンファはドヒョンからもらったプレゼントをすべて返品した。

ソンヒはヒジンに会いに来た。
ソンヒは誤解を解きたくて来たと言う。
祖母が何と言ったかわからないが、不動産詐欺なんてしないないと言うソンヒ。
それが事実だとしても自分達を捨てたことは変わらないと言うヒジン。
浮気したこともないと言うソンヒ。

お祖母さんが私を疑ってもお父さんが信じてくれたら家を出る事はなかったと言う。
しかしお父さんは私から目をそむけたと言う。
ソンヒは、お父さんは心の中にずっと忘れられない人がいたのだと言う。

ソノクは警察官ならきちんと調査をして詐欺罪はしかたなくても妻の浮気の汚名はすすぐべきだったと言う。
あなたのお父さんは知らない振りをして自分を前科者にしたのだと言う。

ヒジンは自分たちを捨てたことを理解しろと言いたいのかと言う。
どんなに弁解していても意味がないと言う。
ヒジンは、母親は必要ないから二度と現れないでくれと言う。

ウンジュはテジンに話があると言う。
カフェで話をする2人。
ウンジュは自分がテジンを好きな事は知っているだろうと言う。
テジンが告白してくれるのを待っていたけれどこのままでは逃がしてしまいそうだと言う。
まだ遅くないでしょうと聞くウンジュ。

テジンは好きな人がいると言う。
自分のことが気に入らないのかと聞くウンジュ。
はい!失恋決定!

グンファはスヒョクに会いに事務所に来た。
そこにボラも来た。
ボラの入れてくれたお茶をごちそうになるグンファ。
ボラはグンファに駐車場で襲われた事件を解決してくれたお礼を言う。
交番にお弁当を作って持っていきたかったと言うボラ。
ボラはウリやグンファのことをスヒョクがいつも自慢していたと言う。

グンファは、スヒョクはボラのことが好きだと言う。
ボラはスヒョクに振られてしまったのだと言う。

テガプはソンヒのご機嫌を取るためにブレスレットを買った。
自分が悪かったから許してくれと言うテガプ。
ソンヒは、これからは子供たちと連絡を取ると言う。
私と別れるかあなたが決めろと言うソンヒ。

45話

ソンヒは、これからは子供たちと会うと言う。
テガプは自分と別れても子供を取るのかと聞く。
ごめんなさいと謝るソンヒ。

ボラはテガプにお母さんを理解してあげてほしいと言う。
子供に会いたいのは母親として当然だと言うボラ。
ドヒョンには言うなと言うテガプ。

ヒジンはサンチョルにいつからギョンアのことを知っているのかと聞く。
ギョンアの話していた初恋の相手はお父さんなのかと聞くヒジン。
そんな人がこの家に来るのかと言うヒジン。

祖母はあなたの母は実家にお金を渡すために不動産詐欺をしたのだと言う。
ヒジンは祖母にその上浮気もしたと言いたいのかと言う。
祖母にお母さんの浮気の現場を見たのかと聞く。
黙っている祖母。
お父さんが見たのかと聞くヒジン。

ヒジンはお父さんだけでもお母さんを信じてあげるべきだったと言う。
私とテジンを産んだ人なのに黙って追い出されるのを見ていたのかと言う。
ヒジンはサンチョルにやっと初恋の人と結婚できて嬉しいでしょうと言う。

ヒジンは再婚には反対だと言う。
お母さんの結婚を台無しにしたギョンアとの再婚は許せないと言うヒジン。

ヒジンを連れて行くベクホ。
ベクホは長女のお前が反対するなんてお義父さんが可哀想だと言う。
やっと再婚できると喜んでいたのにね~

ソノクはグンファにスヒョクの仕事がうまくいっていないようだと言う。

風邪をひいているのに超過勤務をするグンファ。
テジンは頑張るにも程があると言う。
薬を飲めば大丈夫だと言うグンファ。

サンチョルはギョンアに指輪を渡す。
ギョンアはこの年でプロポーズされるとは思わなかったと喜ぶ。

夜勤を終えて交番を出てきたグンファ。
車のなかで寝ているテジンを見つけた。
グンファは車の中のテジンを覗き込む。
起きたテジン。

グンファはテジンになぜ正装をしているのかと聞く。
恩師が亡くなったたから釜山まで言って来たと言うテジン。
帰った方がいいと言うグンファにパートナーがここにいるから来たと言うテジン。
これも胸キュン!

グンファを車で送るテジン。
テジンは無理して超過勤務をするなと言う。
グンファが働いていると思ったら自然と交番に足が向いたと言うテジン。
テジンはグンファを抱きしめる。

テガプは遺言状を用意することにした。
テガプはジェヒにこの話はドヒョンにはするなと言う。
ボラを好きならもっと押せと言うテガプ。

ドヒョンはジェヒと飲みに行く。
ボラが父親に逆らったのは今までで一度だけだと言うドヒョン。
自分の好きな人を父親に傷つけられた時だと言う。
ドヒョンはボラがスヒョクを好きになればなるほど一緒にいられないのはわかっているはずだと言う。
ジェヒはそれでもボラの心をこっちに向かせるのは難しいと言う。

ボラがスヒョクに話があると会いに来た。
そのときドヒョンがやってきた。
ドヒョンは中にいるボラを見て驚く。

ドヒョンはスヒョクに自分の妹のボラだと紹介する。
スヒョクは知っていると言う。
ドヒョンはボラと付き合っているのならこの会社を潰してやると言う。
ボラを連れて行こうとするドヒョンにスヒョクはボラのことが好きだと言う。

43~45話感想

テジンはグンファに優しくなって今回は実に胸キュンシーンが多かったですね。自分を常に見守っていてくれるテジンにさすがのグンファも気持ちを抑えようとしても無理でしょう。
ドヒョンとジェヒは相変わらずのいけ好かない男たちです。ドヒョンが、スヒョクがグンファの兄だと知る日が楽しみです。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。