恋の花が咲きました-あらすじ-52話-53話-54話-感想付きネタバレありで!

韓国ドラマ-恋の花が咲きました-あらすじ-52話-53話-54話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
テジンはグンファがドヒョンに会っているので嫉妬しましたが、父に好きな人がいるなら逃がすなと言われ、グンファに会いに行きました。グンファも正直に自分の気持ちを伝え2人はお互いの気持ちを確認しました。
ボラのことや仕事のことでさんざんスヒョクを虐めてきたドヒョンですが、グンファが妹だと知りました。どうするのか見ものです。

【恋の花が咲きました】(ネタバレあり)

52話

ドヒョンに殴られているスヒョクを見たグンファ。
スヒョクの元に走ってくるグンファ。
グンファはドヒョンにビンタをし、なぜ私の兄を殴るのかと聞く。

そこにボラが来た。
ドヒョンのことを兄さんと呼ぶボラ。

スヒョクはドヒョンに心配しているようなことはないと言う。
グンファを連れて行くスヒョク。

グンファはドヒョンがボラの兄だと知って驚く。
スヒョクは殴られたことは母さんに言うなと言う。
これでスッキリしたと言うスヒョク。

ボラはドヒョンに私が勝手にスヒョクを好きなんだと言う。
振られたのに縋り付いたのは私なのになぜ殴るのだと言うボラ。

その話を聞いていたテガプ。
テガプはソンヒにボラに好きな人がいたのかと聞く。
ソンヒはもう終わったことだと言う。
ソンヒはボラのことは私に任せてくれと言う。

ヒジンはギョンアに店を頼んでヘチャンの親たちの集まりに出かけて行った。

スヒョクはお金になる仕事なら何でも引き受けている。
ボラはスヒョクが広告をもらうために工事現場で働いていると聞いた。
そこにやってきたボラ。

ボラはスヒョクに謝るが、スヒョクはむしろすっきりしたと言う。
ボラは昨日のようなことは二度と起こらないと言う。

ジェヒを招待したソンヒ。
ソノクにボラの未来の夫が来るからしっかり準備をしてくれと言う。
弁護士かと聞くソノクに真面目な人だと言うソンヒ。
まったく見る目がない!真面目ではなくしたたかですよ

帰ってきたボラにジェヒが来るからジェヒの好物を作ってあげろと言うソンヒ。
ソンヒはボラが作ったと知ったら喜ぶはずだと言う。

ソノクはボラに大丈夫かと聞く。
ボラは首を横に振る。
ソノクに後は私がやるから帰ってもいいと言うボラ。

花束を持ってボラの家にやってきたジェヒ。
テガプもソンヒもジェヒのことを褒め称えるが、話を聞いていないボラ。

退社後に柔道で汗を流すテジンとグンファ。
勝った方が相手のいうことを聞くことにした。
グンファを倒すテジン。
倒れたグンファにキスをしようとするテジン。
目をつむったグンファに道場で何を考えていると笑うテジン。
神聖な道場ですものね~

酒を飲んでいるドヒョン。
そこにジェヒが来た。
ドヒョンはジェヒにグンファとスヒョクは双子の兄妹だったと言う。
グンファの目の前でスヒョクを殴ったから敵を見るような目で俺を見ていたと言うドヒョン。
ドヒョンはグンファに会えないと生きていけないからどうしようと悩む。
ジェヒはお前らしくないと言う。
ドヒョンはどうしたら許してくれるだろうとつぶやく。

グンファを家まで送ってあげたテジン。
グンファは自分から手を繋ぐ。
グンファは初めて会ったときからテジンのことを好きだったみたいだと言う。
何かあったのかと聞くテジン。

兄のスヒョクが好きな人と別れたと言うグンファ。
自分は好きな人と一緒にいたいと言う。
テジンは自分に任せておけと言う。
任せて大丈夫でしょうか

ソンヒはヒジンに電話をして次はいつ会えるかと聞く。
ヒジンは自分から電話すると言う。
そこにベクホが入ってきたので慌てて電話を切るヒジン。

ベクホはヒジンの態度がおかしかったのでヒジンの電話の履歴を見てヒジンが話をしていた相手に電話をかけた。
そのときソンヒは部屋に携帯を置き忘れていた。
電話にでたのはテガプだった。
ベクホは電話にでた相手が男性だったので驚く。
(笑)

ドヒョンはグンファが帰ってくるのを待っていた。
帰ってきたグンファにドヒョンはごめんと謝る。
スヒョクにやり過ぎたと言うドヒョン。
私の兄だと知ったからでしょうと言うグンファ。

グンファは私の兄は誠実でいい人だと言う。
あなたが殴ってもいい人ではないと言うグンファ。
ドヒョンは気のすむまで殴っていいと頬を出す。

グンファは今まで問題を起こしても弁護士が解決するから人が傷つこうが関係なかっただろうと言う。
コネもなく力もない私にも偉そうにしたらいいと言う。

自分が悪かったと謝るドヒョンに兄がお金も力もないから見下してもいいと思っているのかと言う。
グンファは殴っていいと言ったけれどあなたのような卑怯な人は殴らないと言う。
想像していたよりいい人なのかもしれないと思い始めていたのに二度と私の前に現れないでと言うグンファ。

帰ってしまったグンファ。
ドヒョンは涙を流す。

53話

ソノクはグンファにスヒョクが湿布だらけで帰ってきたと言う。
何をしているのか心配だと言うソノク。
ソノクは色弱でなければ大企業に就職できたはずだと言う。
その言葉は一番嫌がることだと言うグンファ。
好きな人とは本当に別れたのかと聞くソノクにそのようだと言うグンファ。

テガプはボラに変な男と付き合ったりしないでジェヒに決めろと言う。
ボラはジェヒには関心がないと言う。
自分で決めると言うボラ。

テガプはボラの相手の男を見つけたらただではおかないと言う。
ドヒョンが片付けたようだと言うソンヒ。
ジェヒも自分に関心のないボラのために落ち込んでいるようだと言う。
ソンヒは私が何とかすると言う。

テガプはジェヒにボラの相手を聞く。
スヒョクの身辺調査をするテガプ。
スヒョクは終わったって言っているじゃない!

ヒジンはヘチャンに優秀な家庭教師を付けることにした。
ベクホは月に60万ウォンも用意できるのかと聞く。
自分がなんとかするから心配するなと言うヒジン。

グンファはテジンに兄の話をする。
なぜ別れたのかと聞くテジンに育ってきた環境が違い過ぎるからだと言うグンファ。
テジンは自分たちもそうならないかと心配なのかと聞く。
答えないグンファ。

グンファとテジンがカフェにいるのを目撃したウンジュ。

グンファを送ってきたテジン。
ソノクはそれを見ていた。
グンファに付き合っているのかと聞くソノク。
付き合っていると言うグンファ。
家族のことを聞くソノクに付き合っただけなのにオーバーだと言うグンファ。
もっと好きになったらどうするのかと聞くソノク。
グンファは好きになったら好きになるしかないと言う。

ソノクはスヒョクにテジンとグンファのことを知っていたかと聞く。
スヒョクは、テジンはグンファに娘がいるのも知っていると言う。
いい人そうだし、グンファがちゃんと考えているだろうから心配しなくていいと言うスヒョク。
ソノクも相手の家が反対するだろうと思っているのですね

グンファとデートの約束をしたテジン。
グンファを待っているとワンピース姿のグンファが現れた。
グンファはおかしいでしょうと聞く。
変だと言うテジン。
着替えてくると言うグンファに時間がないと車に乗せるテジン。

映画を見てそのあと食事をするテジンとグンファ。
食事のあとは風にあたりに行こうテジン。
グンファは次から次へと計画していたのかと聞く。
テジンはグンファに美味しい物を食べさせたかったと言う。
グンファは自分のために計画してくれて幸せだと言う。
嬉しいですよね~

テガプはスヒョクを調べ、ドヒョンが仕事を任せようとした相手だと知った。
テガプはドヒョンに妹を守らすに男を紹介するとは情けないと言う。
ドヒョンは、話はつけてあると言う。

スヒョクはテガプに呼ばれた。
ボラはそれをジュヨンから聞いた。
急いで帰るボラ。

ソンヒはテガプに家政婦を残らせて何を話すのかと聞く。
ベルが鳴り、スヒョクが家の中に入ってきた。

スヒョクはテガプにはじめましてと挨拶をする。
テガプはスヒョクにビンタをする。
それを見て驚くソノク。
スヒョクは母さんと呼ぶ。

54話

ソノクの息子だとわかっていてわざとソノクを残らせたテガプ。
ソノクの前でスヒョクを叩くテガプ。
ソノクはなぜ息子を叩くのだと怒鳴る。
テガプは殴られるようなことをしたのだと言う。

テガプはお前の母親を雇っているのだからそれで十分だろう。
娘には手を出すなと言う。
男のくせに女を利用して出世をしようとしたのかと言うテガプ。
スヒョクは、母は自分をそのように育てていないと言う。

スヒョクはソノクに帰ろうと連れて行く。

急いで帰ってきたボラ。
スヒョクたちが家から出てきたところだった。
ボラはスヒョクに声をかけるがそのまま何も言わずに帰るスヒョクたち。

ボラはテガプに家政婦がスヒョクの母親だと知っていてわざと家に呼んだのかと聞く。
テガプは、お前は家政婦の息子だと知っていて付きあっていたのかと聞く。

ボラはなぜこんなことをするのかと言う。
私に死んでほしいのかと聞くボラ。

テガプはドヒョンに家政婦がスヒョクの母親だと知っていたのかと聞く。
驚くドヒョン。

家に帰ったスヒョクは泣きながらソノクに謝る。
ソノクは大丈夫だと言う。
これからもっと大変なことがあるかもしれないけれど命に係わることでなければ気にしないと言うソノク。
ソノクはあの人たちは人間ができていないからかわいそうだと思えばいいと言う。
本当に最低な人間たちです!(怒)

デートが終わり交番に出勤したグンファ。
いつもよりお洒落をしているグンファにデートかと冷やかす同僚たち。

グンファとテジンは張り込みをすることになった。
グンファはソノクに電話をする。
ソノクの声がいつもより沈んでいるので気にするグンファ。

部屋で泣いているボラ。
ドヒョンはボラに家政婦がスヒョクの母親だといつから知っていたのかと聞く。
ボラはドヒョンにこうなって満足かと言う。

ドヒョンはジェヒにお前が父にスヒョクのことを話したのだろうと言う。
そうすればボラに近寄らないだろうと言うジェヒ。
それでボラがお前のことを好きになると思っているのかと言うドヒョン。
グンファがお前のことを好きになる確率より高いと言うジェヒ。
両方とも確率はかなり低いと思いますが

それがお前の本音だ、絶対にボラはお前にはやらないと言うドヒョン。

翌日からボラは熱をだして寝込んでしまった。
テガプはスヒョクを家に呼ばすに外で話せば良かったと言う。
ソンヒはこれくらいしないとボラは諦めないと言う。
子供の顔色を気にしたらダメだと言うソンヒ。
ヒジンの顔色を気にしているあなたはどう?

張り込みをして朝を迎えたグンファとテジン。
目をつむっているテジンの顔を見ているグンファ。
テジンは自分ではなく外を見ろと言う。
グンファは眠っていたくせにと言う。
寝ていないと言うテジン。

張り込み中に寝るなんて情けないと言うグンファ。
お前が30分寝ていたのを大目に見たと言うテジン。

トイレに行ったテジン。
その時犯人らしき男が車でやって来た。
グンファはその男に声をかける。
男は逃げようとするがグンファはその男の腕をつかむ。
グンファに襲い掛かる男。
グンファが男と対決している途中にテジンが戻ってきた。
2人で犯人を逮捕した。

ドヒョンがスヒョクの事務所に来た。
スヒョクに話があると言うドヒョン。
スヒョクは、これ以上話はないと言う。

ジュヨンをヒジンのチキン屋に呼んだギョンア。
ギョンアはジュヨンに会いたかったと言う。
ジュヨンは虐められていないかと聞く。
とてもよくしてもらっていると言うギョンア。
しかし、帰ってきたヒジンの態度が冷たかったので気にして帰ると言うジュヨン。

家に帰ってきたグンファはソノクの様子がおかしいので心配する。
ソノクは家政婦をしていた家の娘がボラだったと言う。
ボラが好きな人はお金持ちではないけれど一生懸命生きている人だと話していたのがスヒョクだったと言うスノク。
しかしボラに両親の言うように弁護士と付き合えと言ってしまったと涙を流すソノク。
ボラは何度も私の前で泣いていたのに気付かなかったと言う。

ボラの父親はスヒョクに女を利用して出生する奴だと言い殴ったのだと言うソノク。
グンファは、兄さんは黙って殴られていたのかと聞く。
スヒョクはあの父親の前では堂々としていたけれど家に帰ってから震えながら私に謝ったと言うソノク。
ソノクは大泣きする。
このドラマ初のもらい泣き(T_T)

ギョンアはヒジンに生活費を渡す。
ジュヨンが食べた分のチキンの代金もギョンアが払ったと聞いたヒジン。
ギョンアから渡された生活費を見るとサンチョルが毎月渡していた金額より10万ウォン増えていた。
ベクホは感謝しなければと言うがヒジンはなぜかその気にならないと言う。
ギョンアが来てから居心地が悪くなったと言うヒジン。
すぐにでも別居したいと言うヒジン。

ベクホはヒジンが財布の中に大金を隠しているのを見つけた。

ウンジュにテジンとのことがばれてしまった。
どうしようと言うグンファに気にするなと言うテジン。
悩んでいるのはそれだけではないだろうと言うテジン。

お洒落をして出かけるヒジンの後をついてきたベクホ。
カフェにいるヒジンに誰に会うつもりかと声をかけるベクホ。
そこにソンヒが来た。
お母さんと言うヒジン。

52~54話感想

このドラマで初めて泣けました。自分の目の前で殴られる息子を見たソノクはとても悔しいでしょう。スヒョクもそんな姿を母親に見せてしまってかなり辛いはずです。そんな目にあわせたのはテガプですが、テガプよりボラのほうが嫌いです。そうなる前に父親を説得するとか、はっきり別れたから手を出すなと言えば良かったのに。一人で悲劇のヒロインのように泣くボラに少しムカつきます。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。