恋の花が咲きました-あらすじ-73話-74話-75話-感想付きネタバレありで!

韓国ドラマ-恋の花が咲きました-あらすじ-73話-74話-75話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
テジンの家に挨拶に行ったグンファは、祖母からテジンと結婚するつもりならウリを母親に預けて来いと言われました。ウリと離れることができないグンファはテジンに別れようと言いだしました。
ドヒョンはウリと仲良くなり、ソノクにもグンファが好きだと告白しました。
少しずつですがドヒョンがグンファに近づいてきました。

【恋の花が咲きました】(ネタバレあり)

73話

テガプはソンヒを見張らせていた。
ソンヒとサンチョルが会っている写真を見ているテガプ。

サンチョルはヒジンにもしかしたら引っ越す準備をしているのかと聞く。
祖母が知ったら怒ると言うサンチョル。
祖母のために諦めることなんてできないと言うヒジン。
ヒジンは他人ではなく母親の援助をもらって何が悪いと言う。
ヘチャンが勉強もできずに私のようになるのが嫌だと言うヒジン。
サンチョルは自分が力不足だから何も言えないと言う。

ウリはグンファに今日は足長おじさんと遊んで楽しかったと言う。
足長おじさんがママと私のことをそっくりだと言っていたと言うウリ。

ソノクはグンファに、ウリがドヒョンと仲良くなったら離れるのが辛くなると言う。
ドヒョンの父親が知ったら大変なことになると言うソノク。
グンファは自分がドヒョンに話をすると言う。

ジュヨンとスヒョクは食事をする。
ジュヨンはボラにも声をかけていた。
椅子に座ったボラにスヒョクはジュヨンと2人で話があると言う。
ボラは資料を渡しに来たのだと言う。
スヒョクは次からはメールで送ればいいと言う。
ボラはそうすると言い帰っていく。
それは可哀想でしょう

ジュヨンはスヒョクにボラへの態度がひどいと怒る。
ボラはお前とやり直したいと思っていると言うジュヨン。
スヒョクは俺に頑張れと言いたいのかと言う。
ジュヨンはこんなやり方は間違っていると言う。

テジンはサンチョルに話があると言う。
家を出てグンファと結婚しようと思うと言うテジン。
サンチョルは彼女のことを許さないから家を出ると言うのかと怒る。
良心があるなら家族が落ち着く時間を与えるべきだと言う。
テジンは焦っているのでしょうか

ギョンアはサンチョルにテジンが悪いと言う。
あなたが一生懸命育てたのに自分勝手だと言うギョンア。
テジンの悪口を言われていい気持ちがしないサンチョル。

ギョンアはテジンのことを悪く言われて嫌でしょうと聞く。
心の優しいテジンがあそこまで言ったのだから理解してあげたらいいと言うギョンア。
ギョンアは気に入らない嫁と結婚させたくなかった昔の私と同じだと言う。

ソノクはグンファにテジンの家に行ったことをなぜ言わなかったのかと聞く。
ソノクはテジンに会って別れろと言ったと言う。
ソノクは少し離れて見た方がいいと言う。
離れても気持ちが変わらなければ決意が変わらないという事がわかるし、テジンよりいい人が出てくるかも知れないと言うソノク。
ドヒョン?

テガプはジェヒにソンヒがまた法律事務所に行ったが何をしているか調べろと言う。

グンファは超過勤務をすると希望を出した。
同僚から働き過ぎだと言われるグンファ。
娘が来年小学校に入るから稼がなくてはならないと言うグンファ。

テジンはグンファに厳しくなった。
超過勤務をする前に与えられた仕事をしっかりやれと言うテジン。
グンファは私に感情的になっていないかと言う。
俺を怒らせるために異動をすると言ったのかと言うテジン。

グンファはテジンにもう終わらせようと言う。
テジンはお前の本心でないことはわかっていると言う。
無駄な事は言うなと言うテジン。

テジンの同僚のハン刑事が訪ねてきた。
ハン刑事は今回の殺人事件は昔の麻薬事件に関係があるかもしれないと言う。
詳しいお前に協力してほしいと言う刑事。
ハン刑事は、自分はお前のおかげで左遷されなかったが、ファン調査官に着せられた汚名をそそげと言う。

グンファはボラに呼ばれた。
スヒョクとまた一緒に仕事をしていると聞いて驚くグンファ。
ボラはスヒョクとやり直したくてこの仕事を引き受けたのだと言う。
グンファはスヒョクの気持ちは固いと言う。

ボラは、スヒョクは私の顔も見てくれないと言う。
スヒョクから私のところに来ることはできないだろうから私から近づいていくと言うボラ。
近づく前に父親を説得するべきではないですか

グンファは、スヒョクはボラが好きだと思うと言う。
きついことを言われても我慢してほしいと言うグンファ。

グンファはボラの事務所を出たところでドヒョンに会った。
ドヒョンはボラがスヒョクを忘れられないと聞いた。
グンファはドヒョンにまた騒ぎだすのかと聞く。
ドヒョンは、今は見守ると言う。
スヒョクは卑怯な男ではないし、グンファに殴られたら大変だと言う。

唇を怪我しているグンファの心配をするドヒョン。
グンファは、ウリはドヒョンに会うことを楽しみにしていると言う。
それを聞いて喜ぶドヒョン。

グンファは、ウリは父親を知らずに育ったからすぐ人に懐くと言う。
そこまで聞いたドヒョンはグンファの言いたいことは解ると言う。
ボラも7歳のときに母親を亡くしたと言う。
公園で、一人で遊んでいるウリを見ていると子供の頃のボラを思い出すと言うドヒョン。

ドヒョンはウリと自分は友達だと言う。
グンファに俺の友達を奪うなと言うドヒョン。
ドヒョンの好感度アップ!

グンファを家まで送っていくドヒョン。
グンファと別れたドヒョンはテジンに会った。
ドヒョンはパートナーなのにグンファのことを守れないのかと言う。
次にグンファを苦しめたら俺が許さないと言うドヒョン。

テジンはドヒョンにそれが愛だと思っているのかと言う。
俺たちの間に入る隙はないと言うテジン。

ジェヒはドヒョンを呼んだ。
テガプに話す前に先に話しておくと言うジェヒ。
ソンヒが法律事務所で財産分与の準備をしていると言うジェヒ。
父さんと別れるつもりかと怒るドヒョン。
ジェヒはソンヒには元夫や子供がいると言う。

74話

ドヒョンはソンヒが財産分与の準備をしていると聞いた。
ジェヒはドヒョンに、ソンヒには元夫の間に生まれた子供がいると教える。
最近、その子供に会っていると言うジェヒ。
ドヒョンはそのせいでテガプがピリピリしていたのかと言う。
ドヒョンは自分が何とかしてみると言う。

スヒョクはボラに俺とまた付き合いたいのかと聞く。
ボラはあなたとやり直したいと言う。
スヒョクはそのつもりはない、もう終わったことだと言う。
ボラは泣きながら帰る。

ギョンアはソノクに会いにきた。
ソノクはギョンアに、グンファはテジンを別れると言っていたと言う。
ギョンアはテジンが酔っ払って帰ってきたと言う。
ギョンアは子供に勝てる親はいないから結局は許すのではないかと思うと言う。
テジンはグンファのために家を出るとも言ったと言う。
それほどグンファの事が好きなのだと言うギョンア。

家に帰ったギョンアはサンチョルに、グンファはテジンと別れる決心をしたようだと言う。

グンファはイ警部からテジンがグンファの代わりに異動すると言っていたと聞いた。
イ警部は、テジンは本庁に戻るかもしれないから、そちらの異動のほうが早いかも知れないと言う。

ドヒョンはジェヒにソンヒの子供のことを調べろと命じる。

ボラにソンヒが財産分与の準備をしていると話すドヒョン。
ドヒョンはボラにソンヒに子供がいたのを知っていたのだろうと聞く。
ソンヒはいずれ牙をむくと思っていたと言うドヒョン。
ボラにしばらくアメリカに行っていろと言う。
ドヒョンはソンヒには何も渡さずに追い出してやると言う。
ボラは、私たちは家族ではなかったのかと言う。
アメリカに行った方がよさそうだと言うボラ。
スヒョクからもしばらく離れたほうがいいと思いますよ

グンファはテジンに異動願いを出したのかと聞く。
テジンは俺と離れたいのなら自分が異動した方がいいと言う。
家を出ると言ったのかと聞くグンファに、前から出ようと思っていたと言うテジン。
グンファは私に申し訳ないと思わせたいのかと聞く。
だからもう喧嘩は止めようと言うテジン。

ドヒョンはグンファの家の近くに来た。
そこにソノクが通りかかった。
ソノクはドヒョンを家に連れてきた。
ドヒョンにご飯を作ってあげるソノク。
ドヒョンは感激し、おばさんの作る料理はすべて美味しいと言う。

ソノクはドヒョンにあなたの部屋より狭いところに4人で暮らしているのだと言う。
ドヒョンはこじんまりしていていいと言う。
うちは大きいけれど温かくないと言うドヒョン。

ソノクは、ボラは元気かと聞く。
元気になろうとして仕事を頑張っていると言うドヒョン。
ソノクはボラが好きだったと言う。
ドヒョンは、俺は?と聞く。
ソノクは憎たらしいがかわいいと言う。
ドヒョンは憎たらしくてもかわいがってもらえるならいいと言う。

ソノクはグンファのことは諦めてくれと言う。
会長や奥様がどういう人かわかっているし、スヒョクのこともあると言う。
ドヒョンはグンファのことが本当に好きだと言う。
ソノクは、グンファは断っているし、好きな人がいることも知っているだろうと言う。
今日、あなたに食事を作ったのは情だと言うソノク。
ソノクはボラもあなたも好きだけれど、お宅とは関係を持ちたくないと言う。
私の目の前でスヒョクを殴ったあなたの父親が許せないと涙をこらえるソノク。
ドヒョンはすみませんと謝る。
ソノクは私の気持ちをわかって欲しいと言う。
ここまで言われたら諦めますか?

ボラはグンファを呼び出した。
焼酎を飲むボラ。
グンファのアルコールアレルギーを知らないボラはグンファに酒を勧める。
グンファは断れずに飲んでしまう。
言えばいいのに

ボラはスヒョクから二度と会いたくないと言われてしまったと言う。
グンファは私も好きな人がいるけれど、相手の親は私が子持ちだから反対していると言う。
だから私も最近は彼に冷たくしていると言う。
でも本当は好きなのだと言うグンファ。
スヒョクも同じだと思うと言う。

ボラはスヒョクの態度は好きな人にとる態度ではないと言うボラ。
何と言われたのか聞くグンファに、言葉にしたら泣いてしまうそうだと言うボラ。
ボラはスヒョクを楽にしてあげるには離れた方がいいのかもしれないと言う。

グンファにアレルギー反応が現れ出した。
その場に倒れてしまったグンファ。
病院に運ばれる。

ボラから聞いて病院に駆けつけるドヒョン。
ボラは一緒に酒を飲んでいたら急に倒れてしまったと言う。
ドヒョンは酒を飲んだのかと聞く。
ボラはグンファにアルコールアレルギーがあると知り驚く。

ドヒョンはグンファの名前を呼ぶ。

75話

テジンはサンチョルに他の部署に異動になるかもしれないと言う。
グンファを異動させるわけにはいかないと言うテジン。

テジンはグンファに電話をする。
携帯を店に置き忘れたまま病院に運ばれたグンファ。
テジンは店の人からグンファが病院に運ばれたことを聞いた。

グンファに付き添うドヒョン。
グンファの手を握っているドヒョン。
そこにテジンが駆けつけた。
テジンはドヒョンにここで何をしているのかと言う。
ドヒョンは外で話そうと言う。

病室の外に出た2人。
テジンはドヒョンを殴る。
グンファに近づくなと言うテジン。
お前のような奴がグンファに近づくのは許さないと言うテジン。
ドヒョンは、俺はどんな奴なのかと聞く。
テジンは貧しい人を苦しめる奴らだと言う。
お前らのような奴を許せないから警官になったのだと言うテジン。

ドヒョンは、俺はお前とは違うと言う。
俺だったらこんなふうに自分の女を苦しめないと言うドヒョン。
お前のしていることは愛なのかと言うドヒョン。
グンファは似合わない涙を流していたと言う。
テジンに彼女を笑顔にもできないのに愛と言えるのかと言うドヒョン。

眼を覚ましたグンファ。
ボラはアルコールアレルギーがあるなら言ってくれればよかったと言う。
グンファは私も飲みたい気分だったと言う。

テジンが来たのでボラは帰ることにした。
テジンは何があったのかと聞く。
グンファは平気だと答える。

テジンは入院手続きをしてきた。
グンファにもう二度と酒を飲むなと言う。
グンファはソノクに超過勤務で帰れなくなったと電話をする。

テジンが帰ってこないので心配するヒジン。
ベクホがテジンに電話をしてみる。
電話に出たテジンはグンファが病気だから今日は帰れないと言う。
ベクホは今晩、何かあるかもしれないと言う。
テジンはいい子だからそんなことはないと言うヒジン。
病院ですから心配するようなことはありませんよ

グンファはテジンに家に帰れと言う。
テジンは自分が帰らないことは知っているだろうと言う。
テジンは酒を飲むほどつらかったのだろうと言う。
だからお前を他の人にやることはできないと言う。

グンファは家族を苦しめないで欲しいと言う。
私のために家を出ると言ってくれて、うれしい気持ちより、そんなことを言うなんて辛かったのだろうと考えたと言う。
家を出たりしないでくれと言うグンファ。
テジンはだったら俺から離れるなんて考えるなと言う。

ボラはスヒョクに会いに来た。
私があなたのことが好きだから何を言ってもいいと思っているのかと言うボラ。
スヒョクは酔っているのかと聞く。
ボラは耐えられなくて酒を飲んだと言う。
スヒョクは帰れと言う。

ボラはあなたの気持ちは知っていると言う。
私を遠ざけるなと言う。
スヒョクはプライドも無いのかと言う。
そんなのないと言うボラ。

なぜこんなに私を苦しめるのかと泣きくボラ。
スヒョクは俺と母親がお前の家を出るときの気持ちはわかるかと言う。
お前を愛したすべての時間が憎いと言うスヒョク。
スヒョクは愛なんて二度と要らないと言う。
話が終わったら帰れと言うスヒョク。
ボラは泣きながら帰る。
本当にボラを好きではなくなったのかもしれません

ソノクはスヒョクにまたボラと付き合っているのかと聞く。
仕事のことで会っただけだと言うスヒョク。
ソノクは、ボラはすごくいい子だけれどあの家の娘だから絶対に駄目だと言う。
スヒョクもあの日のことが忘れられないと言う。

ドヒョンはジェヒにソンヒが弁護士事務所に行ったのは別な用件だったとテガプに報告しろと言う。
本当のことを知らせない訳にはいかないと言うジェヒ。
ドヒョンはソンヒを来た時と同じ無一文で追い出す方法を考えていると言う。
ドヒョンは最初から父親が好きで来たとは思っていなかったと言う。
子供がいたのは意外だったと言う。
会長が可哀想だと言うジェヒ。

ジェヒはテガプにソンヒが弁護士に会っているのはテナントのせいだと嘘をつく。
今後も注意をしろと言うテガプ。

ヘチャンはヒジンたちに塾を止めたいと言う。
塾の友達が最低だと言うヘチャン。
ヒジンはみんなが優秀だから勉強が嫌なのだろうと言う。
ヘチャンは自分の話を信じないのかと言って出て行く。
子供の言葉を聞いてあげてください!

ベクホはヒジンに後悔する前に塾を止めさせろと言う。
このまま続けていて何かあったらお前を許さないと言うベクホ。

ベクホはヘチャンのことを心配している。
ヘチャンの話を聞いたギョンアはサンチョルにその話をする。

最近ヘチャンが無口になって笑顔が減ったと言うギョンア。
サンチョルは、ヒジンたちは引っ越しをするかもしれないと言う。
ギョンアは聞いたと言う。
ヒジンの母親が援助したいと言っていたと言うギョンア。
正直羨ましかったと言う。
私もジュヨンに援助したいと思っていると言う。

退院するグンファを迎えにきたドヒョン。
なぜ来たのかと聞くグンファ。
ドヒョンはボラから聞いて昨日も来たのだけれどテジンが来たから帰ったのだと言う。

ドヒョンは店に置いてきたグンファの携帯電話を渡す。
交番まで車で送ると言うドヒョン。
バスで行くと言うグンファに付き合おうと入っていない、俺たちは友達だと言うドヒョン。
ジャストフレンズ!(笑)

交番に着いたグンファ。
遅れて申し訳ないと謝る。
同僚は酒を飲むなんて何かあったのかと聞く。

テジンはグンファの顔色を見て良くなったようだと言う。
グンファはすぐに別れるとは言わないけれど、ゆっくりお互いのことを考えてみたいと言う。
テジンは真剣に将来のことを考えてみようと言う。

ハン刑事がテジンを尋ねてきた。
ハン刑事は今回の事件にはソウル金融と言う消費者金融が絡んでいるようだと言う。
テジンは父親が警備をしていた会社だと言う。
ハン刑事はファン調査官にはまだ言っていないと言う。
テジンに一緒にやろうと言うハン刑事。
そうしようと言うテジン。

ジェヒはドヒョンにソンヒの息子はテジンだと教える。

73~75話感想

スヒョクはボラが好きな気持ちより、テガプに傷つけられた痛みのほうが大きいようです。本当にボラとやり直すつもりがないようです。
グンファはテジンと別れる決心をしたのに飲めない酒を飲みたくなるほどテジンのことが好きなのですね。やはりドヒョンには可能性はないのでしょうか。最近男らしいドヒョンの好感度がアップしています。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。