恋の花が咲きました-あらすじ-76話-77話-78話-感想付きネタバレありで!

韓国ドラマ-恋の花が咲きました-あらすじ-76話-77話-78話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
グンファはテジンと別れようとしましたが、飲めない酒を飲んでしまうくらいつらいようです。絶対に別れないと言うテジンにグンファはゆっくりと進んで行こうと言いました。
グンファのために影でいろいろと支えてきたドヒョンですが、グンファはドヒョンの気持ちを受け入れることはないようです。
スヒョクもボラとやり直すつもりはないようです。

【恋の花が咲きました】(ネタバレあり)

76話

ドヒョンはジェヒからソンヒの息子がテジンだと聞き驚く。
ドヒョンはソンヒの弱点を掴んだと言う。
財産分与の訴訟を起こし、うちの金をテジンに渡すつもりかと言うドヒョン。
あきれた話だ、ソンヒの持っているものまで奪ってやると言うドヒョン。

ドヒョンはソンヒの弱点を掴んだから俺に頭を下げて助けを乞うまで集中攻撃をすると言う。
ジェヒにソンヒが離婚した原因を調べろと言うドヒョン。

ジュヨンはグンファにスヒョクがボラに冷たいと言う。
飽き飽きしたとか面倒だとかひどいことを言っていたと言うジュヨン。
いつものスヒョクではないと言うジュヨン。

ソノクはグンファにテジンと別れられないのならウリを私に預けて行くか、別れるかどちらかにしろと言う。

課外授業をさぼってネットカフェにいたヘチャン。
友達のヒョンスが一緒だった。
ヒジンはヒョンスにヘチャンは勉強があるからあなたとは遊べないと言う。
ヒョンスはわかりましたと言って帰っていく。
ヘチャンはヒジンに俺は母さんのペットではないと怒り出す。

翌日朝ごはんを食べずに学校に行くヘチャン。
祖母は反抗的なヘチャンの態度を注意する。
ヒジンはヒョンスが悪いと言う。
昨日もネットカフェで遊んでいたのだと言うヒジン。
ヒジンはヒョンスのことを悪い友達だと言う。
ヘチャンは僕の方がヒョンスにとっても悪い友達だと言って出て行く。

ヒジンはヒョンスと付き合いだしてからヘチャンの様子が変だと言う。
ヒジンが勉強ばかりさせるから様子が変なのではありませんか

暴力的な父親からは何に学べないと言うヒジン。
テジンは自分達にも母親がいないだろうと言う。
テジンは勉強を無理強いしてヘチャンが道にそれたらどうするのだと言う。

テジンはグンファに釜山に空きが出たと言う。
遠距離恋愛も悪くないと言うテジン。

その会話を聞いていたイ警部。
2人に私生活は好きにしていいが、仕事に影響させるなと言う。
異動の申請はなかったことにすると言うイ警部。

ハン刑事がテジンに会いに来た。
ハン刑事はテジンにテガプとファン調査官が会っている写真を見せる。
テジンは、ファン調査官は麻薬事件をもみ消そうとしていたと言う。
テジンはファン調査官よりテガプを調べれば何か出るかもしれないと言う。

ドヒョンはテガプに、スヒョクを忘れるためにボラを海外に行かせてくれと言う。

グンファはボラに会いに来た。

グンファはボラにスヒョクにひどいことを言われたようだけれど我慢しないで殴ればいいと言う。
ボラは私が近付けばいいと思っていたけれど自分勝手だったと言う。
出来ることはやったから後悔はしていないと言うボラ。

グンファはスヒョクの事務所に来た。
グンファは、ボラはどこかに行くようだと言う。
それでも大丈夫かと聞くグンファ。

スヒョクはお前もテジンから逃げたではないかと言う。
グンファは私にウリがいなくて貧しいだけの理由で反対されたのだったら諦めなかったと言う。
正直になれと言うグンファ。
母のソノクが傷つくのは嫌なのですよね

サンチョルはグンファに会いたいと電話をしてきた。
明日会う約束をしたグンファ。

ソノクはお弁当屋を始めた。

ドヒョンはファン調査官と食事をする。
ファン調査官はドヒョンにテジンのことを聞きたいのかと言う。
テジンは左遷されたままで終わるから心配しなくていいと言う。
ドヒョンはなぜ断言できるのかと聞く。

ファン調査官は、テジンは優秀だけれど要領が悪いと言う。
テジンに付きまとう問題もあると言うファン調査官。
実の母親が20年前に夫のいる管内で、不動産詐欺で逮捕されたのだと言うファン調査官。
不倫の噂まであったから警察署では大騒ぎだったと言う。
テジンの父親も警察官だったが昇進もできなくて退職したと言う。

ファン調査官は、人々はなかなかこのような話は忘れないと言う。
だからテジンが優秀でも出世は無理だと言う。

グンファはソノクが作ったお弁当を交番のみんなに配る。
おかずたっぷりで美味しそう!

サンチョルに会うために約束の場所に向かうグンファ。
途中で女性のスカートの中を盗撮している男性を見つけた。
その男性に声をかけるグンファ。
その男は走って逃げだす。

男の前にサンチョルが現れた。
グンファと協力して男を捕まえるサンチョル。

77話

カフェで話をするサンチョルとグンファ。
サンチョルはグンファに何か運動をしているのかと聞く。
ボクシングをしていると答えるグンファ。
サンチョルは、テジンは君のために異動を願い出たようだと言う。
サンチョルはテジンに別れると言ったようだが本気なのか気持ちを聞きたくて呼び出したと言う。

グンファは正直に言うとテジンが好きだと言う。
だから許してくれたら最善を尽くす自信もあると言う。
サンチョルは、テジンが君は絶対に子供を捨てたりしないから好きだと言っていたと言う。

サンチョルはテジンは自分が離婚したせいで、母親を知らないからグンファの母性に引かれたようだと言う。
それは同情で愛ではないと言うサンチョル。
グンファが母親だから好きなのでしょうか?

サンチョルはテジンには正しい選択をしてほしい、問題のある結婚をしてほしくないと言う。

グンファは言いたいことはわかったと言う。
考えてみると言うグンファ。

ソンヒはジェヒを呼び出した。
ソンヒはジェヒに、テガプに隠し事はできないと言っていたがどういう事かと聞く。
ジェヒはソンヒに訴訟の準備をしているのはわかっていると言う。
テガプと戦わない方がいいと言うジェヒ。
テガプは法曹界の人々にも援助をしてきたのだから勝つ確率はゼロだと言う。

テガプはソンヒにボラを海外に行かせようと思うと言う。
ソンヒはまだスヒョクのことを忘れられないようだからそうした方がいいかもしれないと言う。

テガプはボラにまだあの男のことが忘れられないのかと聞く。
すぐにアメリカに行けと言うテガプ。
ボラは自分が決めると言う。
テガプはあんな貧しい男が相手など恥ずかしくて誰にも言えないと言う。
ボラは父さんはスヒョクのことを知らないと言う。
あの男はお前が好きなのではなく俺の金を見ているのだと言う。
スヒョクは消費者金融を軽蔑していると言うボラ。
この家のことを知られたくなかったと言う。
ボラは、父さんは私の相手が貧しい人で恥ずかしくても、私はお金がすべての父さんが恥ずかしいと言う。
今回はよくそこまで言えました!

ドヒョンが止めに入りボラを連れて行く。

テガプはボラに恥ずかしいと言われ怒りまくる。

ドヒョンはボラにいくらスヒョクが好きでも父親にあんなことを言ってはダメだと言う。
ボラは家を出て行くと言う。

ヒジンは塾から電話をもらった。
先生からヘチャンのせいで勉強が前に進めないと言われたヒジン。
ヒジンは先生に謝る。

テジンはベクホからヘチャンが通っている課外授業は義母の紹介だと聞いた。
学費も義母が出しているから止めろと言えないと言うベクホ。

ヘチャンは課外授業の仲間から勉強ができないのに入ってきたと噂されていた。
グループラインにはヘチャン悪口が書かれていた。

ヒジンは携帯を見ていたヘチャンにヒョンスからだろうと聞く。
違うと言うヘチャンにヒョンスとは付き合うなと言うヒジン。
ヘチャンは、ネットカフェは自分が誘ったのだと言う。
ヒジンは、あなたは変わったと言う。
ヘチャンはヒジンに出て行けと言う。
ヘチャンに何か起こりそうな予感

テジンはヒジンにヘチャンの勉強にまであの女の力を借りるなんて正気かと聞く。
あの女を近づけるなと言うテジン。
ヒジンはお母さんも可哀想だと言う。
テジンは俺たちを捨てたことを忘れたのかと言う。
あの女は20年間も姿を見せた事がないと言うテジン。

ヒジンは私も最初はそうだったけれど、母親には変わりないと言う。
テジンはヒジンに自分より母親を嫌っていたのに金の力はすごいと言う。
ヒジンはひどいと言う。
テジンはあの女に母親面するなと言えと言う。

サンチョルはテジンにグンファに会ったことを言った。
お前と別れるように言ったと言うサンチョル。
テジンは俺を信じて見守ってくれと言う。
グンファをわざわざ苦しめないでくれと言うテジン。

テジンは、父さんは同じような経験をしたから味方になってくれると思ったと言う。
テジンはグンファが別れると言っても自分が離れないと言う。

スヒョクの事務所にやってきたテガプ。
テガプはジュヨンにお前は出て行けと言う。

テガプはスヒョクにここでいくら稼げるのかと聞く。
話は何かと聞くスヒョク。
テガプは俺の子供を貧しい男にはやれないと言う。
今まで子供たちに貧しい思いをさせたくなくて汚いこともしてきたと言う。
それなのにお前みたいは奴が俺の娘を貧しくさせることは許さないと言う。

子供たちのためなら何でもすると言うテガプ。
テガプは母親の前でお前を殴るくらい大したことではないと言う。
死ぬ覚悟がなければ二度と娘に会うなと言うテガプ。
だからボラに冷たくしているでしょう

ドヒョンはテガプがスヒョクの事務所に行ったと知った。
ドヒョンはテガプにこれをボラが知ったらスヒョクのところに行くだろうと言う。
ボラを追い詰めても解決にならないと言うドヒョン。
ドヒョンは自分がなんとかするからボラのことには口を出すなと言う。

テジンはグンファの亡くなった夫の話を聞いた。
旦那さんのことを愛していたんだと聞くテジン。
グンファはウリの父親だから当然だと言う。
彼を忘れて自分だけを愛せと言うのかと言うグンファ。

テジンはなぜ自分がこのようなことを言うのかわかるかと聞く。
グンファは勇気を出せない理由は解るだろうと言う。
テジンは自分のためにもう一回勇気を出してくれないかと頼む。
グンファは何も言わずに帰る。

ドヒョンはグンファを呼び出した。
スヒョクのことで話があると言うドヒョン。

ドヒョンは父がスヒョクに会いに行ったと言う。
父親はボラとスヒョクがまたやり直すのかどうか心配のようだと言う。
グンファはドヒョンにもしよりを戻したらあなたも反対するのかと聞く。
ドヒョンはボラとスヒョクが一緒になれば俺とグンファの可能性は低くなると言う。

ドヒョンは友達になりたいと言ったが本当は友達ではないと言う。
ドヒョンはお前のことが好きだと言う。

ドヒョンは2人が結ばれてグンファが幸せになるなら受け入れると言う。
自分にとってはお前の気持ちが一番だと言うドヒョン。
ちょっと男らしいかも

ドヒョンと一緒にカフェから出てきたグンファ。
テジンが通りかかった。
ドヒョンはテジンに挨拶をする。

78話

カフェから出てきたドヒョンとグンファを見つけたテジン。
テジンはドヒョンに前に忠告したはずだと言う。
ドヒョンは自分もお前に会いたくないが、何かの縁だろうと言う。
グンファに別れを告げて帰っていくドヒョン。

テジンはグンファになぜあの男に会うのかと聞く。
グンファは嫉妬かと聞く。
グンファはスヒョクの好きな女性がドヒョンの妹だと言う。
ドヒョンの家から反対されて別れたのだけれど、まだ忘れられないのだと言う。
今日ボラの父親がスヒョクに会ったのでドヒョンが心配してきてくれたのだと言う。

グンファはテジンに自分のすべてのことを受け入れるのは難しいだろうと言う。
グンファは結婚も再婚もその人のためならできると言いたいけれど、まだ勇気が足りないようだと言う。

アメリカに行く準備をしているボラ。
ドヒョンはボラに父親がスヒョクに会ったことを教える。
ドヒョンは、スヒョクは悪い奴ではないが、お前がいると惨めに潰されるだけだと言う。
ドヒョンはお前が去るのがスヒョクのためにもいいと言う。
ボラは私もそう思うと言う。

明日アメリカに行くボラ。
ボラはソンヒに父のことを頼むと言う。

ボラはスヒョクに電話をする。
大事な用事があるから料理教室まで来てほしいと言うボラ。
ボラの教室にきたスヒョク。

ボラはスヒョクに健康診断の結果を見せる。
自分は虫歯も一つもなく健康だと言うボラ。
ボラはスヒョクに結婚してほしいと言う。
突然、何を言いだす!

ふざけているのかと言うスヒョク。
ボラはお金があっても幸せになれない事は知っていると言う。
ボラはスヒョクがいないと駄目だと言う。
スヒョクは感動ものだと本気にしない。

ボラはスヒョクが断るならあなたの前から永遠に消えると言う。
最後の勇気を振り絞ってここに来たと言う。
このまま私を帰すのかと言うボラ。

スヒョクは受け入れられないと言う。
ボラは言いたいことを言ってスッキリしたと言う。
もう迷惑をかけないと言うボラ。
スヒョクはボラに健康で暮らせと言い帰っていく。

ボラは泣き出す。

ソンヒがヒジンの店に来た。
ヒジンはソンヒにヘチャンが辛そうだから課外授業は止めると言う。
本当は勉強をしていないからだと言う。
ヒジンはこれまではちゃんとしていたのにヘチャンは横道にそれるかもしれないと言う。
そんな弱気でどうするのかと言うソンヒ。
ヘチャンをいい大学に入れたいならあなたがしっかりしろと言う。
ヒジンは母親似ですね。同じことをヘチャンに言っています

ソンヒは明日テナントとマンションを見に行こうと言う。

そこに祖母が入ってきた。
祖母はソンヒを見て驚く。
なぜここにいるのかと聞く祖母。
ソンヒはヒジンに会いに来たと言う。
娘に会うのは当然だと言うソンヒ。
これからはヒジンを貧しい暮らしから解放させるために援助すると言う。
ソンヒは祖母に私に申し訳ないと思うなら子供たちを傷つけるなと言って帰っていく。

祖母はヒジンにあの女に隠れて会って私を騙していたのかと言う。
だから引っ越しするのかと言う。
祖母はもう私の孫ではないから勝手に引っ越しすればいいと怒って帰る。

祖母はテジンになぜ見合いをしないのかと聞く。
テジンは好きな人がいるからだと言う。
祖母は子持ちの女は駄目だと言ったではないかと言う。
怒り出す祖母。

ギョンアがテジンを連れて行く。

ヒジンが入ってきた。
祖母はヒジンに血は争えないと言う。
あの女はお金に目がくらんで問題を起こしたが、結局お前も同じでこの家から出るのだろうと言う。
ヒジンはそうだと開き直る。

屋台で酒を飲むスヒョク。
グンファが入ってきた。
グンファはスヒョクにテジンの父親にあったと言う。
別れてくれと言われたと言うグンファ。

最近テジンに冷たくしていると言うグンファ。
お前もやっているのかと言うスヒョク。
どうすればいいのかわからないと言うグンファ。
グンファは本当に離れてしまうと思うと怖くなると言う。
スヒョクは時間が経てばどうすればいいかわかるだろうと言う。

ボラはテガプに言い過ぎてごめんなさいと謝る。
テガプは二度と自分を傷つけるようなことは言うなと言う。
ボラは体を大切にしてくれと言う。
テガプはすぐにアメリカに行くから頑張っていろと言う。

1人になったボラは父親に謝る。
嫌な予感が…

ギョンアはサンチョルにグンファはいい人だと言う。
サンチョルは、ジュヨンが子持ちの女性を連れてきても同じことが言えるのかと言う。
ギョンアは2人が好きあっているのならジュヨンでも反対しないと言う。
私たちもお互いの過去は関係ないではないかと言う。
テジンも私の過去が気に入らなかったはずなのに受け入れてくれたと言うギョンア。

ドヒョンは空港にボラを送っていった。
1人で大丈夫だと言うボラに気を付けて行けと言うドヒョン。

ドヒョンはテガプにボラが行ったと報告する。
ドヒョンはおとなしく行って良かったと言う。

ジェヒはドヒョンに店に人を送るのかと聞く。
ソンヒに警告するのだと言うドヒョン。

ヒジンの店にチンピラが来た。
店の中で暴れる男たち。
店を壊していく。

テジンたちの交番に通報が入った。
ヒジンの店だと知り、あわてて出て行くテジン。

ソンヒも車でやってきた。
店に入っていくテジンを見ているソンヒ。
テジンは壊された店を見て何があったのかと聞く。

76~78話感想

ボラはアメリカに行くつもりはないようです。姿を消してしまったのではないでしょうか。スヒョクに結婚してほしいと言うのは最後の賭けだったのですね。
ソンヒとヒジンはそっくりです。2人ともお金が大好きなようです。ヘチャンの気持ちを考えずに勝手に勉強を押し付けるところもそっくりです。
テジンは完全に父親似です。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。