恋の花が咲きました-あらすじ-79話-80話-81話-感想付きネタバレありで!

韓国ドラマ-恋の花が咲きました-あらすじ-79話-80話-81話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ボラはアメリカに行くと言って空港に行きましたが、実際にはアメリカに行っていないようです。最後の願いをかけてスヒョクに結婚しようと言ったのは賭けだったようです。
ドヒョンはソンヒの娘ヒジンの店に暴力団を送りました。通報を受けてチキン屋にやってきたテジンは荒らされた店内を見て驚きます。

【恋の花が咲きました】(ネタバレあり)

79話

ヒジンは震えている。
テジンとグンファがやってきた。
ベクホはテジンたちに突然暴力団が来て暴れて行ったのだと説明する。
テジンは交番に行って被害届を出そうと言う。

パトカーに乗るヒジンたちを見ているソンヒ。
グンファは犯人の顔を覚えているかと聞く。
ヒジンはベクホを殴ろうとしたと言う。
ベクホは、男たちに心当たりはないと言う。

家に帰ったヒジンたち。
ソンヒはヒジンに電話をして暴力団が来たことを聞いた。

ドヒョンはボラが財布も通帳も家に置いたまま出かけたのを知った。

ドヒョンはスヒョクの事務所に来た。
ドヒョンはスヒョクに、ボラはどこにいるのか聞く。
スヒョクは昨日会ったのが最後だと言う。
ドヒョンはボラが通帳も身分証明書も車の鍵もすべて置いて姿を消したと言う。
飛行機に乗らなかったようだと言うドヒョン。
ドヒョンはボラから連絡があったらすぐに知らせてほしいと言う。

スヒョクは慌てて事務所を飛び出す。
ボラの料理教室やボランティア先など心当たりを探すがどこにもいないボラ。

グンファもジュヨンからボラがいなくなったと聞いた。

グンファはドヒョンを呼び出した。
ドヒョンはボラがスヒョクと一緒にいると勘違いして事務所に行ってしまったと謝る。
グンファは、ボラは海外には行っていないのかと聞く。
身分証や財布などすべて置いて行ったから計画していたのだと言うドヒョン。

携帯は持っていったようだが電源が切れていると言うドヒョン。
ドヒョンはスヒョクに連絡がきたらすぐに教えてくれと言う。
連絡きますかね~

スヒョクの様子がおかしいのでボラの事務所を訪ねてきたソノク。
事務所にはソンヒがいた。
ソノクはボラに会いに来たと言う。
ソンヒは、ボラは昨日アメリカに行ったと言う。
ボラがあなたの息子と離れられないと思っているのかと言うスンヒ。
ソノクはボラがアメリカに行って良かったと言う。
ソンヒはソノクに仕事が見つかっていないのなら紹介しようかと言う。
ソノクは奥様こそ働いてくれる家政婦を探すのが大変だろうと言う。
ソノクは二度と会わないといいと言って帰る。

グンファは、ボラは最後に言った後悔していないと言った言葉が気になっていた。
テジンはボラのことを見た目より勇気があると言う。
テジンはボラがすべてを捨てるほどスヒョクが愛されていて羨ましいと言う。
グンファにお前ならどうすると聞くテジン。
グンファはテジンが子持ちのバツイチだったら飛んでいくと言う。
しかし子供を置いて来いと言われたらすぐに別れるはずだと言う。
それがテジンだと言うグンファ。

ソンヒはヒジンに暴力団に心当たりはないのかと聞く。
夫も私も何もないと言うヒジン。
そこにドヒョンから電話がかかってきた。

ハン刑事がテジンに会いに来た。
テガプの家族関係を調べたハン刑事。
息子のドヒョンはホテル事業をしていて性格がはげしいと言う刑事。
問題は妻でかなりあくどいようだと言う。
ハン刑事はソンヒのことを前科もあり金になるためなら何人も刑務所に入れたと言う。
本当に怖い女だったのですね

ドヒョンはソンヒに財産訴訟は諦めろと言う。
ソンヒは諦めるくらいなら最初から始めていないと言う。
ドヒョンは行くところまで行くと言うことかと聞く。
ドヒョンの忠告を聞かずにやるだけやると言うソンヒに、ドヒョンはそれならあんたの息子を尋ねて行くと言う。
ドヒョンはあなたの息子にすべてを教えてやると言う。
テジンが息子だとは驚いたと言うドヒョン。
正義の塊のようなテジンがあなたの正体を知って、俺の金を奪ってテジンにお金をやったらテジンは受け取ると思っているのかと言うドヒョン。

ショックを受けてその場に座り込むソンヒ。
ソンヒはテガプもこのことを知っているのかと聞く。
ドヒョンは父親を苦しめるつもりはないと言う。

ボラは地方の福祉センターで働いていた。

80話

ボラは福祉センターの調理場で働いていた。
スヒョクはずっとボラを探している。

ソンヒはドヒョンにお茶を入れる。
ドヒョンは今まで通りに過ごしていればいいと言う。
ソンヒは娘の店に暴力団を送ったのはあなたかと聞く。
ドヒョンはそうだと答える。
ドヒョンは俺のものに手を出すのは許せないと言う。

ソンヒはドヒョンに二度と子供たちに手を出すなと言う。
今回のことは自分が悪かったが、次に子供たちに手をだしたら家を出ると言うソンヒ。
テガプには私が必要だからあなたも困るだろ言うシンヒ。
ドヒョンはいくら子供たちにあげたくても、しばらくは不動産の名義変更などをするなと言う。

テジンは徹夜でヒジンの店で暴れた男たちを調べている。
イ警部はみんなにテジンを見習えと言う。

店を襲ったのは消費者金融の手下だとわかった。
テジンはパトロールの途中に店に寄り、ヒジンたちに金を借りていないかと聞く。
そんなことはしていないと答えるヒジンたち。

テガプはボラに連絡が取れなくてイライラしている。
テガプは何かあったのではないかと心配し、アメリカに行って確認して来ると言う。
それを聞いたドヒョンは俺が行って連れ戻してくると言う。
テガプはボラの声だけ聞ければいいのだと言う。

ソノクはスヒョクを心配して事務所に来た。
スヒョクは、ボラがいなくなったのは自分のせいだと言う。
去る前に結婚しようと言われたが断ったのだと言う。
スヒョクはつらくて死にそうだと言う。

ソノクはそんなに好きだったのかと聞く。
好きだから冷たくしたと言うスヒョク。
スヒョクは一度手を握ったら離せなくなると思ったと言う。
そうだったのですか

ソンヒはテジンを待っていた。
テジンに声をかけるが姉とだけ話せと言い行ってしまうテジン。
その様子を見ていたグンファ。

グンファはテジンになぜボラの母親が来たのかと聞く。
テジンはソンヒがドヒョンとボラの母親だと知り驚く。

家に帰ったテジンはヒジンにあの女が誰と暮らしているのか知っているのかと聞く。
お金持ちの男性だと聞いていると言うヒジン。

テジンは父親のサンチョルの帰りを待ってきた。
帰ってきたサンチョルにあの女がテガプと暮らしていることを父さんも知っていたのかと聞く。
サンチョルはなぜお前が知っているのかと聞く。
テジンは何も言わずに出て行く。

ドヒョンはグンファに電話をした。
ボラの居場所がわかったから一緒に行って連れ戻すのを説得してほしいと言う。
グンファはスヒョクが心配しているから話してもいいかと聞く。
今から家の前まで行くと言うドヒョン。

ドヒョンたちは福祉センターに到着するが事務員は、ボラはここにはいないと言う。
グンファはボラの携帯を使った履歴がここで終わっていると言う。
事務員は昼にイベントがあったらその時に使ったのかもしれないと言う。

グンファはドヒョンにボラがいなくなって大変だろうと言う。
昼間もお母さんがテジンに会いに来ていたが、ボラのことで来たのだろうと言うグンファ。
ドヒョンはあの人を母親だと思ったことはないと言う。
自分の母親はグンファの母親に似ていると言う。

母親は自分が12歳、ボラが7歳の時、3人目の子供を妊娠していたと言う。
朝からお腹が痛いと言って、倒れてしまい、父親も不在で自分の目の前で亡くなったのだと言うドヒョン。

テジンから電話がかかってきたグンファ。
外にいると言ってその場から離れるドヒョン。
こういうところは意外と紳士ですよね~

グンファはテジンに家にいると嘘をつく。
出てこられるかと聞くテジンに今は無理だと言うグンファ。
テジンはグンファが必要だと言う。
グンファは、今日は無理だから明日話そうと言う。

ボラは福祉センターの中で隠れてきた。

帰る途中、ドヒョンは自分達が一緒にいることをテジンが知ったら怒るだろうと言う。
あいつを怒らせたいと言うドヒョン。
大雨が振るかタイヤがパンクすればいいと言うドヒョン。

グンファを送っていくドヒョン。
一緒に行ってくれてありがとうと言うドヒョン。
グンファは一つ手がかりが見つかったからこれをたどれば探せるはずだと言う。
ボラは帰ってくるはずだと言うグンファ。

ドヒョンはグンファを見つめる。
グンファを抱きしめるドヒョン。
それを見ていたテジン。

81話

テジンはグンファとドヒョンが話しているのを見つけた。
ドヒョンがグンファを抱きしめたので驚くテジン。
そのまま帰って行くテジン。

ドヒョンは今日一日中一緒にいられて嬉しかったと言う。
グンファはスヒョクのことがなければ行かなかったと言う。
ドヒョンは、ボラとスヒョクの事などどうでもいいと言う。
俺はお前を諦められないと言う。
ドヒョンは今に俺のことを好きになるはずだと言う。
グンファは私の気持ちは変わらないと言う。

テジンはまた酒を飲みだした。
家に帰らなかったテジン。

出勤したテジンにグンファは深酒をしたのかと聞く。
昨日は家の用事で行けなくてごめんなさいと言うグンファ。
嘘に嘘を重ねてしまいました

スヒョクはボラのいる福祉デンターに来た。
ボラがきたら連絡をくれと言って帰るスヒョク。
事務員はボラが作ったクッキーをスヒョクに渡す。
食べればボラの味だと気付くかも

テガプはボラがアメリカに行っていないことを知った。

テガプはドヒョンにボラがどこにいるのか知らないのかと聞く。
まさか自殺するのではないかと言うテガプ。
テガプはドヒョンに今すぐ連れて来いと言う。

ソンヒはヒジンにすぐに新しい店舗を用意するのは難しくなったと伝えに来た。
ヒジンは引っ越しすると家族に言わなければ良かったと言う。
そこに帰ってきたベクホはソンヒにヒジンに会うなら店ではなく外で会ってほしいと言う。
祖母や義父に申し訳ないと言うベクホ。

ベクホは感謝している気持ちより負担だと言う。
ソンヒは悪口を言われるのは覚悟していたけれど娘婿に言われると思わなかったと怒って帰る。

グンファはテジンの態度がおかしいので何か怒っているのかと聞く。
仕事をしろと言われるグンファ。

グンファはスヒョクが心配で事務所に来た。
ボラの通話記録を調べて昨日その福祉センターに行ってみたけれどいなかったと言うグンファ。
その場所を聞いたスヒョクは昨日自分が行ったところだと気付き、あわてて出て行く。

グンファは一人でいるヘチャンを見つけた。
塾に行かずに何をしているのかと聞くグンファ。
黙っているヘチャンに話したくないのだろうと言う。
私は、昔虐められている友達を助けて危うく前科者になるところだったと言うグンファ。
その友達をかなり恨んだけれど今思えば友達も辛かったはずだと言う。
それは優しすぎます

グンファはヘチャンの電話番号を無理矢理聞きだして、何かあったら連絡しろと言って帰る。

ソノクはスヒョクがボラを捜しに行ったと聞き、お互い好きなら止めることはできないと言う。

ソンヒもボラがいなくなったことを聞いた。
酒を飲むテガプ。
テガプはソンヒにお前の子供だったら必死に探しているだろうと言う。
ソンヒは、ボラはスヒョクのためにいなくなったのかと聞く。
テガプはスヒョクとボラが一緒にいたら殺してやると言う。

サンチョルはテジンに母親に会う気がないのなら調べたりするなと言う。
テジンは自分もそのつもりだから心配しなくていいと言う。
そこに帰ってきたヘチャンの様子がおかしいので心配するテジンたち。

ヒジンはヘチャンに塾をさぼったのかと聞く。
ヒジンは頑張ってもやっとなのにプライドが傷つかないのかと怒る。
ヘチャンはビリで死ねばいいと言い部屋にこもってしまう。

ベクホはヒジンに引っ越さずにこのままここで暮らそうと言う。
ヒジンはこの暮らしが嫌だと言う。
他の人みたいにお洒落して旅行もしたいと言うヒジン。
あなたのプライドのために妻が一生チキン屋で惨めに一生を終えてもいいのかと言う。
あなたのプライドのせいで夫や子供が傷ついているのがわからないのでしょうか

グンファはテジンに話があるとメールする。
テジンはグンファに会いに行く。
グンファはテジンに嘘をついたと言う。
ボラがいなくなってドヒョンと一緒に探しに行ったのだと言うグンファ。
それでも嫌かと聞くグンファ。
テジンはお前にとって俺はどんな存在なんだと聞く。

テジンは人間関係には信頼が第一だと言う。
俺たち2人に信頼がないのならその関係は無意味だと言う。
テジンはお前の言うように一緒にいるべきか考えてみようと言う。

福祉センターにやってきたスヒョク。
ゴミ出しをしているボラを見つける。
ボラはなぜ来たのかと聞く。
ボラは私を受け入れないのなら帰れと言う。
スヒョクはボラを抱きしめる。
ボラにキスをするスヒョク。

79~81話感想

ドヒョンの性格は優しいのか冷たいのか、どちらなのでしょう。グンファに対しては本当に優しいのに、ソンヒには冷酷な態度です。まあ、ソンヒが悪いと言えば悪いのですが。
ボラを見つけたスヒョクはどうするのでしょう。もう二度と手を離さないのでしょうか。テガプが何をするか怖いですね~。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。