恋愛体質-あらすじ-22話-23話-24話-感想付きネタバレでありで!

メロが体質

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
噂を気にしてボムスを避けているジンジュはこのままずっと避け続けるのでしょうか。
ウンジョンは心理士のカウンセリングを受ける事をヒョボンと約束しましたね。
22話からご紹介していきます。

【恋愛体質】(ネタバレあり)

22話

ボムスをずっと避けていたジンジュだが、へジョンからの食事の誘いで店に行くと局長やファンドン、ボムスもその席にいた。
最初は気まずい雰囲気だったがお酒が進むにつれて和やかで楽しいムードに。
へジョンから嫉妬していたと本音を言われ、以前よりは関係が少し良くなったジンジュとへジョン。
追い出されたきりでしたからね。
へジョンが泥酔し、ウサギになった為店を追い出されたジンジュたち。
ウサギになったへジョンを追いかけて行った局長を見送り3人は帰ろうとすると、ファンドンがジンジュに送っていくと言う。
それが気に入らないボムスだったが、戻ってきた局長にファンドンは連れて行かれ、ジンジュとボムスが2人残されてしまった。
ボムスとジンジュの気まずい雰囲気が辛いですね。
ジンジュの後ろを歩いていたボムスが、噂は自分たちにどうしようもできないから今できる事をしようと提案する。
ジンジュも快諾したが、もう一つ解決すべき事があると言うボムス。
ボムスがジンジュを好きな気持ちだった。
気付かぬフリをしていたが、いつか終わるその気付かぬフリもボムスの好きですと言う、ジンジュへの真っ直ぐな告白で唐突に終わりを迎える事となった。
ボムスの想いが溢れ、ついにジンジュに告白しました!
ハンジュがミュージカルの時間に間に合うよう帰っていいとジェフンに言うと、なんだか気まずそうな表情のジェフン。
数日前にハユンと別れたと打ち明ける。
ジェフンに誘われ、ミュージカルを一緒に見に来たハンジュ。
お酒を飲みながらハユンの話を聞いていたハンジュは自身も恋愛がしたいと呟く。
ハンジュも新しい恋がしたいですよね。
ウンジョンはアランの知り合いの心理士の元を訪れていた。
話しやすい雰囲気の部屋に落ち着いたウンジョンは心理士に聞かれた事を丁寧にゆっくりと考えながら答えていく。
最後に泣いたのはいつかと聞かれ、覚えていないと答えるウンジョン。
そして、ホンデが亡くなった日の事を話す。
自分をずっと最後まで遠ざけなかったホンデに感謝していると言うが、その後の事は思い出せないと言う。
最後までホンデの傍にいたウンジョン、辛かったでしょうね。
静かに聞いていた心理士が両親との思い出を訊ねると、ウンジョンが10歳の頃の母との思い出を話し出した。
記憶を辿ると、その日遊園地に連れて行ってもらったウンジョンは楽しかったが何故かどこか遠くを見ていた母の姿が印象的で覚えていると言う。
理由は分からなかったと言うが突然泣き出したウンジョン。
心理士はそっとハンカチを渡し、ウンジョンに優しい言葉をかけるのだった。

23話

ジンジュに告白したボムス。
しかし、ジンジュは一緒に仕事をしている為、私的な感情を持ち込むべきではないと言う。
一方のボムスは恋をしている時の男は7歳だからそんな余裕はないと言う。
ファンドンに嫉妬した事もあり危機感を覚えていたのだ。
その後100分以上討論した2人だが、結論は保留する事となった。
ジンジュもボムスへの気持ちがあるのに歯がゆい2人ですね!
ソミンはもらった主役でオファーされたというジンジュの台本をミンジュンに見てもらうと、代表と3人で会議をする事に。
ミンジュンが代表に主役でオファーが来ているのは本当かどうか確認すると、やりたいなら監督に言えばできると最初と言っている事が違っていた。
ミンジュンはボムスの演出なら主役ではなく友達役のシネの方が魅力的に映るし、ソミンに合っていると言う。
主役にこだわらずやるべきだと背中を押すミンジュンの言葉を信じ助演での話を進める事を決意したのだった。
ソミンの事をよく分かっているミンジュンの言葉だからこそ信用がありますね。
ジンジュ達もキャスティング会議をしており、まさにソミンを主演ではなく助演のシネ役が合うのではないかという話をしていた。
すぐには答えが出ず、主演で考えているチョン・イスルの返答待ちという事で会議は終了したのだった。
続けて台本についての打ち合わせをしていたジンジュは保留にしている事が気まずくもあったが、ボムスを意識している事に目をつぶることにしたのだった。
仕事で絶対に顔を合わすから気まずいにきまってますよね。
ダミの事で悩んでいたドンギは相手を正すのではなく自分を正す事が必要だと言うファンドンの言葉に動かされダミと話をしに行く。
いつも一枚上手なダミに上手く転がされるドンギなのだった。
ダミにいつも丸め込まれてるドンギですが幸せそうですね。

24話

妹とランチやショッピングを楽しんでいたジンジュにファンドンから食事の誘いが入る。
妹の彼氏の愚痴を聞いていたジンジュは、お金がないことが理由だと言う。
早くジンジュみたいに稼げるようになりたいと言う妹だったが、彼氏に会いに行くと言い走って行った。
純粋な気持ちがかわいいですね。
心理士のカウンセリングから帰ってきたウンジョンは母との思い出を思い出して何故急に泣き出してしまったのか考えていた。
心理士は心にしまい込んでしまっていた涙を解き放てた事は良い事だと言う。
疲れていたのか、眠ってしまったウンジョンの夢にホンデが現れる。
いつもと違いホンデは怒っている様子。
ホンデから一緒にいたくないのかと聞かれ、一緒いたいと答えるウンジョン。
なら死ねばいいとホンデが首を絞めてくる悪夢にうなされていたところを起こされた。
ホンデは人が変わったようでしたね。
浮かない気持ちで雷監督のインタビューに向かったウンジョンは、街中でホンデの姿を見つける。
目で追いながら歩いていると酔っ払いにぶつかってしまい殴られそうになった時、助けてくれたのは雷監督だった。
まさかの雷監督が。しかも強い‼︎
ファンドンに誘われた店は落ち着いた高級店だった。
キョロキョロするファンドンに何故この店にしたのかと訊ねると、付き合っていた時にこういう店に来れなかったからと言う。
その時何気ないボムスとの食事がいつも楽しかった事を思い出すジンジュ。
未来に対する期待が過去に対する後悔を上回ったから、過ぎ去った過去はそっとしておこうと言う。
ジンジュはこういう食事を一緒にしたい人は他にいてその人に対する礼儀でもあり、ファンドンに対する礼儀でもあるから、一緒に食事はできないと言い立ち去るのだった。
ジンジュは確信したんですね。ボムスの存在の大きさに。
ボムスに電話をかけるジンジュ。
電話を切らずに公園で会おうと言い会話を楽しむ2人。
公園で落ち合ったジンジュとボムスは微笑み合い、保留は終わりにしてすごく楽しい事をやりましょうとキスを交わすのだった。

22話〜24話の感想

ずっとボムスを避けていたジンジュだったが、へジョンの誘いで局長やファンドン、ボムスを交えての食事会に行くことになりましたね。へジョンとも気まずい雰囲気かと思いましたがお酒が入り、へジョンの本音も聞けて以前よりいい関係になったみたいですね。
そして、ボムスはついにジンジュに告白をしました!ファンドンがジンジュを送って行く事に引っかかってましたからね。
2人で討論した結果、ひとまず保留にする事になりましたがファンドンに食事に誘われ、ジンジュはようやくボムスの存在の大きさに気付か事ができましたね。
保留にしたものの、ボムスの好きなところがいっぱい浮かんだジンジュがとてもかわいかったです。
でも仕事を一緒にしている相手と恋愛関係になるって確かに少し考えるところがある気がします。仕事は仕事と割り切れるならいいんですけどね。
ジンジュがファンドンに食事を断るシーンに言っていたセリフはとても刺さる言葉ばかりでしたね。
ファンドンが言うように、ジンジュかっこよかったです。
結ばれた2人ですがこれから仕事も進めるにつれてどのように過ごしていくかも気になるところですね。
ソミンへのオファーの事もありますし、ジンジュのドラマのキャスティングもこれから楽しみな見どころです。
そしてウンジョンは心理士のカウンセリングを初めて受けました。
母との思い出を話すうちに泣き出してしまったウンジョン。
思い出す事ができないようですが何があったのでしょうか。
やはり心の奥にしまった事は少しずつ歪みを生んでしまうものなんですね。
今までは優しく見守ってくれていたホンデもこれまでと様子が違いましたね。
カウンセリングを受けたウンジョンの気持ちの変化によるものなのでしょうか。
危ないところを助けてくれた雷監督も気になるところですよね。




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください