悪い愛-あらすじ-118話-119話-120話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ヨンスはあのまま浮浪者になっちゃうのかしらと思っていましたが、家にも会社にも戻ることができましたね。
投資契約を成功させたおかげで。

しかし、あんなに怒っていたテソクがヨンスを許しちゃうなんて…。
なんだかスッキリしません。

そして、ハウンがホジンとヨンスの娘であるということをミニョクやファランが知ってしまいます。
テソクはまだ知らないけど、早く伝えたほうがよさそうな予感…。
あとで知ったら、怒りそうですよね。

もうひとつ。ミニョクがテソクの実の息子でないことを知ってしまいました。
お決まりのDNA鑑定で。
ファランはどんな態度に出るでしょう?

テソクがそのことを知ったら、どうなるのでしょう?
優しいテソクのことだから、ミニョクを追い出すことはなさそうだけど…。
それにしても、ファランは悪女ですね。

では、118話から紹介していきますね〜♪

【悪い愛】ネタバレあり

118話

DNA鑑定の結果を見るミニョク。
そこには、テソクと自分について親子関係が成立しないと書いてありました。
テソクが父親ではないと知り、ショックを受けます。

そこにやって来たのがファラン。
ファランはミニョクに謝ります。
そして、実の父親はミニョクが生まれる前に事故で亡くなったとうそをつくのです。
ミニョクはあまりのショックに飛び出してしまいます。
パク常務が父親だって、そのうちバレるだろうに…。
いっそ本当のことを言ったほうがミニョクのためなのに。

自分の実の父親を調べるよう、パク常務に依頼するミニョク。
パク常務は承知しますが、複雑な表情です。
あれ? 前にミニョクが自分とパク常務の関係を疑って、調べたくらいなのに…。
パク常務が父親だって思わないのかしら?

場面変わって、ソ・ジョンベからUSBを奪うことに成功したホジン。
中身を見てみると、車両情報のデータが入っていました。
それによると、ウネの事件の当日、事故車両を運転していたのはミニョクだと明らかに。
ウネをひいた犯人はミニョクだと確信するジェヒョクやソウォン、ホジン。
車両情報くらいじゃ、証拠にならないんじゃ??

車両情報がジェヒョクの手に渡ったことを知ったミニョクやファラン、パク常務。
何とかしなければと考え…。

そんな中、テソクの部屋を訪れるジェヒョク。
ウネの事件の犯人がミニョクであることをテソクに伝えようとしたのです。
そのとき、部屋に入って来たのがパク常務とチョン秘書。
「自分がウネの事件の犯人だ」と、チョン秘書が告白し…。
えっ? 唐突すぎる!

119話

ウネをひき逃げしたのは自分だと、テソクに告白するチョン秘書。
テソクもジェヒョクも驚きます。

実はチョン秘書は子どもの手術や弟の事故などがあり、問題をいろいろ抱えていたのです。
問題をすべて解決する代わりに、犯人の身代わりになってほしいと頼むパク常務。
チョン秘書は承諾します。
いくらなんでも、殺人犯として捕まっちゃうのに、普通、承諾するかしら?

ジェヒョクはテソクにチョン秘書が犯人ではない、犯人はミニョクで、ファランやパク常務、ヨンスも関わっていることを話します。
驚くテソク。
だんだん真相がわかってきそうね…。

一方、テソクが自分の父親でないと知ったミニョクはテソクへの怒りがおさまりません。
いつもジェヒョクとくらべられてきたこと、努力しても認めてもらえなかったことに恨みを感じていたのです。
ずっと父親だったんだし、急に愛情がなくなるかしら?

ミニョクはテソクを陥れるよう、パク常務に命令します。
偽の帳簿を作ってテソクに政治資金に関する容疑をかけます。
検察に連行されるテソク。
ミニョクはどんどん悪い男になっていくわね…。

検察から解放されて帰宅するテソク。
ジェヒョクはなんとしても濡れ衣であることを証明して父親を助けようと思います。
ホジンも調べていて…。
ホジンがなんとかしてくれるはず!

会長室でパク常務と話すテソク。
テソクが責めると、急に態度を変えるパク常務。
2人はもみ合いになり、テソクは棚にぶつかります。
ちょうど棚から置物が落ちてきて、テソクにあたり…。
テソク、大丈夫よね? 死んだりしないわよね?

テソクの目が覚めないのを見て、慌てるパク常務。
その場から立ち去ります。
パク常務が慌てているのを見かけたジェヒョク。
会長室に入っていくと…。

120話

テソクとパク常務がもみ合いになった結果、テソクは棚にぶつかり、落ちてきた置物が頭にあたって意識を失ってしまいます。
病院に運ばれて手術を受けるものの、意識は回復しません。
ちょっと頭にあたったくらいなのに、手術って?

会長室に落ちていたネクタイピンがパク常務のものだと気づき、テソクにけがを負わせたのはパク常務に違いないと考えるジェヒョク。
パク常務に詰め寄りますが、言い逃れをされます。
パク常務、なんだか芝居がわざとらしいわね…。

1週間たっても意識が戻らないテソク。
ミニョクは今がチャンスだと、会長の座につこうとします。
投資先の会長にNOYUの株を買わせたり、自分でも借名で株を買ったりし、株を集めるのです。

ミニョクがテソクに濡れ衣を着せたことや、会長の座につこうとしているのを許せないのがケイト。
会長を守ろうと、大株主として理事たちに会って説得します。
ケイトは大株主だったのね?

いよいよ株主総会。
会長の座を渡さないと頑張っていたケイトが現れません。
実は、ケイトはパク常務の企みで拉致され、閉じ込められていたのです。
れっきとした犯罪よね!

株主総会でソン理事はジェヒョクの見方をします。
後継者としての資質があるし、会長に指名されたと。
また、ミニョクには会長になる資格がないことも。

理事たちが納得しようとしたとき、理事たちの携帯にメッセージが届きます。
ソウォンはジェヒョクの義妹だったという内容。
ジェヒョクには倫理的な問題があるというものでした。
さすがのソン理事も、ジェヒョクの味方ではいられなくなり…。
ミニョクが送ったのね!

結局、テソクは会長を辞めさせられ、ミニョクが新会長になることに…。

118~120の感想

ミニョクが知ってしまいましたね。
自分がテソクの実の息子ではないことを。

ファランを責めますが、ファランは言い訳をします。
そして、父親は死んだとうそまでついて…。

そのうちパク常務が自分の父親だと気づくのでしょう。
だって、あれほどミニョクのために献身的になっているんだから。

そして、ウネをひいた犯人がミニョクであると、少しずつ明らかになりそうですね。
チョン秘書が身代わりになったのは、あまりにも意外でしたが…。
唐突でしたね…。

ミニョクはどんどんモンスター化していますね。
テソクが検察に捕まるように企んだり、会長の座を奪おうとしたり…。

ケイトが必死で阻止しようとしますが、今度はケイトを拉致し、株主総会に出席できないようにしてしまいます。
やることがどんどん大胆になっていくミニョク。

いよいよテソクが倒れてしまい、ミニョクが会長に…。
NOYUはどうなっちゃうんでしょう?

次の展開が気になってしかたありません。
次回が楽しみです〜♪




クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください