愛の不時着-あらすじ-3話-4話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-愛の不時着-あらすじ-3話-4話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

愛の不時着

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
北朝鮮に不時着したセリ・・保護してくれているジョンヒョクの「婚約者」宣言!!
ジョンヒョクを陥れたいチョルガンの罠に2人は引っかかってしまうのでしょうか?

今回は3話からお伝えしていきますね♪

スポンサーリンク

    【愛の不時着】(ネタバレあり)

    スポンサーリンク

    3話

    セリを自分の婚約者だと宣言し、セリを引き寄せるジョンヒョク。
    しかしチョルガンは「それなら平壌市民証と特別通行証を見せてくれ」と言い出す・・すると「彼女は南からきた者で、英雄メダルをもらうほどのスパイだ」と話すジョンヒョク。
    工作員であるスパイは基本身分を明かせないことになっているようです!

    なんとか誤魔化し、家に入る2人。
    しかし、そこに社宅の妻たちが差し入れを持ってやって来ては、セリを一目見ようと試みる。そこにセリが現れ、挨拶をし、去って行くも奥様連中は「リ中隊長はそんなに好きそうじゃなかった。親が決めた結婚かしら」と噂をしている。
    それを聞いたセリは、ジョンヒョクを睨みつける。
    セリはどんな状況にもすぐに適応する能力が高いようですねww

    その夜、ジョンヒョクの以前、本棚で楽譜や公演のパンフレット、音楽学校の願書を見つけたセリは「ピアノの弾ける恋人でもいたの?」と質問するも答えないジョンヒョク。
    その頃、平壌の国際空港にはジョンヒョクの本当の婚約者ソ・ダンが到着・・同じく、空港にはスンジョンも北朝鮮に到着していた。
    ジョンヒョクはピアニストになりたかったのでしょうか?そしてダンとは一体何者でしょうか?

    その頃、チョンガンがマンボクを呼び出し、ジョンヒョクを監視し、盗聴するよう指示をする・・見返りとして昇進と昇給、平壌の高級アパートを約束するチョンガン。
    ・・チョンガルが去った後、7年前も同じようにムヒョクを盗聴し、情報を流したことで殺されてしまったことを思い出し、涙を流すマンボク。
    マンボクはいい人そうなのに、家族のために言う事を聞くしかないのでしょうね・・

    翌朝、奥様集団にいい印象を残したいと表に出ようとするセリに「ここでそんな髪型をしているのは外国人か、変人だけだ」とハンカチで髪を結うジョンヒョク。
    セリはジョンヒョクと仲のいい姿を見せ、満足そうに家の中へ戻って行く。
    ジョンヒョクもだんだんセリのペースに合わせられるようになりましたねww

    その夜11時の船で韓国へ戻ることになっているセリ・・そんなセリを最後まで見守るためにジョンヒョクの家へ後輩を向かわせる。
    そこで韓国ドラマ好きなジュモクと、ドラマ内容の話をしているセリ・・それを盗聴しているマンボクは混乱してしまう。
    セリはジョンヒョクの後輩たちとかなり仲良くなりましたね♪

    そこにある少年は「病気の妹のために米が必要だ」とジョンヒョク宅に盗みに入る。
    するとジョンヒョクとセリは、その少年に食糧を渡す・・そんな2人の優しさを耳にしたマンボクはほほ笑む。

    発つ前に「お世話になった御礼に賞をあげる」と“親切賞”“韓流ラブ賞”“人類の宝賞(ハンサム賞)”など次々と発表していくセリ。
    何も賞のないジョンヒョクが不満げな様子・・するとセリはジョンヒョクを庭に連れていき「スペシャルサンクス賞」として、植えたトマトの苗を贈る。
    困惑するジョンヒョクに「一日10個きれいな言葉をかけてあげてね」と話すセリ。
    この2人は本当にこのまま別れてしまうのでしょうか・・悲しい・・

    人が眠りについた頃、ジョンヒョクとともに出発するセリ。
    しかし、いざ船に乗ろうとするも不安そうなセリを見たジョンヒョクは、大型船に乗り継ぐまで一緒に行くと小船に乗り込む。
    もう二度と会うことのない2人は、初めてお互いのために名前を教え合う・・。
    ジョンヒョクはセリのことを放って置けないようです♪

    しかし、その時、沿岸警備隊の船が近付き「止まりなさい」とサイレンを鳴らし、乗り込んでくる・・ジョンヒョクとセリは船底に隠れる。
    ・・しかし船内を調べられることに。焦るセリにジョンヒョクは「南のドラマでは危機的状況を脱する方法があると聞いた」と・・「僕だけを見て」とセリにキスをするジョンヒョク。

    スポンサーリンク

    4話

    扉が開いた瞬間、キスをしているセリとジョンヒョクを見た巡視船のキャプテンに「夜釣りをしに来た」と恋人同士だと説明する。
    しかし、認められたものの引き返すよう指示され、仕方なく北朝鮮に戻ることになってしまうセリ・・。
    いきなりのキス!!これは恋が始まってしまうのでは?

    再び、北朝鮮へ戻ってしまったセリは「“きっと大丈夫だ”と慰めて欲しいのに、どうして”無理だ“と現実ばっかり言うの?」と責めるも「嘘はつけない」と真面目なジョンヒョク。
    融通のきかないジョンヒョクに苛立つセリ・・。
    予想外の展開と一人知らない場所に来たセリは、やはり気持ちに余裕がないのは当たり前ですよね・・

    その夜、「もう迷惑はかけません。自力で帰る方法を見つけます」と言い、家を出て行く。
    ・・パラグライダーを装着し、北朝鮮を脱出しようとするセリ・・そこにジョンヒョクが駆けつけ「レーダーに感知されずとも肉眼で見つけられる可能性が高い。もし見つかれば、北であろうと南であろうと撃たれる」と忠告する。

    そして、セリのトランシーバーがオンになっていることに気付いたジョンヒョクは「不審な電波を感知すれば、10分以内に保衛部が駆けつける」と降りられない2人。
    するとパラグライダーで飛び降りると言い、セリを抱き、崖から一緒に飛ぶジョンヒョク・・「本当は感謝している」とお礼を言うセリに「知っている」と抱きしめるジョンヒョク。
    セリとジョンヒョクはお互いに惹かれ合っていると思うんですが・・気付いていないようですね

    そんなジョンヒョクを盗聴しているマンボクは市場で、財布をひったくられてしまう。それを偶然買い物に来ていたジョンヒョクが見つけ、追いかける。
    財布を取り返し「この辺は泥棒が多いので気を付けてください」と去って行くジョンヒョクの姿を見ながら、財布から一枚の紙を眺めていた。
    マンボクはチョルガンの言いなりにならずに改心して欲しいです

    その頃、セリはチスたちと談笑していた。
    そこに「テジュ大佐の妻で、奥様連中のボス、ヨンエの誕生会がある」と知り、ジョンヒョクの階級が低いと思っているセリは、昇進させるためにヨンエの誕生会に参加することに。

    それぞれヨンエの機嫌をとるために、いろんな贈り物を持って参加している様子。
    すると手作りの洋服を持ってきていたマンボクの妻、ミョンスンが、他の高価な贈り物を見て、気まずそうにしていることに気付くセリ。
    ミョンスンはヨンエたちに馬鹿にされているようですね・・

    セリはその洋服を取り上げ「これって流行の最先端じゃないですか!」と少し手を加えてもいいですか?とミョンスンに聞く。
    花のフリルを付け足し「花柄をソフトに見せるのが今シーズンのトレンドです」と説明するセリ・・それを着たヨンエは上機嫌のなり、ミョンスンに「帰りにたくさんご飯を持って帰ってね」と。
    そして、名前を尋ねられたセリは「サムスクです」と偽名を使う。
    セリはかなり機転が利く女性のようです!しかも、さすがのセンスでヨンエにも気にいられましたね♪

    ヨンエのご機嫌取りに成功したセリが帰宅しようとすると、そこに偶然を装ったジョンヒョクが・・。そこで「あなたが昇進できるように一生懸命、頑張ってきたわ」と話すセリ・・まんざらでもなさそうなジョンヒョク。
    2人は一緒に自転車に乗り「夜遅くにウロウロするな」とセリを心配し、注意するジョンヒョク。
    もうこのまま北朝鮮で暮らせばいいのに~!

    一方、韓国では後継者を巡って、言い合いになっている様子。
    するとセヒョンが「この家族の中で、セリを家族だと思っていたやつはいるのか?」「父さんが外から連れてきた子なんか、母さんも捨てたかっただろ?」と言い出す。
    セリの義母は「セリは生きているかもしれないと・・希望はあると思っている」と宣言する。
    セリと兄たちは母親が違うということでしょうか?

    翌朝、セリのためにコーヒー豆を入手したジョンヒョクは朝から豆を煎り、コーヒーを淹れていた・・スイスに留学していた時の道具を使い、コーヒーを淹れるジョンヒョク。
    そのコーヒーを飲み「めっちゃ美味しい」と感動したセリは、ジョンヒョクに指ハートを贈る。
    ジョンヒョクは優しい言葉を言わないですが、こういうセリのためにしてくれる行動がキュンとさせますよね!

    一方、ダンはジョンヒョクに会いにいくためにタクシーに乗るも、山中で車が止まってしまう・・そこで「人を呼びに行ってくる」と一人タクシー内に残されるダン。
    そんなダンに気付いたスンジョンは、ダンを自分の車に乗せ、「先日、空港で会いましたよね」と話すも「いいえ」と冷たいダン。
    ダンはジョンヒョクに会いに?セリと会ってしまったら・・大丈夫でしょうか?

    その頃、ヨンエたちと市場に来ていたセリだが、暗くなり、ヨンエたちとはぐれてしまう。
    すると過去に砂浜で捨てられ、数を数え待っていた記憶を思い出して呆然と歩きだすセリ・・そこにアロマキャンドルを灯し、前からジョンヒョクが歩いてくる。
    セリには幼い心に出来た悲しい傷があるようですね・・

    「今度は約束通り、ロウソクではなく、アロマキャンドルだ。合ってるだろ?」と話すジョンヒョクに、涙を流し、笑いながら「うん」と話すセリ・・。

    スポンサーリンク

    愛の不時着 3話・4話 感想

    あと一歩のところで韓国へ戻れそうだったセリですが、失敗に終わってしまいましたね・・。しかし、その危機を回避しようとキスをしたジョンヒョク!かなりびっくりですwwでも、きっと2人の距離は前よりも近づいたはず♪その後は、ジョンヒョクもコーヒーを淹れたり、アロマキャンドルを準備したり・・セリも指ハートしたり・・もう恋が始まったばかりのカップルみたいですよね?きっと惹かれ合っているのに、本人たちが一番気付いていなさそうwwそんなことしているうちに、本物の婚約者ダンが現れてしまいました!どうやら親の決めた結婚の様子です・・ダンが現れるとセリが偽物だとばれてしまうのでは・・心配ですね。

    スポンサーリンク


クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください