愛の不時着-あらすじ-9話-10話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-愛の不時着-あらすじ-9話-10話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

愛の不時着

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
やっとお互いの気持ちを確かめ合ったジョンヒョクとセリ。
それなのに、セリを拉致した人物は一体、誰なのでしょうか??しかも銃声音まで・・セリが無事なことを祈ります・・。

今回は9話からお伝えしていきますね♪

【愛の不時着】(ネタバレあり)

9話

呆然となるジョンヒョク・・家に帰るとチョルガンたちによって家宅捜索が行われていた。ジョンヒョクは手錠をかけられ、連行されてしまう・・その様子に驚くヨンエたち。
チョルガンは何としてでも、ジョンヒョクとセリを捕まえたいようです

留置場にいるジョンヒョク・・そこにチスたちが面会にやってくる。
そこでジョンヒョクは、自分が総政治局長の息子だという噂を広めて欲しいと隊員たちに頼む。
ジョンヒョクには何やら作戦があるようですね!

その後、ダンがジョンヒョクの元を訪れる。
そこで「僕を後悔させるために、誰に会いに行った?・・父があの人を連れていったのか?」「あの人を傷つけたら、もう一人の息子も失うことになると伝えて欲しい」と話すジョンヒョク。
ダンがジョンヒョクの父に、セリのことを知らせたのでしょう・・

一方、セリはトラックから、ある家へ連れていかれる。
そこはジョンヒョクの実家だった・・セリの目の前には、ジョンヒョクの父チュンリュルがいた。
セリはチュンリュルをダンの父親だと勘違いしているようで「娘さんにそっくりです」と話し始める。そして、自分の正体やどうして北朝鮮にきてしまったかを打ち明け、ジョンヒョクについて「彼は私を助けてくれただけで、何も間違ったことはしていない」「部下の勤務態度を暴露すると脅したから、仕方なく私を助けた」と話すセリ・・。
セリはジョンヒョクのことを守ろうと必死ですね♪

その後、ジョンヒョクの母ユンヒに、とある部屋に連れていかれる。
そこでジョンヒョクは大丈夫かと心配するセリを見たユンヒは「そんなに好き?」と嬉しそうに聞く。
セリは部屋の本棚を見て、ここはジョンヒョクの実家だということに気付く。
ユンヒは息子のことを愛してくれているセリを好意的に思ってくれている様子

翌日、釈放されたジョンヒョクは急いで実家へ。
そこで「自分のことは考えないのか!」と父に怒鳴られるも「もしかしたら救えたかもしれないと後悔する人生は送りたくない!」と声を荒げるジョンヒョク。
続けて「ここ来る途中も、息が出来ないほど苦しかった。彼女に何かあったら、死ぬまで生き地獄だ」とセリへの想いを涙ながらに訴える。
ジョンヒョクのこんな必死な姿を初めて見ました・・

するとセリと共に隠れていた母ユンヒは「あなたは息子に生き地獄を味あわせたいの!?」と激怒し、出てくる。
・・セリのことを見つめ、ジョンヒョクは近づいて行く。お互いに心配し合い、想い合う2人を見て、ため息をつく父チュンリュル。
親の事はそっちのけのジョンヒョクww

その後、ジョンヒョクの部屋で「この曲知ってる?」とスイスで聴いたという曲を弾いて見せるセリ。
すると驚いた表情で「この曲は僕が兄のために作曲した曲だ」と言い、セリの隣でピアノを弾き始めるジョンヒョク・・2人は以前、出会っていた様子。
これは運命という言葉以外出てこないです!

「あの日、とても孤独で、誰にも迷惑をかえずに死ぬつもりでスイスを訪れたの。そこにあなたがいたのね・・あなたが私を生かしてくれた」と話すセリ。
・・そんなセリに「明日、君は家に帰れる」と告げるジョンヒョク。
ジョンヒョクは父に頼んだのでしょう・・

翌朝、チョルガンは政府高官を連れて、チュンリュルの家を家宅捜索するために訪れる。
しかし、すでにジョンヒョクとセリは、チスたちと合流し、出発していたため、何も見つけられず、チョルガンは政府高官に叱責され、これ以上ジョンヒョクを追えない状況に。
チョルガンはまんまと引っかかったようですね!

セリはチスたちに別れを告げ、ジョンヒョクとともに軍事境界線に向かう。
ジョンヒョクは何度も「道を間違えた」と言い、セリと一緒にいる時間を延ばそうとしている様子・・。
ジョンヒョクがささやかな抵抗をしている所が可愛すぎます・・

しかし、心を決めたジョンヒョクは境界線に連れていき「あれが韓国軍が出入りする入口だ。見回りがくるはずだから、助けを求めれば大丈夫・・僕はここから一歩も進むことは出来ない」とセリを見送ることに。
切ない・・

こらえきれない涙を流しながら、境界線を越え、歩いて行くセリ・・するとセリを抱きしめるジョンヒョク・・。
「一歩くらいは大丈夫だ・・」と話すジョンヒョクに、頷くセリ・・2人かキスをする・・。

10話

セリズチョイスのロビーには、セリの遺影が置かれていた。
そこにサングラスとハイヒールで現れるセリに、驚く従業員たち・・「誰が私の冥福を祈ってくれたのかしら」と芳名帳を見るセリ。
サングラスを外し「ユン・セリが戻ったと噂を広めて。記念に今日から1週間、セリズチョイスの商品を50%オフで販売します」と宣言する。
あのユン・セリが戻ってきた!って感じですね!!

次に向かったのは、セリズチョイスを買収する契約を結ぼうとしているクィーングループで長男嫁サンアのいる会議室。
セリの姿に驚く理事・・そしてサンアに「私は戻ってきた以上、好きにはさせない」と宣戦布告するセリ。

一方、セリを想い、落ち込んでいる様子のジョンヒョクの元にマンボクがやってくる。
マンボクはムヒョクは自分にとって大事な友人で、息子の命の恩人だったことを話し、誕生日にもらった財布と手紙を見せる。
マンボクにとってムヒョクは大事な存在だったんですね・・

続けて、チョルガンに母親のことで脅されていたこと、チョルガンは、自分の文化財盗堀や麻薬売買、殺人などの悪事の数々を告発しようとしていたムヒョクを改造トラックで事故に見せかけて殺したことを打ち明ける。
チョルガン・・もう怒りしか沸いてこない!!

「目覚めた時、眠る時、いつも彼を思い出し、申し訳ないと後悔している」と号泣し、謝罪するマンボク。するとセリがジョンヒョクのために買ったムヒョクの時計(マンボクの息子が偶然拾っていた様子)を渡し「チョルガンの悪事の証拠のチップが入っています」と渡す。
家族を守らなければならないマンボクにとっては、かなり勇気にいった決断だったでしょうね・・

不正データを確認したジョンヒョクは、父チュンリュルにFAXで送ることに。
後日、捕まったチョルガンの裁判が開かれ、ジョンヒョクは証人として出廷し、証拠物は犠牲者であるムヒョクのものだと述べる。
チョルガンがついに裁かれるんですね!

チョルガンは否定するも「テロ犯罪、密輸、文化財密売の罪で全財産と市民権を剥奪、無期懲役の労働教化刑」という罰がくだされる。
しかし、その後、護送車を爆破させ、脱走し「あの女の首をとるために南に行く」とジョンヒョクに連絡するチョルガン。
やっぱりチョルガンは手強い・・

一方、セリは眠れず、外に出て「私と同じように、あの人も恋しがってくれているだろうか」と雪が降る中、愛について考えながら歩いているセリ。
するとセリの目の先にジョンヒョクの姿が・・。

愛の不時着 9話・10話 感想

拉致されたと思っていたセリと実家で再会したジョンヒョク。
ジョンヒョクの言葉に、セリの事が大切で、愛しているということを感じ、感動してしまいました♪母親ユンヒも、ムヒョクの死から心を閉ざしたジョンヒョクが感情を露わにしていることが嬉しそうでしたね!
そんな2人がついに離れ離れに・・何度もわざと道を間違えるジョンヒョクに「かわいい」とトキメキながらも、これが最後なのかと思うと切なくて涙なしでは見れないシーンでした。カムバックしたセリ・・チョルガンの悪事を暴いたジョンヒョク・・これで元通りと思ったら、やはり手強いチョルガン、ついにセリの命を狙うため韓国に。なんて奴なんでしょう!ジョンヒョクもセリを守るために韓国に・・セリを守り抜くことは出来るのでしょうか?

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください