愛の不時着-あらすじ-13話-14話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-愛の不時着-あらすじ-13話-14話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

愛の不時着

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
愛するジョンヒョクに、家族のように大事なチスたちとの幸せな時間・・チョルガンには捕まってほしいけど、このままジョンヒョクたちと一緒に暮らすことは出来ないのでしょうか。楽しそうな光景を見ていると、そう願わずにはいられません・・。

今回は13話からお伝えしていきますね♪

【愛の不時着】(ネタバレあり)

13話

家に戻ったセリは「突然だったからびっくりしたの」と話し、改めて誕生日会をするセリたち。そこでチスたちが北朝鮮の誕生日ソングを歌ってくれ、願いを込めながらケーキのロウソクを吹き消すセリ・・。
この幸せがずっと続けばいいのに・・

その後、セリの部屋を訪ねるジョンヒョク。
誕生日プレゼントとしてカップルリングを渡すジョンヒョク・・するとお互いの指にはめ合いながら「こんなに女性をときめかせるなんて、付き合ったことないなんて嘘でしょ?」と冗談を言いながら笑い合うセリ。
ジョンヒョクは密かに用意していたんですね♪かわいい♪

「ありがとう。何があっても、一生外さない・・あなたを覚えているから」とジョンヒョクの手を握るセリ・・。
この2人がまた離れ離れになるなんて考えたくありません!

ある日、マンボクに「大会が終わる5日後に選手たちと北朝鮮に戻るのが、一番安全な方法」と聞いたセリは「必ず安全に帰らせないと・・」とつぶやく。
セリはジョンヒョクに恩返しがしたいのでしょう・・

別れが近いことを悟ったセリはジョンヒョクとデートをして、素敵な思い出を作ることに。
ドライブ後、ジョンヒョクはスイスでの出来事を話し始める・・「授業をさぼって外で風景写真を撮ったんだ。するとそこに橋の上から飛び降りようとしていた女性がいた・・僕の好みの女性だったから、写真を撮って欲しいと頼んだ」と。

セリはその話を知っている素振りで「その場所はどこ?」と質問すると「シグリスヴィルの橋の上だ。あれからずっと、あの女性は無事だろうかと考えていた」と言って、セリがかつて死のうとしていた時に録音していた遺言が入っているレコーダーを手渡すジョンヒョク。
死のうとしていたセリに写真撮影を頼み、命を救ったのはジョンヒョクだったのだ。
まさか、ピアノを弾くジョンヒョクに出会った以外にも、2人は出会っていたなんて・・もう運命ですよね、まさに!

その夜、お店で日韓戦を見ながら盛り上がるジョンヒョクたち一行。
マンボクがタバコを吸おうと外の出ると、そこにチョルガンが現れ、息子の命をだしに再び自分に協力するよう脅す。
・・帰宅し、リビングで悩むマンボク。するとジョンヒョクが声を掛ける・・マンボクは決意した様子で「チョルガンは子どもをだしに脅迫してきた。しかし、怖いけれど・・今回は戦う!」と。
今回は負けずに戦うことにしたマンボクがかっこいいです!

ジョンヒョクたちが北朝鮮へ帰る夜。
荷物を整え、準備万端なチスたち・・すると「私はオ課長と会って、やるべきことがあるから、あとで合流する」と話すジョンヒョク。
その会話を聞いているチョルガン・・。
チョルガンはなぜ盗聴できているのでしょうか?

一方、セリが帰国出来ないように妨害していたのがセヒョン夫婦だと知った父は激怒し、辞任をするよう伝える。
すると帰りにセヒョンはチョルガンに「セリは自分で車を運転して帰る。お前の好きに処理しろ」と話す・・。
セヒョンはセリを処分してほしいようですね・・

セリが車で帰宅途中、数台の車に囲まれてしまう・・チョルガンの仕業の様子。
窮地に陥ったセリ・・と思われたが、セリの車から降りてきたのはチスたち5人だった。チョルガンの手下はパイプ片手に襲ってくるも、特殊部隊のチスらは次々と敵を倒していく。
・・どうやらマンボクが利用される振りをして、嘘の情報を流し、チョルガンを罠にはめるというジョンヒョクたちの作戦だった様子。
なるほど、わざと盗聴させていたのですね!

一方、ジョンヒョクが1人でオ課長に会いに行くとそこにはチョルガンと手下たちが・・。
そこにチスたち5人が助けにやってくる・・マンボクが裏切ったことを知ったチョルガンはマンボクを撃ち、人質に。

マンボクを人質にして倉庫から出て、隠れているチョルガンが、倉庫から出てきたジョンヒョクに銃口を向けている。
・・その光景を車から見ていたセリは、ジョンヒョクを守るため、車を発進させ、撃たれてしまう。
セリは大丈夫でしょうか!?

ジョンヒョクは怒りに震え、チョルガンを撃つ・・倒れるも再び起き上がろうとするチョルガンを撃つマンボク。
その後、ジョンヒョクは車に駆けつけ、ドアを開けるとグッタリと意識のないセリを抱き、名前を呼び、涙を流す・・。

14話

病院に搬送され、緊急手術をすることになったセリ。
手術は無事に成功・・そんなセリを遠くからずっと心配そうに見守るジョンヒョク・・。
しかし、3日経っても意識が戻らないセリを心配している様子のチスたち・・。
セリをずっと見つめ、睡眠もとらず見守るジョンヒョクの愛に感動してしまいます・・

その後、目覚めたセリはジョンヒョクに「私のボディーガードなのになぜ、傍にないの?」と電話を掛ける。すると「すぐに行く」と病室に向かうジョンヒョク・・。
セリを見たジョンヒョクは「君が死んでしまったら、どうやって生きていけばいいのか・・」「愛してる」とセリを抱きしめる。
この2人はきっと何があっても気持ちが離れることはないでしょうね・・

するとそこにチスたち5人がやってくる。
知らせていないのに意識を取り戻したことを知っている5人を不思議に思うジョンヒョク。
どうやらマンボクは警備が厳しく病室に入れないからと、盗聴器を仕掛けていた様子。
マンボクは「セリさんが聞くべき内容が入っている」とレコーダーを手渡す。
マンボクの職業病でしょうかww

そのレコーダーにはセリ母が、かつて死のうと思っていたことや、置き去りにしたことへの懺悔や後悔して戻ったけどセリがいなかったこと、そしてセリが実家に来るたびにとても嬉しかったことなど、謝罪と感謝の気持ちを話している内容が入っていた・・。
それを聞いて涙を流すセリ・・。
セリと母親のわだかまりが解けていった瞬間ですね・・

一方、ジョンヒョクがセリを守るために韓国へ行ったことを知ったダンが心配なスンジョン。自分が逮捕されるのも覚悟で、橋の上で待ち合わせをする。
ダンが、ジョンヒョクが去った理由が自分に魅力がないからだと落ち込んでいるのを見て「ダンさんはきれいだ。髪をおろしていても、結んでいても、化粧をしていなくても女神のようだ」と褒めたたえるスンジュン。

すると「僕にいい人になりたいと思わせるくらい、いい女だ」と告白するスンジュンに突然キスをするダン・・驚くもダンの頬に手をあて、キスをするスンジュン・・。
この2人がやっと気持ちに素直になったんですね♪

その頃、北朝鮮から韓国に密入国した人物はジョンヒョクとチョルガンだと突き止めた、韓国国家情報院NIS。
そこでセリの撃たれた事件と関わりがあるのではと疑い、セリの元へ。
セリはNISの要員に「犯人を知っていたら、捕まえることが出来ますか?」と話し、家族を呼んで欲しいと話す。

病室集まるユン一家。
そこでセヒョン夫婦がチョルガンと繋がっている証拠のレコーダーを聞かせるセリ・・激怒した父は「お前はもう俺の息子ではない!」と勘当し、それでも悪態をつく息子セヒョンを平手打ちする母。
セヒョン夫婦は本当に自分たちのことしか考えていない様子

一方、ジョンヒョクが韓国にいる証拠写真をチョルガンと繋がっている長官から突きつけられるジョンヒョク父は総政治局長を辞任するよう脅迫される。
しかし「知らないのか?息子に秘密の指令を出したのは私だ」と嘘をつくジョンヒョク父。
ジョンヒョク父も、息子を信じ、家族を守るために必死に耐えてくれているようです!

チョルガンはセリの警備をチスたちに任せ、チョルガンの隠れ家へ。
そんなチョルガンを尾行しているNIS・・それに気付きながらも、チョルガンの元へ行き、銃口を向けるジョンヒョク。

するとNISが「銃をおろせ」とジョンヒョクに狙いの照準を合わせる・・それを見たチョルガンは「お前に俺は撃てない。撃てばお前も死ぬ」と両手をあげる。
とみせかけ、ポケットから隠し持っていた銃をジョンヒョクに向けるチョルガン・・。

愛の不時着 13話・14話 感想

ジョンヒョクがセリにカップルリングを贈りましたね!!離れ離れになってしまうからこそ、繋がりを証明する物が欲しかったのかもしれませんね♪それにしても、こっそり準備しているなんて、可愛いです♪
そんな深い愛で、想い合っているセリとジョンヒョク・・セリはジョンヒョクを守るために銃に撃たれてしまいましたね。意識が戻るまで、本当に心配そうに一時も欠かさず、セリを見守っているジョンヒョクの姿を見ていると、胸が締め付けられ苦しかったです。
目覚めた後は、セリのお世話を過剰なくらいするし、キスはするし、愛情表現満載なジョンヒョクがこれまた可愛かったですww
いよいよチョルガンと最終対決の時が来た様子・・ジョンヒョクはチョルガンを止めることが出来るのでしょうか?

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください