愛はぽろぽろ-あらすじ-55話-56話-57話-感想つきネタバレありでご紹介!

韓国ドラマ-愛はぽろぽろ-あらすじ-55話-56話-57話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

愛はぽろぽろ


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
チェリンはパンウルの彼氏がサンチョルだと勘違いしています。そして未亡人のパンウルをウヒョクが好きになるはずがないと思い込み、自分にチャンスがあると喜んでいます。
ウヒョクはヘウォンにパンウルを優秀な社員として食事をご馳走しようと言い、席を設けました。緊張するパンウルの前に現れたヘウォン。

【愛はぽろぽろ】(ネタバレあり)

55話

パンウルはヘウォンに挨拶をする。
ヘウォンはパンウルに新メニューを開発してくれてありがとうと言う。
パンウルは一生懸命に頑張ると言う。

お粥を食べたヘウォンは変わった味がすると言う。
パンウルは中に入っている材料をすべて当てる。
ウヒョクは、パンウルは絶対味覚の持ち主だと言う。
ヘウォンはそれが新メニューの開発の助けになったのかと言う。

ヘウォンは会社に戻った。
パンウルはウヒョクに大丈夫だったかと聞く。
ウヒョクはハキハキして良かったと言う。
パンウルはしとやかに話せば良かったと言う。

ウヒョクはパンウルにお母さんを捜そうと思ったことはないのかと聞く。
実はこの前似ている人を見つけたのだと言う。
それ以来DNA鑑定を申し込もうかと思っていると言う。

パンウルはウヒョクにあなたの気持ちを受け入れてからずっと不安だったと言う。
平凡な交際相手でも気後れするのにBHグループの御曹司だなんて好きになるほど心配になっていたと言う。
ウヒョクはなぜ今まで黙っていたのかと聞く。
パンウルは両親が反対していたし、私まで不安なことを言ったらあなたがつらいと思ったと言う。

パンウルは私に取りえがなくてごめんなさいと言う。
ひき逃げの殺人者よりずっといいですよ

チェリンはサンチョルにコンサートのチケットを渡す。
あなたの好きな歌手が出ていると言う。
サンチョルは何か魂胆があるのかと聞く。
チェリンはこのチケットを見たらあげたくなっただけだと言う。

サンチョルは気持ちだけ貰うと言う。
チェリンはあなたに今までひどうことをしてきたけど、これからは仲良くしたいと言う。
サンチョルは無理だと言う。
チェリンは嫌ならいいと言って行ってしまった。

ウギョンはワンに結婚準備の話をする。
ワンは付き合うとは言ったが結婚するとは言っていないと言う。
ウギョンはこの年で付き合ったら結婚だろうと言う。
ワンは今はミュージカル講演を成功させることしか考えていないと言う。

チェリンは店舗にいるパンウルに会いに来た。
店舗を改装して困っていることはないかと聞くチェリン。
パンウルはやりやすくなったと言う。
チェリンはパンウルに公演のチケットを渡す。
パンウルは公演など疎いと言って断ろうとする。

チェリンは料理以外のことにも興味を持って他の分野を知ると役に立つと言う。パンウルはありがたく貰うと言う。
チェリンは大切な人と行ってくれと言う。
あなたの大切な人と行くことになると思いますよ

ヘウォンはヨンスクにウギョンとワンを結婚させるつもりがあるならワンを歯医者に戻るように説得してほしいと言う。
歯医者に戻るなら開業資金は用意すると言うヘウォン。

ウヒョクはその話を聞いて好き会っているのだから干渉しすぎではないかと言う。
ヘウォンはウギョンの相手が無名の演出家では世間体が良くないと言う。
ウヒョクは好きあっているのだからいいだろうと言う。

ウヒョクは俺の彼女が釣り合わなくても受け入れてくれと言う。
ヘウォンは、あなたはそんな人を好きにならならないだろうと言う。
ウヒョクはどうなるかわからないと言う。
ウヒョクはハイスペックな女性とも付き合ってみたけれど、相性のいい人が一番だと言う。
絶対に大反対しますから

ウヒョクはパンウルの家のトイレが詰まったのを直す。
長時間かけて直していたため洋服が臭くなってしまった。

車に戻ったウヒョク。
サンチョルはこの臭いはどうしたのかと聞く。
ウヒョクはトイレが詰まり直していたけれど息ができなくて死にかけたと言う。
サンチョルはトランクから着替えを出す。

刑事がヨンスクの家に来た。
2010年に白い車を所有していたかと聞く刑事。
ヨンスクは乗っていたと言う。
刑事はその車で11月頃大川に行かなかったかと聞く。
ヨンスクは昔のことだから覚えていないと言う。

ヨンスクはなぜそんなことを聞くのかと聞く。
刑事はひき逃げ事件の調査中だと言う。
刑事は買ったばかりの車を売ったのはどうしてかと聞く。
ヨンスクは娘の留学が決まって同行したからだと言う。

刑事は何か思い出したことがあったら連絡してほしいと名刺を渡し、帰って行く。

チェリンにもらったチケットで公演を見に行くパンウルとウヒョク。
そこにチェリンとウギョンもやってきた。
ウヒョクを見つけたウギョンは声をかける。

56話

チェリンはウヒョクとパンウルがいるので驚く。
なぜ2人でいるのかと聞くチェリン。

そこにサンチョルが走ってきた。
ウヒョクにチケットは売り切れだそうだと言うサンチョル。
サンチョルは本部長の分は買えなかったからパンウルと2人で見ると言うサンチョル。
ウヒョクはそれなら俺は帰ると言う。

ウギョンはそれなら私は帰るからあなたが見て行けと言う。
チェリンに誘われたけれど気が進まなかったのだと言う。
チェリンはここまで来たのに残念だと言う。
ウヒョクと見られることで嬉しいくせに!

チェリンはウヒョクに一緒に見ようと誘う。

ウヒョクはサンチョルを呼ぶ。
意味が解らないと言うウヒョク。
サンチョルはこの公演のチケットは最初チェリンが私にくれようとしたものだと言う。
そのチケットをパンウルがもらったと聞き、なぜかチェリンが現れるような気がしたと言う。
ウヒョクは困った状況になりかねなかったと言う。

サンチョルは早く会長にパンウルのことを話すべきだと言う。
ウヒョクは姉の結婚騒動が起きたから今は様子を見ていると言う。
パンウルにも時間が必要だと言う。

公演が終わりウヒョクはコーヒーでも飲みに行こうと誘う。
チェリンはパンウルとサンチョルに忙しいなら帰ってもいいと言う。
サンチョルとパンウルは大丈夫だと言う。
チェリンは気が利かないと内心ムカつく。
邪魔なのはあなた!

チェリンはサンチョルに私がウヒョクを送るからあなたはパンウルを送って行ってあげてと言う。
ウヒョクは来た時と同じように3人で帰ろうと言う。
2人でパンウルを送って行こうと言うウヒョク。
チェリンはそれなら私は帰ると挨拶をして行く。

ヘウォンはウヒョクになぜサンチョルたちについて行ったのかと聞く。
社員とは距離をおけと言う。
ウギョンは、お母さんは人をランク分けしていると言う。
ウヒョクは、それは差別だ、人間は平等だと言う。
その言葉に驚くヘウォンとウギョン。

チェリンはウヒョクにパンウルとサンチョルは恋人同士だと言う。
驚くウヒョクにチェリンはいつもサンチョルと一緒なのに気付かなかったのかと言う。
2人で行くと予想してチケットをあげたのだと言う。

ウヒョクはあの2人はそんな仲ではないと言う。
チェリンは、昨日はあなたの鈍さに唖然としたと言う。
その言葉はそのままあなたに返します

ウヒョクはゲヌンの家のトイレ修理を手配した。
スンボクたちはそれを知らずに誰が頼んだのか考える。

ウヒョクはビョルとスンボクに会いに来た。
スンボクは買って来てくれた焼き芋を食べる。
スンボクはこの焼き芋はドンジュンが買ってきてくれたものだと言う。
ドンジュンが亡くなって買わなくなったけれど本部長が買ってくれてまた食べるようになったと言う。

ビョルはウヒョクをトイレに連れて行く。
新しくなった便器を見せるビョル。
ウヒョクはあの便器は写真よりいいと言う。
スンボクはあなたが頼んでくれたのかと聞く。
ウヒョクはそうだと言う。

スンボクは誰が頼んでくれたか見当もつかなかったと言う。
ウヒョクは気付いてもらえなくて寂しいと言う。
スンボクはお金を払うと言うがウヒョクは要らないと言う。
ビョルとお義母さんの役に立てれば嬉しいと言う。

刑事はパンウルに会った。
調べたら何人か怪しい人がいたと言う。
パンウルは調べてくれて嬉しいと言う。

刑事を見送るパンウル。
そこにヨンスクがやってきた。

57話

パンウルはヨンスクとすれ違う。

ワンはウギョンに花束と手紙を渡し、プロポーズする。
ウギョンはワンに愛していると言う。
2人は抱きしめ合う。

ヨンスクはヘウォンにワンを歯医者に戻すのは無理そうだと言う。
チェリンは、伯父はミュージカルへの情熱が強いと言う。
今度のミュージカルが失敗でもしたらもう一度歯医者を勧めてみると言う。
ヘウォンは考えてみると人の人生に口を挟み過ぎたと言う。

ウギョンは母のヘウォンがワンに歯医者に戻れと言ったことを聞いた。
ウギョンは私たちを結びつけたのはミュージカルなのにひどいと怒り出す。
ワンはウギョンに俺を理解してくれるのは君しかいないと言う。

研究室にいるパンウルに声をかけるチェリン。
パンウルはチェリンに気のせいかもしれないけれど、今までより私に優しくなった気がすると言う。
チェリンは、最初は学歴や経歴が気に入らなかったけれど実力もあるし、学ぶ点も多いと言う。
今は同僚として好きだと言う。
恋のライバルと知ったら? 怖いですね~

パンウルはウヒョクが家の便器を直してくれたと知り、コーヒーの差し入れを持っていく。
パンウルは便器を直してくれたと聞いて感動したと言う。
ウヒョクは、感動は突然訪れるものだと言う。
パンウルは私にできるのはコーヒーを奢ることくらいだと言う。
ウヒョクはこのコーヒーを待ちわびていたと言う。

ウギョンはヘウォンに、先生にミュージカルは辞めて歯医者に戻れと言っただろうと言う。
ヘウォンは、彼は思ったより軽薄な人だったようだと言う。
彼に抗議しろと言われたのかと聞く。
ウギョンはお母さんが先生の人生を操ろうなんて横暴すぎると言う。
私の方が先生を好きなのだから先生の機嫌を損ねるようなことはしないでくれと言う。

その話を聞いていたウヒョクは、今回はお母さんが悪いと言う。

ヨンスクはチェリンに香水を買ってきた。
チェリンは、これはサンチョルが好きな香りだから使っていただけだと言う。
返品すると言うヨンスクにチェリンは使い道があるからもらうと言う。

ウヒョクとパンウルは一緒に出勤する。
パンウルは会社の近くで車を降りる。
それを見ていたチェリンはサンチョルがウヒョクの車にパンウルを乗せて来たと思った。
運転手を見ていなくて良かったですね

チェリンはパンウルに香水をあげる。
パンウルは断るが、たくさん持っているから使ってくれと言うチェリン。

さっそく香水をつけて見るパンウル。
サンチョルはパンウルに香水をつけているのかと聞く。
パンウルはチェリンがくれたのだと言う。

ウヒョクは日本出張の土産をパンウルの家に持ってきた。
たくさんの土産によろこぶビョルやスンボク。
納豆がありますね~

そこにジヨンとドンミンが帰ってきた。
2人はウヒョクに会うのは初めてだった。
ウヒョクは挨拶をする。
ジヨンは想像していたよりハンサムだと言う。
ジヨンはウヒョクに次々と質問をする。
その口を塞ぐドンミン。

ゲヌンはパンウルにウヒョクを見送って行けと言う。
パンウルは、義姉はアメリカ育ちだからストレートだと言う。
ウヒョクは仲良くないのかと聞く。
悪くはないけれどビョルを可愛がってくれると言う。

ヨンモクはチェリンに見合いをしろと言う。
チェリンはウヒョクのことを待っていると言う。
ヨンモクは待っているうちに歳をとってしまうと言う。
ヨンスクはいい人がいるのかと聞く。
ヨンモクは検事総長の次男で有能な検事だと言う。

チェリンとヨンスクは声をそろえて駄目だと言う。
検事の嫁が犯罪者になるなんてありえませんから

チェリンはウヒョク一筋だと言い自分の部屋に行ってしまう。
ヨンモクはヨンスクにチェリンを説得しろと言うが、ヨンスクは私も検事は嫌だと言う。

チェリンはジヨンに義妹の恋愛は順調かと聞く。
ジヨンは彼氏と会ったと言う。
名前はパク・ウヒョクだと言う。
チェリンは間違いだろうと言う。
ジヨンはあそこにいる人だと言う。

その先にいるのはウヒョクだった。
驚くチェリン。

55~57話感想

パンウルとウヒョクの2人のシーンは見ているこちらも照れてしまいます。
恋は人を変えるのですね~。
ワンとウギョンはとにかくおめでとう。ヘウォンはワンがミュージカルの演出家でもよく思わないのですから、ウヒョクの相手がパンウルだとわかったらどんなことをしても別れさせるでしょうね。
いよいよチェリンはパンウルとウヒョクの関係を知ってしまったようです。

好きな歴史物のドラマのアンケートをしています!良かったら協力お願いします!!
アンケートはこちらから


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください