愛はぽろぽろ-あらすじ-58話-59話-60話-感想つきネタバレありでご紹介!

韓国ドラマ-愛はぽろぽろ-あらすじ-58話-59話-60話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

愛はぽろぽろ


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ワンはウギョンにプロポーズしました。ウギョンはワンとの結婚に喜んでいます。
チェリンはパンウルの恋人がサンチョルだと勘違いし、自分はウヒョクとはまだチャンスがあると思っているようです。しかしジヨンからパンウルの恋人がウヒョクだと聞き驚くチェリンです。

【愛はぽろぽろ】(ネタバレあり)

58話

ジヨンはあそこにいる人がパンウルの恋人だと言う。
チェリンがその方向を見るとウヒョクがいた。
ジヨンはこの前日本に出張に行ったとかで土産を持ってきたときに初めて会ったと言う。
ジヨンはどうやったらあんないい男を捕まえられるのだろうと言う。

チェリンはこれが事実なら許さないと言い、ウヒョクを捜しに行く。

ウヒョクはウヒョクがヘウォンの部屋にいると聞き、やってきた。
チェリンはウヒョクに確認したいことがあると言う。
ウヒョクは何かと聞く。

チェリンはパンウルとの仲を聞こうとしたが、ここで否定されたら終わりだと思い言うのを止めた。
チェリンはパンウルを本社に戻したらどうかと言う。
パンウルと一緒に各国の嗜好に合う味を研究したいと言う。

ウヒョクは、パンウルは店舗にいる方が仕事がはかどるタイプだと言う。
ヘウォンはチェリンのために何とかしてあげろと言う。
ウヒョクはパンウルに聞いてみると言う。

ウヒョクに大切にされるパンウルはこんなに幸せでいいのかと言う。
この幸せが消えそうで怖いと言う。
ウヒョクは俺について来れば大丈夫だと言う。
いっそ明日母に会うかと聞く。
パンウルはまだ駄目だと言う。

ウヒョクは心の準備ができるまで今の幸せだけを考えていればいいと言う。
後で起きることはその時に克服すればいいと言う。
克服できればいいですが

ウヒョクはパンウルにキスをする。

それを見ていたチェリン。
チェリンは泣き出す。

家に帰ったチェリンは殺してやると言う。
ヨンスクは何があったのかと聞く。
チェリンはパンウルが付き合っている相手はウヒョクだったと言う。
チェリンはキスしているところを見たと言う。
殺してやると言うチェリン。
2人目の殺人になりますよ

チェリンはお母さんが相手はサンチョルだと言ったから悪いと言う。
そのときわかっていたら何とかできたと言う。
ヨンスクはどうするつもりかと聞く。
チェリンはウヒョクにパンウルが未亡人だと言うことを話すと言う。
きっと隠して誘惑したはずだと言う。

チェリンはウヒョクを家の前で待っていた。
ウヒョクはチェリンに朝から何の用事かと聞く。
チェリンは一睡もできず悩んだけれど話すべきだと思って来たと言う。

チェリンはパンウルと付き合っているだろうと聞く。
ウヒョクはそうだと答える。
チェリンはパンウルがどうやって迫ったかわからないけれどあなたがなびくなんて理解できないと言う。

ウヒョクは、パンウルは迫っていない、俺が彼女を好きで口説き落としたのだと言う。
ウヒョクはどこで聞いたのかわからないが不愉快だと言う。
君に言われる筋合いはないと言う。

チェリンは、パンウルは未亡人だと言う。
あなたは騙されていると言う。
ウヒョクは知っていると言う。

チェリンは知っていて付き合っているのかと聞く。
会長が知ったら卒倒すると言う。
ウヒョクはそれなら頼みがあると言う。
母に話すタイミングを考えているから当分黙っていてくれと言う。
チェリンは無理だと言い、車で帰って行く。

会社に出勤したウヒョクはチェリンを呼ぶ。
チェリンはウヒョクに会長が知る前に別れてくれと言う。
チェリンは、パンウルは周囲にいないタイプだから惹かれたのだろうと言う。
しかし結果はわかりきっていると言う。

ウヒョクはパンウルのことが好きだとわかってから自分も否定もしたし避けようともしたと言う。
だけど逃がしたら一生後悔しそうで苦労を承知で選んだのだと言う。
パンウルも住む世界が違うと突っぱねたが、ようやく振り向いてくれたのだと言う。
ウヒョクは会長には黙っていてくれと言う。
お願いだと言い頭を下げるウヒョク。

ウヒョクの部屋を出たチェリンは大泣きする。

ウヒョクはパンウルにチェリンにわかってしまったと言う。
しかし黙っていてくれと頼んだから心配するなと言う。
頼みをきくような女ではありませんよ

ウヒョクはパンウルに大変だろうが心の準備をしてくれと言う。
近いうちに母に話そうと言う。
パンウルはわかったと言う。

チェリンはサンチョルを呼び出す。
やってきたサンチョルの頬を叩くチェリン。
サンチョルは何をするのかと怒る。
チェリンはパンウルと付き合っていないくせに嘘をついたと言う。
サンチョルは付き合っているとは言っていないと言う。
君が都合よく解釈しただけだと言う。

チェリンは、あなたは2人が付き合っているのを隠すようにしていたと言う。
サンチョルはそうだとしても君に殴られる覚えはないと言う。
何様のつもりだと言うサンチョル。
僕は君にウヒョクを諦めるように忠告したと言う。
君のために邪魔をしたのだと言う。

ウヒョクはサンチョルにパンウルを母に紹介したいが思ったよりパンウルが怖がっていると言う。
君がパンウルを勇気づけてあげてほしいと言う。

サンチョルはパンウルを誘って屋台に行く。
サンチョルは会長に会うのが怖いのかと聞く。
パンウルはウヒョクの気持ちを受け入れた時は覚悟をしていたけれどその時が迫るとさらに怖くなると言う。
サンチョルは越えなくてはならない山だと言う。

パンウルはジヨンがチェリンの後輩だったと言う。
サンチョルは、チェリンはどこまで知っているのかと聞く。
パンウルは未亡人だとは知っているが子持ちだとは知らないだろうと言う。

パンウルは勇気が出せない理由はビョルだと言う。
私は何を言われてもいいけれどビョルが傷ついたら耐えられないと言う。
でもウヒョクには言えないと言う。
パンウルは、私は女である前にビョルの母親だと言う。
確かに! ビョルのことまで悪く言いそうです

チェリンはヘウォンに会いに行く。
話があると言うチェリン。
チェリンはパンウルと一緒に話がしたいから研究室まで来てほしいと言う。

チェリンは研究室にヘウォンを連れて行った。

パンウルはヘウォンが入って来たので驚く。

59話

チェリンはパンウルに味付けカルビのソースを作っているのかと聞く。
そうだと答えるパンウル。
チェリンはヘウォンに頑張っているパンウルに激励の言葉をかけてあげてくれと言う。
ヘウォンはチェリンに随分同僚思いだと言う。

ヘウォンはパンウルにウヒョクやチェリンが応援してくれてラッキーだと言う。
パンウルは能力以上の評価をしてもらい恐縮だと言う。
チェリンはパンウルのこういう謙虚なところも好きだと言う。

チェリンはパンウルに会長に試食してもらえと言う。
緊張して肉を焼こうとしたパンウルは肉を落としてしまう。
チェリンは会長の前だから緊張しているようだと言う。

研究室を出たヘウォンはチェリンにパンウルを励ますために研究室に連れて行ったのかと聞く。
チェリンは最近パンウルが、ソースの開発がうまくいっていないから会長から励ましてもらえば力が出ると思ったのだと言う。
ヘウォンはチェリンにあなたは顔だけでなく心まで綺麗なのねと言う。
心は真っ黒でドロドロですよ

ヨンスクはチェリンにウヒョクのことは諦めないのかと聞く。
チェリンは絶対にパンウルには渡さないと言う。
ヨンスクは会長には黙っていろと言う。
ウヒョクと気まずくなっては駄目だと言う。
チェリンは2人の交際を認めろと言うのかと聞く。
ヨンスクはそうだと言う。

ヨンスクはパンウルに優しくすればウヒョクにも好感を持たれると言う。
振り向かせる手段だと言う。

パンウルはウヒョクとサンチョルに会長の前で失敗してしまったと言う。
しかし、チェリンのおかげで何とか終わらせたと言う。
チェリンが私のことを褒めてくれたのでありがたかったと言う。

ウヒョクはチェリンを呼ぶ。
会長の前でパンウルを褒めてくれてありがとうと言う。
チェリンは肉を落としたのが残念だったと言う。

ウヒョクはパンウルとの交際で不愉快な思いをさせたうえに母の口止めまで頼んだのに応援までしてくれるとは有り難いと言う。
チェリンは人を好きになる気持ちがわかるからだと言う。

チェリンはサンチョルに八つ当たりして悪かったと謝る。
昔からあなたはすべてを受け入れてくれたから甘えてしまったと言う。
サンチョルはずっと見知らぬ人間のように扱ってきたのに急にどうしたのかと言う。
チェリンは、思い出は残っていると言う。

サンチョルはチェリンにウヒョクとパンウルの仲を認めるのかと聞く。
チェリンは私が認めるも何も最初に聞いた時は腹が立ったけれど仕方ないと言う。
嘘つきです!

ウヒョクはパンウルに今週末に母に挨拶しようと言う。
ウヒョクはいつまでもチェリンに口止めをしているのは申し訳ないと言う。
パンウルは私のことを会長にどこまで話すつもりかと聞く。
ウヒョクは、今回は挨拶だけにしようと言う。
君が帰ったあとにご主人が亡くなったことを伝えると言う。
折りを見てビョルの話もすると言う。

パンウルはビョルのことは最初に話をするべきではないかと言う。
隠していたと誤解されるかもしれないと言う。
ウヒョクは母には君と言う人間を偏見持たずに見てほしいのだと言う。
パンウルはウヒョクに従うと言う。

スンボクが腰を痛めてしまった。
ご飯を炊けないジヨンはレトルトのご飯で夕食を用意する。
呆れるスンボク。

ウヒョクはヘウォンに今週末開いているかと聞く。
ウギョンは先生を招待したと言う。
ウギョンはヘウォンにせっかくだからチェリンの家族も呼ぼうと言う。
ウヒョクはパンウルを呼ぶと言えなくなってしまった。

パンウルはスンボクのために休みを取った。
スンボクの腰に湿布をしてあげるパンウル。
ご飯もこれで安心ですね

ウギョンの家に招待されたヨンスクはガンジャを呼び出す。
ガンジャにパックをプレゼントする。
ヨンスクは今週末に家族全員が招待されたから、その時は外にいてほしいと頼む。
ガンジャはお客様の料理は私が作るのだから無理だと言う。

ガンジャはいっそ正直に話せと言う。
ヨンスクは話せないから私の店で毛染めをしていてくれと言う。
ガンジャはわかったと言う。

スンボクは週末にパンウルがウヒョクの家に挨拶に行くと聞き、ジヨンの部屋からパックを持ってくる。
ビョルと3人でパックしながら寝ているとウヒョクがやってきた。

ウヒョクは、今週末は家に用事があったから挨拶は延期してほしいと言う。
パンウルは大丈夫だと言う。
スンボクはパンウルの状況を考えると傷つくのではないか心配だと言う。
ウヒョクは自分が全力で守ると言う。

ガンジャはヘウォンに週末は休みをもらいたいと言う。
ヘウォンは事情があるなら仕方ないと言う。
ヘウォンはチェリンに外食にしようかと聞く。
チェリンは私とうちの家政婦で料理を作ると言う。

ウギョンはウヒョクにワンを迎えに行ってほしいと頼む。
チェリンはウヒョクの家で料理を作る。

チェリンは研究室にいるパンウルに電話をする。
チェリンは研究室に置いてあるソースを使いたいから届けてほしいと言う。
またまたパンウルを傷つける作戦です

パンウルは住所を送ってくれたら帰りに届けると言う。

パンウルはウヒョクの家にやってきた。
家から出てきたチェリンのソースを渡すパンウル。
チェリンはお茶でも出したいけれどここは会長の家だと言う。

パンウルはここがウヒョクの家だと知り驚く。

60話

パンウルはソースを届けた家がウヒョクの家だと知る。
チェリンは、今日は家族の集まりがあるのだと言う。
チェリンはウヒョクと交際をしていると聞いたが、今日は忙しいからゆっくり話ができないと言うチェリン。

家に戻ったチェリンはパンウルの届けたソースを捨てる。

ワンを迎えに行って家に戻ったウヒョク。
チェリンが料理を作っているのを見てチェリンは客だろうと言う。
ヘウォンは家政婦が休みだから手伝ってもらったのだと言う。
チェリンは私が好きでやっているのだと言う。

ウヒョクは俺たちの関係を考えるとやり過ぎだと言う。
ヘウォンはせっかく手伝ってくれたのにその言い方はないと言う。
ウヒョクは俺の立場も考えろと言う。
ワンもチェリンに俺もお前のエプロン姿を見て驚いたと言う。
ウヒョクの言う通りやり過ぎだと言う。
チェリンはそこまで考えなかったと言いエプロンを外す。
人を傷つけるようなことをするからですよ

ビョルはウヒョクと一緒に凧揚げをしたくてサンチョルに電話をかけてくれと頼んだ。
電話に出たウヒョクはビョルに今日は忙しくて行けないと謝る。

がっかりしたビョルにサンチョルはおじさんと凧揚げをしようと言う。
ビョルは喜ぶ。
帰ってきたパンウルにビョルはママも一緒に行こうと言う。

サンチョルと凧揚げをして喜ぶビョル。
突然凧の糸が切れてしまった。
飛んでいってしまう凧。
ビョルは凧を追いかけようとして転んでしまった。

サンチョルとパンウルはビョルに駆け寄る。
手に擦り傷を負ってしまったビョル。
パンウルはビョルに消毒をしてあげる。

ビョルはパンウルに凧を探しに行くと言う。
サンチョルは飛んでいってしまったから無理だと言う。
サンチョルは伯父さんが凧を作ってあげると言う。
ビョルはウヒョクが作った凧を見せ、これと同じように作ってくれと頼む。

ヘウォンはウヒョクにチェリンに冷たかったと言う。
ウヒョクはチェリンとあまり親しくしないでほしいと言う。
ヘウォンはチェリンと別れたと思っていないと言う。
ウヒョクは完全に終わっていると言う。
ウヒョクはチェリンに家に出入りしてほしくないと言う。
ヘウォンはそんなにあっさり切り捨てないで欲しいと言うが、ウヒョクはチェリンと恋仲になる可能性はゼロだと言う。
今後はチェリンを嫁にしたいと考えないように

外に泊まることになったガンジャがホテルのスイートルームに泊まるから部屋代を払ってくれとヨンスクに電話をかけてきた。
ヨンスクはヨンモクに店に行ってくると言いホテルに向かう。
ガンジャにお金を渡し帰ろうとするとヨンモクが待っていた。

ヨンモクはここが店かと言う。
上の部屋で誰と会っていたと怒っているヨンモク。
ヨンスクは私を尾行したのかと聞く。
ヨンモクは最近のお前の行動は怪しいと言う。

ヨンスクは私が誰と会っていたか確認して見たらいいと言い、ガンジャの部屋にヨンモクを連れて行く。
ヨンモクは部屋にいるのがガンジャだとわかり気まずい。

ウヒョクは夜にパンウルに会おうと言うが、パンウルは疲れたと断ってしまう。

翌日ビョルの幼稚園の前で待っていたウヒョク。
ビョルは昨日サンチョルと凧揚げをして転んでしまったと言う。
ウヒョクはサンチョルと3人で遊んだので疲れて会えないと言ったのかと聞く。
パンウルはビョルが怪我をしたせいで疲れたのだと言う。
ウヒョクはパンウルの機嫌が悪い理由が母への挨拶を延期したからと思った。
昨日は姉が恋人を呼んで会食したのだと言う。

チェリンとパンウルはエレベーターを待っている。
チェリンはパンウルに昨日はソースを届けてくれたおかげで美味しい料理が出来たと言う。

ヘウォンがエレベーターから降りてきた。
チェリンが着けているブローチに気付いたヘウォンはよく似合っていると言う。
チェリンはどんな洋服にもあうので重宝していると言う。
ヘウォンはお疲れさまと言って帰って行く。

エレベーターの中でチェリンは誤解しないでくれと言う。
チェリンは以前ウヒョクと交際をしていたけれど別れたと言う。
パンウルは聞いていると言う。
チェリンは交際中に会長が姑の遺品をくれたのだと言う。
別れたのなら返しなさい!

落ち込んで帰るパンウルに声をかけるサンチョル。
パンウルは酒を飲みたいから付き合ってほしいと言う。

パンウルは何も持っていない自分が嫌になったと言う。
大川にいた時から誰かを羨むことは一度もなかったと言う。
いつも夢があって毎日楽しかったと言う。
でも会長にあった時に、どうしようもなく気後れしたと言う。
サンチョルは僕も会長の前では気後れすると言う。
パンウルは、チェリンは自信満々だと言う。

こんな私がウヒョクのそばにいていいのか自信がなくなったと言う。
サンチョルは、気持ちは理解できるが、ウヒョクの好きなのはあなただろうと言う。
パンウルはもっといい環境に生まれたかったと考える自分が嫌だと言う。

酔っ払ったパンウルを支えながら歩くサンチョル。
パンウルは本音を話せるサンチョルがいてくれてよかったと言う。

そこにウヒョクが来た。
ウヒョクはサンチョルにここまで飲ませるなと怒る。

58~60話感想

チェリンはパンウルに見せつけるような意地悪ばかりしていますが、肝心のウヒョクの気持ちはパンウルに向かっているのですから無駄な努力だと思います。
サンチョルとビョルとパンウルの3人は親子のようです。見た目もサンチョルの方がビョルの父親にピッタリです。いいお父さんのなりますよ。
ウヒョクとの結婚には今後たくさんの試練が待ち構えているはずですから、その間にサンチョルが告白する機会も出てくるかもしれませんね。


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください