愛はぽろぽろ-あらすじ-73話-74話-75話-感想つきネタバレありでご紹介!

韓国ドラマ-愛はぽろぽろ-あらすじ-73話-74話-75話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

愛はぽろぽろ


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
パンウルのことを絶対に認めないヘウォンはパンウルの周囲から攻め始めました。ドンミンは番組の担当を外され、サンチョルは左遷させられました。
そしてパンウルには会社に被害を与えたという事で損害賠償の請求をしてきました。
怒ったウヒョクはついに家を出て行こうとします。

スポンサーリンク

【愛はぽろぽろ】(ネタバレあり)

73話

ウヒョクはヘウォンに母さんの息子を止めると言い出て行く。

ウヒョクはサンチョルに家を出たからしばらくサンチョルのところに置いてほしいと頼む。
ウヒョクはゲヌンとスンボクに挨拶をする。

スンボクはウヒョクに、ここにいることが知れたらあなたの母親が怒るから出て行ってくれと言う。
パンウルに損害賠償までする人だと言うスンボク。
ウヒョクは反訴の準備をしていると言う。
ゲヌンは親子で争うつもりかと聞く。
ウヒョクは当分の間でいいから置いてほしいと頼む。

パンウルはウヒョクに家に帰れと言うが、ウヒョクは一晩中考えてこれがベストだと思ったと言う。

ウギョンはパンウルに電話をしてウヒョクを家に帰らせてくれと頼む。
パンウルは私が言っても聞いてくれないと言う。

パンウルやサンチョルは休みの日にゲヌンの店のイベントを手伝う。
ウヒョクも一緒に手伝うが、サンチョルはウヒョクの顔色が悪いので心配する。

チェリンはウヒョクに冷たくされ、ヘウォンからも怒られ、毎日酒を飲んで泣いている。
ヨンスクはまだ結婚したわけではないから元気を出せと言う。
チェリンはヨンスクに私にもチャンスがあると思うかと聞く。
ないです!

ヨンスクは諦められないなら振り向かせる努力をすればいいと言う。
それが無理なら見切りをつけて諦めろと言う。
チェリンは諦められないと泣く。
ヨンスクはしっかりしないとパンウルから奪えないと言う。

ウヒョクは心臓が痛くなってきた。
そして高熱を出して寝込んでしまった。

サンチョルはヨンモクに電話をしてウヒョクの症状を伝える。
ヨンモクはサンチョルの家に向かう。
チェリンも一緒に着いてきた。

サンチョルの家から出てきたパンウルを見てチェリンは同居しているのかと聞く。
そうだと言うパンウル。
チェリンは同じ家に暮していることを隠していたのかと怒る。
パンウルは教える理由はないと言う。

チェリンはパンウルに、あなたは知れば知るほど腹黒い人だと言う。
あなたに言われたくないです

ウヒョクを家に引っ張り込むなんで信じられないと言うチェリン。
パンウルは憶測でものを言うなと言う。

ヨンモクはウヒョクになぜ定期健診を受けなかったかと聞く。
予約を入れるから月曜日に病院に来るようにと言う。

チェリンはヨンモクに点滴が終わったらウヒョクを家に送って行こうと言う。
ウヒョクはその必要はないと言う。

チェリンはヘウォンに会いに行く。
チェリンはウヒョクがパンウルの家にいるのを知っているかと聞く。
ヘウォンはどういう事かと聞く。
チェリンはウヒョクの具合が悪くなったからパパと一緒について行ったらパンウルの家だったと言う。

ヘウォンはウヒョクの具合はどうかと聞く。
心臓に負担がかかったようだが、パパが応急措置をしたから大丈夫だと言う。
でもパンウルには任せておけないと言う。

パンウルはサンチョルからウヒョクが心臓移植をしていたことを聞いた。
サンチョルは僕が雇われた最大の理由だと言う。
何年も経ったから安定しているけれど、免疫抑制剤を飲んでいると言う。
パンウルは薬を飲まなかったせいで具合が悪くなったのかと聞く。
サンチョルは長い時間外に立っていたからだと言う。

サンチョルは月曜日に病院に行くように説得してくれと言う。

パンウルはウヒョクに心臓移植のことをなぜ言わなかったのかと聞く。
ウヒョクは心配をかけたくなかったと言う。
パンウルはビョルのパパみたいにあなたを失いたくないと泣く。

パンウルは会長に反抗して検診を受けなかったのかと聞く。
ウヒョクはそれもあるが忙しかったと言う。
パンウルは明日一緒に病院に行こうと言う。

チェリンはサンチョルを呼び出す。
チェリンはなぜウヒョクを引きとめるのかと言う。
サンチョルはウヒョクが帰りたがらないのだと言う。

チェリンはウヒョクがそう言っても帰すべきだろうと言う。
サンチョルはなぜ僕が君に責められるのかと言う。
チェリンは私が振られたのはあなたにも責任があると言う。
いつもパンウルの味方をしていたからだと言う。
私に捨てられたから復讐しているのだろうと言うチェリン。

サンチョルは勘違いするなと言う。
昔は嫌いだったが、今は変わり果てた君を軽蔑していると言う。
よく言った!

チェリンはウヒョクだけでなくサンチョルまで味方につけたパンウルが憎いと泣く。

パンウルはウヒョクの検診に着いて行く。
診察室の廊下に座りウヒョクの検診が終わるのを待つパンウル。

そこにヨンスクが来た。
ヨンスクはパンウルになぜここにいるのかと聞く。
パンウルはウヒョクの検診に着いてきたと言う。

ヨンスクはパンウルにあなたも母親だからウヒョク親子の仲を引き裂くのがとても残酷なことだとわかっているだろうと言う。
母性愛があるなら男に溺れないで子供の世話をしろと言う。
この言葉もあなたに言われたくないです!

パンウルは聞き捨てられない言葉だと言う。
ヨンスクは、あなたは子持ちで学歴もなく、親もいないのにウヒョクを狙うなんて厚かましいと言う。
会長を泣かしたらその報いを受けることになると言うヨンスク。

スポンサーリンク

74話

パンウルはヨンスクに、叱られるなら会長から受けると言う。

スポンサーリンク

ヨンスクは言い返してきたパンウルの態度に腹を立て、ヨンモクに絶対にウヒョクをパンウルには渡さないと言う。

ヨンモクはヘウォンに電話をする。
ウヒョクが検診に来たが状態が良くないと言う。
免疫拒絶反応があるので気を付けた方がいいと言う。
ストレスと大酒は禁物だと言うヨンモク。
ヨンモクはウヒョクにも伝えてあると言う。

ウヒョクは友人の弁護士を呼んだ。
弁護士はウヒョクに母親と話し合って訴訟を止めた方がいいと言う。
親子が争っていると会社が打撃を受けると言う。
ウヒョクは、表向きはパンウルに闘わせると言う。
弁護士は勝つと思うが負けても損害賠償金はかなり下がるはずだと言う。
払うのはチェリンですよ!

ウヒョクはシャワーを長く使っていてスンボクに怒られた。
ゲヌンがトイレに入れないので商店街のトイレまで行ったからだった。

ウヒョクとヘウォンは会社で会ってもお互い目もあわせない。

チェリンはウヒョクに心臓の具合が悪いなら家に帰った方がいいと言う。
パンウルは何も言わないのかと聞く。
あなたを愛しているなら会長から引き離さないはずだと言う。

ウヒョクはチェリンに個人的な用件なら来ないでくれと言う。
仕事で用事があるときだけにしてくれと言う。
わーい! いい気味だ

ウヒョクはゲヌンの家の庭にトイレを作るために工事を依頼した。

スンボクは不便なら家に帰るかホテルに泊まればいいと言うが、ゲヌンは、ウヒョクはパンウルのために母親に抵抗しているのだと言う。
ウヒョクに優しくしてやれと言うゲヌン。
スンボクはウヒョクの母親は息子に家出されていい気味だと言う。

ドンミンとジヨンはヨンモクに紹介してもらった不妊専門の病院で再検査をしたが、やはり結果は同じだった。
泣いているジヨンに体外受精をしてみようと言うドンミン。
ジヨンは、お金はどうするのかと聞く。
ドンミンは考えてみるから心配するなと言う。

ヘウォンはパンウルとウヒョクを呼んだ。
ヘウォンはウヒョクに家に帰って来いと言う。
ウヒョクは帰らないと言う。
ヘウォンはパンウルにウヒョクと別れるつもりはないのかと聞く。
ウヒョクは彼女が去ろうとしても俺が許さないと言う。

ヘウォンは絶対に別れないのなら私の負けだと言う。
ウヒョクは許してくれるのかと聞く。
そうだと言うヘウォン。

スポンサーリンク

75話

パンウルとのことを許すと言ったヘウォンにウヒョクはお礼を言う。

ウヒョクとパンウルは大喜びする。
パンウルはウヒョクに家に帰るだろうと聞く。
ウヒョクは許してくれたのだから帰らなければいけないと言う。

パンウルとウヒョクは交際を許してくれたお祝いにゲヌン家族と食事をする。
ビョルはウヒョクおじさんが帰ってしまうなら今夜は3人で一緒に寝ようと言う。
それは駄目だと言うパンウル。

ヘウォンは部屋にこもり泣き続けている。
ウギョンから連絡をもらったウヒョクは急いで家に帰る。
ウヒョクは泣いているヘウォンにいい息子になるから許してくれと言う。

スンボクはパンウルにウヒョクの母親が反対しているときは内心ほっとしていたと言う。
やっと許してもらえたのに手放しで喜べないでいると言う。
あの母親はきついからあなたとビョルに何をするか心配だと言う。
あなたのことよりビョルが心配で眠れないと言う。
あなたにはウヒョクがいるけれどビョルはどうなるのかと泣くスンボク。
その心配はわかります。ビョルのことまで許したのでしょうか

ウヒョクはヘウォンに手紙を書いた。
信頼を裏切ってしまったけれどパンウルと一緒に母さんに幸せを感じさせることを約束すると言うウヒョク。

チェリンとヨンスクはヘウォンに呼ばれた。
チェリンはパンウルが身を引いたのかもしれないと言う。
ヨンスクはそれならいいと言う。

3人で食事をしながらヘウォンはチェリンに申し訳ないと謝る。
ウヒョクの意志を尊重する事にしたと言う。
チェリンはパンウルを受け入れるつもりかと聞く。
ヘウォンは別れさせようといろいろ手を尽くしたが無理だったと言う。

チェリンは会長を信じていたのに今さら困ると言う。
未来の嫁だと言ったではないかと言う。
ヨンスクは会長には失望したと言う。
娘に無駄な期待をさせたと言う。

ヘウォンは今でもチェリンのことは気にいっているが、ウヒョクが命がけで盾つくので折れるしかなかったと言う。
2人には申し訳ないと謝るヘウォン。

帰りの車でチェリンはウヒョクがいないと生きていけないと大泣きをする。
最初から片思いではないですか!

家に帰ったチェリンはヨンモクにウヒョクを連れて来てくれと言う。
会長がパンウルを受け入れたのだと言う。
ウヒョクがいないと生きていけないと泣き叫ぶチェリン。

ヨンモクはヘウォンのところに文句を言いに行こうとする。
チェリンを嫁にすると言っておいて今さら何を言っていると怒っているヨンモク。
ヨンスクは私も問い詰めたけれどウヒョクの体を心配して許可したようだと言う。
ヨンモクは、俺は止めるように言ったのに、お前がパンウルには負けられないとチェリンを唆しただろうと言う。
ヨンスクは私の責任だと言う。

ドンミンたちは体外受精の治療を始めた。
そのために車を売ったドンミン。

ウヒョクはパンウルとビョルにお揃いの携帯を買った。
パンウルはそれまで使っていたガラ携とドンジュンとお揃いのキーホルダーをしまった。

パンウルはテレビ番組「料理の王様」の審査員に選ばれた。
自分が選ばれると思っていたチェリンはショックを受ける。
同僚たちはあの番組の審査員は味覚がするどいからパンウルが適任だと喜ぶ。
またチェリンが邪魔をしそうです

ウヒョクはサンチョルに直営店を任せると言う。
君のおかげで6年間健康でいられたし、パンウルとのことをも応援してくれたから退職金だと思ってくれと言う。
サンチョルは身に余る祝いだと言う。
ウヒョクは、3年間はパンウルを料理長として派遣すると言う。
サンチョルは契約書にサインをする。

パンウルは同僚の入れてくれたお茶を飲んだら鋭い痛みを感じた。
病院に行って検査をしたらアルカリ性の化学物質による火傷だと診断された。
医師は味覚を失う可能性があると言う。

スポンサーリンク

73~75話感想

ヘウォンはやっと許しました。やはり子供に勝てる親はいないのでしょうか。パンウルがいなくてもウヒョクにはその気がないのに一人でチャンスがあると思い込んでいるチェリンは滑稽でしたが、味方のヘウォンもいなくなっていい気味です。
しかしまたやりましたね。パンウルへの恨みと羨望が大きいようです。今回は自分も被害者の振りをしていましたが、絶対にチェリンの仕業です。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください