愛はぽろぽろ-あらすじ-79話-80話-81話-感想つきネタバレありでご紹介!

韓国ドラマ-愛はぽろぽろ-あらすじ-79話-80話-81話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

愛はぽろぽろ


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
味覚を失ってしまったパンウル。おそらく今回もチェリンの仕業でしょう。
パンウルとビョルはウヒョクの家に招待されましたが、冷たいヘウォンの態度に傷つくビョルです。
パンウルはウヒョクの家の家政婦が母親にそっくりなので驚きます。しかし、子供は産んだこともないと言うガンジャです。

スポンサーリンク

【愛はぽろぽろ】(ネタバレあり)

79話

ガンジャはパンウルに自分の名前を言う。
パンウルは、子供は要るかと聞くが、ガンジャは産んだこともないと言う。

パンウルはウヒョクに母は私を捨てて過去を消したのだと言う。
ウヒョクはどうするかと聞く。
パンウルは私の存在を否定する人に娘だと名乗り出る必要はないと言う。
ウヒョクはつらすぎて言えなかったのかもしれないと言う。

ウヒョクはDNA鑑定をしてみたらどうかと聞く。
パンウルは否定されたのにそこまでしたくないと言う。

ビョルはヘウォンに会ってからずっとスンボクから離れなくなった。
向こうの家で何かあったのかもしれないと思うゲヌン。
ゲヌンがヘウォンの話をし始めると、ビョルはあのおばさんは怖いからその話は嫌だと言う。

ジヨンはそんなに悪い人ではないと言う。
スンボクは会ったこともないのに言うなと言う。
ジヨンは実は私はヘウォンのメイク担当だと言う。
ドンミンは知り合いだったと聞いて怒り出す。

ドンミンは俺がクビになった時になぜ頼まなかったのかと聞く。
ジヨンはチェリンに頼んだと言う。
ドンミンはウヒョクが家出したから仕事に復帰できたのだと言う。
ジヨンはチェリンも圧力をかけてくれたはずだと言う。
まったく頼んでもいませんよ

ドンミンは、会長は子供の前でパンウルを叩くような人だと言う。
ビョルもひどいことをされたに決まっていると言う。

ビョルはサンチョルに抱っこされながら眠ってしまった。
サンチョルはパンウルにビョルが心配だと言う。
パンウルは私が叩かれたことが原因かもしれないと言う。
サンチョルはトラウマになっているのかもしれないと言う。

ガンジャはウヒョクにビョルの書いた絵がヘウォンの部屋のゴミ箱に捨ててあったと言う。
ガンジャは処分できなかったと言い、絵をウヒョクに渡す。

ウヒョクはヘウォンになぜこれがゴミ箱に入っているのかと聞く。
ヘウォンはどうしようと私の勝手だと言う。
ウヒョクは子供が手を差し伸べたのに、その手を跳ね除けるのかと言う。
絵を捨てるなんてやりすぎだと言う。

ヘウォンはあなたが父親ぶる姿を見てうんざりしたと言う。
パンウルに子供が生まれたら父親の違う兄弟を育てることになると言う。
実の孫の隣にあの子がいるなんでゾッとすると言うヘウォン。

ウヒョクはパンウルを受け入れたのだろうと言う。
ヘウォンは子供ができたらどうなるか想像できると言う。
ウヒョクは2人とも同じように育てると言う。
ヘウォンは思い上るなと言う。
あなたもビョルが邪魔になるはずだと言う。
ビョルも疎外感を覚えるはずだと言う。

チェリンは番組からレギュラーへの依頼が来た。
喜ぶチェリンはパンウルにあなたのポストを横取りしたみたいだと言う。
パンウルはレギュラーになったのはチェリンの実力だと言う。

パンウルは治療の成果がなく味覚が戻らないので焦っている。
唐辛子や生の玉ねぎやレモンを食べてみるパンウル。
演技とはいえきつかったでしょう

サンチョルはホルモンのタレが塩辛かったとクレームが入ったことで本社から注意を受けた。
またクレームがあれば解雇することもあると言われた。

パンウルはウヒョクに、娘だと名乗り出ないことにしたと言う。
ウヒョクはDNA鑑定をして母親か確かめてほしいと言う。
本当に母親ならうちに置いておけないし、君もうちに来たら気まずい思いをすると言う。

ウヒョクはガンジャに健康飲料を飲ませ、瓶を回収した。
パンウルの髪の毛と一緒に封筒にしまうウヒョク。

サンチョルが本社から注意を受けたことを聞いたパンウル。
パンウルはウヒョクに味覚を失ったことを正直に話した方がいいのではないかと言う。
ウヒョクは、味覚は戻るから言わなくていいと言う。
その会話を聞いていたチェリン。
いい話を聞いたと喜んでいるのでしょうね

ヘウォンはサンチョルの店のクレームを聞き、なぜパンウルがこんなミスをしたのかと聞く。
ヘウォンは料理の才能だけは評価していたのに気にいらないと言う。

チェリンは、パンウルは味覚を失ったと聞いて喜んでいる。
ヨンスクはチェリンの仕業だと聞き、それは犯罪だと言う。
人の体を傷つけるのは危険だと言うヨンスク。
チェリンはばれないから大丈夫だと言う。
すでに犯罪者ですから気にしないのでしょうね

ジヨンは筋腫を取る手術をした。
痛がるジヨンに何もしてあげられないドンミンは落ち込む。

ウヒョクはビョルに週末外食をしようと言う。
ヘウォンも一緒だと聞いたビョルは嫌だと言う。
ウヒョクはビョルがヘウォンのことを怖がっていることを知った。

チェリンはウヒョクに外国人向けのソースの開発をパンウルに頼みたいと言う。
ウヒョクは急ぐのかと聞く。
チェリンは、今は新メニューの開発中ではないから大丈夫だろうと言う。

パンウルとガンジャのDNA鑑定の結果は不一致だった。

80話

ガンジャはパンウルの母親ではなかった。
パンウルはガンジャに会ってみることにした。

ウヒョクはガンジャをパンウルに会わせるために連れて行く。
ガンジャはパンウルに何の用かと聞く。
パンウルはウン・ジャンホを知っているかと聞く。
ガンジャはジャンホ兄さんかと聞く。
パンウルは私の父親だと言う。

ガンジャはジャンホが死んだと聞き、ショックで泣き出す。
パンウルは、父はあなたの写真を見せ母親だと言ったと言う。
ガンジャは今まで私が母親かと思っていたのかと聞く。
母親は他の人だと言う。
パンウルは誰かと聞く。
ガンジャはよくわからないけれど婚約者との間に娘が生まれたことは聞いていたと言う。

ウヒョクはパンウルの父親はなぜ本当の母親のことで嘘をついたのだろうと言う。
ガンジャはわからないと言う。
なぜ知らないと嘘をつくのでしょう

ガンジャはパンウルにジャンホ兄さんの娘に会えて嬉しいと言う。
これからは頻繁に会おうと言う。
パンウルは父さんの施設の友達に会うのは初めてだと言う。

チェリンはジヨンの見舞いに来た。
そこでビョルがヘウォンに怒られたせいでトラウマになってスンボクから離れない事を知った。

ウヒョクはガンジャにパンウルの母親のことを調べてくれないかと聞く。
ガンジャは施設にいた人とは連絡を取っていないが、パンウルは母親に会いたがっているのかと聞く。
ウヒョクは捨てられたと思って恨んでいたが、心の奥底では会いたいようだと言う。
ガンジャは実の母親のことをひどいと言う。

チェリンは会議中に海外に進出するソースをパンウルと組んでやりたいと言う。
パンウルは外国に着いての知識がないと言う。
同僚たちは絶対味覚の持ち主と留学経験者が組めばヒットするはずだと言う。

パンウルはウヒョクに自分は外してくれと言う。
治療を初めて1カ月経つが変化がないから治らない気がすると言うパンウル。
ウヒョクは、医師は8週間と言っていたから焦るなと言う。
パンウルは重要なプロジェクトには参加できないと言う。

ガンジャはヨンスクにジャンホは7年前に死んだと言う。
ヨンスクは確かなのかと聞く。
ガンジャはジャンホが死んだと聞いても悲しまないのかと聞く。
殺したのはチェリンですから

ガンジャはジャンホの娘を知っている人から話を聞いたと言う。
もし娘に会いたいのなら明日にでも会わせてあげると言う。
娘は捨てられたことは察しているようだと言う。
ヨンスクは会いたくないと言う。
私の娘はチェリンだけだと言う。
性格の悪い娘のどこがいいのでしょう

ガンジャはあんたが産んだのはジャンホの娘だと言う。
良心があるのなら娘に会いに行って母親の務めを果たせと言う。
ヨンスクは子供と彼を捨てた時に記憶から2人を捨てたと言う。
あの子が入る隙間はないと言う。

ガンジャはあなたには天罰が下ると言う。
自分は無事ですむと思うなと言う。
ヨンスクは娘のことは内緒にしてくれと頼む。

ヨンスクはジャンホの写真を見て涙を流す。
ヨンモクが入って来たので慌てて写真を引き出しに隠して出て行く。
ヨンモクはヨンスクが出て行った後に引きだしを開けてみる。
ジャンホの写真を見て、これがガンジャの言っていた男性かと思う。
写真と一緒に赤ん坊の産着を見つけたヨンモク。

ヨンスクはその夜ジャンホの写真や産着を燃やした。

ワンのミュージカル公演の日。
パンウルと一緒にビョルも招待された。
会場に行ったビョルはヘウォンを見て怯える。
パンウルはビョルに何度も会っているうちに好きになると言う。
人によります!

パンウルたちを見つけたウギョンはヘウォンのところに連れて行く。
チェリン家族も一緒にいた。
ウギョンはチェリン家族にビョルのことをパンウルの息子だと紹介する。
ヘウォンはビョルに目上の人に挨拶をしろと言う。
ビョルは嫌だと言う。
パンウルはみんなに謝る。

そこにガンジャがドレスを着てやってきた。
その格好に驚くみんな。
ガンジャはミュージカル公演を見るときはドレスだろうと聞く。
結構お似合いですよ

ヨンスクはパンウルに子供が会長に会っただけで怯えるなんて深刻そうだと言う。
パンウルはそれほど深刻ではないと言う。
ヨンスクはパンウルにあなには母親の資格がないようだと言う。
シングルマザーだから偉いと思ったが、母性愛のかけらもない人だとわかったと言う。
あなたの言う言葉ですか!

その会話を聞いていたガンジャ。

ガンジャはチェリンと一緒にいるヨンスクに話かける。
あなたの娘の前で話があると言うガンジャ。

スポンサーリンク

81話

ガンジャはヨンスクに娘の前で話をしたいと言う。
ガンジャはあなたがパンウルに母性愛を語るのは滑稽だと言う。
チェリンは、母はとても愛情深い人だと言い返す。
ガンジャはパンウルに説教をできる立場かと怒る。

チェリンはガンジャにパンウルのことを良く知らないだろうと言う。
ガンジャは知り合ったばかりだが、いい人なのはわかると言う。
あんたよりマシだと言うガンジャ。
チェリンはパンウルに丸め込まれたのかと聞く。
ガンジャは、私は丸め込めるような人間ではないと言う。

ヨンスクはチェリンを連れて行く。

ガンジャはジャンホに私が代わりに復讐してあげるとつぶやく。
ぜひお願いします!

ミュージカルは終わった。
ウギョンは記者が来ていないと文句を言うが、1人だけ記者がインタビューに来た。
取材を受けるワンに喜ぶウギョン。

ヘウォンはパンウルに英語は勉強しているかと聞く。
パンウルはまだ始めていないと言う。
ヘウォンは随分経つのに呆れると言う。
従順な振りをして私の言葉を無視するつもりだろうと言う。
ウヒョクは忙しかったのだと言う。
パンウルは今日から始めると謝る。

ビョルはママを虐めるな、おばあさんは大嫌いだと言う。
ヘウォンは挨拶もできなかったくせに大人に文句を言うなんて悪い子だと言う。
ビョルは大泣きする。

ウヒョクはビョルに謝るが、ビョルはウヒョクのことも嫌だと言う。
サンチョルと一緒に帰るビョル。

家に帰ってきたビョルはスンボクにあのお婆さんは嫌いだと言い大泣きをする。
パンウルは私が叱られて、ビョルが拒絶反応をしたのだと言う。
スンボクはあの女は交際を許したのが相当悔しいのかと言う。
スンボクはビョルにこの家にはビョルの味方しかいないから大丈夫だと慰める。
ウヒョクとの結婚は諦めた方がいいかも…

チェリンはヘウォンを食事に誘う。
ヘウォンは、結婚は許したが、パンウルの息子は受け入れられないと言う。
会う前に優しくしようと言い聞かせているのにウヒョクが優しくしている姿をみるとつい
冷たくしてしまうと言う。

チェリンはもっとふさわしい嫁を迎えられるのに子持ちの女性だなんて腹が立って当然だと言う。
殺人者より子持ちのほうがいいと思います

スンボクはヘウォンに会いに来た。
スンボクはパンウルと結婚させるつもりはあるのかと聞く。
ヘウォンはなぜそんなことを聞くのかと言う。
スンボクは会うたびにビョルが泣いて帰ってくると言う。
ヘウォンは行儀の悪いことをしたので少し注意をしたと言う。
スンボクはビョルのように礼儀正しい子供はいないと言う。

ヘウォンはそんなに心配ならパンウルだけ嫁がせて子供はそちらで育てたらいいと言う。
スンボクは結婚を白紙に戻すのかと言う。
ヘウォンは、正直子供はかわいくないと言う。
ウヒョクがどうしてもパンウルでなければ駄目だと言うから許したのだと言う。

家に帰ったスンボクはパンウルにどうしてもウヒョクと結婚したいのかと聞く。
あの家に行ったらビョルは息が詰まってしまうと言う。
スンボクはあの女はビョルのことは認めないと言っていたと言う。
男に夢中だからって息子や姑のことは眼中にないのかと怒るスンボク。

ヨンモクはガンジャを酒に誘った。
ヨンモクは妻のことで聞きたいことがあると言う。
妻が持っている写真を見たが、それにジャンホが写っていたと言うヨンモク。
写真と一緒に赤ん坊の帽子があったが、それについて何か知っているかと聞く。

ガンジャは知らないと言う。
ヨンスクに聞いてみたらいいと言う。
ヨンモクは私に隠しているようなので聞きづらいと言う。
今日の話は妻には内緒にしてくれと言うヨンモク。

チェリンはヨンスクにパンウルの姑にビョルを置いていかせるように仕向けてくれと言う。
ヨンスクはそれで結婚したらどうするのかと言う。
チェリンはそうなったら諦めると言う。
2人が式場に入るまではできることは何でもすると言うチェリン。
ウヒョクの気持ちがチェリンに向いていないのに呆れます

パンウルはゲヌンに結婚を止めようと思うくらいつらいと言う。
ゲヌンは俺以外の人に言うなと言う。

酔っ払ったガンジャを連れて帰ってきたヨンモク。
チェリンはパパがこの人と酒を飲んだのかと驚く。
ヨンモクは泥酔しているのに会長の家に帰すにはいかなかったと言う。
ヨンスクはガンジャにしっかりしろと言う。

ガンジャはヨンモクにつらいことがあったと言う。
好きだった人が死んでしまったのだと言う。
私は悪い女だと言うガンジャ。
私の方が好きになって彼の子供まで産んだのに子供を捨ててしまったのだと言うガンジャ。

ヨンスクは怒鳴る。
ヨンスクは見苦しいと言いガンジャを連れて行く。

ドンミンとジヨンはゲヌンたちに話しがあると言う。
ドンミンは俺たちの子供は諦めてくれと言う。
ジヨンは、子供は産めないと言う。
ドンミン俺が不妊だったと言う。

ひき逃げ事件を調べてくれている刑事は怪しい人のリストをパンウルに持ってきた。
その中にヨンスクの名前が入っていた。
刑事を見送るパンウル。

それを見ていたチェリンはパンウルにさっき一緒だった人は誰かと聞く。
パンウルは刑事だと言う。

スポンサーリンク

79~81話感想

ヨンスクは最低です。自分が子供を捨てたくせにパンウルを責めるとはありえないです。ガンジャに思い切り痛めつけほしいです。ガンジャは意外と正義感の強い人だったのですね。
ビョルをあそこまで虐めるヘウォンも最低です。パンウルはウヒョクを諦めサンチョルと結婚した方が幸せになれますよ。

スポンサーリンク


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください