愛はぽろぽろ-あらすじ-94話-95話-96話-感想つきネタバレありでご紹介!

韓国ドラマ-愛はぽろぽろ-あらすじ-94話-95話-96話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

愛はぽろぽろ


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
チェリンはサンチョルに、ウヒョクとホテルで関係をもったように見せかけました。それを信じてしまったサンチョルはウヒョクへの態度が冷たくなり、反対にパンウルに対して積極的に行動し始めました。
そして母親がヨンスクだと聞いたパンウル。ショックで言葉もでないようです。

スポンサードリンク

【愛はぽろぽろ】(ネタバレあり)

94話

パンウルはヨンスクが母親だと聞き驚く。
パンウルはあの人が母親だなんてありえないと言う。
走ってその場から去っていくパンウル。

ガンジャは出産に立ち会ったから本当だと言う。
私とヨンスクとあなたの父親のジャンホとは同じ施設で育ったのだと言う。
パンウルは最初から母のことを知っていたのかと聞く。
ガンジャは母親に捨てられたと知ったらあなたが悲しむと思ったと言う。
ヨンスクは今の家族を守りたいのだろうと言うガンジャ。

ガンジャと別れたパンウルは人のいないところで大泣きする。

ガンジャは店舗に電話をしてパンウルは戻ったかと聞く。
サンチョルは戻っていないと言う。
ガンジャはパンウルを捜してくれと頼む。

サンチョルはパンウルを捜しに行く。
そしてバス停に座っているパンウルを見つけた。

パンウルは今までヨンスクから受けたひどい言葉や屈辱を思い出して泣いている。
歩き出したパンウルのあとを着いていくサンチョル。
黙って見守っているサンチョルの愛し方は素敵です

パンウルはガンジャが持ってきた漢方薬はウヒョクから頼まれたものだと知った。
パンウルはサンチョルに返しに行ってほしいと頼む。

サンチョルはウヒョクに会いに来た。
パンウルからだと漢方薬を渡すサンチョル。
ウヒョクは君に頼むと言うことは相当怒っているのかと聞く。
サンチョルは仕事以外では本部長には会いたくないそうだと言う。

ヨンスクは車にGPS装置が付いていたことを知った。
夫ヨンモクが着けたものだと気付いたヨンスク。
ジャンホとの仲を疑っていたのかと怒り出すヨンスク。
疑われるようなことをするからです

しかしヨンスクはGPS装置を見つけたことを黙っていた。

ガンジャはヨンスクにあんたの娘を店に連れて行ったと言う。
ヨンスクは店を教えるなんて突然訪ねてきたらどうするのかと怒り出す。
ガンジャはそんな子ではないと言う。
ヨンスクは最後まで隠し通せと言う。
ガンジャはあなたを見た時の娘のつらい気持ちを少しも考えていないと言う。
ヨンスクは私の娘はチェリンだけだと怒鳴る。

そのときヨンモクが入って来た。
あわてて帰るガンジャ。

サンチョルの店でパンウルが作ったソースの試食会が行われた。
料理を運ぶパンウル。
チェリンの電話が鳴った。
相手はヨンスクだった。
パンウルはそれを知って料理をこぼしてしまう。

スカートが汚れたチェリンはパンウルにわざとソースをかけるほど私のことが嫌いなのかと聞く。
パンウルはミスだと言う。
チェリンはママに買ってもらったスカートだと言う。
パンウルはお母さんと仲良しなのかと聞く。
チェリンは当たり前だと言う。
パンウルは母がいないのでわからないと言う。

ウヒョクはパンウルにビョルの遊戯会はどうだったかと聞く。
パンウルは私たちに関心を持たないでくれと言う。
ウヒョクは、さっきは僕を意識してミスをしたのではないかと聞く。
パンウルはあなたのせいではないと言う。
パンウルは今それどころではないのですよ

試食会が終わり帰ろうとするウヒョクとチェリン。
パンウルとサンチョルがゴミを捨てるために外に出てきた。
それに気付いたチェリンはウヒョクに突然キスをする。

それを見て驚いたパンウルは走って行く。
パンウルを追いかけようとするウヒョクの腕を掴むサンチョル。
ウヒョクはパンウルの誤解を解かないといけないと言う。
サンチョルは、弁解は要らないと言う。
別れたのならチェリンと何をしようが構わないと言う。
これ以上パンウルが振り回される姿を見たくないと言うサンチョル。

サンチョルは、パンウルは僕が守ると言う。
ウヒョクはパンウルのことが好きなのかと聞く。
サンチョルはそうだと答える。

ウヒョクはサンチョルを殴る。

95話

サンチョルはウヒョクにパンウルのことが好きだと言う。
ウヒョクはサンチョルを殴る。
君だけは味方だと信じていたと言うウヒョク。
サンチョルは心から2人の幸せを願っていたが、パンウルの涙をこれ以上見たくないと言う。

ウヒョクは君に裏切られるとは思っていなかった。
サンチョルは幸せにする自信がないなら最初から始めるなと忠告したはずだと言う。
パンウルはこの前も会長に叩かれたと言う。
チェリンとホテルで関係をもったのに今さら弁解するのかと言うサンチョル。
ウヒョクは酔った俺をチェリンが部屋まで運んだだけだと言うが、サンチョルは、言い訳は聞きたくないと言う。

サンチョルはもうパンウルに会いに来ないでくれと言う。
そしてあなたに殴られるもこれで最後だと言う。
そうだ! ウヒョクに殴る資格はない!

ウヒョクはチェリンに会いに行く。
チェリンは、さっきはあんなことをしてごめんなさいと言う。
ウヒョクはなぜサンチョルは僕たちが一夜を過ごしたと誤解をしているのかと聞く。
チェリンはバーテンダーに頼んでサンチョルに電話をしてもらったのだと言う。
ウヒョクは君が僕を部屋に移動させたのではないかと聞く。
チェリンはその後心配だから行って見たら酔いつぶれていたから部屋に移したが、そのあとサンチョルが来たのだと言う。

ウヒョクはそれだけでサンチョルが誤解するのはおかしいと言う。
チェリンは、サンチョルはパンウルのことが好きだから、そう信じたかったのだろうと言う。

パンウルはジヨンにヨンスクのことを聞く。
ジヨンは見かけ通りに上品な人だけれど昔は苦労をしたようだと言う。
見かけは上品でも性格は最悪です

ジヨンはパンウルに社員割引をするから美容室に行ってこいと言う。

ヨンスクの美容室にやってきたパンウル。
ヨンスクは、予約客はあなただったのかと言う。
パンウルはジヨンが予約してくれたのだと言う。

ヨンスクは私の店に来るなんて、あなたは面の皮が厚い人だと言う。
パンウルは庶民的な店しか知らないから高級店でやってみたかったと言う。
ヨンスクは予約したのだから座れと言い、パンウルの髪を切り始めた。

出来上がった髪型を見てパンウルはさすが上手だと言う。
前のほうがいいと思いますが…

ヨンスクはこれが最後で、もう二度と来ないでくれと言う。
パンウルは一緒にお茶を飲まないかと聞く。
ヨンスクはなぜ私とお茶をしたいのかと言う。

パンウルはヨンスクに幸せかと聞く。
ヨンスクはあなたが娘からウヒョクを奪わなければもっと幸せだったと言う。
パンウルはわざとではないがあなたを苦しめたようだと言う。

ヨンスクはウヒョクより息子を選んだのは賢明だと言う。
パンウルは命より大事な子を捨てて結婚などできないと言う。
ヨンスクは私にとってチェリンは命より大事だと言う。
だからあなたが嫌いだと言うヨンスク。
パンウルは出て行く。

家に帰ったパンウルはスンボクに母に捨てられたと言って泣く。
スンボクは母親に会ったのかと聞く。
パンウルは会いたくないと言われたのだと言う。
スンボクはパンウルを抱きしめて慰める。

サンチョルはパンウルに実の母親に会ったのかと聞く。
パンウルは娘だということは隠して会ったと言う。
でもあの人の人生に私はいなかったと言う。
だから今度は私があの人を捨てる番だと言うパンウル。
捨てていいと思います

ウヒョクはサンチョルを呼ぶ。
ウヒョクはホテルで何を見たのかと聞く。
君はホテルに僕を迎えに来てチェリンと会った以外に何かあったのかと聞く。
サンチョルは覚えていないのかと聞く。
僕ではなくチェリンに聞くべきだろうと言うサンチョル。

ジヨンの体外受精は失敗だった。
落ち込むジヨン。
スンボクはジヨンにまた頑張ればいいと言う。

ウヒョクはホテルの従業員に泊まった日のホテルの廊下に設置してある防犯カメラを見せてもらった
そこにはサンチョルと話すチェリンが写っていた。
チェリンのバスローブ姿を見て驚くウヒョク。

ウヒョクはチェリンを呼び出す。
ウヒョクはあの夜ホテルで僕は君に何かしたのかと聞く。
ホテルの防犯カメラを見たら君がバスローブ姿だったと言う。
チェリンは何もなかったと言う。

ウヒョクはなぜあんな恰好をサンチョルに見せたのかと聞く。
計画的だったのかと聞くウヒョク。
ウヒョクは、君は幼稚で汚い人間だと言う。
チェリンはあなたが欲しかったと言う。

チェリンはパンウルとは終わったのだろうと聞く。
ウヒョクは終わったとしても君とは絶対に付き合わないと言う。
だからそう言っているではないですか!

チェリンは私が子持ちの寡婦より劣るのかと聞く。
ウヒョクは、君は鳥肌が立つほど怖い人だと言う。
君との縁はこれで終わりだと言う。
ウヒョクは会社でも話しかけるなと言い帰ろうとする。

チェリンは私を置いて帰ったらここで死ぬと言う。
ウヒョクは俺には関係ないと言い車に乗る。

チェリンは川に向かって歩き出す。
そして川の中に入っていくチェリン。

それに気付いたウヒョクはチェリンを助けるために自分も川の中に入る。
チェリンを抱きかかえるウヒョク。

96話

ウヒョクはチェリンを抱きかかえ、丘に上がる。
川の水を飲んでしまったチェリンに人工呼吸をするウヒョク。

チェリンは病院に運ばれた。

ヨンスクとヨンモクが病院に駆けつけた。
ウヒョクはチェリンを言い争ったあと川に入ったのだと言う。
ヨンモクはチェリンが死のうとしたのかと聞く。
ウヒョクはすみませんと謝る。
ヨンモクは娘に何をしたと言いウヒョクに掴みかかる。

ヨンスクはウヒョクにあなたも人を好きになったことがあるのだからチェリンの気持ちがわかるだろうと聞く。
死を選ぶくらい追い込むなんてひどいと言う。
何があったのか教えてくれと言う。

ウヒョクはホテルであったことを話した。
チェリンは私と関係があったような素振りを他人に見せたのだと言う。
ヨンスクはその話は私たちだけの秘密してほしいと言う。
夫が知ったらチェリンはひどく怒られるはずだと言う。
怒られなければ駄目です!

サンチョルは車を買った。
家族を乗せていろいろと連れて行くと言うサンチョル。
さっそくドライブするサンチョルとパンウル。

サンチョルはパンウルにヘアピンをプレゼントする。
新しい髪型を似あうと思ったと言うサンチョル。
売り上げを伸ばすための賄賂だと思って負担に感じなくていいと言う。

チェリンは検査しても異常ないが意識が戻らない。
ヨンモクはチェリンにつきっきりの状態だった。

サンチョルはドンミンに車を買ったから自由に使ってほしいと言う。
ジヨンはさすが社長だから羽振りがいいと言う。
スンボクはサンチョルの嫁になる人はお金の心配をせずに暮らせると言う。
お金だけではなく幸せになるはずです

ジヨンはパンウルとスンボクを店で髪の手入れをしてあげると言う。
パンウルはヨンスクに会うのが嫌で断るが、ジヨンは定休日だから誰もいないと言う。
しかなく行くことにしたパンウル。

チェリンから離れないヨンスクに、ヨンモクは家に帰って休めと言う。
店の仕事も整理してきたらいいと言う。
ヤバい! 会っちゃいますよ!

スンボクを化粧室に連れて行くジヨン。
そこにヨンスクが入って来た。
ヨンスクはパンウルによくもここに来られたと言う。
あなたのせいでチェリンはあんな目に遭ったと怒鳴るヨンスク。
ヨンスクは今すぐ消えろと言い、パンウルの腕を掴み、床に叩きつけた。

それを見たスンボクはヨンスクの髪を掴み、大事な嫁に何をすると言う。
ヨンスクはジヨンにこんな人を連れて来て泥棒みたいに勝手に入るなと怒鳴る。
パンウルはヨンスクに私の大事な義母さんに怒鳴るなと言う。
金なら払うと言い、財布から札を出しヨンスクの顔に投げつけるパンウル。
パンウルは帰ろうと言い、スンボクは来ていたガウンをヨンスクに投げつける。

帰りの車の中で泣き続けているパンウル。
あんな人が母親なんて悲しいでしょう

チェリンは目覚めた。
ウヒョクの前を呼ぶチェリン。
チェリンは最近の記憶がなくなっていた。

94~96話感想

でました。記憶喪失! これでチェリンはみんなの同情をかうことになるのでしょうね。そしてウヒョクは責任を取らされることになるのでしょうか。チェリンがウヒョクと結ばれるのは絶対に許しません!
積極的になってきたサンチョルです。パンウルはサンチョルと結婚すれば何の問題もなく幸せになれると思うのですが、ドラマの展開としては面白くないのでしょうね。

スポンサーリンク


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください