愛はぽろぽろ-あらすじ-109話-110話-111話-感想つきネタバレありでご紹介!

韓国ドラマ-愛はぽろぽろ-あらすじ-109話-110話-111話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

愛はぽろぽろ


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
父親のひき逃げの容疑者も絞られてきました。パンウルのその中にヨンスクの名前があるので確認するために会いに行きますが、ヨンスクは嘘をつきます。
パンウルはウヒョクが海外に行くと聞き、もう顔も見ることもできなくなると悲しみます。
サンチョルに犯人は君だと言われたチェリンはどう答えるのでしょう。

スポンサーリンク

【愛はぽろぽろ】(ネタバレあり)

109話

サンチョルはチェリンにひき逃げの犯人は君だろうと言う。
あのネックレスは偽物だと言う。
そのうえ君は中古車の密売人にも会っていたと言うサンチョル。

チェリンは、私は犯人ではないと言う。
サンチョルは今からでも自首すれば情状酌量されるはずだと言う。

そこにヨンスクが帰ってきた。
チェリンはおかしなことを言わないでくれと言い家に入っていく。
ヨンスクはサンチョルに記憶を失っているチェリンを苦しめるのを止めろと言う。

チェリンは弱気になりヨンスクに今からでも自首しようかと言う。
ヨンスクはくじけては駄目だと言う。
ネックレスのことは知らない振りをしろと言う。
あなたが犯人だという証拠はないのだと言うヨンスク。
証拠は必ず見つかります

刑事がパンウルに会いに来た。
ウヒョクは一緒に話を聞きたいとパンウルに着いていく。
刑事はウヒョクの雇った弁護士のおかげで調査がはかどると言う。

3人が話すのを隠れて見ているチェリン。

チェリンは不安になってヨンスクに会いに行く。
ヨンスクはチェリンに密売人からもらった血のついた布は処分したかと聞く。
本物かどうかわからないからまだ持っていると言うチェリン。

帰宅しようとしているチェリンにウヒョクは病院に行かないのかと聞く。
チェリンは、今日は体調が悪いから治療はできないと思うと言う。
ウヒョクは友達に金は渡したかと聞く。
チェリンはあなたから金を借りたことは父親には黙っていてほしいと言う。
以前、伯父が5000万ウォン借りて大騒ぎになったことがあるからだと言う。

ウヒョクは記憶が戻ったのかと聞く。
なぜその金を貸したのか思い出したかと聞く。
チェリンは伯父が金を借りたことはわかるが理由までは思い出せないと言う。

家に帰ったウヒョクはウギョンにチェリンの態度がおかしいと言う。
記憶を思い出せない振りをしているように見えると言う。
ウギョンは自分も観察してみると言う。
よく見てください!

ジヨンとドンミンは離婚した。
ドンミンは保留期間が1カ月間あるから気持ちが変わったら言ってくれと言う。
ジヨンは変わらないと言う。
ドンミンは、少しは考えてみてくれと言う。
ジヨンはお金が無くなったらアメリカに帰ると言う。
ドンミンはジヨンに残りの1カ月は幸せでいてほしいと言う。

スンボクはジヨンに会いに来た。
スンボクは自分が悪かったからドンミンと寄りを戻してほしいと言う。
孫のことは死ぬまで言わないから夫婦で仲良く暮らしてほしいと言う。
ジヨンはもう遅いと謝る。

ウギョンとワンはチェリンの家に来た。
ヨンモクは2人の前ではヨンスクに優しくする。
ワンは兄さんがこんなに優しいなんて思わなかったと言う。
ヨンモクは近頃、妻がますます美人に見えると言う。
完全な二重人格者です

チェリンはヨンモクにパパの二面性のせいでママが苦しんでいると言う。
ヨンモクは過去を許せるのかと聞く。
チェリンは過ちさえ受け入れてあげるのが家族だと言う。
ヨンモクは見逃せる過去ではないと言う。

チェリンはママと離婚するのかと聞く。
ヨンモクはあの女のせいで人生に汚点は残したくないから離婚はしないと言う。
チェリンは他人の前で優しい振りはしないでくれと言う。

ヨンスクはボンスを呼び出した。
ボンスはヨンスクに明日刑事と会うことになっていると言う。
ヨンスクはボンスに金を渡し、口裏を合わせてくれたら倍の金を渡すと言う。

ヨンスクはボンスに血のついた布を渡す。
自分の話を聞けと言うヨンスク。
金をもらえるなら何でも手伝うと言うボンス。

サンチョルはチェリンにいつまでシラを切るつもりかと聞く。
チェリンはくだらない妄想には付き合えないと言う。
サンチョルはネックレスが証拠だと言う。
チェリンはあなたからネックレスをもらったことはないと言う。

チェリンはパンウルのために犯人をでっち上げるつもりなのかと聞く。
私に捨てられたことを恨んで私を犯人にするつもりかと言う。
サンチョルは最後の思いやりで自首を勧めたが期待した僕が間違っていたと言う。

刑事がヨンスクの店に来た。
刑事は以前乗っていたナンバー0525の車は自分で売ったのかと聞く。
ヨンスクは直接ではなく人に頼んで売ってもらったと言う。
刑事はその車はひき逃げ事件と関係あるようだと言う。

刑事は誰に頼んだのかと聞く。
ヨンスクは当時娘が付き合っていた恋人だと言う。
サンチョルを犯人にするつもりですか! 許せません!!

刑事がサンチョルの店に来た。
刑事はサンチョルに7年前にチェリンと付き合っていたかと聞く。
サンチョルはそうだと言う。
刑事はサンチョルにあなたは事件に関係しているようだから警察署まで同行してくれと言う。

スポンサーリンク

110話

刑事はサンチョルに署まで同行してほしいと言う。
パンウルは、サンチョルは無関係で犯人探しに協力してくれていると言う。
刑事は情報があったから調べなければならないと言う。
サンチョルは、情報者はチェリンかと聞く。
刑事はそうではないと言う。

サンチョルは警察に行った。
刑事はサンチョルに当時のことを質問する。
サンチョルはチェリンがワインを飲んで車で帰ったことを話した。

刑事はボンスの写真を見せ、彼を知っているかと聞く。
サンチョルは車の密売人だと言う。
チェリンと会社の地下駐車場にいたと言う。

刑事は7年前に会っていないかと聞く。
サンチョルは会っていないと言う。
刑事は、ボンスはあなたからヨンスク名義の車を買ったと言っていると言う。
サンチョルは無実だと怒り出す。

刑事はサンチョルに落ち着けと言う。
サンチョルは、犯人はチェリンだと言う。
刑事はそう考える根拠はあるのかと聞く。

サンチョルは別荘であげたネックレスをパンウルの父親が握っていたと言う。刑事は今までその話をしていなかったと言う。
サンチョルは今日話すつもりだったと言う。
自分は犯人ではないから信じてほしいと言うサンチョル。
サンチョルを虐めないでください

ウヒョクはパンウルにサンチョルが犯人のはずがないと言う。
そこにサンチョルが出てきた。

サンチョルはぬれ衣を着せられたようだと言う。
ウヒョクは一体誰がそんなことをするのかと聞く。
サンチョルはチェリンだと言う。

サンチョルは7年前チェリンと付き合っていたことを話す。
ウヒョクはなぜ隠していたのかと聞く。
サンチョルは昔のことなので話す必要はないと思ったと言う。
ウヒョクは俺の前で芝居をしていたのは許せないと言う。

パンウルは、サンチョルは周囲を気づかって黙っていたのだと言う。
ウヒョクは何度も俺を騙すなんて恐ろしい人だと言う。
サンチョルは悪くないです。黙っていろといったのはチェリンです

サンチョルはひき逃げ事件の犯人はチェリンだと言う。
パンウルは、父はチェリンにひき殺されたのかと聞く。
ウヒョクは、証拠はあるのかと聞く。
サンチョルは今警察が捜しているようだと言う。
ウヒョクは、チェリンは交際していた君に罪をなすりつけたのかと聞く。
サンチョルはそうだと言う。

サンチョルはパンウルに僕は犯人ではないと言う。
信じて欲しいと言うサンチョル。
パンウルはあなたが犯人だとは思っていないと言う。

パンウルはチェリンを呼び出す。
パンウルはチェリンにひき逃げの容疑でサンチョルが取り調べを受けたと言う。
チェリンはサンチョルが犯人なのかと聞く。
パンウルは誰が犯人かあなたは知っているはずだと言う。

パンウルはひき逃げの時にネックレスを無くしたたから偽物を作ったのだろうと聞く。
チェリンはどんなネックレスか知らないと言う。
パンウルは私が着けていた時に話しかけただろうと言う。
チェリンはかわいかったからだと言う。

スポンサーリンク

パンウルは本当のことを言えと言う。
チェリンは犯人扱いするなら名誉棄損で訴えると言う。
警察が真相を暴くはずだから私を犯人扱いしたことを後悔すると言うチェリン。
後悔するのはあなたです

サンチョルはチェリンに会いに来た。
サンチョルは自首する機会を与えたのに僕を陥れたのかと怒鳴る。
チェリンはなぜ私を犯人扱いするのかと言う。
サンチョルは君が犯人なのは確かだと言う。

チェリンはあなたが犯人なのは変わりないと言う。
サンチョルは君が密売人を買収して僕に罪を着せたことを必ず暴いてやると言う。

ウヒョクの雇った弁護士はパンウルにサンチョルの容疑が固まってきたようだと言う。
パンウルはありえないと言う。
パンウルは、チェリンは偽物のネックレスを作ったではないかと言う。
ウヒョクは、チェリンはネックレスなど知らないと言っていると言う。

ウヒョクは今までの行動を考えるとサンチョルを信じていいかわからないと言う。
パンウルにこれ以上サンチョルに情報を与えない方がいいと言うウヒョク。

ウヒョクはパンウルを食事に誘った。
ウヒョクは誰が犯人だと思うかと聞く。
パンウルはだぶんチェリンだと思うと言う。

ウヒョクは、サンチョルはチェリンが犯人だと気付いたと言うのに僕たちに話さなかったのはおかしいと言う。
手かがりを見つけたらまず先に君に話すべきだろうと言う。
納得がいかないと言うウヒョク。
それがサンチョルの優しさなのですよ

ヨンスクはボンスに残りの金はロッカーに入れたと電話する。
もう会うことはないと言うヨンスク。

ヨンモクはパンウルの髪の毛を手に入れた。

チェリンはヘウォンにウヒョクと同じ日にアメリカに行くと言う。
ヘウォンは、ウヒョクは喜ばないと思うと言う。
チェリンはウヒョクには知らせないでくれと言う。
別な飛行機で行くと言う。

ヘウォンは異動で渡米するのはまずいと言う。
あなたに出した辞令をウヒョクが見たら私たちが仕組んだことがばれると言う。
いっそ休職して個人的に渡米したらどうかと言う。
ウヒョクの気持ちを尊重してあげたいと言うヘウォン。

刑事はパンウルに例の車に血痕が残っていたと言う。
パンウルは父の物かと聞く。
ウヒョクはひき逃げの車だということは確かなのかと聞く。
なぜ密売人は通報しなかったのだろうと言うウヒョク。
刑事は法を犯していたから怖かったのだろうと言う。

密売人から血の付いた布を渡されたと言う刑事。
パンウルは、運転手は誰かと聞き。
刑事はサンチョルの可能性が高いと言う。
パンウルはサンチョルが嘘をついていたなんて信じられないと言う。
信じなくていいです

刑事はサンチョルとチェリンの証言が食い違っているが密売人がサンチョルから車を買ったと証言したのだと言う。
刑事はサンチョルにはアリバイもないから逮捕する可能性が高いと言う。

サンチョルは弁護士になぜ僕の話を信じてくれないのかと怒る。
弁護士はチェリンが運転していたと証言できる人はいるかと聞く。
サンチョルはあの日別荘に管理人がいたが何時までいたか覚えていないと言う。
弁護士はその人の名前と年齢を教えてくれと言う。
自分も探してみると言う弁護士。
1週間以内に証拠を見つけなければ逮捕されると言う。

サンチョルはパンウルに手紙を残して家を出た。
その手紙には自分は無実だから証拠を見つけて戻ってくると書いてあった。

スポンサーリンク

111話

チェリンはサンチョルが逮捕されそうだと聞いた。
ヨンスクはチェリンにパパを説得して渡米の準備をしろと言う。

ゲヌンたちはサンチョルがひき逃げ犯人として疑われていることを知った。
ゲヌンは、サンチョルは虫も殺せない優しい子だからありえないと言う。
人を殺しておいて平気な顔ができるはずがないと言う。

スンボクは無実ならなぜ手紙を置いていなくなったのかと言う。
ゲヌンは証拠を探しに行くと書いてあるではないかと言う。
ドンミンはパンウルに誰がサンチョルを犯人に仕立て上げたのかと聞く。
パンウルはチェリンだと言う。

サンチョルは大川に向かった。

弁護士はウヒョクに今サンチョルが姿を消すのは不利になると言う。
拘束されると知って焦ったのだろうと言う弁護士。
ウヒョクは相談してくれればよかったと言う。

ウヒョクはパンウルにサンチョルが本当に無実なら逃げないはずだと言う。
パンウルはサンチョルを疑っているのかと聞く。
ウヒョクは半信半疑だと言う。
逃げているから犯人の可能性はあると言う。
最低! ウヒョク!

サンチョルは別荘の管理人を探している。
管理人の息子が新聞記者になったことを聞いたサンチョル。

チェリンはサンチョルと交際していたことをウヒョクに知られたことを知った。
ヨンスクはウヒョクの家に行ってサンチョルを悪者にして説明して来いと言う。

チェリンはヘウォンたちの前でサンチョルとのことを話す。
ヘウォンはサンチョルのことを何も聞いていなかったのだった。
チェリンはウヒョクが話をしたと思っていたと言う。

ワンはアメリカに行く前に付き合っていた男がサンチョルだったのかと聞く。
ウギョンはチケットを渡す時にサンチョルとため口で話していたからおかしいと思ったと言う。
なぜ黙っていたのかと聞くウギョン。
サンチョルが周囲に知られたくないと言ったのだと言う。

ウギョンはあの時のことを覚えているのかと聞く。
何となく思い出せると言うチェリン。

ウギョンはウヒョクにチェリンの記憶喪失はあやしいと言う。
その通り!

パンウルはヨンスクに会いに来た。
パンウルは、ボンスは大学の先輩なのかと聞く。
ヨンスクは店に来た時に同じ大学だと知ったと言う。
パンウルはいつ来店したのかと聞く。
ヨンスクは店をオープンした時だと言う。
パンウルはそのときにチェリンを紹介したのかと聞く。
そうだと言うヨンスク。

パンウルはチェリンがボンスに初めて会ったときのことを話していたのを思い出し、ヨンスクの言ったことと食い違いがあることに気付いた。

パンウルは刑事にヨンスクと密売人ボンスの関係を調べてくれと言う。
刑事は同じ大学に通っていたのは確認したと言う。
パンウルは2人がボンスと出会った時期が違っていると言う。
刑事は3人で嘘をついているということかと聞く。
パンウルは3人が口裏を合わせてサンチョルにぬれ衣を着せているかもしれないと言う。
お金の流れも調べてほしいと言うパンウル。
この刑事は使えませんね。パンウルのほうが優秀です

サンチョルは別荘の管理人の息子を見つけた。
息子は、父親は今ブラジルから帰ってくるところだと言う。
明後日には帰ってくると言う。
サンチョルは連絡先を教えてくれと言う。

パンウルはサンチョルに信じているとメールを送る。

ヨンモクはパンウルとヨンスクのDNA鑑定の結果を受け取った。
ヨンスクに電話をしてパンウルの店に来いと言う。

店に着いたヨンスクはなぜこの店なのかと聞く。
ヨンモクはお前にプレゼントがあると言う。
ヨンモクは状業員にパンウルを呼んでほしいと頼む。

ヨンモクはヨンスクにDNA鑑定の用紙を渡す。
それを見て驚くヨンスク。
パンウルが私に用があるのかとやって来た。

スポンサーリンク

109~111話感想

ヨンスクとチェリンは最低です。あの優しいサンチョルを犯人に仕立てるなんてきっと2人は地獄に落ちます。
ウヒョクも今までどんなにサンチョルに守られていたのか忘れたのでしょうか。サンチョルを疑うなんてひどいです。パンウルだけは信じてあげて良かったです。残り10話。もしかしてパンウルはサンチョルと結ばれる可能性があるのでしょうか。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください