愛はビューティフル人生はワンダフル-あらすじ-25話-26話-27話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

前回は、ソラがジヌと離婚したり、昏睡状態だったジヌが目を覚ましたりと色々と新展開がありました。
そして今回、目を覚ますも離婚などの現状を受け入れられないジヌが色々と騒動を引き起こし…。

【愛はビューティフル、人生はワンダフル】ネタバレあり

25話

ユラがジヌの病室を訪ね2人で話をしていた。
そこでジヌはソラとの関係など急激な変化を受け入れられていない様子でその苦しい胸の内を明かす。
その後、ソラが自分から離れた理由を知りたいジヌはソラに電話するも、ソラは着信拒否するのだった。
一方、警察官として働き始めたチョンアは仕事を終えユラと食事に出掛ける。
そこで恋の話になりチョンアは「気になる人ならいる」とジュンフィを思いながら答えた。

その気になる人は目の前にいるユラの息子なんですけどね…

そしてチョンアはジヌが目を覚ましたことを知るのだった。
一方、ソラとテランは友人関係を続けていたが、仕事終わりのソラをテランが迎えに行くなどいい雰囲気。
ソラは「元夫から電話が掛かって来たの…」とてランに相談。
「会ってきちんと別れを告げて、新しい人生を歩み始めるべきだ」
テランはそう助言するのだった。
その後、ソラがジヌの病室に行くとそこにはヘランの姿が。
ソラは憤りを感じながらもジヌに「あなたの母親に命じられて私たちは離婚したの」と告げる。
それを知った知ったジヌはショックを受けながらもソラに憤りを感じているようで罵声を浴びせ2人は口論に。
するとソラはヘランとの関係を説明するよう促すも、ジヌは話さず、ソラは病室を後にした。

ジヌは怒っていましたが「不倫してたのにどの口が言ってるんだ」という感は否めないですね

その後、ジヌはファヨンに「なぜ勝手にソラに離婚するよう促したのか?」と語気を荒げ問い詰めた。
一方、ジュンフィは海外から1年ぶりに帰って来ていた。
そしてそれを知ったチョンアはジュンフィに会いに行き、2人は久しぶりに再会した。

2人はいい雰囲気ですね

26話

ソラとの離婚に納得できないジヌ。
しかしファヨンは「ソラはお前を愛しておらず、金目当てだった」と離婚に納得するよう説得するのだった。
一方、テランは自身が働く店でソラのことを考えていた。
するとそこにソラが現れ、テランは食事を振る舞ったり、2人で食事をするなど2人の時間を楽しんだ。

ソラを見つめるテランの優しい眼差しは胸キュンですね

その後、ジヌはソラが深夜ラジオのDJをしていることを知り、その番組を聴いていた。
そこでのソラの話からジヌは新たな好きな人がいることを知るのだった。
翌日、ソラの実家の住所を特定したジヌは部下にプレゼントを届けさせ、ソラの実家には花束など多くのプレゼントが届いていた。
それを知ったソラは憤り「何のつもり?」と急いでジヌに電話。
ヨリを戻したいジヌは「今から会いたい」と言うも、ソラはそれを拒否するのだった。

ジヌがちょっとストーカー化してきましたね…

その後、ジヌの病室にソラの母が訪ねて来る。
ソラの母は「これ以上娘に関わるな!」と語気を荒げる。
そしてファヨンがソラに酷い扱いをしたこと、そしてソラは慰謝料ゼロで離婚したことを明かした。
それを聞いたジヌはショックと母・ファヨンに憤りを感じていると、そこにファヨンがやって来る。
ジヌはファヨンにソラの母に謝罪するよう強く言う。
初めは渋っていたファヨンだったが、立ち去ろうとするソラの母に謝る。

ひとまず謝罪はしましたが、見るからに心がこもっていない形だけのものでした…

そして数日後、ジヌは退院し帰宅した。
一方、チョンアの妹・ヨナはジュンフィを介してテニスプレイヤーとしてインターマーケットとサポート契約を結ぶことに。
その後、ジュンフィはチョンアに電話し一緒にお茶をする約束をした。

互いにドギマギしながら話す様子は見ていて微笑ましいですね

一方、ソラのことが諦めきれないジヌは車でソラの実家の前へ。
そして家を出たソラを尾行するのだった。

27話

ソラを尾行するジヌは、ソラがテランとデートを楽しむ現場を目撃してしまう。
居ても立っても居られなくなったジヌは2人に声をかけ、ジヌは立ち去ろうとするソラと2人で話すことに。
しかしソラは聞く耳を持たず逃げるように立ち去った。
その後帰宅したジヌは家にいるヘランと話すことに。
そしてこの現状に混乱していることを明かし、「1人にして欲しい」と部屋に籠ってしまった。
一方、ジュンフィは夜にチョンアとのお茶を控え、カフェで待っていた。
そして夜になりチョンアがやって来て、2人は食事をするなどデートの時間を楽しんだ。

食事中まで離れた席に座ったり、互いに気になりながらも一歩踏み出せない微妙な関係性が何とも言えないですね

その夜、チョンアがユラと会うなどしていたことを知ったチョンアの母は、チョンアに「どういうこと?」と問い詰める。
するとソラが間に入り、「あの人にとってもチョンアが心の支えになっているんだと思う」と言う。
しかし母は娘たちがユラたち家族と会うことが嫌らしく、「あの家と関わるのはやめて欲しい」と言うのだった。

色々と心配になる母の気持ちも分からないでもないですね…

一方、帰宅したジュンフィはユラが電話で”シウォル”という人物の話をしているのを耳にする。
ジュンフィはその人物について尋ねるも、ユラは何かを隠している様子で詳しくは話さないのだった。

シウォルとは一体誰なのでしょう…

翌日、仕事復帰したジヌが出社すると会社にテランの姿が。
そこで初めてジヌはテランが会社ビルの地下でレストランをしていることを知る。
さらにジヌはテランの妹がヘランだという事実も知るのだった。

自分の不倫相手の兄が妻の次の恋人候補…ジヌの心境は複雑でしょうね…

その後、ジヌは開店準備中のテランの店を訪ねる。
そこでジヌはテランがソラのことが好きなこと、そしてソラにとってテランが心の支えで恋人同士になるのは時間の問題だと言うことを知る。
するとジヌは「ソラは僕の妻だ」とテランに宣戦布告するのだった。

感想

25話ではソラがジヌと離婚後、テランといい感じになっている様子が描かれていたり、チョンアとジュンフィが1年ぶりに再会を果たしいい感じだったり次の恋が動き始めそうな予感がする回でした。
しかしながらジヌは自分が昏睡状態の間にソラとの離婚していたことが納得できない様子で、26話ではソラに別れを告げられるもソラを尾行するなど少しストーカー化しつつありましたね。
また26話ではソラとテラン、チョンアとジュンフィの恋模様が少しずつ進んでいる感じがあり見ていて微笑ましかったです。
そして27話ではソラを巡るテランとジヌの男のバトルがバチバチと火花を散らし始めた回でした。
ソラとテランのデート現場にジヌが突撃したり、わざわざテランが働く店に行き「ソラは僕の妻だ」と宣戦布告したりと今後2人のバトルは激化しそうなラストでした。

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください