愛はビューティフル人生はワンダフル-あらすじ-37話-38話-39話-感想付きネタバレでありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

アナウンサーとしてテレビ復帰をしたり、テランとと順調に仲を深めていくソラ。
しかし今回、ソラとテランの関係に大きな変化が訪れることに…。
さらにチョンアとジュンフィの関係にも大きな変化が…。

スポンサーリンク

【愛はビューティフル、人生はワンダフル】ネタバレあり

37話

ジュンフィはチョンアの家を訪ねるもチョンアは不在。
チョンアの両親はジュンフィを家に招き入れ、ジュンフィは家の中でチョンアの帰りを待つことにした。
一方、チョンアはユラと映画を楽しみ帰路についていた。
2人で会うのはこれで最後ということで、別れ際に互いに感謝を伝え合った。
チョンアが帰宅すると、ジュンフィが家の前の車の中で待っていて、2人は車の中で話すことに。
クリスマスの予定など話をする中、ジュンフィはチョンアが亡き弟・ジュンギョムの腕時計を付けていることに気付き激昂。
チョンアはいきなり怒り出したジュンフィが理解できず2人は口論になり、チョンアは車を出て帰宅するのだった。
その後、帰宅したジュンフィはユラに「チョンアと会っていただろう?」と憤りながら問い詰める。
そして「僕たちは彼女を解放すべきだ」とユラに言うジュンフィ。
チョンアとジュンフィが付き合っていることを知らないユラは「僕たち…?」とジュンフィの言葉に疑問を感じるのだった。

ユラの勘が良ければ、ここでチョンアとジュンフィの関係に気付きそうですね…

一方、ファヨンはソラが再びテレビに出始めたことて自分たちに復讐するつもりだと感じていた。
そしてジヌとソラを揉めさせてソラを潰そうとヘランと悪巧みをするのだった。
その頃、ソラは番組出演の準備をしていた。
するとそこにジヌがやって来ると、ソラは「私の邪魔をしないで!」と罵声を浴びせ立ち去るのだった。

ジヌはソラをサポートしようとやって来たようですが、今の2人の関係性だとこうなるのは仕方ないですよね…

一方、テランは父と話していた。
そこでテランはソラのことが好きだと父に明かす。
それを聞いた父は複雑な気持ちになりながら「諦めろ」と言うのだった。

父・ジュニクの心境は色々と複雑でしょうね…

その後、仕事を終えたソラはテランの店へ。
そこでソラがジヌへの愚痴をこぼしていると、テランは「少し離れて過ごそう」と提案。
ソラはそれを拒むも、テランは「このままだといつまでも自分とジヌの板挟み状態になる。君のためだ」と告げるのだった。

父に打ち明け悲しい顔をされたことで改めてソラのことを考え、この決断につながったんでしょうね…

スポンサーリンク

38話

ユニは前に町で見かけたバイク便の青年の元を訪ね対面するも何も話さず帰宅した。

どうやらその青年は過去にジュンギョムが起こした轢き逃げ事件に関係しているようです

スポンサーリンク

ジヌはソラがMCとして出演する番組のスポンサーとして、局にソラを切るようにと頼んでいた。
この日はジュンギョムが亡くなって10年という節目の日ということで、仕事を終えたジヌは母・ファヨンと共にジュンフィの家へ。
みんなで食事をしジュンギョムを偲ぶのだった。
一方、チョンアはクリスマスを翌々日に控え、喧嘩中のジュンフィと一緒に過ごせるか不安を抱いていた。
するとその夜、チョンアの元にジュンフィから電話が来るもチョンアは出ずに留守電に。
ジュンフィからの「会いたい」という留守電を聞いたチョンアは嬉しくなるのだった。
そして翌朝、チョンアは家の前で待っていたジュンフィと会い一緒に冬の海に出かけることに。
念願の冬の海にこれて大はしゃぎなチョンア。
その後、キャンピングカーでまったりしたり、浜辺をバギーで走ったり、そして夜にはキャンプファイヤーをしながら食事をしたりと楽しい時間を過ごす2人。
そして2人はキスをするのだった。
その後、キャンピングカーで眠りについたチョンア。
ジュンフィはチョンアの寝顔を見ながら複雑な気持ちになった。
翌朝、ジュンフィはチョンアに「一緒にいるのが煩わしい」と突然別れを告げる。
それを聞いたチョンアはショックを受け、涙を流しながらその場を立ち去る。
こうしてチョンアはクリスマス、そして誕生日にフラれてしまうのだった。

ジュンフィは結果的にチョンアを天国から地獄に突き落とすような1番傷付ける別れ方をしているような気が…

その後帰宅したジュンフィも深く傷心していた。
その様子を見たユラが心配するなか、ジュンフィの携帯にチョンアから何度も電話が来ているのを目撃。

ついにユラは息子とチョンアが付き合っていたことに気付きましたね

その後、ユラはジュンフィにチョンアとの関係を問い詰め怒りをぶつける。
ジュンフィは自分がジュンギョムの兄だと隠してチョンアと会っていたことを説明し、「もう彼女を解放してあげよう」とユラに告げるのだった。
その後、ジュンフィはソラと会い、チョンアと別れたことを報告した。

スポンサーリンク

39話

ジュンフィはソラにチョンアと別れたことを報告。
するとジュンフィはチョンアが元気かどうか定期的に連絡して欲しいと頼むのだった。
一方、テランの父・ジュニクはテランがソラと親しくしていることが気に入らずテランに辛く当たる。
するとテランは「すぐに何かする気はないから、偏見なしで見守っていて欲しい」と頼むのだった。

父・ジュニクの心境は複雑でしょうね…

その頃、チョンアはジュンフィに振られたショックから熱を出し体調を崩していた。
ソラがチョンアを看病するなか、チョンアはジュンフィが自分に言った言葉は何か理由があり嘘をついていたのでは?と感じていると話すのだった。
その後、ジヌはソラの家の前で仕事に出掛けるソラを待ち伏せ。
そしてジヌはソラと対面するも、ソラは冷たい態度を取るのだった。

コメディタッチで描かれていますが家の前で待ち伏せしたり尾行したり、完全にストーカーですよね…

その後、テレビ局に出勤したソラだったが、突然MC が別の人に変更された事実を聞かされる。
どうやらスポンサーのインターマーケットからの圧力が原因のようだ。
ショックを受けるソラは急いでジヌの元へ抗議しに行く。
「仕事復帰の邪魔しないで」と言うソラに、ジヌは「社員の生活があるから」と反論。
するもジヌは「テレビ出演できるようにする代わりに1ヶ月ヨリを戻してほしい」と交換条件を提示。
それにはソラは呆れてしまい、何も言わずにその場を後にした。
一方、テランはソラの母と道でバッタリ遭遇し2人で話すことに。
そこでソラの母はヘランがジヌの不倫相手というだけではなく、チョンアと同級生でヘランにいじめていた事実を明かす。
それを聞いたテランは衝撃を受けるのだった。
一方、ソラは体調が悪いなか仕事をしていた。
仕事中もふとした瞬間にジュンフィとの楽しかった思い出を思い出し心を痛めるチョンアは、仕事の後、インターマーケットへ。
そして帰宅しようとするジュンフィと対面し、「チョンアは別れた理由について説明してほしい」と問い詰める。
その様子を少し離れたところでユラが見ていた。

ついにチョンアはジュンフィの口から「自分はジュンギョムの弟だ」と真実が語られそうですね

スポンサーリンク

感想

37話はテランが父にソラに好意があることを打ち明けたり、テランがソラに「距離を置こう」と提案したり、人間関係に動きがあった回でした。
そして38話にはチョンアとジュンフィの関係にも大きな変化があり、2人は別れることになってしまいました。
ジュンフィはチョンアのことを考え別れるタイミングを伺っていましたが、結局クリスマスでチョンアの誕生日という最悪のタイミングで別れることになってしまいましたね。
この展開はチョンアがかわいそ過ぎました。
そして39話ではジュンフィが突然別れを告げたことに納得できないチョンアがラストにジュンフィに会いに行きその訳を迫るという展開でした。
次回、ジュンフィがチョンアに真実を明かすのか否か、そしてユラがやけに気にかけている謎の青年について明かされるのか楽しみです。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください