愛よお願い-あらすじ-最終回(128話)-結末は!?


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

グミは無菌室へと移動し、いよいよ移植が行われると言ったまさにその時。
「ドナーがいない」と駆け込んできた看護師・・・。
グミの命はどうなるの?

スポンサードリンク

【愛よお願い】(ネタバレあり)

最終回(第128話)

サンウォンは、突然走り出す。
さっき見た男性が、グミのドナーだと気付いたからだ。

病院の外まで探しにやって来たサンウォン。
ちょうど車に乗り込むところだった。

サンウォンは車の前に飛び出して行く。
「お願いします」と言ってサンウォンは膝まづく。

「移植を受けないと僕の妻は死んでしまいます。お願いします」とすがるサンウォン。
男性の母親は、息子に移植をさせたくなかったのだ。

しかし男性はサンウォンの手を取り、「行きましょう」と言う。
「今帰ったら、一生罪悪感にさいなまれてしまう」と言う男性は、移植をしてくれるのだった。

移植後の経過も良く、グミはサンウォンに感謝の気持ちを伝えるのだった。
サンウォンもグミに「ありがとう」と言う。

グムジュたちも無事結婚式を挙げ、新婚旅行から帰って来る。
サンウォンとグミにヨルムたちも、家族3人元気に過ごしていた。

ヨンスンは臨月の大きなお腹になっていた。
突然、陣痛が始まった。

家にはギョンエとヨンスンの2人だけ。
困ったギョンエは病院へと連れて行こうとするが、ヨンスンは「間に合わない」と言う。
「赤ちゃんが出てくる!」と言うヨンスン。

医者が来るのも間に合わず、何とギョンエが1人で赤ちゃんを取り上げたのだった。
生まれてきた赤ちゃんは女の子。

ヨンジンに、「おまえの人生で最大の功績だ!」と褒められる。

離島の暮らしが合わないと言うのはミョンジャ。
往診に出かけているジュノ。
その隙にソウルへと帰ろうとするミョンジャだったが。
ジュノに見つかり、結局島でいることに。

なんだかんだ言っても仲がいいジュノとミョンジャですね!

ソウルに薬を買いにやって来たジュノは、サンミと偶然出会うのだった。
サンミは、必要な書類をそろえるため、一時帰国していたのだった。

2人は挨拶をし、握手して別れる。

サンウォンとグミは。
ヨルムを連れて、ヨルムの育った養護施設へと遊びに来ていた。
そこで、門の前に捨てられていたと言う生後100日にも満たない赤ちゃんと出会う。

サンウォンとグミは、その赤ちゃんを養子にしたいと思っていた。
そして赤ちゃんを養子に迎えることに。
カウルと名付けられたその子を可愛がるヨルム。

家族写真を撮るグミ達。
サンウォンとグミの間には、ヨルムとカウル。

幸せに満ち溢れた、素敵な家族ですよね!

第128話最終話の感想

ハラハラしました!
グミが無菌室にいると言うのに。
いなくなってしまったドナー。
息子が移植すると言う事が心配だった母親が。
病院から連れ出したようでした。
サンウォンのおかげで、ドナーも移植をしてくれることに。
そして、無事退院することが出来たグミ。
サンウォンとヨルムの3人で、やっと幸せな生活を送れるようになりましたね。
これまで辛い思いをして来たグミ、サンウォンも大きな傷を抱えています。
同じくヨルムも・・・。
そんな3人に新たな家族も仲間入り!
養護施設で出会った赤ちゃんを。
養子として迎えたグミたち一家。
家族4人、この先誰よりも幸せになって欲しいものです。
ギョンエもヨンスンの子どもが可愛くて仕方がない様子。
凄いですよね!
ギョンエが赤ちゃんを取り上げただなんて!
サンミもすっかり毒が抜け、勉学に励んでいるようです。
そしてジュノも。
グミに執着していたあの時の狂気は無くなり、離島の医師として毎日頑張っていますね。
それぞれが幸せになり、最後はみんなが笑顔になれる、ステキなハッピーエンドで良かったです!

スポンサーリンク


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください