推理の女王-あらすじ-11話-12話-キャスト情報と感想付きで!


韓国ドラマ-推理の女王-あらすじ-11話-12話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
知り合いのジュヨンが殺された事を知ったソロク。
ソロクは特別捜査班に入る事を決め警察署に行く。
ホン所長は出世コースを蹴ってまで西東署に来た。
ジュヨンを殺した犯人は捕まえられるのでしょうか。

【推理の女王】(ネタバレあり)

11話

特別捜査班の中にソロクがいた。ウ警部を筆頭に専門家たちが集まっていた。
課長が部屋の外で署の人間を締め出すほどの機密事項なのか?と言っていた。中の声を聞こうとドアの所に耳を傾けた時、
オ記者が来て、ハ刑事は広報へ行ったのか。情報源だったのにと言った。課長はなぜそれを?と聞いた。
署内に人事発令が張り出されていた。
ペ班長は交通安全科で“高齢者 交通安全教室”をし、部下のドンギは全羅北道 シナン警察署に行き、ホン所長は女性青少年係に、ワンスンは警務係広報担当だ。
それぞれ移動になってしまいましたね。ドンギが一番大変な気がします

特別捜査班ではジュヨンの事件の事を話していた。
ウ警部はテープ殺人事件の写真を写した。ソロクはありえないと言っていた。
ワンスンはジュヨンの部屋の服の畳み方がどうしても気になっていた。
ソロクは死因についてきいたがウ警部は機密事項だといい答えなかった。ソロクは体を拭いたものはと聞いてみたが
ウ警部は無視して続けて行った。
ソロクはダクトテープの巻き方について説明したが、ウ警部は出ていけといいソロクは外に出されてしまった。
そこにワンスンが来た。検視結果を見せてくれと言ってきたがソロクは機密事項と答えた。

ワンスンはお弁当屋にソロクを探しに行った。店の前にドジャンがいるのを見て追いかけたが、ドジャンは車に乗って行ってしまった。
ドジャンはキム室長と電話していた。しかし、キム室長にソロクに手を出すと面倒だ。ワンスンにも一切近づくな、船を用意したと言った。

次の日、ワンスンはシニム警察署に行った。
ソロクの両親の事件内容の資料がどうなっているか確認する為だ。しかし、知り合いのコ刑事は紛失した。と答えた。
ワンスンは帰ったがその刑事は机の引き出しを開け、資料を出した。
そして、キム室長に電話し早めに対処すべきですと言った。

ソロクはワンスンと会っていた。
そして、スーパーの店主が地図を持ってきて、下着泥棒に入られた家に印を付けていた。
そこに派出所の巡査長たちが加わり印を付けていった。その時、ソロクの携帯がなり姑が近くまで来ていた。
ソロクは地図を奪い取って、会議が出来る場所があると言いギョンミのお弁当屋にみんな入って行った。
そして、ペ班長やホン所長も来た。みんなでプロファイリングを始めた。
下着泥棒を捕まえる為にそれぞれ分かれていた。
ソロクはホン所長と一緒にいた。ホン所長は小さいホイッスルのネックレスを渡した。
そして、下着泥棒を捕まえた。その人物はソロクのお隣さんだった。
そこにウ警部がきた。
みんなの情報があり下着泥棒は捕まえられましたね。でも、まさかのお隣さん!!

12話

ワンスンは鑑識と話していた事を思い出す。
ダクトテープはメーカーが異なり、被害者の手首の傷はひもではないと鑑識は言った。
ソロクは
「下着泥棒の車にあるひもは使われた形跡はなくダクトテープもほこりで白くなってて買ったことすら忘れてたと思います。この人はジュヨンを殺してない」と言った。

ウ警部はテープ殺人事件のプロファイリングを署長に話した。
年齢は32~36歳、身長は170~175センチ、整った顔立ち、性経験はなし、警備などの仕事についている。被害者を修理の対象と考えダクトテープを使用。など
容疑者を5万4600人から現在は38人と言った。
ソロクとワンスンは3人の男の取り調べをした。隣の集合住宅の住人、市場で知り合った男、家主と。
そのあと、お弁当屋に行き、洗濯物の写真を見たギョンミが畳み方が違う。クリーニング店?と言うとワンスンが軍隊式だと言った。鑑識から連絡があった。
その夜、ソロクとワンスンは夜中に出かけた。そして、あの男が通り過ぎたのを見た。
ソロクとワンスンは声をかけた。ゴミ袋の中身は服だった。ダクトテープは高いけど防水もあるから使い道が多いんですと男は説明した。
ワンスンはエアコンの修理にも使い、人を殺すときもと言い何がいいたいんですかと男が聞くと、ポーラーポリースとワンスンが言った。
そして、ソロクがジュヨンの洗濯物から検出されましたと説明した。
男は服の入ったごみ袋をソロクに投げつけ逃げた。ワンスンは追いつけず男は別の道へ出たがそこにペ班長とホン所長が通り捕まえた。
ワンスンは男にいい子を殺したのには理由があるはずだと聞いていた。
ソロクはジュヨンの友達に話を聞いていた。友達はジュヨンから聞いていた事があった。映画の無料券があると聞いて映画を見たら恋人気取りだと。
男はジュヨンは自分の物で抵抗しなければ…と言っていた。
友達は市場の人はテープ殺人事件を知らない人はいない。昨日のことのように話すと言った。
ジュヨンを殺害した犯人が捕まりましたね。思い込みで殺害してしまうなんて…

ある男性が女性の遺体を見つけた。

ペ班長とホン所長はお弁当屋の手伝いをしていた。
ペ班長はけんかばかりなのに一緒に事件を解決して不思議だ。と言い、ギョンミはふだんのソロクはあんなにきつくないと言った。
ペ班長もハ刑事も口数が少なくて女性にあんな言い方はしないと答えた。2人は顔を合わせて、ありえないと言った。
そこにホン所長がハ刑事はなぜユ先生を嫌うんですか?若いのにおばさんなんてと言うと、ギョンミが
青年。嫌いだからけんかを?小学生の男子は女子のゴムひもを切るでしょ。と言うとホン所長は僕は切ってませんと答えた。
ソロクとワンスンはお弁当屋に来た。
ホン所長は疲れたでしょう。今後は警察に任せてと言うと、ソロクはその代わり…これがあると言ってホイッスルのネックレスを見せホン所長は笑った。
ホン所長はかわいいですね。純粋で疑う事がないと言うか可愛いしかないです

警察署に戻った2人。戻るとテープ殺人事件の犯人が現れた為記者会見が行われる事になっていた。
ソロクはウ警部に説明するが、ソロク達が捕まえた殺人犯ではなく本物のテープ殺人事件だった。
ウ警部はテープ殺人事件の時に同じ警察のイ・ジニョンを亡くしていた。絶対に捕まえると決めていた。
ウ警部、ソロクも犯人を見つけ追いかけていた。そして、ジュヨンの友達が迎えに来てほしいとソロクの所に電話があり
近くの派出所に連絡したとソロクが言ってジュヨンの友達は待っていた。
そうすると、早くに警察車両が通り乗ってしまう。ホン所長の車に乗っていたソロクはその警察車両を見かけ追いかけた。
この警察車両は実は偽物だった。
ソロクはホン所長と一緒に追いかけていた。ウ警部はその車を見つけ発砲し車を止めた。

11-12話感想

下着泥棒はまさかのお隣さんで奥さんも子供もいるのになんでこんな事をしたんでしょうね。
でも、この犯人もジュヨン殺害の目撃者だったから色々助けにはなってましたけど。。。
ジュヨン殺害の犯人は除隊後すぐの犯行。
思い込みでジュヨンを恋人だと思って、隣の集合住宅の男が見ているのもダメで、本当に最悪な事件ですね。
だけど、その犯人も捕まり一件落着とはいかず、本当のテープ殺人事件の犯人が現れた。
ウ警部はこの事件のせいで同じ刑事を亡くしていた。だから捕まえる事に力が入っていたんですね。
どんな方法ででも捕まえるっていう執念ですね。





クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください