推理の女王2-あらすじ-5話-6話-感想付きで詳しく紹介!

韓国ドラマ-推理の女王2-あらすじ-5話-6話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

推理の女王2

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
連続して起きた放火事件。その放火事件の犯人が、わずか9歳の小学生だとわかり衝撃を受けた前話。
その息子の犯罪を、ひた隠しにしようとする両親。
誰かを、傷つけることに何も感じない少年。心の闇を感じますね。
なぜ、このようになってしまったのかにも心が揺さぶられました。
小学生が、犯人であるという事実は変えようのないことだとは思いますが、誰かを傷つけることは決してしてはいけないことなのだと知って欲しいですね。
ではでは、5話へ突入です!

【推理の女王2】ネタバレあり

5話

ソルオクは、警察官になるための猛勉強を開始します。
自分だけの学習では足りないと思うソルオク。

ソルオクは、警察官や公務員を目指す人間の集まりである就職予備校へ通うことに。
本気で警察官になりたいのですね

若者らに入って自分も猛勉強をするソルオク。

ノリャンドンの予備校で、学生らに囲まれながら1日に14時間もの時間を学習に費やすソルオク。
すごいです・・・。そんなにできない( i _ i )

ワンスンは、色々ぼやきながらもソルオクを予備校まで送ります。

指輪をソルオクに、渡したもののまだ回答がもらえないワンスン。
ソルオクに不満がたまっていきます。

学生たちの街。
ノリャンドンである日、殺人事件が起きます。

殺人事件が起きたもののソルオク。
うずうずする頭脳を抑えこみ、警察官の試験勉強に励んでいました。
ソルオク、我慢できないでしょう^ ^

しかし、ソルオクとともに授業を受けていた、ミジュが殺人事件の容疑者として逮捕連行されてしまいます。

ミジュが、殺人事件の犯人だと断定したのはワンスンでした。
監視カメラなどの証拠から判断したようです

それを知ったソルオク。

ミジュが犯人ではないのではないか?
犯人ではありえない可能性を感じます。

6話

公務員の試験を受けるために、一生懸命に勉強に取り組んでいたミジュ。
ミジュが犯人だと断定したワンスン。

断定したワンスンではありましたが
捜査を突き進めて行くうちに、死んでしまった被害者は一度のみしか刺されていないことに気づきます。
一度だけがおかしいのかな?一度で致命傷になったのでは?

ソルオクの方も、一緒に学習に励んでいたミジュは
殺人事件には関与していないのでは?と捜査を進めることに。

そこで、ワンスンに協力してもらい捜査を。
やはり、この二人のタッグはいいですね

捜査を続けるうち、ミジュの洋服や靴などについていた血痕は、ミジュが犯人だからついたのではなく、ミジュが逃げる犯人と偶然にもぶつかるなどの接触をしたことで付着してしまったのではないかと推測されます。
自分でも気がつかないうちに、殺人事件の犯人の目撃者になってしまった?

ミジュが、事件が起きた日に動いていた足取りを追うソルオク。

そして、露天の店の主人がナイフを持ったままトイレに駆け込んでいたのを
突き止めたのです。

そして、その犯人の手がかりには、何かミントの類のようなものの匂いを感じたとミジュからの証言を得て、ソルオクは犯人を追うのですが・・・。

感想

ソルオクはどうしても、警察官になりたくて推理を封印して勉強に励んでいましたが、自分の間近にいた人間が、殺人事件の犯人として逮捕されてしまったことでどうしても見過ごすことができませんでしたね。
警察官に向く正義感の持ち主ですよね。
それにしても、ソルオクのずば抜けた推理力。
その、推理力には関心せずには入られませんね。頭脳を少し分けていただきたいほどです。(笑)
まさしく、脱帽といったところです。
笑えるポイントも多く面白いです。ソルオクの友人のギョンミは、鑑識課?へと配属になったみたいですね。
これから、ドラマに登場してくる回数も多くなりそうな予感です。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください