推理の女王2-あらすじ-最終回(16話)-感想付きで詳しく紹介!

韓国ドラマ-推理の女王2-あらすじ-最終回(16話)-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

推理の女王2

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ミジュが殺され犯人を捕まえると誓ったソロク。
ワンスンと協力し、強力班とも協力し犯人を逮捕することに成功しました。犯人は、ジュソクでした。しかし、シワンを拉致し、シワンを全ての殺人の犯人として仕立て上げようと企てるキム室長。
とても腹立たしいですよね。今回がついに最終回!シーズン1でも取り上げられたソロクの両親の事件など、全ての謎は明かされ解明へと進むのでしょうか??全てが明かされることを、祈りつつ16話のスタートとなります!

【推理の女王2】ネタバレあり

16話

ソロクは現場へと向かいます。

その現場には、車の中で息絶えているシワンがいました。
あいつの仕業に違い無い!

シワンの亡骸を見たソロク。
犯人を一緒に捕まえようと話していたシワンの姿を思い出したソロク。
大粒の涙がこぼれ落ちます。

遺書が残されていたことで、自殺では無いかと思われましたがワンスンは自殺説を否定します。

それは、シワンは車など所有していないからでした。

ワンスンの意見にソロクも賛成します。
これは、自殺に見せかけた他殺だとはっきりと主張したのでした。
そうだ!そうだ!他殺だ

一方の逮捕されたジュソク。
記者に面会をすると、キム室長とジスンの二人の関係について記事にできるかと尋ねます。
しかし、ジュソクは頼んだ宅配のキムパブを食べると、留置場の中で絶命しているのが発見されます。
キム室長の仕業ですかね?

ワンスンは、ジュソクの弁護人を務めていたジスンを攻め立てます。
攻め立てられたジスンは、この件にこれ以上絡むと兄さんも危険な目にあうかもしれないとワンスンに警告します。

一方、ソロクはヒヨン殺害計画と記されたファイルを発見します。
ファイルを見たソロクは、ヒヨンが殺害される時間が迫っている危機感を感じ、ヒヨンを救うために車を飛ばしたのでした。

ソロクはワンスンに、急いで電話をしますがワンスンは電話に出る気はいが全くありません。
ソロク急いで!

その頃。
ワンスンは、ヒヨンを殺害したとして逮捕されていました。

ワンスンが、ヒヨンを殺害したとして逮捕されたことを知ったソロクは、この警察署内に犯人に関係する密通者がいるのだと推理をしますが・・・・・。

感想

無事に推理の女王2シーズン。終了を迎えましたぁ。
実は「推理の女王1」は放送されてからずいぶん経ってから視聴したのですが「推理の女王2」シーズンは、ほぼリアルタイムで観ていました。
1をだいぶ経ってから見たのは、私がただただ食わず嫌いだったからですが、視聴してからは話の内容に引き込まれていき、なぜ早く見なかったのだろう?と思いました。先ほども言ったようにただの食わず嫌いだったわけだからですが。
韓国ドラマで好きなのは、実は個人的にはラブコメ分野だったりするのでラブコメは見まくったりするのですが、これはそうではなかったというわけです。
今は早く見ればよかったと思っていますよ(笑)。
シーズン2では、ソロクが念願の警察官になるための奮闘から始まったのですが、本当におもしろかったです。事件が解決していく様は爽快そのものでした!この二人のコンビが、これでサヨナラかと思うと少し寂しい気もしますね。
シーズン3を期待したいところです。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください