操作-あらすじ-3話-4話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-操作-あらすじ-3話-4話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

操作

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
愛国新聞のムヨンは、どんな生地であろうと徹底的に調べつくし潜入取材を試みます。
パク・ウンモ事件の映像はお蔵入りになるのでしょうか・・・。

【操作】ネタバレあり

第3話

ドンシクは、「自分達の手に負えない事件だ」と言ってパク・ウンモの潜入取材の公開を頑なに拒む。
ところがムヨンは。
「お蔵入りにすることは出来ない」と、大韓日報のナ記者に連絡。
ドンシクには内緒で映像を売りつけるのだった。

もちろん激怒したドンシク・・・言うまでもありません(≧∇≦)

翌日、ムヨンから入手した秘蔵映像を大韓日報は報じる。
第一線から引いているソクミンは、今でも諦めてはいなかった。

パク・ウンモ事件の裏に、黒幕がいることを。
そしてチョン刑事とパク・ウンモが通じていたことを勘ぐっていた。

その頃ソラ検事の元には、遺体発見現場からパク・ウンモのDNAが発見された事が知らされるのだった。

拘置所のパク・ウンモと面会するチョ・ヨンギ弁護士。
大韓日報のク常務も関わっている様子。

パク・ウンモが口を割ると困る政治家がたくさんいる模様。
そこでク常務はチョ・ヨンギ弁護士に提案。

「始末しては?」と。

目障りになって来たパク・ウンモを殺してしまおうと考えている様子(≧∇≦)

「大韓日報が愛国新聞から手に入れた秘蔵映像は捏造だった」と後日報道される。
金銭の授受があったとし、愛国新聞は危機に!!

全ては大きな黒幕のせいだった。
遺体の死亡推定時期をも操作する黒幕たち。

結局、公訴時効の満了を理由にパク・ウンモは釈放されることとなる。

ソラ検事もバックの大きな力が働いたことを確信するのだった。

事件の全てを覆した何者かに、腹立たしくて許せない怒りが収まらないソラ検事。
愛国新聞に電話を入れる。

出たのはムヨン。
数年前、自分のドーピング事件でソラ検事に裏切られたことは今でも忘れていなかった。

「法の元でもどうすることも出来ないのであれば、自分のやり方で明らかにする」と言い切るムヨン。

ドンシクは「もう失うものは何もない!」と言って、ムヨンと一緒に事件の真相に迫る事とする。

愛国新聞の記者ヨンシク達も総出で協力。
メディアをうまく利用し、パク・ウンモを追い詰める。

「釈放されたとはいえ、世間の人々はお前を許さない」とムヨンはウンモに電話をかける。
屋上まで追い詰められたウンモ。

押し寄せる人々の中、あの手首に入れ墨の入った男が混じっていた。
この男、ムヨンが捜している兄チョロを殺した男だった。

ウンモは彼の姿を見ておびえ始める。
ムヨンに何か伝えようとするが屋上から誤って転落、死亡する。

ソラ検事は、愛国新聞にムヨンがいることを初めて知るのだった。

第4話

屋上から落ちて死んでしまったパク・ウンモ。
ソラ検事はウンモが最後に電話で話していた相手がムヨンだと知る。

そしてムヨンに一言。
「あなたのせいで起きた事よ!」と。

自分を責めるムヨンに、ドンシクは「自分を責めるのは辞めろ」と言うが動揺するムヨン。

ムヨンは兄チョロが殺された真相を暴こうと、ずっと諦めていなかった。
愛国新聞のドンシクも、ムヨンを信じていたのだった。

チョロと親しかったソクミンは、ムヨンを心配していた。
兄が殺されたと信じているムヨンは、復讐に燃えていると思っていた。
「とうとう一線を越えてしまった」と心配でならないソクミン。

大韓日報のインターン記者、コン・ジウォン。
彼女は特ダネを持ち帰る。
それをソンシクに聞かせるのだった。
そこには、ソラ検事の音声が・・・。

パク・ウンモが世間の人々から追われているその時、現場に急行するよう指示が出されるソラ検事。
しかしソラ検事は10分遅くに出発。

罪に問われていないウンモを、世論と世間の人々からの目が向けられることにより裁こうと思ったソラ検事の判断だった。

「あと10分早く現場に到着していれば、ウンモの命を救うことが出来た」と考える大韓日報のソクシン。

ムヨン達愛国新聞の仲間たちは、ウンモの事務所に侵入する。
しかし一足遅かった。
全ての証拠となりうるものは、引き上げられた後だった。

チョロと仲の良かったソクミンも、ムヨンの為に出来ることを手助けしようとしていた。
そして辿り着いたのは、チョロのひき逃げ事件の犯人だと言われていた男性の元婚約者だった。

チョロを跳ねたと言う男性は、心臓手術が必要な母親がいたが自分が犯人だと証言した数日後に大金を受け取っていたという。
しかしそれから間もなく自殺したと言う彼。

婚約者だった女性は、「彼は何者かに殺されたのだ」と話す。
以前も同じ大韓日報の記者に資料を提供したと言う女性。

彼女の口から誰だったのか聞いたのでしょうか(≧∇≦)

第3話から第4話の感想

とても複雑に絡み合う事件です。
ドラマを観ているこちらも混乱するほど複雑な部分もありますが。
ゆえに非常に闇が深くて大きな見どころとなっています。
ムヨンの兄チョロが関わっていた事件。
大きなバックが法をも動かす何者かがとっても気になりますよね。
ムヨンの正義感、彼の執念が少しずつ事件の真相に迫ろうとしている緊迫感もたまりませんね。
パク・ウンモが法をすり抜け釈放になりました。
そんな彼を罰するべく、ソラ検事もわざと現場への時間を遅らせたのです。
とても熱血検事のソラ。
ウンモを絶対に許せない想いは、ムヨンと同じですね。
権力を持ち、法をも自由自在に操る何者かが明らかになる日。
ソラ検事やムヨン達は無事に要られるのかと心配してしまいます(≧∇≦)