新米史官ク・ヘリョン-あらすじ-15話-16話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-新米史官ク・ヘリョン-あらすじ-15話-16話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

新米史官ク・ヘリョン

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ヘリョンがジェギョンの妹でないことがわかり、突然捕まり連行されて来た西洋人のジャンを守るため奔走したり、ドラマ内容が盛りだくさんで少しだけ一杯、一杯になって来ました。
トウォンも成長し強くなったし、ジンもトウォンを守りたいがために、王命にも背いたし。こうして見ると王は自分の私利私欲にまみれているのに、その子供たちは真っ当。王が改心する日はやってくるのでしょうか?
そして・・・・トウォンに結婚の話が持ち上がって来そう。王の仕業なのでしょうか?それともイクビョンの仕業なのでしょうか?

【新米史官ク・ヘリョン】(ネタバレあり)

15話

休日でくつろいでいるヘリョンの元を訪ねるトウォン。
塀の向こうから・・・・(^ ^)

トウォンを見つけたヘリョンは苦言を呈しますが、明るい声のトウォンです。

ヘリョンの部屋に入ったトウォン。
ドキドキしながら、噛み締めた様子のトウォン。

以前来た時とは、どこかが違う感じがする。
あの時はク・ヘリョン書吏の部屋・・・・。
今回、いや今はもう自分の女人の部屋なのだ。
女人という言葉に引っかかるヘリョン

女人の言葉に引っかかったヘリョンを引き寄せると、私とそなたはどんな関係なのだ?違うのか?どうすれば時期早々ではないのだ?と聞きます。

「毎日会いたい」とトウォン。
ドキドキ・・・
翌日。
ソグォン検閲を訴える、上訴文をウウォンが提出します。
即座に粒径を課すジン。

このことは、芸文館の史官らに衝撃を与えます。
上訴文を提出したウウォンに、理由を尋ねる史官・・。
ウウォンはソグォンを守りたいがために、事実を述べることはしませんでした。

ただ、ソグォンの犯した罪は消えないとだけ言い残し、ウウォンは出て行ってしまいます。
後を追うヘリョン。

ヘリョンはウウォンに自分も同罪だと話します。
ウウォンは諭すように同じじゃないと、話しますが納得がいかないヘリョン

芸文館の史官らは、ウウォンの悪口を叩きます。

この行動に腹をたてるサヒ。
ソグォンがカトリック教徒を解放しなければ、サチェクの内容を公に公開すると脅迫したことを暴露します。
(>人<;)

それだけではなくウウォンが東宮殿をたずねて、ソグォンについて謝り命は助けてやってほしいとお願いをしたこと。
それで極刑ではなく、流刑で住んだことを暴露します。

事実を知った史官らは、ウウォンに謝罪をします。
心が広いウウォン。許しちゃいます

その後、ヘリョンはトウォンと散歩していたところ、同僚の見習史官であるアランとウルムに見つかってしまいます。

アランとウルムはヘリョンを追求。
いつからこんな風に、こんな関係になったのか?と尋ねる二人に、トウォンは初めて見た日からだと答えます。

ウルムはヘリョンを心配します。
大君と史官の恋・・・難題が多いから・・・ヘリョンが傷つくことにならないか心配しています

アランも同様にヘリョンの人生を心配します。
そこにやって来たトウォン付きの侍女たちは、ヘリョンが先にトウォンを口説いたのだと言い合いに・・。

侍女たちと史官が喧嘩になったと知って、慌てたのはもちろんサンボ内官。
チョ尚宮に見つかったらヘリョンが大妃に呼ばれてしまうと、トウォンを連れ戻すと叱責

その頃・・・。
ジャンが命がけで守って来た手紙を、大妃に手渡すモファ。
手紙の中には20年前の出来事である、ソレウォンの状況について詳細が書かれています。

手紙と一緒に、ヘリョンのことについても報告をしようとしたモファ。
しかし、王妃は急遽宮殿へ戻ることになり、ヘリョンの存在を話せずじまいになってしまいます。

王の元へ行った大妃はトウォンの婚礼を進めたいので、許可してほしいとお願いされます。
えっ・・・?

王の願いを受け入れ、嘉礼庁の設置を認める王妃。
嘉礼庁は王位継承者の結婚などの、儀式を取り仕切って行う官庁のことです

もし宮殿を出るとトウォン大君に、身の危険が及ぶかもしれないと心配するチェ尚宮。
これに王妃は婚姻を認めただけであって、トウォンの相手は王に選ばさないと話しますが・・・。

16話

サンボに嘉礼庁が設置された。
王がトウォン大君の結婚を命じたと、息を切らせて駆け込んで来ます。

サンボの報告に驚愕するトウォンに、追い打ちをかけるようヘリョンにまで祝いの言葉をかけられるトウォン
ヘリョンはどんな思いで、おめでとうと声をかけたのかな

ヘリョンを追う、トウォン。

理不尽なことに祝うのかと声を荒げます。

王妃の住まいへ向かうトウォン大君。
王妃に会うとお願いがあると懇願するトウォン。

自分にはすでに心に決めた人がいると話します。
ヘリョン記録をとりながらどんな気持ち?

トウォンの頼みに難色を示す王妃。
一人の男である前に、この国の大君だと話します。

王妃に難色を示され、打ちひしがれるトウォン。
ヘリョンとも言い合いになってしまいます。

ヘリョンはトウォンのことを考え、王命に従い結婚するよう告げます。
ヘリョン・・・別れを選びました(T . T)突然すぎる別れです

トウォン大君の婚姻相手を選定するために、書類選考で選ばれた者たちが宮廷へと入ります。

候補者は6人に絞られたものの、そのうちの一人が年齢を偽っていたことが発覚して代わりに、サヒが候補者になります。

サヒはイクビョンの元へ行くと抗議するものの、軽くあしらわれてしまいます。
サヒをトウォンの嫁にするつもりです!

ジンにイクビョンはペクソンの娘をサムガンテクから排除したいがため、ペクソン将軍を左遷するよう頼みます。

これに怒りを爆発させるジン。
サヒを呼びつけると、自分が左議政の思うままにすることを望んでいたのか?と。

号泣するサヒ。
否定しながらも、自分が選んだ生き方をしたかったと訴えます。

サヒの思いを理解したジンは、サヒの話を聞くことに・・・。

その後、東宮殿サヒとジンが一夜を過ごしたと噂が流れます。
噂を聞きつけたセジャビンは、サヒを呼びつけるとヘリョンも後を追いかけます。
強引に一緒に入るヘリョン

恥知らずだと罵るセジャビン。
堂々としているサヒに、殿下がお前のものになることなどない!と罵ります。

堂々と公開していないと答えるサヒ。
ヘリョンもこの言葉に心が・・・

一方のトウォン。
サンボに将来住むことになる、自宅を見に行こうと誘われます。

家を見たトウォンは、ますますヘリョンへの思いを募らせます。
ヘリョンを諦めきれないトウォンは、ヘリョンの自宅へと向かいますが・・・・。

感想

セジャビンが出て来たことで、今更ながら世子であるジンが結婚していたのを思い出しました。ヘリョンに振られる形で別れたトウォン。
やはり納得がいかず、向かったヘリョンの家。ヘリョンには自分が全て捨てると話したものの、ヘリョンは背を向けてしまいました。
お互いがお互いを愛しているのに、どうにもならない苦しさから逃れる手立てはあるのでしょうか?大逆転ホームランはやってくるのでしょうか?

クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください