明日もスンリ-あらすじ-19話-20話-21話-キャスト情報ネタバレありで!

韓国ドラマ-明日もスンリ-あらすじ-19話-20話-21話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

明日もスンリ.jpg
韓国で最高視聴率13.6%を記録した「明日もスンリ」。「スンリ」は日本語にすると「勝利」。ヒロインハン・スンリ(チョン・ソミン)は愛するソヌの子どもを身ごもるが男に裏切られてしまう。しかし、タイトルのごとく、自分の夢の実現のために逆境にも立ち向かい、乗り越えていくサクセスドラマです。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ホンジュは最近スンリに優しくなってきました。スンリがジェギョンに意地悪されているのを見てかばったり、スンリに面接の機会を作ってほしいとドンチョンにお願いしたのもホンジュ。そしてホンジュのおかげで、面接の機会を与えられたのに、またもやソヌの邪魔が入りました。なんとか面接には間に合ったようですが…。
それでは面接が始まるところからスタートです。

【明日もスンリ】(ネタバレあり)

【19話】

スンリはドンチョンがソドングループの会長だと知り、驚いた。ドンチョンは客をよそおって店を観察しに行っていたと話す。
そして面接が始まった。ホンジュから受け取った漬物が美味しかったと言うドンチョン。スンリは漬物専用の醤油を自分で作ったと話す。どうしてソドンに入社したいのかと聞かれ、スンリは自分の作った醤油をたくさんの人に届けたいと答えた。
本当は父の作った醤油や事故のことを調べたいからですよね
面接は終了した。
ジェギョンがやってきてスンリに、自分を殺そうとした人間がこの会社に入社できるはずがないと言う。
おまえこそ、殺人者だ!
ソヌの母は友達との食事中にジェギョンを紹介したいとジェギョンを呼び出した。しかし、ジェギョンは、行けないから食事代だけ秘書に届けさせると言った。そのことを次男に話し、怒る母。それを慰める次男。
この弟、本当にソヌに似ていなくて良かった
スンリはホンジュに漬物を届けてくれたことを感謝する。実は刑事に邪魔をされ、面接に遅れそうなスンリを助けたのもホンジュだったのだ。
スンリを合格させるというドンチョン。
ジェギョンの母はそれを聞いて怒りまくる。あんな女と自分の娘が一緒に働くのがごめんだとドンチョンに文句を言うが、それを無視するドンチョン。そして会長夫人という名前だけで満足しろ、愛情まで求めるなと突き放す。
ジェギョンの母は悔しくて一人酒を飲んでいる。そこにジェギョンが来た。ジェギョンの母は話し始めた。
ジェギョンを妊娠して途方にくれて死のうと考えた。そこにドンチョンが現れ、彼に酒を飲ませて一晩過ごした。そして妊娠したと伝えたと…。
詐欺師じゃないかい
それからドンチョンは自分の子供ではないとわかってからは妻とも認めてくれなくなったというジェギョンの母。ジェギョンに絶対にソドンの後継者になれという。
スンリは合格の電話を受け取った。
しかし、ソドン社内ではスンリが食品偽造したテソンの娘だと噂が広まっていた。ソヌはドンチョンに入社させたら会社のイメージが落ちると言う。ドンチョンは仕方なくスンリの不合格はソヌに任せると言った。
また、ソヌの仕業~
スンリたちは入社祝いにサムギョプサルパーティを開いた。そこに警察がやってきて、ホンジュが結婚詐欺で訴えられたと言う。
警察で取り調べを受けるホンジュ。
ホンジュは女性をだます際に、ソヌの名前を語っていたのだった。
ソヌとジェギョンも警察にやってきた。自分の名前を詐称していたのがホンジュだとわかり、絶対に示談にはしないというソヌ。
そこにスンリもやってきた。

【20話】

ホンジュの身元保証人としてやってきたスンリ。
それを聞いてジェギョンは、2人は詐欺仲間で組んでいるのだと言う。わざと自分にジュースを飲ませ、医者のふりをして助け、お金が目的だったのだろうと言うジェギョン。
スンリはもう詐欺をするのはやめろとホンジュに言うが、やめたらどうやって暮らすのだと言うホンジュ。
スンリは会社に初出勤した。
そこにソヌが来て、おまえは不合格だから帰れと言う。
納得がいかないスンリは必死にドンチョンの秘書に会長に会わせてほしいと頼む。
この秘書は良い人だ~
スンリはドンチョンに会う機会をもらう事が出来た。
スンリはドンチョンに、父の食品偽造はデマで、その証拠を探す為にもソドンに入社しなければならないという。さらに、人は裏切るが醤油は裏切らないと言っていた父の汚名を晴らしたいと言う。今から自分の人生をソドンに預けるから助けて欲しいと訴えるスンリ。
そして、スンリは出社しろとの電話を受けた。
会社に出社したスンリを見つけ、連れて行くソヌ。
辞めろと脅すソヌに、スンリはこれ以上自分を刺激したら、自分たちのことをばらすと言い返す。
そうだ、そうだ!ばらしちゃえ
スンリはジェギョンのいる開発部に配属された。
それを聞きドンチョンに文句を言いにきたジェギョン。
スンリを受け入れると言うドンチョンに対して、それなら自分のテストをに合格すれば入社を認めると言うジェギョン。
スンリへのテストは3種類の醤油の種類と特徴を答えろというものだった。
スンリは見事に特徴を言い当てた。しかし、ジェギョンは一つ足りないと言う。スンリは少し考え、最後の一つも完璧に言い当てた。完璧すぎる答えに同僚もみんな驚き拍手。
パチパチ~
スンリを受け入れる事になり困っているジェギョン。
スンリのあら探しをしようとスンリの履歴書の父の名前を見て、聞いた事があるように思った。
そのときスンリが持ってきた書類の中に、ひき逃げ犯人のちらしが紛れ込んでいた。それを見て、ジェギョンはスンリの父がひき逃げして殺してしまった男性だとわかった。

【21話】

ジェギョンは自分がひき逃げをしてしまった男がスンリの父だと知り、ショックを受ける。
ソヌに、買収した刑事もいるし、そのうち目撃者もあらわれるかもしれないから自首したほうがいいのではないかと言うジェギョン。ソヌは自首したらソドンはつぶれる可能性もでてくるし、人殺しだと言われてもいいのかと言う。
それを聞いて自首はできないと言うジェギョン。
ホンジュは出頭命令を受けた。スンリは相手の女性にあやまって刑務所に入るのだけは避けられるようにしろと言う。
ホンジュは女性に謝ってどうにか許してもらう事ができた。しかし名前を詐称されたソヌが訴えたら処罰されるようだ。しかしソヌには謝りたくないと言うホンジュ。
わかる!あんな奴に頭をさげるなんていやですよね~
しかし、ホンジュはソヌに謝る事にした。ソヌは告訴を取り下げるかわりに、ライバル会社の商品の情報を探ってこいと条件を出した。その条件を受け入れたホンジュ。
さっそく行動開始した。
ライバル会社の理事の女性に近づき、お茶を飲む事に成功した。
あれからジェギョンはずっと寝込んでしまった。ソヌや母のなぐさめもまったく効果がない
しかし、心配で様子を見に来たドンチョンの優しい言葉で元気を取り戻した。
ホンジュはライバル会社の理事の女性を褒めまくる。女性はホンジュが詐欺師だと気づいた。しかし、お金も情報も望むものはあげると言ってホテルの部屋の鍵を渡した。
あらま~、男性に飢えているのね
ちょうど外を歩いていたスンリとジャドウがホンジュに気付き、ジャドウが、お兄ちゃん!と言って店に入ってきた。ウエイトレスとぶつかり叱られて泣いてしまったジャドウ。スンリが急いで外に連れ出した。
その様子をみてホンジュは、理事の女性に一番大切な女性を泣かせてしまったから帰ると言った。女性に水を掛けられるホンジュ。
家に帰ったホンジュはジャドウにこれからは外でもお父さんと呼んでいいと話す。
ジェギョンは復活した。そしてスンリに会社を辞めろと言う。この警告を無視したら後悔するとも言う。
やけに強気。嫌な性格がバージョンアップしたみたい
そこにスンリに目撃者からの電話が入った。

19~21話感想

スンリはソドンにやっと入社しました。これから父の汚名を晴らすために頑張るのでしょうね。
しかし、ジェギョンはスンリの事を人殺しだとよく口に出して言えますよね。自分こそが人殺しなのに…。神経が図太いのかと思えば何日も寝込んだり、感情がころころと変わります。案外ソヌより悪い奴もしれません。完全にお母さんに似です。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください