明日もスンリ-あらすじ-115話-116話-117話-キャスト情報ネタバレありで!

韓国ドラマ-明日もスンリ-あらすじ-115話-116話-117話-の画像つきキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

明日もスンリ.jpg
韓国で最高視聴率13.6%を記録した「明日もスンリ」。「スンリ」は日本語にすると「勝利」。ヒロインハン・スンリ(チョン・ソミン)は愛するソヌの子どもを身ごもるが男に裏切られてしまう。しかし、タイトルのごとく、自分の夢の実現のために逆境にも立ち向かい、乗り越えていくサクセスドラマです。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ドンチョンは回復し、ソヌの悪事もすべてわかりました。
早くソヌを会長の座から引きずり降ろさなくてはなりません。
しかし、ドンチョンはスンリとホンジュの仲を認めてはくれません。テヒと結婚しろと言うドンチョンに、やっとテヒが正直に話し始めました。

【明日もスンリ】(ネタバレあり)

【115話】

ドンチョンに、ホンジュが自分の罪を背負って刑務所に服役したことを話すテヒ。
当時、妊娠中だからホンジュに頼んだ、ホンジュを不幸にしたのは自分だと言うテヒ。
テヒはドンチョンに許してほしいと謝る。
しかし、ドンチョンは自分の息子を前科者にしたくせに、元に戻ろうとしたのかとテヒを怒鳴る。
ドンチョンに出て行けと言われ、出ていくテヒ。
テヒはホンジュに自分は母親失格だと気付いたと言う。
スンリは体をはってジャドウを守った、自分にはできなかったと言うテヒ。
ドンチョンはホンジュになぜ言わなかったのかと聞く。
ジャドウの母親だからと言うホンジュ。
そしてスンリがジャドウを助けるためにけがをしたと話すホンジュ。
スンリを認めてあげてください
ジヌはジェギョンの事故の映像を消そうか悩んでいる。
ドンチョンはホンジュの前科を取り消すために弁護士を呼んだ。
ホンジュはそんなことはしなくていいと言うが、ドンチョンは悔しくてたまらない。
テヒはドンチョンの言う通りに、ホンジュの冤罪をはらして復権するべきだと言う。
しかし、ホンジュは自分の選択に後悔はしたくない、それはジャドウには秘密にしたい事実だと言う。
理事会が開かれ、ソヌが理事たちから問い詰められている。
ドンチョンは復帰できない、ソドンの会長は自分だと言うソヌ。
そこに入ってきたドンチョン。
理事たちに自分がいない間にソヌを会長にするとはけしからんというドンチョン。
ソヌが自分の不正をでっちあげて、そのせいで倒れたのだと言うドンチョン。
すぐに株主総会を収集すると言うドンチョン。
ホンジュは理事たちに、19%の株を持つB&Tが自分とドンチョンを指示し、株主総会での権限を自分に一任したと話す。
ジヌは母に事故のことを知ってから耐えられないと言う。
母は一生スンリの家族に尽くしていこうと言う。
そんなことでは許されません
ジャドウと遊ぶテヒ。
テヒはホンジュにジャドウを取り戻す訴訟を取り下げたと言う。
そして、今まで本当に悪かったと謝る。
またアメリカに戻ると言うテヒ。
テヒはスンリを呼び出した。
ジャドウを助けてくれたお礼を言うテヒ。
スンリにならジャドウを預けられる、ホンジュとジャドウを頼むと言う。
テヒはジェギョンに会った。
アメリカに戻ると言う。
ジェギョンにスンリを憎むなという。
ホンジュにはスンリが必要だと言うテヒ。
そして、ジェギョンにソヌを信じるなと、スンリとの過去を話そうとしたが、先にジェギョンがソヌの友達とスンリが付き合っていたことは知っていると言い、出て行った。
ジェギョンはスンリに絡んできた。
そんな態度のジェギョンにいらついたスンリはソヌとの過去を話そうとする。
それに気付いたソヌはジェギョンを連れ出した。
ソヌはスンリを呼び出した。
過去を話したらホンジュとは結ばれないと脅すソヌ。
ホンジュとは終わったと言うスンリに、それならなぜジャドウを助けたのかと言うソヌ。
そして、自分達の子どもは守れなかったではないかと言う。
その会話を聞いていたジェギョン。

【116話】

スンリはジェギョンに自分とソヌの過去を話した。
ショックを受けて出ていくジェギョン。
追いかけるソヌ。
しかし、ジェギョンは車で走り去った。
ドンチョンは妻にソヌの会長就任に力を貸しただろうと言う。
会社が心配だったからだと答える妻。
ホンジュが会長になるのが嫌だったからだろうと言うドンチョン。
ホンジュをイギリスに送ろうとしたことも聞いたと言う。
自分が息子を捜しているのを知っていて、わざと引き離した、もう妻ではないから出て行けと言う。
ホンジュはドンチョンにジェギョンが娘でないと知っていたかと聞く。
ジェギョンが12歳のときに知ったが、自分を慕うジェギョンを傷つけたくなかったと言うドンチョン。
優しいのですね
ジヌは母に事故のことを黙っているのが辛く、新聞社を辞めると言う。
スンリを呼び出したジェギョン。
本当にスンリの過去の男はソヌなのかと聞くジェギョン。
過去の話をするスンリ。
自分を騙したとスンリに掴みかかり死ねと叫ぶジェギョン。
スンリはソヌやあなたのせいで自分は全て失ったのだと言う。
ジェギョンはソヌに騙されている自分を見ていて滑稽だったかと聞く。
家から出て行けと暴れるジェギョン。
ドンチョンに呼ばれたスンリ。
スンリの業績をほめるドンチョン。
そしてジャドウを助けてくれたお礼も言う。
ソヌはジェギョンに謝るが、ジェギョンはソヌの顔を見るのも嫌だと出ていった。
ソヌの部屋で、ドンチョンが倒れた時の録音機を捜すドンチョンの秘書。
そこに入ってきたソヌとソン代理。
秘書が捜しているのが録音機だと気付いたソン代理。
残業しているスンリに会いに来たジェギョン。
ソヌを愛していたのかと聞く。
一時は愛していたが、今は憎しみしか残っていないと答えるスンリ。
ソヌに捨てられたから自分に復讐したいのだろうというジェギョン。
私があなたに復讐してやる、残りの人生は罪悪感にさいなまれて過ごせと言うジェギョン。
あなたの前に死んでやると言い、その場に倒れるジェギョン。

【117話】

ジェギョンが倒れた床に薬がたくさんこぼれ落ちる。
病院に運ばれたジェギョン。
医師は危ないところだったが、胃を洗浄したから大丈夫だと言う。
スンリに、お前のせいだと言うジェギョンの母。
目を覚ましたジェギョンはソヌに出て行けと言う。
ジェギョンの母はソヌに離婚させると言う。
ジェギョンが自殺未遂をしたと言う噂が広まった。
ソヌはジェギョンに過去のことだから許してほしいと土下座をする。
愛しているから言えなかったと言うソヌ。
出て行けと言うジェギョン。
許すな~
ドンチョンが株を買い始めたと聞き、ジェギョンの母に助けてくれというソヌ。
離婚させるからジェギョンが渡した株も取り返すと言うジェギョンの母。
ジヌは記者を辞めるとセリに話す。
ジェギョンの母も株を買い始めた。
ジェギョンの見舞いに来たスンリ。
死ぬのが私への復讐かと聞くスンリ。
自分が死ねば復讐も終わりだろうと言うジェギョン。
生きて謝罪するまで許さないと言うスンリ。
ソヌと結婚したのだから、逃げずに問題に向き合えと言い、出ていくスンリ。
退院したジェギョン。
ソヌの母がやってきた。
孫を抱きたいからと漢方薬を持ってきた。
空気が読めない…
ジェギョンに飲ませようとする。
こんなものは飲まないと漢方薬を投げ捨てるジェギョン。
ジェギョンは義母に、スンリとソヌの関係を黙っていただろと聞く。
スンリが流産したのが残念だから、自分に妊娠させようとしているのかと言うジェギョン。
義母に帰れと言うジェギョン。
借金取りに囲まれるパク刑事は、ソヌに助けてくれと電話をする。
その電話を聞いていたスンリはパク刑事に電話をする。
スンリは刑事にソヌとの会話を録音したものを持っていると言う。
事故の映像をくれるなら録音機を警察に提出するのを辞めると言うスンリ。
会社にやってきたジェギョン。
今度は何をするつもり?
ホンジュが心配して声をかける。
ジェギョンに命を粗末にするなというホンジュ。
2人の過去を知っていてもスンリのことを許せるのかと聞くジェギョン。
過去のことだと言うホンジュ。
自分の一番愛している人が、もっとも憎む女を愛していたなんて裏切られた気持ちだと言うジェギョン。
ソヌの部屋に入ったジェギョン。
ソヌにスンリを愛していたのかと聞く。
スンリを愛してはいない、妊娠したとすがられただけだと言うソヌ。
もう信じられないと言うジェギョン。
スンリに会いに行くと言うパク刑事に、スンリは、録音機は持っていないと言うソヌ。
刑事との約束の場所にはソヌが来た。
スンリに録音機はないだろうと言うソヌ。
スンリは先ほど刑事と話した内容を聞かせた。
録音機を取り上げようとするソヌ。
コピーもあると言うスンリ。
土下座すればやめるのかと聞くソヌ。
スンリにも土下座を
そんなことをしても無駄だと言うスンリ。
昔は心から自分を愛してくれただろう、自分も愛していたというソヌ。
その2人の会話を聞いていたジェギョン。
夜道を一人で歩くスンリを見つけたジェギョン。
スンリに向けて車を走らせる。

115~117話感想

ソヌとスンリの過去を知ってしまったジェギョン。気性が激しいですね。
暴れたり、自殺したり、最後はスンリをひき殺そうと…。本当に恐ろしい性格です。
いよいよソヌも終わりそうです。ジェギョンに愛想をつかれたら家を出ていくしかないでしょう。ソヌがソドンの会長なんてありえない話でしたからね。
残りも少なくなりました。頑張れスンリ。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。