明日キミと-あらすじ-11話-12話-感想付きネタバレありで!


韓国ドラマ-明日キミと-あらすじ-11話-12話-感想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。



ご訪問くださりありがとうございます!
前回、ソジュンはマリンにタイムトラベラーである事を話した。
しかし、マリンはまだ理解できていない。

ソジュンたちは理事長の事故を防ごうとしたが
結局、運命通りに進んでしまう。

【明日キミと】(ネタバレあり)

11話

ソジュンは警察に行っていた。そして、事故死に納得できてなかった。
刑事は遺族でもないのに帰れと言っていた。ソジュンは防犯カメラや通話履歴、車載カメラはと聞いていたが、
刑事は再開発地域だから防犯カメラはない、通話履歴にも不審点はない、医師の見解では外傷性脳出血と言っていた。
その場にギドゥンもいて、事故に見せかけた可能性は?と聞いたが、刑事は他殺なら殴るなり痕跡があるはずだ。だが他殺の痕跡がない。と答えた。
ソジュンはあの日は出国の予定で現場に行くはずがない。娘にもすぐ空港に向かうと言った。
刑事はだから詳しく調べたでしょと言ったが、ギドゥンも納得がいかないと言うと、
刑事は誰かが連れて行ったと?携帯の位置情報を調べたら、事故当日、サンジン洞の共同住宅の現場に行ってからファギョン洞の現場へと言った。
ソジュンたちは共同住宅からですか?と聞くと、刑事は普段からよく視察してたと言うし視察中の事故でしょうと言った。
ソジュンたちは警察署から出てきて、共同住宅の現場に寄ったならお前たちが見てるはず。と言ったが、ギドゥンは何も見ていないと言い、
ソジュンは素通りしたのかもと答えた。
ギドゥンは本当に視察に行ったのかも。俺も腑におちないけど、殺されたなんてありえない。と言った。
ソジュンは
「事故を防ごうとしたのに場所が変わったあげく同じ結果になった。見せつけるかのように。同じ日に他の場所で…こんな偶然あるか?」と聞き、
ギドゥンは
「つらいのは俺も一緒だ。俺たちは警察じゃない。感情的になるのはよせ。」と言った。
その時、マリンがソジュンを迎えに来た。ギドゥンが呼んだ。
マリンが一緒に帰ろうと言ったが、ソジュンは行くところがあるといいその場を去った。
納得なんていかないですよね。大事な人が亡くなったんですから

ギドゥンはマリンに車の話をした。マリンは通り過ぎたけどおかしなところはなかったと答えた。
マリンは彼が他殺だと主張するのも分かる気がします。運命という言葉で片付けたくないんでしょう。と言った。

ソジュンはおじさんとお酒を飲んでいた。ソジュンは酔っていた。
そして、おじさんに何か知ってるんでしょ?何を隠してるんですか?と聞いた。
おじさんは
「わかってると思うが、お前の未来はよくない」と言った。
ソジュンは
「もうすぐ失踪して2年後には死ぬ」と答えた。
おじさんは
「お前が知ってる事実よりもっと悪いかも。同じ話の繰り返しになるが、このままだと、どんどん悪いことに巻き込まれる。だから未来を見に行くなと。」と言った。
ソジュンは
「おじさんはなぜ未来に行くんですか?どうしてやめないの?」と聞くと、
おじさんは
「それは…いずれ時が来たら分かる」と答えた。

ゴンスクはクラブに行っていた。そして、男性と踊っていたがそれはファン秘書だった。
ゴンスクはクラブにいたことは内緒にと言い、キム常務の事を聞いた。
いつも怯えていて夜は眠れないし、1人で笑って叫んで別人みたい。何か知ってたら教えて。と言った。
そして、お互いに大変だという話でいた。

キム常務はワン常務たちが、キム常務がチャンホ市をという話をしているのを聞いた。
そして、昼食に誘っていた。その時、ソジュンと会った。

マリンの所にゴンスクから連絡があった。そして、食事をすることになった。
ゴンスクはベトナム語を勉強していた。マリンは旅行?と聞くと、ゴンスクは何が旅行よ。旦那さんには秘密にすると約束してと言った。
そして、ベトナムに移住するかもという話をして、主人を嫌わないでという事をお願いした。
マリンはそんなことはない。褒めてたよと言った。

ソジュンはセヨンの父親の事をうやむやにできない。最後の確認をしに行くと言った。
ソジュンは警察署に来た。そこは2年後だった。
ソジュンは刑事に声をかけた。その刑事は2年前のシン理事長の件で会った人だった。
ソジュンはどうなったかと聞くと、刑事はあなたはマイリッツの社長では?失踪したはず。2年前に姿を消してる。チョ刑事の担当だった。と言った。
ソジュンは一旦その場を離れた。
刑事は担当していた刑事にソジュンの話をして急いで外に出た。ソジュンは警察署の中にいた。そして、自分で去ったのではなく失踪だと?と思っていた。
ソジュンは未来のギドゥンに会いに行った。ギドゥンはどこから来たにせようれしいと言った。
ソジュンは
「僕はどうして失踪を?夫婦仲が悪くて海外へ行ったと言ったよな?正直に教えてくれ。なぜ失踪したんだ。」と聞いた。
ギドゥンは
「知らない。未来に行ったきり戻らなかった。」と言った。
ソジュンは
「どうして?」と聞くと、
ギドゥンは
「未来で何があったかなんて俺にはわかるかよ。」と言った。
ソジュンは
「どうしてウソを?夫婦仲が悪いだなんて。どうして?」と聞いた。
ギドゥンは
「マリンさんに頼まれた。結婚を後悔したからだろ。お前は突然姿を消して探す方法すらない。マリンさんは家でお前を待ち続けてる。彼女の辛さが分かるか?
 仕方がなかった。2人が出会わなければ失踪することもなかった。」と言った。
ソジュンはその場を離れようとした。ギドゥンは追いかけ手を掴んだ。
ソジュンは何もいうなと怒鳴った。
ギドゥンは、
「正直に話せよ。本来の未来では失踪しなかったよな?お前が失踪したのは未来を変えたからだ。マリンさんとの結婚も突然決めた。それで未来が変わった。」と言った。
ソジュンは
「だから何だ。決められたとおりに生きろと?」と聞くと
ギドゥンは
「お前の為だ。マリンさんのためにも元通りにしろよ。」と言った。
ギドゥンはソジュンと別れた後、マリンに電話をかけた。
マリンは事実の事は話してませんよねと聞いた。ギドゥンはキム・ヨンジンの事は話すべきだと言ったが、
マリンは話しても結果は同じ。出会うべきではなかった。あの時、別れていたら、あんなことは起きなかった。私が悪いんです。と言った。
ギドゥンはこれでソジュンを助けれるのかと言っていた。
どういう事実があるんでしょうか?マリンはなんで隠したんでしょう?

ソジュンはギドゥンに言われたことを思い出していた。
それはマリンが今も3日に1度ナミョン駅に行く。お前を待ってる。失踪するまで幸せな期間は1か月もない。帰って別れろ。と言われたことを。

ソジュンは現在に戻ってきた。そして、マリンと車の中で横になり、マリンに未来に行ける方法を説明していた。
そして、マリンは自分もできるかもと思い地下鉄を乗った。しかし、出来なかった。
その時、ソジュンが地下鉄に乗ってきた。マリンはソジュンの所に向かい、行かないでと言ったが、ソジュンはごめんと言い消えてしまった。
ソジュンは2019年3月24日事故前日に来ていた。ソジュンはマリンの暮らしぶりを確認しに来た。
マリンが車で出て行き、ソジュンは家の中に入った。ソジュンは家の中でマリンの写真展のパンフレットを見つけ、写真展の会場に向かった。
その写真展の写真にはソジュンが映っていた。
マリンは写真展のあとナミョン駅に向かった。

ソジュンはおじさんの所に行ったが、おじさんは出てこなかった。しかし、その家はすでに違う人が住んでいた。
そして、ソジュンは現在に戻ってきて泣いた。
ソジュンは駅を降り、そこにマリンが待っていた。

マリンは最後のお願い。行かないでとソジュンに頼んでた。しかし、ソジュンは
「やめよう。君との結婚は失敗だったのかも。僕たち、考え直そう。」と言った。

12話

ソジュンは
「言葉通りだ。君とは合わない。君はつらい思いをする。“あなたは他の人と違うし平凡じゃない”。君が何度も言った。だが、それが僕だ。他の人と違うし平凡でもない。
 君が描く平凡な幸せ。僕には無理だ。」と言った。
マリンは
「“変わる事は出来ない”“イヤなら別れよう”そういうこと?“理解し合えるよう努力する”なぜそう言えないの?その気がないのね。今日、あなたが目の前で消えてしまって
 どれほど心配したか。なぜ、私を苦しめるの?」と聞いた。
ソジュンは
「心配したり待ったりするな。重たいんだよ。」と言った。

マリンたちは家に帰り、マリンは家を出ようとしていた。ソジュンはマリンを止めて、君が残って僕がギドゥンの所に行くと行った。
マリンはあなたの家よ。まだ婚姻届けも出してないし、人生をやり直すにはいい機会かもね。と言って家を出て行った。
ソジュンはぼくにどうしろと…と言い泣いていた。
マリンはソリの所へ行った。
ソジュンは辛い…。未来でギドゥンに言われた事も辛いですね。同じようにマリンも辛い

ゴンスクはキム常務にベトナムには行かない。行くなら離婚して1人でどうぞと言った。
キム常務は数年たてば財産がすごいことになる。と言ったが、もう寝ろと言って部屋に戻って行った。

マリンはハピネスに来て、ネットサーフィンをしていた。その時、セヨンが来て話があると言った。
セヨンはソジュンが名誉理事で新しい理事長を決めるのに最終承認がいると言った。
マリンは私に説得しほしいという事ですね。説得しますと言った。
マリンは笑いながら電話をかけた。しかし、ソジュンは電話に出ず、弁護士に財産分与の話をしていた。

マリンは家の前まで来た。ソジュンは家の中にいて、指輪を掃除機に吸われてしまった。
マリンは家の中に入った。ソジュンは電話がかかってきて家をでた。
マリンは指輪を外したことに気づいた。
ソジュンはおじさんの所に向かっていた。それはキム常務の事だった。
ソジュンはおじさんに会った。おじさんはキムを警察に突き出せ。お前に牙をむく男だ。裏切った。と言った。
ソジュンは何の話ですか?と聞くと、おじさんは録音したテープを聞かせた。
ソジュンは怒っていた。どうして先に教えてくれなかったのかと。
そして、ソジュンは会社に行ってキム常務を呼び出した。
ソジュンはキム常務の前でギドゥンの所に電話をかけ、今すぐキム常務のオフィスを監査部に調べさせろ。背任の通報があったと言った。
ソジュンはチャンホ市をダメだと言ったのに購入を?チャンホ市の件は法的措置は取りません。その代り、今すぐ会社を辞めてください。と言った。
キム常務はわかりましたと言ったが、ソジュンは見逃すのはここまで。その他の横領や不正があれば法に訴えます。覚悟を。その前に自首するか。と言った。
キム常務は何もありませんと答えたが、ソジュンは創立から今日までご苦労様。二度と会わないことを願います。と言い、会議室を出ようとした。
キム常務はどうしてチャンホ市を見逃すんです?仲はよくないはず。と言った。
ソジュンは
「機会を与えたいから。この機会を踏みにじらないでほしい。これが最後だ」と言い会議室を出て行った。
オフィスは監査を受けていた。そして、キム常務は
「好きなだけ調べさせたらいい。高跳びしよう」と言っていた。

マリンの所にゴンスクがきた。
ゴンスクは前の日の夜、キム常務がおかしいと思い、車の中を調べた。そして、後部座席の所からハピネスのボールペンが出てきた。
キム常務は僕の車を調べやがってと言い追いかけてきた。ゴンスクは必死にタクシーに乗り逃げた。
キム常務はだんだん焦ってゴンスクにまで手をあげそうですね。殺人なんかするからですよね

ソジュンは名誉理事として総会に出席した。その日、マリンは屋上に風に当たりに行っていたが、鍵をしめられてしまう。
ソジュンはマリンを捜し、屋上にいる事に気づき、ドア越しに話していた。
マリンは
「ユ・ソジュン。1つだけ聞く。未来で何を見てきたの?ここでずっとその事を考えていたの。施錠の音にも気付かないほど集中してね。なぜ突き放すような真似をしたのかしらと。
 何か理由があるはず。それで考えた末、この結論に至った。未来でよくないことを見てきたのね。だけど、私は気にならない。あなたの悩みを聞く気もないわ。昨日、何を
 考えながら寝たと思う?“明日なんか来るな”“こんなにつらいなら明日が来なければいい”私はね、明日の心配をする余裕なんかない。なのに、あなたは未来の心配をしてる。」
と言った。
ソジュンは
「僕のせいでもっとつらい思いを。未来の君に会った。未来の君が現在に戻ったら自分と別れてくれと。」と答えた
マリンは
それで私に冷たい態度を取ったの?」と聞いた。
そして、鍵が開いた。
ソジュンは平気か?と聞き、自分の服を着せようとした。しかし、マリンは平気じゃない。あなたは他の女に会ったと言った。
マリンはソジュンの手を頬にあて、
「これが私。あなたの前にいて触れて、その目を見てる。未来の私?変なことを言った女は私じゃない。私の前で揺れるあなたを見てる方が怖い。はっきりさせて。
 未来の私か、現在の私か。選んで。早く、二股をかけられるのはイヤ。答えて。」と言った。
ソジュンは僕も混乱してる。現在と未来、どっちが大事なのか…と言った。
マリンはまだ考えたいと?なら考えて。二股のバカ男と言ってその場を去った。

マリンは母親に電話した。母親は怒ってソジュンを呼び出した。
ソジュンは僕はマリンがいないと生きていけないと言った。
そして、ソジュンは家に帰ってきて、マリンにどうしてうそを?と言うと、マリンは私は出ていかない。嫌ならあなたが出てってと言った。
ソジュンは僕に苦労しろと?と聞くと、マリンは
「なら選んで。あっちの世かこっちの世か。触れない未来か触れる現在か。選んでよ。どっちの私?」と聞いた。
ソジュンは
「もちろん今の君だ。」と言い、ソジュンはキスをした。
現在のマリンが大切だって決めれたんですね。

11話~12話の感想

せっかく事故を防ごうとしたけど、結局運命通りに進んでしまってソジュンたちも
困惑しますよね。それも、場所だけが違ってるだけ。
それに、本来の亡くなる現場に行ってから亡くなる現場に行ってるなんて不思議でしかない。
ソジュンは気になって、未来に行って自分からいなくなるわけではなくて失踪になっていて
その理由をギドゥンに聞きに行っても、事実を聞けないし、
マリンは何を隠してるんでしょうか。
そこは止めれないんでしょうか。

キム常務は殺人なんて犯して、会社の横領もあって、だんだん暴走していっていますね。
怖い怖い…ゴンスクが逃げ出すくらいだから本当に怖いですね。
でも、会社の横領はなんとかなっても、殺人はいつどうなるか分からないし、
いつどんな風にばれるんでしょうか?





クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください