最高の恋人-あらすじ-43話-44話-45話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-最高の恋人-あらすじ-43話-44話-45話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。


ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
前回はエソンの提案によりアルムに嫁の資格があるかテストする事になりました。
1問目のワイン問題と2問目の絵画問題は何とか合格することができましたね。次はどんなテストが待っているのでしょうか。
ウヒョクはアジョンに気持ちを伝える事ができるのでしょうか。
フンジャがまた悪い事を考えていそうなので心配です。
それでは43話からお伝えしていきますね~。

【最高の恋人】ネタバレあり

43話

ボベの家ではアルムがテストに合格したお祝いをする。ガンホが帰るとき家の前でアルムは「本当に私と結婚して後悔しない自信があるの?」と聞く。ガンホは「僕が先に申し出たことだよ。僕を愛していないと知りつつ僕を利用しろと言ったんだ。」「僕はそれだけでも幸せだよ。」と答える。それをギュチャンが聞いてしまう。
ギュチャンに聞かれてしまって大丈夫でしょうか?

ボベはセランがアルムの机に航空券を入れる映像を偶然みつけて憤る。
ボベは翌日フンジャの家に行き「何のためにアルムに濡れ衣を?」と怒って責める。「娘まで犯罪者にするなんて、あなたそれでも母親なの?」と言うとフンジャも開き直り「ガンホとアルムが結婚するのを黙って見ていない。」と言う。ボベは「刑務所に入れるだけじゃなく、結婚も邪魔する気なの?」と怒りがおさまらない。
確かにフンジャはセランにも悪事をさせて胸が痛まないのでしょうか?でもそんな良い母親だったらこんな悪事は重ねないか…。

フンジャはエソンに会いに行きマルスクを紹介する。次のテストはマルスクがキムチの漬け方を教える。マルスクはアルムにニンニクを取りに行かせる間に大量の砂糖を入れる。
キムチの味見をしたエソンは砂糖が入っていると不快感を表す。アルムはどうなっているのかとマルスクに聞くと、マルスクは「私は配合の説明をしただけで薬味を入れるのは見ていない。」と嘘をつく。
エソンは「私への嫌がらせね。」と不合格を言い渡す。「私は砂糖を入れていません。」というアルムにエソンは「今回のテストはおいしいキムチ作りじゃないわ。あなたの瞬発力と問題解決能力を試したの。」「2度とガンホとの結婚を口にしないで。」と言われてしまう。
マルスクもいつまでフンジャの下で悪事を手伝うのでしょうか。マルスクにもイライラしますね。こんなテスト合格できるわけないです。

ウヒョクは片思いの彼女に告白するからネクタイを選んでくれとアジョンに言う。ネクタイを選んでいるとビョンギが入ってくる。ビョンギは酔っ払って2人に突っかかりウヒョクを殴る。ウヒョクの怪我の手当てをしながらアジョンは泣き出してしまう。ウヒョクはアジョンを気分転換に連れ出し、川で思い切り泣き叫ばせる。そしてコートを掛けて抱き寄せる。
こんな優しい男性います?アジョン愛されていますねー。

アルムはガンミに呼び出され「私がお兄ちゃんとの結婚を後押しする代わりにアルムさんも私の頼みを聞いてください。」と協力を申し出る。

アルムはガンホとエソンに会いに行き、携帯で録音していたマルスクが砂糖を大量に入れている音声を聴かせる。テストのやり直しをお願いするとガンミも「公正じゃないと彼女も諦められないわ。」とアルムの味方をする。
アルムがあの時録音していたことにびっくりです。ガンミの後押しは助かりますが代わりにアルムに何を頼むのか気になります。

アルムはフンジャから最後のテストと言われ2万ウォンもらう。「今週末に私が主催するバザーがあるの。そのお金でバザーに出す品を買ってきて。」「それを売って200倍の収益を出すのよ。」「400万ウォンを稼げたら結婚を認めるわ。」と言う。
えー!ひどいテスト!バザーで400万ウォンなんて無理でしょー!

バザー当日会場にアジョンが現れ、セランがアルムの机に航空券を入れる映像を見せてアルムの無実を証明する。フンジャは立つ瀬がない。
アルムは2万ウォンで生地を買いピンクのトレーナーをデザインしてサンプルを作り取引先の工場に作ってもらっていた。アルムの作った服は他の奥様にも好評で皆でそれを着てバザー活動をする。マスコミからも注目を集める。バザーが終わると奥様方はアルムの気持ちに感動してお金を渡す。そのおかげで400万ウォン集まる。
エソンはテストの結果を合格だと発表する・・・。

44話

最後のテストに合格したアルムはガンミに呼び出され「後押しした代わりにヨングァンさんとの仲を取り持って。」と言われる。アルムはガンミに押されて断れない。

ガンホはヨングァンに「僕たちは公式な仲になったから彼女に変な視線を送るのはやめて下さい。」と警告する。ヨングァンは「僕はいつでもアルムを奪い返せる。」と言い返す。

アルムはガンミに言われて仕方なくヨングァンに話があると言って呼び出しそこにガンミを来させる。アルムが去った後ヨングァンは「彼女を困らせたら黙っていませんから。」とガンミに怒る。
アルムに頼んだってヨングァンを自分のものにはできないのに。怒らせただけですね。

セランはガンホに「アルムはヨングァンさんにまだ未練があるわ。ガンホさんを愛していない。」「ガンホさんを愛しているのは私だけだわ。」と訴える。
セランの諦めの悪さはある意味すごいですね。ガンホもまだヨングァンの存在を気にしているようです。

ガンホの家での両家の顔合わせにボクナムとギュリも出席しようと勝手に来てしまう。
エソンは大勢の来訪に驚く。ぎこちない雰囲気の食事が終わりエソンはボベに嫁入り道具のリストを渡す。ボベとアジョンが確認すると総額で3億ウォンだった。ボベとアジョンはうちの事情では難しいと答えると、「もし無理なら結婚を諦めさせてください。」と言われてしまう。
エソンは結婚を認めたと思いきやまた無理難題を。それにしても韓国の嫁入り道具って本当にこんな金額?

マルスクはフンジャに嫁入り道具の準備のためにボベがお金を工面していると話す。フンジャはエソンの家に行ってボベを攻撃する作戦を教える。
ボベはエソンの家に行き「嫁入り道具は全部準備するので、その代わりうちの娘を本気で受け入れて下さい。」とお願いする。
母親の娘を思う愛情を感じますね~。

エソンはなかなか結婚を諦めないボベを連れてフンジャのブティックへ行く。フンジャは7千万ウォンの毛皮を用意する。エソンは毛皮を気に入りボベにお会計を頼む。
嫁入り道具って一緒に買い物に行って気に入ったものを買ってあげる感じなのですか?

アルムとアジョンはフンジャの事務所へ行きネットショップへの損害賠償を請求する。絶対に支払わないというフンジャにアジョンはドリームの弁護士を動員して刑事処分を下してもらうと言う。仕方なくフンジャはバラバラの現金をかばんに入れて渡す。アジョンはフンジャに「全部数え終わるまでそこで待ってなさい。」「わざと多く払ってあとで泥棒扱いするつもりね。」と言う。
アジョンの容姿とは違う強気な態度に驚きます。お金数えるのも大変そうです。

アルムとアジョンは損害賠償金が入った通帳をボベに渡して「嫁入り道具の事はもう心配しないで。」と言う。

その夜フンジャはアルムの結婚を助けたのも同然だと悔しがる。フンジャはこうなったら最終手段を使うと言う。

翌日、事務所でセランはフンジャに「本当にアルムの父親を殺したの?」と聞く。
フンジャはセランに新聞記事を見せる。その記事にはアルムの父親がセンターラインを越えガンホの両親の車に正面衝突したと書かれていた。フンジャはセランにこの記事をガンホの机に置いてくるように言う。セランは「ガンホさんの両親を殺したのがアルムの父親なの?」と驚く。その話をドアの外でヨングァンが聞いてしまう・・・。

45話

セランはアルムの父親とガンホの両親の事故の記事と写真をガンホの机に置こうとする。部屋の外でフンジャとセランの会話を聞いてしまったヨングァンは記事がガンホに渡るのを阻止しようとする。
ヨングァンはアルムに傷ついて欲しくないのですね。そんなに必死になって・・・。

アルムはエソンに会いに行き「嫁入り道具は出来る限りの範囲で奥様が寂しく思わない程度に用意したいんです。」とお願いする。するとエソンは「さっき母親が来てお金を置いていったわ。」と言う。結局結婚を認めざるを得ないエソンは「結婚しなさい。でも嫁に来ても大きく変わることはないわよ。」とくぎを刺す。

その夜エソンからアルムに電話があり「礼物の買い物があるから明日家に来て。」と言うとアルムは「はい奥様。」と答える。エソンは「それから、人の目もあるからお義母さんと呼びなさい。」と言う。

ウヒョクとアジョンは公園でウヒョクの作ったお弁当を食べる。ウヒョクはお弁当のお礼にアジョンにアドバイスをお願いする。ウヒョクに「どんな時にこの人と恋がしたいと思う?」と聞かれ、アジョンは「前夫で懲りたから正直言って恋する気持ちが分からないの。」と答える。
男性がお弁当を作ってくれるなんて。アジョンはウヒョクの気持ちに気づかないのでしょうか?

エソンはアルムに結婚誓約書を見せてサインしなさいと言う。そこには婚姻届を出さない事と離婚する時に慰謝料を要求しない事が書かれていた。アルムはサインする。

セランはガンホが記事を読んでいない事に気づき、記事のコピーをまたガンホの机に置く。
ガンホはその記事を見て事故の事を思い出しまたトラウマ症状が出てしまう。

アルムが家に帰るとセランから電話がある。セランは会社の皆からの結婚祝いを届けに来る口実でウエディングドレスを見に来る。アルムがガンホとの結婚の事をセランに謝るとセランは突然ハサミを持ちウエディングドレスを切り刻む。
アルムが自分でデザインしたドレスなのに・・・。セランは普通じゃないですね。

翌日アルムはドレスを借りてウエディング写真を撮る。

ガンホは真相を聞きたくて当時の事故の記事を書いた記者を探す。フンジャは結婚式をやめないガンホに自分の口で暴露すると誓う。結婚式当日、ガンホを見つけたフンジャは・・・。

43話~45話 感想

エソンからの最後のテストにも合格して結婚を認めてもらえると思いましたが、エソンは次に多額の嫁入り道具を要求して結婚を諦めさせようとしました。アルムはネットショップの損害賠償をフンジャに請求して嫁入り道具の件も解決し、今度こそ本当に結婚できそうですね。

しかしフンジャは最後の手段としてアルムの父親とガンホの両親の事故の記事を持ち出します。本当に記事の通りアルムの父親がガンホの両親を殺したのでしょうか。
結婚式前にフンジャはガンホに伝えてしまうのでしょうか。気になりますね~。


クルミット

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください