朝鮮ガンマン-あらすじ-最終回(22話)-感想付きで最終回まで!

韓国ドラマ-朝鮮ガンマン-あらすじ-最終回(22話)-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。





ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
さあ、お話はクライマックスを迎えました。
ユンガンとスインは、このまま幸せになっていけるのか。
ウォンシンは・・・・?
ホギョンは・・・?

そして、オッキョンとヨンヒョが密かに援軍としてたのんでいる日本軍も
確かどうなっているのか・・・。

最後まで、どうなっていくのかまだわかりません。
全てがどうなるかは最後まで観ないと判りませんから、
どうか最後まで、見逃さない様にご覧あれ。

【朝鮮ガンマン】ネタバレあり

朝鮮ガンマン あらすじ 第22話最終回

都ではようやく平和が訪れたのだと、喜んでいた。
スインとユンガンもお互いの愛と幸せをかみしめていた。

しかし、そこに日本軍が侵攻してきた。
オッキョンらが密かに援軍要請をしていたのだ。
ユンガンはオッキョンうを責め立てる。
以前、清国に力を借りたがために、属国としての屈辱を
味わったことを忘れてしまったのかと言い募る。
民は日本軍に手を借りたことを、きっと許しはしないだろう。
とオッキョンに言う。

ユンガンはオッキョンとはこれ以上一緒にやっていけないといい、
彼らと離れることを心に決めた。
日本軍は王と中宮を王宮へ連れて行くと言い出す。
しかし、王と中宮が王宮に戻れば、日本軍は兵を呼ぶだろうと予測した。
ユンガンはこのような事態を想定していなかったのかとオッキョンを責める。

中宮は王付きの役人に会い、贈り物をする。
その中に何か入っていないか調べる内官。
不審なものはなかった。

しかし、中に中宮からの手紙が隠されていた。
清国に援軍を要請する内容だった。

中国軍が今度は都に入ってくる。
民はなぜよその国に助けを借りたのかと、すでに
開化派を恨んでいた。

日本軍は早々に撤退してしまう。
ユンガンはバリケードを作り、銃で応戦する。
ユンガンはサンチュにスインを連れてここを
離れるように頼む。
サンチュは嫌だという。
オッキョンとヨンヒョは日本へ一緒に逃げようと言い出す。
スインを見つけ、ホギョンとも一緒になる。
しかし、サンチュが足を撃たれる。
サンチュはユンガンを助けようと囮になる。
銃弾をから銃に浴びてしまうサンチュ。
サンチュが撃たれて、サンチュにすがり泣き叫ぶユンガン。
そんなユンガンを引きずるように引っ張るホギョン。

政変に失敗してしまったため、スインの実家を心配し向かうホギョンとスインとユンガン。
都を出なければ危ないスイン達。
しかしスインの母は気丈だった
心配するなといい、母は全国各地を見物しますと話す。
私の事は心配しないでいいから、また生きて会いたいと私の娘と
して戻ってきてほしいと話す。

逃げたユンガン達をウォンシンが追う。
ウォンシンが撃った銃弾がスインの肩を命中する。
ユンガンがウォンシンの兵をすぐさま銃弾で撃ち抜く。

通りかかりの屋敷に逃げ込む3人。
しかし、屋敷はすぐにウォンシンらに包囲されてしまう。
ホギョンが自分が囮になるからスインと逃げろと言う。
ユンガンは3人一緒だと言い張るが、ホギョンは頼むから
逃げてくれとユンガンに言う。
もう、自分には何もない。父も新しい世界も、
何もないのだと言うホギョン。

ウォンシンらが屋敷内に入ってくる。
ホギョンは自分が囮になり、屋敷の外にウォンシンらをおびき出す。

ユンガンは撃たれたスインを背負い、無事に逃げ出す。
しかし、ホギョンは兵に撃たれて死んでしまう。
悲し気にその姿を目でとらえるスイン。
しかし、都の外に出られずにいるユンガン。
そこにイルトとジョンフンが王命でユンガンを逃がせと
言われ来たのだ。
ユンガンとスインを都の外に逃がすジョンフンとイルト。
ユンガンとスインの姿を見送るのだった。
正直ようやく、いいことをしてくれた王様です。どこまで役に立たないのかと
最後まで役立たずなのかとヤキモキしていました。

ユンガンはスインの撃たれた銃弾を体から取り出す。
スインはユンガンに、生きていけるのかしらと
今まで自分たちのために亡くなった人たちを思い出し、
心が弱っているスインをユンガンは抱きしめるのだった。
ユナとチェミの待つ寺に行くユンガンとスイン。
しかし、寺の尼僧たちとともに連行されていった後だった。
スインを寺に残し、ユンガンは銃で尼僧たちを救い出しに行った。
尼僧たちを救って、チェミやユナも一緒に寺に戻る。
そして、サンチュの最後をチェミに伝えた。

さらに追ってくるウォンシン。
ユンガンたちは更に逃げる。
ウォンシンはユンガンに、このまま逃げるより、
お前の命を差し出せ、そうすれば他の人たちは助けてやってもいいとの話だった。

一緒にいてくれと頼むスイン。
ユンガンは一度はスインを安心させるために、残ると言った。
しかし、置手紙を残して、ウォンシンとの最後の対決に向かった。

山の中、銃を手に問り、向き合うウォンシンとユンガン。
そして決着がつく。
ユンガンの腕前がウォンシンよりも上だった。
足、肩と撃ち抜くユンガン。

殺せと言うウォンシンに、復讐は虚しさを生むだけだと言い、
その場を離れるユンガン。
しかし、後ろで一発の銃声がする。

それは懐からヘウォンの短銃を取り出し、自分のこめかみに銃口を押し当て、
自殺を図った音だった。

ユンガンはスインとユナ、チェミが待つ場所に向かった。

数年後。
スインとユンガンが生きていた。
雰囲気は変わらないが、ユンガンは何だか一回り大きくなったような
そんな雰囲気。
ユンガンは満月の黒砲手として、自分を頼って来た民と共に
民を苦しめている役人たちを懲らしめていた。

馬に乗り、颯爽とかけていくユンガン。
満月の黒砲手の名を聞くだけで役人は恐れをなしていた。
馬に乗り、銃を巧みに操り、人々のために戦うユンガンの姿があり、、
それを見守るスインの姿が見える。

満月の黒砲手、朝鮮ガンマン。
悪いやつらをやっける正義の味方。

それはユンガン…・その人だった。

朝鮮ガンマン 第22話 最終回 感想

ラストまできました。
最後こうなるんだ~という思いで見ていました。
正直あの人はどうなったのと気になる人たちがいますが、そこまでしてたら
時間がなかったのかな・・・と諦めました。

でも、ユナは?
チェミは?

このドラマは兎に角、人物像の設定が面白かったです。
途中ウォンシンとヘウォンが可哀そうで仕方がなかってす。
しかし、最後はやはり悪役感満載でした。
韓国ドラマは観ていて、必ず一発でいい人、そうじゃない人が分かるように
なっています。

だから、安心してみることが出来ます。
水戸黄門と一緒ですね。
最後、馬に乗って銃を構えるユンガン、イ・ジュンギさんがかっこいい!
あの重たい銃口を自在に操り、構える姿がやはり痺れます。

私の中ではかなりいい方です。
とても楽しめました。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。