棘と蜜-あらすじ-52話-53話-54話-感想付きネタバレでありで!

韓国ドラマ-棘と蜜-あらすじ-52話-53話-54話-の想付きキャスト情報をネタばれありで!
キャスト情報など、最終回までの感想を全話配信します。

棘と蜜

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
ソンヒョンの養育権を争うために、裁判所へ出廷することになったダンジ。
ダンジを何とかして止めたいソジン。ジョンウクにもダンジの出廷をやめるよう脅しましたね。これでジョンウクの中にあった、ソジンへの感情は決別を結論づけました。どこかで変わってくれるのではと、期待していた部分があったのではないかなぁと思います。
ついに裁判の日が来て向かったダンジたち。裁判の行方がきになるところですね。

【棘と蜜】ネタバレあり

52話

裁判が始まる時間が迫る中、一緒に来たはずのダンジの姿がなく心配するジョンウク。

拉致されそうになっているダンジを助けたイェウォン。
ダンジに姉さんが裁判に立てば、ありもしないスキャンダルニュースを作らなければならなくなると、ダンジをなんとか止めようと説得するイエゥォン。
これもソジンの仕業?それともチェ秘書?

ダンジが出した答えは・・・・。

裁判の途中、遅れてやってきたダンジ。
そしてダンジを見たソジンは驚きます。

ダンジは証言台に立つと、スキャンダルは誰かが仕組んだものだと話します。

その証拠としてUSBを指すダンジ。
法廷内に録音された会話内容が流れます。

そしてウン女史とジョンウク母親が交わした録音内容も。
「ジョンウクみたいなクズを始末するのは、私たちにとっては簡単なことに過ぎない。お前の息子を刑務所へ送る準備は終了した。
スキャンダルだけで終わると思うのか?ないことを作り出してでもソンヒョンとは、二度と合わせないようにしてやる。」

ウン女史の声に法廷内は騒然とします。
ダンジかっこいい!ジョンウクの無実も晴れるはず

このスキャンダルは、ソジンとソジンの母親によって捏造されたと話すダンジ。

法廷は休憩になります。
ジョンウクに対し掴みかかるチェ秘書。
掴みかかる相手を間違えていますよね

チェ秘書を制止するソジン。
制止するソジンに苛立つチェ秘書は、「何が怖いというんだ??ソンヒョンとこの男は何も関係ないと証明してさっさと終わらせろ!!」と叫びます。

休憩が終わり、法廷で再度証言台に立つダンジ。

法廷内にある映像が映し出されます。
ダンジがソジンに、納骨堂で突き飛ばされた時のものですね

母親の資格がソジンにはありません。
ソジンは夫が眠っていた墓の遺骨を盗み破壊して、私のお腹の子を流産までさせたと証言するダンジ。

映像に対して、これこそ捏造されたと叫ぶソジン。

裁判所内での出来事が、あっという間にニュースとして漏れ出てしまいます。
ソジンに激昂したパク会長は、ダンジに謝罪をするよう話しますがソジンは聞く耳を持ちません。
そしてソジンは裁判に敗訴します。
通知を受け取ったソジンは、ダンジの元へ押しかけ怒りをぶちまけます。

怒りをぶつけるソジンの前に、報道陣の姿が・・・・・。
苛立ったソジンはダンジに怒りをあらわにしますが・・・。

53話

ジョンウクが務める会社にまで押しかけるソジン。

ジョンウクは相手にせず、ソンヒョンを送り出す準備をしろと。
ジョンウクと暮らせることになったソンヒョンは喜びます。

ソジンはジョンウクの元へ行きたがる、ソンヒョンをなんとかして引き止めたいと考えます。

ジョンウクに対しても、どのくらいお金を積めばソンヒョンを諦めるかと言い出す始末。
全ては自分の身から出たサビですよ

チェ秘書はソジンに対し、ジョンウクは実父ではないと明らかにしろと話します。

イェウォンはソジンの相手の男が気になって仕方なく、誰なのかを密かに探っていましたが、ソジンの相手がミンギュだと知ることになります。

信じられずにいたイェウォンですが、ソジンの部屋でミンギュの写真があるのを見つけ出すと呆然としてしまいます。
大好きなお兄さんだっただけにショックですよね

それだけではなく、ソジンがミンギュの遺骨を盗ませ破壊したと知るイェウォン。
ダンジが入っていたことが事実だと確信したイェウォン。

イェウォンは一人、ある決意を固めます。
ダンジに結婚することになったと話すイェウォン。
喜ぶダンジたち家族でしたが・・・・。

感想

裁判での出来事が圧巻でした!ダンジの反撃がとてもかっこよかったです。
法廷に流れた録音テープの内容。ウン女史の会話内容は、本当にゾッとするようなものでした・・。自分の母親の会話によっても追い詰められたソジン。
結果裁判には敗訴し、最も大事なソンヒョンを手放す結果へとなってしまいました。以前、ミンギュの骨壺を盗みだしそれを責めたダンジに対して、ソジンはこんなセリフを言っていましたよね。「一番大事なものを失う気持ちはどうだ?同じように味わわせてやりたかった」と。
ダンジにしたことが自分に返ってきたのですね。これからもっとお話が面白くなっていきそうです!