検事ラプソディ-僕と彼女の愛すべき日々-のあらすじを感想付きで全話ネタバレで詳しく紹介!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪
今回は韓国ドラマ 「検事ラプソディ~僕と彼女の愛すべき日々~」を紹介していきます。
検事?ラプソディ?お固い内容かな?それとも恋愛ものなのかな?
タイトルだけでも妄想が膨らみますね!
しかし実際は、地方の検察支庁で働く人々の内情や出来事がコミカルに描かれた親しみやすい内容となっていました。
どうやら原作は、元検事の方が書いたエッセイとのことで、リアルな検事の世界が描かれていますよ~!
映画パラサイトでも有名な、“イケボ”のイ・ソンギュン演じる主人公の語りで進んでいくスタイルにも注目です!

検事ラプソディ-僕と彼女の愛すべき日々 あらすじ

主人公イ・ソヌン検事は、釜山近くの地方都市にあるジニョン支庁に勤めるサラリーマン検事です。
人の懐に入るのが上手い一方、頑固で正直者、時には大人げないほど感情的になってしまう人間味あふれる性格です。
ソヌン検事が所属する刑事2部には他にも、子育てママ検事や気弱な先輩検事、そして今時の新人検事とバラエティー豊かなメンバーがいて、日々和気あいあいと過ごしていました。
しかしある日、そんな平凡なジニョン支庁にチャ・ミョンジュ検事というソウルでバリバリ活躍していた女検事が現れます。イ検事はどうやら彼女を知っているようですが、チャ検事はそうではなさそうな素振りを見せます。
ことあるごとにぶつかり合うイ検事とチャ検事。イ検事に関しては、「チャ検事、私のこと嫌いなんでしょ?私もあなたが嫌いですから!」と、子供の喧嘩かとツッコみたくなるような言葉まで言ってしまう始末です。
しかし物語が進んでいくに連れて二人の関係とお互いの思いが明らかになっていきます。
一方、 刑事2部のみんなは、正しさの為なら時には強引にでも事件を処理してしまうチャ検事のやり方に翻弄されまくります。
「なんであんなエリートがこんな地方に?」と様々な考察が飛び交う中、大小様々な事件がジニョン支庁に舞い込みます。
“検事も人間だから”という語りとともに、登場人物一人一人に焦点が当てられる形で物語は進んでいき、悩んだり、落ち込んだり、振り回されたりするリアルな検事の日常が描かれています。
最後には、頑なにこだわっていたものを手放すに至るひとりひとりの心の変化に注目です。
家族にとって、チームにとって、仕事することにとって、大切なことは何なのか。
ストーリーと重ね合わせて考えさせられるドラマとなっています。

検事ラプソディ-僕と彼女の愛すべき日々-各話あらすじ」はこちらから

ご覧になりたい話数を押していただけると各話の詳しいあらすじが表示されます。

検事ラプソディ-僕と彼女の愛すべき日々-1話-2話-3話

検事ラプソディ-僕と彼女の愛すべき日々-4話-5話-6話

検事ラプソディ-僕と彼女の愛すべき日々-7話-8話-9話

検事ラプソディ-僕と彼女の愛すべき日々-10話-11話-12話

検事ラプソディ-僕と彼女の愛すべき日々-13話-14話-15話

検事ラプソディ-僕と彼女の愛すべき日々-最終回(16話)

見どころポイント
主人公イ・ソヌン検事を演じるイ・ソンギュンは、近年だとあのアカデミー賞を受賞した
「パラサイト 半地下の家族」で金持ち一家の父親役を演じたとこで有名となりました。
なんといってもあの“イケボ”が印象的ですよね!?
最近見た韓国ドラマ「ヴィンチェンツォ」でも
彼の声マネをするシーンがおりこまれるくらい特徴的な声として有名です!!
各話、彼の“語り”が入ってくるので是非注目してみてください♪

もう1点!このドラマ、方言がすごいです!
私、韓国語を勉強して7年目になりますが
地元民が登場するシーンになると聞き取れませんでした(^_^;)
釜山訛り+田舎感があって地方感でてますよ~~!!
韓国語がわかる方は耳を澄ませて聞いてみてください!

皆さん大好き、韓国の豪快な喧嘩シーンも満載です(笑)
日本にもあるあるのわけアリ家族もたくさん出てくるので
同感するところも多いと思います。

そして、部長が会食に連れて行ってくれる食堂やキム検事がデートに使うスポットなど、
ジニョン(実際の地名は慶尚南道のトンヨン市)のホットスポットが出てくるので
韓国旅行に今すぐ行きたくなっちゃいますよ~☆彡
先日たまたまトンヨン市の特集がテレビであっていたのですが
外国人観光客はほとんどおらず、韓国人の国内旅行スポットなんだそうです。
そういうディープスポットにも行ってみたいですね!
もともと海辺の町出身なのですごく惹かれます(*^^*)

そんなこんなで繰り広げられるジニョン支庁でのストーリー、
登場人物の心情の変化に注目しながら見てみてください!

検事ラプソディ-僕と彼女の愛すべき日々 評価・レビュー

韓国ドラマ「検事ラプソディ-僕と彼女の愛すべき日々」の評価レビュー&感想です。
ストーリーの良し悪し、出演者の演技力、物語の展開、脚本の面白さなどを総合的に評価しています。
もちろん、レビュー&感想の中にも作品に関するネタバレがありますのでご注意ください♪

↓ネタバレ防止のため感想は非表示にしてあります!↓

みんな最後にはジニョンで仲良く、ちょっとドタバタしながら過ごす形に落ち着くのは見てて納得できました。喧嘩ばっかりしていた子供みたいな人達だったので、人の成長を見た気までします。
ゲーム世界にキム検事が入り込むシーンを除いて、ファンタジー感がありすぎることもなかったので見やすかったです。(急にファンタジーすぎるありえない展開になったりすると冷めちゃったりしませんか?笑)
各回で出てくるサブ事件も、ご近所トラブルや詐欺事件など、実際にありそうな話ばっかりだったので「こういう事件に巻き込まれたら検察でこういうこと話すんだ~」と勝手に考えたりしました。全体的にリアリティあって見やすかったです。逆にアクション映画並みの大事件などが好きな方はちょっと物足りないかもしれません。
<キャスト(演技)>
主人公のイ・ソンギュンさん、映画パラサイトの時は“お父様”って感じでしたが、今回は“中年おじさん感”が強かったです。流石韓国を代表する俳優ですね。イメージが変わりました!
あと、見終わって気づいたのですが、チャ検事はドラマ内ではほとんどしゃべりません。ほぼ表情演技です。多くは語らないけど、エリート感や賭博に没頭しておまぬけになってしまうところ、ジニョンに染まっていく姿も上手に表現しています。ここもこのドラマの魅力だと思います。女優のチョン・リョウォンさん、クリっとした目とぽってりした唇でとてもあこがれるお顔でした。
そしてホン検事役のキム・ガンギュさんですが、後日地上波のテレビでみてみたら、あらまあ頭が薄い、、、聞くところによると韓国では有名なハゲ様だとか(笑)ドラマ内ではカツラだったのかな?ずいぶん印象が違ったのでびっくりしました。
<その他>
サブタイトルが「~僕と彼女の愛すべき日々~」ということですが、この恋愛を思わせるサブタイトルはちょっと勘違いを生むかなと思いました。全くその要素がないわけではないのですが、恋愛ものではないのでご注意ください!!!

検事ラプソディ-僕と彼女の愛すべき日々 キャスト・登場人物

韓国ドラマ『検事ラプソディ-僕と彼女の愛すべき日々』のキャスト&主な登場人物一覧です。
主人公(ヒロイン)から脇役まで、登場人物の詳細をリストでご紹介します!。
主演俳優・女優および共演者情報など、出演者プロフィールが一目でわかります。

主人公〖イ・ソヌン〗役 イ・ソンギュン
「イ・プロ」ことイ・ソヌン検事は、時には方言を見事に使いこなして地元民の心を掴む“庶民派”検事。感情的で頑固なところが難点。チャ・ミョンジュ検事とは学生時代からの知り合い。既婚者で妻子持ちだが、単身赴任の形をとり、新任のキム検事と同居している。

ヒロイン〖チャ・ミョンジュ〗役 チョン・リョウォン
「チャ・プロ」は、表情ひとつ変えずにバリバリ仕事をこなすキャリアウーマン。10年間ソウルで活躍してきたが、ある出来事をきっかけに地方のここジニョン支庁に飛ばされてしまった。彼女がここに来た理由は何なのか、皆興味津々だ。

刑事2部部長〖チョ・ミノ〗役 イ・ソンジェ
毎回、みんなを連れてご飯に行ったりと部下思いの人間的な部長。刑事2部に無くてはならない存在。自転車好きだ。

〖ホン・ジュンハク〗役 キム・グァンギュ
刑事2部首席検事とのことで何かと責任を問われるが、すぐ胃にきてしまう気弱な検事。宝くじ好きだ。

〖オ・ユンジン〗役 イ・サンヒ
幼い子供2人を育てながらも一人前に働きたいと頑張るワーキングママ。同じ子育てママの案件となると気合が入る。

〖キム・ジョンウ〗役 チョン・ソンウ
勤務中にSNSを更新したり、デートのために定時に帰ろうとしたりと今時感満載の新人検事。オンラインゲーム大好き。

ジニョン支庁長〖キム・ミンジュ〗役 チョン・ジェソン
冒頭では主人公を置いて逃げるなど破天荒な行動を見せるが、基本的には冷静で部下たちに慕われる人望厚い人物。

刑事1部部長〖ナム・ビョンジュン〗役 キム・ヨンヒ
何かにつけて刑事2部にマウントをとりたがる難癖部長。チョ部長と衝突することもしばしばで、上司の機嫌をとるためには卑怯な手も使う。

刑事2部捜査官〖チャン・マノク〗役 ペク・ヒョンジュ
イ・ソヌン検事室担当の捜査官。만렙(満レベル)の捜査官で、サポート上手。経験から賭け事も得意。

実務官〖ソン・ミラン〗役 アン・ウンジン
ソヌンとミョンジュの担当実務官。基本無口だが、実はオンラインゲーム上では「カミュロス」という名の君主で、後にキム検事と親密になる。

検事ラプソディ-僕と彼女の愛すべき日々 基本情報

放送局 JTBC
韓国放送日 2019年12月16日
話数 16話
キャスト イ・ソンギュン チョン・リョウォン イ・ソンジェ他
脚本家 イ・ヒョン ソ・ジャヨン
初回視聴率 5.042%

ユーザーレビュー
あなたの評価を投稿
1
2
3
4
5
投稿
     
キャンセル

あなたの評価を投稿

検事ラプソディ
平均点:  
 3 件
匿名
Oct 6, 2021
検事達が出ていますが、事件を解決というよりは、ほとんどがプライベートな会話が多くて、そこがとっても面白いんです。地方という設定だからなのか、ギスギスしたところもなく、とても楽しく見れました。
匿名
Oct 6, 2021
面白いですー!突然今までの平穏な検事生活からエリート女性検事が現れる事で平凡な生活が色々と変わっていく所が面白いです!サラリーマン生活だったはずなのにと、共感出来るところも多くあり、ストーリーも面白いので共感しながら観れます!
匿名
Oct 6, 2021
一般的な推理、事件物っぽい物語ではなく、サラリーマンみたいな検事さんたちのちょっと笑えるヒューマンドラマなところが新鮮で面白かったです。

俳優さんたちの演技も良く、お気に入りのドラマです。

クルミット

ご訪問くださりありがとうございます!愛憎劇系からラブコメまで、韓国ドラマにハマりまくりの主婦クルミットです!最近は中国ドラマにも少し手を伸ばしています(笑)子育て真っ最中ですが、なるべく早い更新を心がけていますので、良かったらご覧になってくださいね♪よろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください