江南スキャンダル-あらすじ-43話-44話-45話-感想付きネタバレありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

ミリがジンボクとの結婚を認めてもらうため娘・ソヒョンの弱みを握るべく情報収集を始める一方、ジユンがソユとソジュンが夜のオフィスで淫らな行為をしていると勘違いし大激怒した前回。
そして今回、ソユとソジュンの距離感はどんどん近付いていき…。

スポンサーリンク

【江南スキャンダル】(ネタバレあり)

43話

ソジュンのオフィスを訪ねたジユンは、ソユとソジュンが夜のオフィスで淫らな行為をしていると勘違いし大激怒し、持って来たチキンを投げつける。
ソジュンもそれに激怒しながらも火傷の患部に薬を塗ってもらってただけだと説明。
ジユンは2人が淫らな行為はしていなかったと知ったものの、2人の関係を怪しみながら立ち去り、1人になると怒りを爆発させるのだった。

怒りから地団駄を踏み絶叫しています

その後、仕切り直して仕事を続けるソユとソジュン。
しばらくしてソジュンが仕事を終えると、ソユはソファで座りながら眠ってしまっていて、ソジュンもその隣で眠りにつくのだった。

2人は眠りながら顔を寄せ合うなどなんだかいい雰囲気ですね

翌朝、目を覚ましたソユとソジュンは昨晩作成した資料の発表のため役員会議の会場となる部屋へ。
しかしベクヒは2人に嘘の会議時間を伝えていて、2人が到着した時には会議は終了していた。
ジンボクは2人が会議に遅れたことに失望し、2人は徹夜で作った資料を発表できないのだった。

会議ではセヒョンのプレゼンのみが行われたので、ベクヒの狙いは徹夜させてソユとソジュンを親密な関係にすること、そしてソジュンにプレゼンをさせずに息子・セヒョンにだけプレゼンをさせることだったんでしょうね…

ソユが落ち込む一方、ソジュンは特に気にしていない様子でソユをデートに誘う。
そして2人はスケート場に出掛け、スケートを楽しんだ。
一方、ジユンはジンボクの元を訪ね、ソユとソジュンが怪しい関係だと告発。
するとジンボクはその場にベクヒを呼び3人で話すことに。
「一刻も早く2人を引き話すべきだ」
ジユンとジンボクがそう話すなか、「彼女をクビにはできるがその後の責任は取れません」と言う。
それを聞いたジンボクは渋々しばらく様子を見ることに。
それに納得できないジユンは父に泣きつき、ジンボクを説得するよう頼むのだった。
翌日、ソジュンのオフィスにセヒョンが訪ねて来て2人で話すことに。
そこでセヒョンは「もうお前の仕事の世話はしない。そしてソユは諦めないで」ソジュンに宣言し立ち去った。
その夜、ソジュンは過去の辛い記憶を思い返していた。
それは母が死んだ理由が自分を産んだからだったという事実を幼い頃に知りショックを受けた時の記憶。
ソジュンは眠りにつくも、悪夢にうなされるのだった。

スポンサーリンク

44話

オフィスで眠っていたソジュンは悪夢にうなされていた。
その様子を見たソユが心配するなか目を覚ましたソジュン。
するとソジュンはソユに12歳の時に父と姉の会話から母の死の原因が自分にあったことを知ったこと、そしてそのことでショックを受け今でもその時のことが夢に出て来ることを話す。
さらにソジュンは「セヒョンさんは大切な人だから彼と君の関係を壊したくない」と告げる。
それを聞いたソユは複雑な気持ちになるのだった。
一方、ソユをソジュンに奪われるかも知らないという危機感が日に日に増しているセヒョンはベクヒに「僕に協力して欲しい。ソユを別の部署に異動させてソジュンから引き離して欲しい…」と頼む。
それを聞いたベクヒは驚き複雑な気持ちになるのだった。

ベクヒはソジュンとソユをくっつけようと画策していますからね…

スポンサーリンク

一方、ユンテはミリと結託しソヒョンの弱みを握ろうと画策。

し、ソヒョンの子ども・ウンビョルの出生の秘密などを探り始めるもなかなか情報が得られないでいた。

ユンテは今は亡き愛人の娘の夫で、将来的にLXグループの会長の座を虎視眈々と狙っている男です

そしてミリはなかなかソヒョンの弱みを握れないでいるユンテに苛立つのだった。
ユンテが自分のことを調べ始めていることを知ったソヒョンが危機感を覚えるなか、ソヒョンの夫・テウンはアイドルデビューに向けてレッスンを行うソダムの様子を見に行く。
そして食事に誘い会社を出ようとしたところソヒョンと遭遇。
テウンとソダムは咄嗟に逃げ、2人はソジュンのオフィスに隠れた。
そしてしばらくして二人を追って来たソヒョンがソジュンのオフィスに現れ…。

スポンサーリンク

45話

ソヒョンに不倫関係を疑われたテウンとソダムは咄嗟に逃げてしまい、ソジュンのオフィスに逃げ込む。
そこでテウンとソダムは誤解だと説明するも、ソヒョンは信じない。
そしてテウンがソダムと食事に行こうとしていたことを知ったソヒョンは大激怒し、テウンを連れて立ち去るのだった。

この後、テウンには地獄が待っているんでしょうね…

一方、ソジュンはジンボクと食事をしながら話していた。
そこで「あさってジユンと結婚するように」とソジュンに告げるジンボク。
ソジュンが戸惑うなか、ジンボクは「ジユンの父親の都合なんだ。お前は前に私が気に入った人なら誰でもいいと言っていただろ?」と念を押す。
ソジュンは「ジユンとは結婚したくない」と拒むも、父の勢いに押されてしまうのだった。

このままジユンと結婚してしまうのでしょうか…

その後、あさってソジュンとジユンが結婚することを知り、さらにそれをジンボクが認めたことを知ったベクヒは驚き、「このままだと計画は失敗に終わる」と焦り始める。
その夜、ソユを呼び出したベクヒは「なぜ結婚が早まったの!?」と二人の結婚を阻止できなかったソユを厳しく責めるのだった。
その後、ソジュンはヤケ酒を飲み泥酔。
そして酔っ払ったソジュンはソユの家へ行き、ソユと2人で話すことに。
そこでソジュンはジユンと結婚することになったことを伏し目がちに報告。
そしてソジュンは「婚約前に抱きしめさせて欲しい」と頼み、ソユを抱きしめ、抱きしめられたソユはソジュンを抱きしめ返す。
その様子をソジュンを迎えに来たセヒョンが偶然目撃してしまうのだった。

あらら、またしてもソユとソジュンが親密な様子をセヒョンに見られてしまいましたね…

スポンサーリンク

感想

43話ではソユとソジュンが徹夜で残業したり一緒にスケートデートに出掛けたりと2人の距離感がどんどん近付いているのが伺えました。
それにより終盤にはセヒョンがソジュンに決別を告げるなど、セヒョンのソジュンへの敵対心がどんどん大きくなっていることが感じられました。
ラストにはソジュンが幼い頃に母の死の原因が自分にあることを知り、そのことで今でも辛い思いを感じていることが明らかになるなど、新たな事実も判明しましたね。
44・45話では、セヒョンが母・ベクヒにソジュンとソユを引き離す手助けをして欲しいと頼むという何とも複雑な展開になるなか、ソジュンがジユンと結婚することが急遽決定するという急展開を迎えました。
これにはベクヒもソユも驚きのようで「このままだと計画が失敗に終わる…」と焦っていましたね。
そしてラストにはセヒョンがソジュンとソユが抱き合う現場を目撃…。
三角関係がさらにこじれてしまいそうですね…。
ソジュンはこのままジユンと結婚してしまうのか、そしてベクヒとソユはこの事態にどのような動きを見せるのか、そしてソジュン・ソユ・セヒョンの三角関係はどうなっていくのか、今後の展開が楽しみです。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください