江南スキャンダル-あらすじ-46話-47話-48話-感想付きネタバレありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

ソジュンとジユンの結婚が決まり、ソジュンはソユにそれを報告し2人が抱きしめ合うなか、それをセヒョンが目撃してしまった前回。
そして今回、ソジュンの婚約式の日が迫り着々と準備が進むなか、ベクヒはソユに2人の結婚を阻止するよう改めて指示し…。

スポンサーリンク

【江南スキャンダル】(ネタバレあり)

46話

ソユはソジュンに「結婚を延期して欲しい」と改めて頼む。
するとソジュンは困惑しながらも「君は本当は俺のことを好きじゃないだろ?何でこんなことをするんだ?」と問いかける。

どうやらソジュンはソユの様子から本当は自分のことが好きではないことに気づいていたようです

ソユは「あなたは私の王子様だから…。結婚までは望まないから私を助けて欲しい…」と話す。
するとそれを聞いていたセヒョンが割って入り、ソユを連れ出し2人で話すことに。
「何があったんだ。何かあったなら僕が助けるから話して欲しい」
セヒョンはそうソユに質問するも、ソユは「ほっといて…」とセヒョンを突き放し立ち去るのだった。
翌日、ユンテと手を組みソヒョンの弱みを握ろうとしているスギョンはソダムの元へ。
そしてソダムにソヒョンとの関係やウンビョルの出生の秘密などを問いただすスギョン。
しかしソダムは何も話さないのだった。

しかしスギョンはウンビョルの出生には何かしら秘密がありソヒョンやソダムはそれを隠していると確信しているようです

その後、スギョンはソユの家へ。
そこで母・グムヒの治療費を誰が出してくれたのか問いただし、ソユの会社が出してくれたという情報を得ることに成功。
その後、スギョンはそれをユンテに報告するのだった。
一方、ソジュンはセヒョンと話していた。
そこでジユンとの結婚に悩むソジュンに、セヒョンは「俺はソユと結婚するから、お前はジユンと結婚して欲しい」と頼むのだった。
その後、ベクヒはソユを呼び出し2人で話していた。
そこでベクヒは「ソジュンを婚約式会場に行かせないようにして2人の結婚を阻止しなさい」とソユに指示するのだった。

スポンサーリンク

47話

ベクヒから「何としてでもソジュンとジユンの結婚を阻止しなさい!」と言われたソユは、ソジュンの家に行こうとするも思いとどまり帰宅。
一方、ジユンとの婚約式を明日に控えたソジュンはソユのことを考えていた。
その後、ソジュンはソユが家の前まで来ていたことを知ると、慌ててソユを追いかけ声を掛け、2人でカフェに行き話をすることに。
そこでソジュンは「もし結婚しても君は僕の秘書だということは変わらないから気にしないで仕事を頑張って欲しい」と話す。
それを聞いたソユは「ありがとう…。誠実にジユンを愛してね」と告げ立ち去るのだった。
カフェに1人残されたソジュンはこれまでソユと過ごした日々のことを思い返し物思いに耽るのだった。

ソユはソジュンの結婚を阻止できそうにないですね…

翌日、婚約式を午後に控えるソジュンが仕事をしていると突然大きな仕事の連絡が入り、ソユと2人で先方とのミーティングに出掛けることに。
その後、婚約式の時間が近付くと、ソジュンはソユを置いて先にミーティングを退席し、婚約式会場へと向かう。
しばらくしてミーティングを終えたソユが帰ろうとしていると、ベクヒの部下がやって来る。

どうやらベクヒの指示で来たようです

そしてソジュンに電話し、ソユがトラブルに巻き込まれピンチだと思わせ、ソジュンをソユの元へと引き返させるのだった。

スポンサーリンク

ソジュンを婚約式会場に来させないためのベクヒの策略ですね

一方、ジユンはソジュンが会場になかなか来ずソワソワしていた。
するとジユンの元に父が倒れ病院に運ばれたという連絡が入り、ジユンは急いで病院に向かうのだった。

スポンサーリンク

48話

ベクヒの策略によりソユがピンチだと思ったソジュン会場に向かう車をUターンさせソユの元に向かうなか、会場ではジンボクたちが会場に来ないソジュンのことを心配していた。
その後、ソジュンと連絡が取れたジンボクはジユンの父が倒れたことを報告。
「お前が会場に来ていないことは私たち家族しか知らない。そしてジユンも今病院に行っているから、始めから会場にいたことにしろ」
ジンボクはそうソジュンに言い、ジユンの父が搬送された病院に行くよう指示。
そしてジンボクは家族にも「このことは口外するなよ」と緘口令を敷くのだった。

ジンボクもソジュンとジユンの関係を壊さないために必死ですね…

一方、ソジュンはソユに電話を掛けるも連絡が取れずソワソワしていた。
実はソユの携帯はベクヒの部下により水没させられていて、連絡が取れない状況にあったのだ。
そうとは知らないソジュンは警察に連絡しソユの捜索を依頼し、ミーティングをしていたホテルで警察と共に捜索を行う。
しかしソユの行方に関する手掛かりは得られないのだった。
その後、ソジュンはジユンの父が搬送されて病院へ向かうのだった。
一方、ソユはセヒョンと会社に戻り2人で話していた。
そこでソユはジユンの父が倒れたことにより婚約式が中止になったことを知る。
さらにベクヒによる策略によりソジュンが会場に来なかったことを知り、ソユは困惑するのだった。
その後、ソユの元にソヒョンが怒鳴り込んできて「ソジュンが会場に来なかったのはあなたのせいよ」とソユに詰め寄る。

ソヒョンはソユをビンタをしたり、物で頭をコンコン叩いたりやりたい放題ですね…

しかしソユは反抗することなく、ソジュンが会場に行かなかったのは自分のせいではないと主張し、その場をやり過ごすのだった。
その後、ソユはベクヒと話すことに。
そこで改めてソジュンが会場に行かなかったのがベクヒによる策略だと知ったソユ。
するとベクヒはソジュンが会場に来なかった原因は自分にあることにするよう命じる。
それに納得できないソユだったが、ベクヒには逆らえずにそうすることにするのだった。
一方、ソユは母・グムヒの治療が予定より早く終わりそうで、もしそうなれば治療費も当初考えていたよりも安く済みそうだと知り喜ぶなか、ソジュンがやって来て2人で話すことに。
するとソジュンは「婚約を阻止するために芝居をして俺を足止めしていたのか?君が全部仕組んだのか?せっかく必死に君を探したのに!」と憤りながらソユを問い詰める。
ソユはしばらく沈黙し、自分の仕業だったことを認める。
ソジュンは憤りその場から立ち去ると、ソユは嘘をついたという自責の念に駆られ涙を流すのだった。

嘘をつかなければならない状況…辛いですね…

そんななか、ジンボク宅の前にキャリーバッグを持った女性が立っていた。

彼女は一体誰なのでしょう…

スポンサーリンク

感想

46話では、ソユは改めてソジュンに結婚の延期を頼むも、ソジュンは少し前から自分にアプローチをかけてくるソユの言動に不審感を抱いていて、ソユが自分のことが好きではないことに気付いていたことが判明しました。
その裏ではトラブルメーカーのスギョンがウンビョルの出生の秘密について探りを入れるなどチョコチョコと動き回るなど波乱を予期させるような展開もありました。
47話では、ソジュンとジユンの婚約式当日を迎えるも、ベクヒがソジュンを会場に行かせないという作戦を画策し見事それが成功。
ベクヒの策士な部分が垣間見れましたね。
さらにジウンの父が倒れるという予想外のハプニングにも見舞われ婚約式は中止になるなか、48話ではソユがソジュンが会場に行かなかった原因を作ったとしてソジュンの姉・ソヒョン、そしてソジュン本人からも責められるという展開でした。
ソヒョンからビンタされ嫌味を言われ責められたり、これまで味方だったソジュンからも責められるもベクヒに逆らえないため自分が全ての罪を被るしかないという何とも辛い展開になりましたね…。
そしてラストには新キャラが登場しました。
ジンボク宅に久しぶりに帰って来たという感じがありましたが、彼女は一体何者なのか気になるところですね。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください