江南スキャンダル-あらすじ-67話-68話-69話-感想付きネタバレありで!

ご訪問くださりありがとうございます!
クルミットです♪

ソダムが誹謗中傷を苦に自殺未遂をしたり、それを止めようとした母・グムヒが亡くなってしまうという衝撃的な展開の連続だった前回。
そして今回、セヒョンがソダムの代理出産に母が関与していたこと、さらにはソユと秘密の契約を結んでいたことを知ってしまい…。

スポンサーリンク

【江南スキャンダル】(ネタバレあり)

67話

ソダムとベクヒがやけに親しい様子を見たソユは代理出産の件の黒幕がベクヒだと知る。
さらにソユはベクヒが偶然を装いソダムに代理出産の件を持ち掛けたのでは?と疑念を抱き始める。
しかしソユはなぜベクヒがソダムを狙ったのか分からないのだった。
一方、セギョンはユンテの前妻・チュンミからゴルフコーチとの不倫の口止め料を要求され困っていた。
口止め料を払いチュンミとの縁を切りたいセギョンだったが、伯母・ミョンシムはそれを認めず、「私がチュンミと話をするから彼女をここに連れて来て」とセギョンに言うのだった。
翌日、母の葬儀を終え帰宅したソユ。
「もし代理出産の件がベクヒの策略だったなら許さない。私とソダムにしたことを10倍、100倍にしてやり返してやる!」
ソユはそう闘志を燃やし、この件について調べることにした。
まず、ソユはセヒョンに話を聞くことに。
そこでかつてベクヒはセヒョンの初恋相手がソダムだと勘違いしていた事実を知る。
そしてソユはセヒョンに「ベクヒの裏の顔を暴くのに協力して欲しい」と頼むのだった。

もしセヒョンが協力してくれれば力強い味方になりますね

その後、セヒョンは考えた末、ベクヒに代理出産の件についてどれぐらい関与していたのかなど本人に聞くことに。
そしてベクヒにそのことを訪ねると、ベクヒはあくまでソダムを選んだのは偶然だったと説明。
さらにベクヒは「息子のあなたに疑われるなんて…」と取り乱した。
そしてその夜、ベクヒがは自室で手首を切り自殺を図り、しばらくしてそれをセヒョンが発見するのだった。

取り乱したのも深く追及されないためのように見えたのでどこまでがベクヒの計画なのか分からないですね…

スポンサーリンク

68話

ソユが眠れないでいると、ベクヒから電話が掛かってきて呼び出される。

あれっ、ベクヒは自殺未遂したのでは…?

そしてベクヒとソユが対面すると、ベクヒは母の件を謝罪しつつもソダムを代理母に選んだのはあくまで偶然だったと説明。
さらにベクヒは「私はあなたが思ってるような悪人ではない!セヒョンに厳しく問い詰められて傷付いた…」と説明。
そしてセヒョンは自分が過度に期待しすぎたせいで過去に自殺未遂をし、現在も精神科の治療を受けていることも明かす。
「これまでのことはあなたに謝罪するから、どうかセヒョンの誤解を解いて欲しい」
そう言ってベクヒは泣いて頼んだ。
その後、帰宅するベクヒはその車内で部下にソユに話したことは全て嘘だと話すのだった。

やはりベクヒの策略でしたか…。それにしても前話ラストのベクヒの自殺未遂は何だったのでしょう…

スポンサーリンク

翌日、ソヒョンはチュンミから呼び出される。
そこでチュンミはお金と引き換えに代理出産の件をマスコミにリークしたのが誰だったかを教えようとするも、ソヒョンは服用していた睡眠薬により眠ってしまうのだった。
一方、ソユはジンボクとベクヒの策略によりソジュンの秘書から部署異動することが決まる。

ソユはそれがジンボクとベクヒの策略だとは知りません

一方、テウンはここ最近不幸続きですっかり心が病んでしまったソダムを心配し、ウンビョルを彼女の家に連れて行くことに。
そしてソダムはウンビョルと対面し抱っこすると少し気持ちが楽になるのだった。
一方、ソユはベクヒの元を訪ね、前に契約した時にもらった母の治療費5000万ウォンを「もう必要ないので」とベクヒに返す。
するとその現場をセヒョンに目撃されていて、セヒョンは「契約とは何だ?」と問うのだった。

スポンサーリンク

69話

ソユがベクヒに契約のお金を返していた現場を目撃したセヒョンは「契約とは何だ?」と2人に尋ねる。
ソユは「ベクヒに聞いて」と言い立ち去り、ベクヒは「会社から帰ったら説明するわ」とセヒョンに言うのだった。
その後、ベクヒがこのことをセヒョンにどう説明しようか悩むなか、チュンミが代理出産の件をリークしたのが自分だと知っているという噂を耳にして動揺するのだった。
その後、仕事を終え帰宅したベクヒは家でセヒョンと話をしていた。
そこでベクヒは、「私はあの子の母の治療費を立て替えてあげただけ」と説明。
さらに契約についてベクヒは、「私がソジュンの結婚により社内でセヒョンとの格差が広がることを悩みそれをソユに相談したら、彼女がソジュンの結婚を延期させる作戦を提案してきてそこで冗談半分で延期できたら”治療費は返金しなくても良い”という約束をしただけ」と説明。
「あなまを傷つけたくなくてずっと秘密にしていたの…でもこの作戦によりソユとソジュンの距離が縮まる結果になってしまった…」
ベクヒの話を聞いたセヒョンは「僕のために辛い思いをさせてたんだね…」と母・ベクヒの話を信じ、ソユに対して憤りを感じ始めるのだった。

ベクヒは何とか悲劇のヒロインを演じ切り、セヒョンをミスリードさせることに成功しましたね…

一方、テウンはソダムをウンビョルと触れ合わせて元気付けるために家に連れてこようと計画を立て、ソジュンにも協力してもらいそのことをソヒョンに提案。
ソヒョンは初めは拒否するも、ソジュンが憤る気持ちを吐露するなどし説得。
それによりソヒョンは渋々それを了承しソダムはソヒョン宅でウンビョルの世話をすることになるのだった。

ソダムがウンビョルとの時間を通じてこのまま元気を取り戻してくれるといいですね

翌日、ソユは部署異動のためソジュンと荷物を運んでいた。
するとそこに偶然セヒョンが通りかかる。
セヒョンは2人に冷たい視線を送りながら、ソジュンに「今夜飲みに行こう」と誘うのだった。
その後、飲みに行くソジュンとセヒョン。
するとそこでセヒョンは「ソユは詐欺師で嘘つきだ。母から金をもらいお前の婚約を妨害していた」と話す。
それを聞いたソジュンが衝撃を受けるなか、突然ソジュンはめまいを起こしその場に倒れてしまった。

ソジュン、大丈夫なのでしょうか…

スポンサーリンク

感想

67話、68話ではソユがソダムの代理出産の黒幕がベクヒだと知ったり、セヒョンが母・ベクヒとソユが秘密の契約を結んでいたことを知ってしまうなど新たな展開がありました。
セヒョンに全てがバレてしまい一時はベクヒも終わりかなと思いましたが、何とか誤魔化しソユを悪人に仕立て上げることに成功…。
なかなかベクヒを打ち崩せず何とも歯痒い展開になりましたね。
これによりセヒョンはソユやソジュンに敵対心を抱くようになったので、今後この3人の関係性がどうなっていくのか機になるところです。
一方で歌手デビュー早々ネットで叩かれ意気消沈だったソダムは、テウンの計らいにより再びウンビョルの世話ができることになりました。
それにより少し元気を取り戻した様子だったのでひと安心でしたね。
69話のラストではソジュンが突然めまいで倒れてしまい、心配になりました。
ソジュンは何かしらの病を抱えているようで、それについても心配ですね。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください